Chromeのショートカットキー一覧(マニアック編)

Google Chromeショートカットキー

※基本編をまだ見てない方はChromeショートカットキー基本編を先にどうぞ。

このページではもう少しマニアックなChromeショートカットキーを紹介していきます。

使用頻度はそんなに高くないと思いますけど、さらに時短したり活用できるはず。

今回はWebサイト運営者が使うようなものまで含まれているので、全部覚えたらChromeのレベルが相当アップすると思いますよ。

広告

全画面表示

F11 全画面表示・非表示

全画面と通常表示を切り替えるショートカットキー。

タブ、アドレスバー、ブックマークバー、画面下のWindowsタスクバーなど、閲覧中のページ以外の部分をすべて非表示にして、最大限に画面を広げるショートカットキーです。

↓こちらが通常の画面、画面上と画面下にはいろいろなパーツがあってスペースを圧迫してます。

↓これをF11で全画面表示にすると、閲覧中のページ以外のパーツはすべて非表示になって、画面が広く使えます。

上記の画面は1920×1200の液晶モニタを使っているので違いがわかりにくいですが、ノートパソコンなど、画面が小さい場合は驚くほどスペースが広がります。

アドレスバーにフォーカス

Ctrl+L アドレスバーにフォーカス
Alt+D 同上

アドレスバーにフォーカスするショートカットキー。

アドレスバーはいろいろ使いみちがあるので、マウスでクリックして移動するよりもショートカットキーを覚えておくと便利。

アドレスバーにフォーカスすると、そこからURLの編集や検索をすることができます。

他に変わり種のショートカットキーとして、

F6 アドレスバー→ブックマークバー→ページにフォーカス

というものもあります。これはフォーカスする部分が切り替わっていくショートカットキーで、ページを閲覧中であればF6を1回押下するとアドレスバーにフォーカスが移るので同じような使い方ができます。

キーボードのCtrlAltが押しにくい場合は便利なこともあるかも。

アドレスバーから検索エンジンで検索

Ctrl+K 規定の検索エンジンで検索
Ctrl+E 同上

規定に設定してある検索エンジンで検索するショートカットキー。

初期状態だとGoogleで検索されると思います。

規定の検索エンジンを変更する場合はChrome右上の設定ボタンから入って「検索」の項目の中にあります。

ちなみにアドレスバーに検索キーワードを入力した後に

Alt+Enter 別タブで検索結果を開く

という小技もあります。

閲覧履歴の消去

Ctrl+Shift+Delete 閲覧履歴データを消去するオプションを開く

「閲覧履歴データ消去」を開くショートカットキー。

閲覧が重くなったり、何かしら調子が悪いと思った時にとりあえず閲覧履歴やキャッシュを削除してリセットしたい時に使うことがあります。

特にページの表示がなんとなくうまくいかない時は「キャッシュされた画像とファイル」を消去するといろいろリセットされて表示が正しくなることがあります。

この設定画面に移動するには、普通だったらChromeの設置画面に入ってから該当するボタンをクリックする必要がある手順をショートカットキーひとつで開けられるので非常に便利。

印刷

Ctrl+P 印刷

現在のページを印刷するショートカットキー。

閲覧中のページを簡易的にプリントアウトしたい時にサクッと使えるショートカットキーです。誰かに資料を渡したり、紙に赤ペンでチェックする時に使えることがあるかもしれませんね。

保存

Ctrl+S 保存

現在のページを保存するショートカットキー。

ただし、保存するとは言っても、PDFのように見たままを綺麗に再現するための保存ではなく、ソースコードや部品を保存するものなので、ちょっと特殊です。

Webページを後で見たいだけならお気に入りに保存するし、ダウンロードしてオフラインで閲覧するならPDFのほうが見やすいので、このCtrl+Sはあまり使うことはありません。

保存する時に「Webページ、完全」という選択肢を選べば、画像などの部品もすべて個別にダウンロードされるので、簡易的に現在のページの容量を確認することができたりします。

ブックマークバーの表示・非表示

Ctrl+Shift+B ブックマークバーの表示・非表示

ブックマークバーの表示と非表示を切り替えるショートカットキー。

全画面表示と比べたら地味な変化ですけど、ブックマークバーの表示・非表示を切り替えます。

ブックマークバーを非表示にすればちょっとだけスペースが広くなるので、タブとアドレスバーは残しておきたいなら良い方法かもしれません。

また、この記事のスクリーンショットを撮るときにも使いましたが、フォルダ名などを消したい時に、いちいちぼかしを入れるよりも非表示にしてからスクショを撮ったほうが楽になります。

ブックマークマネージャを開く

Ctrl+Shift+O ブックマークマネージャ

ブックマークマネージャを開くショートカットキー。

ブックマークの追加や削除をする専用のページを開くことができます。

特にお気に入りをフォルダ分けするなど、何回も移動する時に、普通だったらマウスのドラッグを一つずつする必要があるところを、複数選択して移動できたり、Ctrl+Xで切り取りして移動先でCtrl+Vで貼り付けできたりします。また、URLやタイトルの編集をF2Tabを使って素早く編集もできます。

