Amazon2段階認証の設定手順(スマホ画面キャプチャあり)

最近Amazonアカウントの乗っ取り(不正アクセス)が急増しているらしく、慌てて2段階認証の設定をしました。

面倒だと思われることも多く、慣れてない人は先延ばしにしそうなので、スマホの画面キャプチャも乗せながら手順をまとめてみました。(パソコンでも同じヘルプ画面が表示されるので、パソコン・スマホどちらでも大丈夫)

乗っ取りについてもいろいろ書こうかと思いましたけど、2段階認証の設定だけでも結構なボリュームになってしまったのでとりあえず設定方法だけ。

広告

Amazonの2段階認証設定

設定自体はそんなに難しくなく、公式ヘルプのリンクを辿っていけばできました。

「Amazon 2段階認証」で検索したら公式ヘルプが出てくるので、

Amazon.co.jp ヘルプ: 2段階認証について

「2段階認証を有効にする」をタップ。

そして次の画面の「高度なセキュリティ設定」をタップして、

Amazonアカウントでログインして、

「設定を開始」ボタンをタップ。

そしたら次の画面では、2段階認証のコードをどうやって受け取るのか選択する画面が出てきます。

SMSで認証コードを受け取る場合

SMSで認証コードを受け取る場合は、電話番号を入力。

例えばiPhoneだったら「メッセージ」アプリで認証コードを受け取ることになります。

この方法は認証コードを自分で発行する必要があるので少し面倒ですが、Amazonの2段階認証は端末を登録すれば次回からは認証コードが必要なくなるのでこれでもOKでしょう。

認証アプリで受け取る場合

2段階認証用の認証アプリを使うと、他の2段階認証サービスも一括管理できるので便利です。

まずはiPhoneまたはAndroidにGoogle公式の認証アプリをダウンロード。

カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料 (掲載時)

もし2段階認証の設定画面をパソコンで見ている場合は、認証アプリで「バーコードをスキャン」でQRコードを読み取るだけなので簡単。

スマホで2段階認証設定画面を見ている場合は、ちょっと面倒ですが、「QRコードをスキャンできない場合」をタップ。

出てきたコードをコピー。

認証アプリの「手動で入力」をタップ。

キャプチャし忘れましたが、Amazonのメールアドレスと、先ほどコピーした長い文字列を貼り付けます。

正しく設定できると、認証アプリに、Amazonの2段階認証コードが表示されます。

↑このコードは、タップするだけで6桁の数字がコピーされて、2段階認証の入力欄に貼り付けるだけで使えます。

1分ごとに自動更新されるので、残り数秒しかない場合は新しい数字になるのを待ったほうが良い時もあります。

ーーー

これで、「SMS」か「認証アプリ」か、どちらで認証コードを受け取るのか設定が終わりました。

もうすぐで2段階認証の設定が終わります。

2段階認証コードを、下記画面の入力欄に入力して、「コードを確認して続行」ボタンをタップします。

これでメインの設定は終わり。

次に、もしもの時のバックアップ手段として、別の認証コード受け取り方法を設定します。

↑※自分はメインの設定を認証アプリにしたので、バックアップ手段にSMSと音声電話が表示されました。メインをSMSにした場合はバックアップが音声通話だけになるのかも。

あとは同じように発行された認証コードを入力して、バックアップ手段の設定も完了します。

最後に大事な設定で、「この端末ではコードの入力は不要です。」にチェックを入れて、「同意して2段階認証を設定にする」ボタンをタップします。

端末を登録しておけば、次回から認証コードの入力は必要なくなるので、ログインの手間は今までと変わらずにセキュリティを向上させることができます。

↓この画面にまで到達すれば、すべての2段階認証設定が完了です。

まとめ

今まで、「ログインする時に毎回2段階認証コードを入力しないといけないんじゃないか?」と思って面倒で設定してなかったけど、実際は自分だけ認証コードの入力を省略できるので、ログインは全然面倒になりません。

それでいて、他人がログインする時は2段階認証コードが必要になるので、セキュリティだけが大幅に向上することになります。

設定はちょっと時間がかかりますけど、Amazonアカウントを乗っ取られたほうが遥かに面倒なことになるので、2段階認証は設定しといたほうが良いんじゃないですかね?

ーーー

関連:Amazonでワンクリック注文する時は送料に気をつけて|「関東への配送料無料」でも無料じゃないことがあります

広告

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。