左側がフォルダ、右側が中身という構成なので、フォルダの中身を移し替える場合にも使いやすいレイアウトになってます。

ダウンロードしたファイルの一覧を開く

Ctrl+J ダウンロード一覧を開く

ダウンロードしたファイルの一覧を開くショートカットキー。

Chromeでダウンロードしたファイルをすべて一覧で表示してくれます。Ctrl+Fでページ内検索することも可能。

「ダウンロードフォルダを開く」ボタンをクリックすればローカルのフォルダも開くことができます。

Chromeタスクマネージャを開く

Shift+Esc Chromeタスクマネージャを開く

Chromeのタスクマネージャを開くショートカットキー。

今Chromeで開いているタブが、メモリやCPUをどのくらい占有しているのか、タブごとにチェックすることができます。

Chromeが急に重たくなった時に、どのタブが負荷が高いのかチェックして閉じることで動作を軽くできることがあります。

Ctrl+Alt+Deleteで見れるパソコン全体のタスクマネージャーと合わせて負荷管理にどうぞ。

シークレットモードを開く

Ctrl+Shift+N シークレットモードを開く

新規ウィンドウでシークレットモードを開くショートカットキー。

別名「プライベートブラウジング」と呼ばれます。なるべく記録を残したくない時に使ったり、拡張機能による干渉をなくした状態で動作チェックしたい時に使えます。

↓以下上記画像のテキストから引用。

シークレット タブで表示したページの記録は、シークレット タブをすべて閉じた後、ブラウザの履歴、Cookie の保存場所、検索履歴から消去されます。ただし、ダウンロードしたファイルや作成したブックマークは保存されます。

あらゆる場所に記録が一切残らないわけではありません。シークレット モードを使っても、雇用主、インターネット サービス プロバイダ、訪問先のウェブサイトに閲覧内容が知られる可能性はあります。

すべてのウィンドウを閉じる

Ctrl+Shift+Q すべてのウィンドウを閉じる

すべてのタブ・ウィンドウを閉じるショートカットキー。

基本編で出てきた、現在のウィンドウのタブをすべて閉じるCtrl+Shift+Wよりも広い範囲、すべてのウィンドウを閉じるショートカットキーになります。

パソコンの電源を落とす時にぜーんぶ保存しなくてもかまわないから一気に閉じたい時にどうぞ。

もし間違えて全部閉じてしまった場合はCtrl+Hの履歴画面から復活を。

現在開いているタブを全てお気に入りに保存

Ctrl+Shift+D 現在開いているタブを全てお気に入りに保存

同じウィンドウに開いているページをすべてお気に入りに保存するショートカットキー。

現在のウィンドウで開いているページがひとつのフォルダにまとめられた状態でお気に入りに追加されるので、大量に情報収集している人にとって便利な機能です。

ソースコードを開く

Ctrl+U 現在のページのソースコードを開く

現在のページのソースコードを開くショートカットキー。

Webページをアレコレする人ならソースコードを見れたほうが便利なことはちょくちょくあるんじゃないかと思います。

特にCtrl+Fのページ内検索を使ったら該当箇所のソースにどんなコードが使われているのか調べることができたりするのでとりあえず基本ってことで。

デベロッパーツールの起動

F12 デベロッパーツールを開く
Ctrl+Shift+I 同上

デベロッパーツールを開くショートカットキー。

ソースコードの閲覧よりももう一歩進んだChromeの「デベロッパーツール」。HTMLやCSSを直接編集して、リアルタイムにWebページの見た目に反映してチェックすることができたりします。

Webサイトやブログを運営していて、デザインを考える時に、見た目を確認しながら数値をいじる時に頻繁に利用します。とくにCSSの編集をする人なら定番のツール。

DOMインスペクタモードでデベロッパーツールを起動する

Ctrl+Shift+C DOMインスペクタモードでデベロッパーツールを起動する

要素を選択してデベロッパーツールを開くショートカットキー。

普通にデベロッパーツールを開くよりも、マウスでクリックした部分のソースコードに一瞬で移動できるので、こちらのほうが頻繁に利用しています。

まとめ

他にもこれいつ使うの?って感じのショートカットキーもありますけど、無理に全部覚えようとせずに、とりあえず使いそうなものだけを覚えたほうが良いです。

Excelの関数とかと一緒で、使わないものまで覚えようとしても無駄なので、気負わずに眺める程度にが肝心です。どっちみち実戦で使わなかったら忘れるし。

↓基本編を見ていない人はこちらもどうぞ。
関連:Chromeのショートカットキー(これだけは絶対覚えなきゃ損する編)

<関連>
キー配置を変更できるフリーソフト「KeySwap」

[ Chrome拡張機能 ] 長年使って生き残った厳選アドオン

タイピングソフトおすすめ10選

Windowsパソコンに最初に入れるおすすめのフリーソフト

広告

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。