オーディオブックの比較とおすすめ|audiobook.jpとAudible

7つの習慣

オーディオブックのサービスとしてはAmazonが運営しているAudible(オーディブル)と、オトバンクが運営しているaudiobook.jp (旧 FeBe )が有名ですが、使いやすさ・価格・作品数などの点で、audiobook.jpとAudibleの比較をしました。

オーディオブックを聴いてみたいけど、どのサービスが良いのかわからないという人の参考にしてください。

個人的にはaudiobook.jpのほうがおすすめなオーディオブックサービスだと思ってます。

audiobook.jpのメリット
  • 倍速調整0.1倍刻みできる
  • 日本語書籍の作品数はaudiobook.jpのほうが多い
  • 半額・800円・500円のセールをかなり頻繁にしている
  • セールで初めて知って良書に出会うことが多い

オーディオブックはいわゆる「聴く本」で、ナレーターがきちんと読み上げるので聴きやすく、書籍だと1冊読み切ることができない人におすすめ。

通勤中・運転中・運動中・寝る前などのスキマ時間を有効活用して読書ができます。そのような使い方が便利なので、スマホで使うのがおすすめ。

スポンサーリンク

オーディオブックのiPhoneアプリ・使い方

audiobook.jpのiPhoneアプリの基本的な使い方を紹介していきます。iPhone・Android両方あり。

カテゴリ: エンターテインメント
価格: 無料 (掲載時)
audiobook.jpアプリの良いところ
  • 購入したブックがすぐに同期される
  • スマホにダウンロードできるのでオフラインで聴ける
  • 0.1倍速刻みで再生速度を変更可能
  • 10秒送りボタン
  • バックグラウンド再生可能

このうち、「0.1倍速刻み」と「10秒送りボタン」はAudibleよりも細かい調整ができて使いやすいです。

オーディオブックの購入はパソコンかスマホのブラウザでaudiobook.jpのサイトから済ませておく必要がありますが、購入したものはライブラリに表示され、

audiobook.jpアプリのライブラリには、最近購入したオーディオブックが表示される。

ダウンロードボタンを押せば、すべてのトラックが一括ダウンロードできます。ダウンロードすればアプリ内にデータが保存されるので、オフラインで聴けます。

オーディオブックの音声を一括ダウンロードして、オフラインで聴ける。

音質は128Kbpsで十分聴きやすい。1時間あたり57MBほどの容量になります。7つの習慣のような長い本だと200MBを超えますが、ダウンロードしたデータを削除するのは簡単です。

アプリ内の「すべての音源を削除」ボタンで簡単に削除できる。

※購入した履歴は残っているので、もう一度聴きたければ再ダウンロードできます。

ーーー

再生画面は10秒送りボタンがあるので、ちょっと聞き逃した時に戻ったりするのに便利。

audiobook.jpアプリでは10秒スキップボタンが便利。

そして、なんと言っても0.1倍速刻みで再生速度調節できるのが良い。

audiobook.jpアプリでは0.1倍速刻みで速度調節できる。

ブックの内容によって、じっくり聴きたいものだと1.2倍速にするなど、微妙な再生速度の調節をしたいことが多いので、0.1倍速刻みができるかどうかがとても大事。

そして、アプリを閉じたりスリープ状態にしてもバックグラウンド再生されます。

ーーー

これと比較するとAudibleは「速度が0.25倍速刻み」「30秒送りボタン」なので細かい調整ができず、アプリとしての使い勝手が少し劣ります。

ーーー

パソコンでオーディオブックを聴く

基本的にはスマホアプリのほうが使い勝手が良いですが、パソコンで聴くなら、MP3ファイルをダウンロードして、あとは自分の好きな再生ソフトで聴いてください。

↓購入履歴から、音質(128kbps・64kbps)、再生速度(1倍速・2倍速)を選んでダウンロードします。

パソコンのaudiobook.jpではMP3ファイルをダウンロードして利用する。

128kbps・1倍速だと、1時間あたり57MBほどのデータ量になっています。

ファイル形式(拡張子)はMP3なので汎用性が高く、どんなプレイヤーでも再生できるでしょう。

ファイルはチャプターごとに分割してダウンロードされます。

MP3ファイルとしてダウンロードしたところ。

オーディオブックの作品数比較

オーディオブックサービスで代表的なものは「audiobook.jp」と「Audible」ですが、それぞれの収録作品数を比較していきます。

Audibleの作品数

Audibleはこの記事を更新している時点(2019/04/06)で、「Audible (オーディブル):本は、聴こう。 in 日本語 |Audible.co.jp」を見ればわかりますが、

  • 英語 (365,535)
  • 日本語 (11,127)

というふうに、Audibleはほとんどが英語の書籍です。

audiobook.jpの作品数

一方audiobook.jpは2018年10月時点ですでに23,000冊。

2019年10月24日の記事「耳で聞くオーディオブックがヒット中 スマスピ普及も後押しに (1/2) – ITmedia NEWS」によると27,000冊に増えていました。

日本語の書籍ならaudiobook.jpのほうが充実しています。

ーーー

なので、具体的に読みたいタイトルが決まっていれば、どちらにあるのか調べれば良いと思いますが、日本語の本についてはaudiobook.jpのほうが充実しているはずです。

※逆に、英語のオーディオブックを聴きたいなら圧倒的にAudibleのほうがおすすめということになります。

オーディオブックの価格

audiobook.jpとAudibleのどちらが高い・安い、と単純に比較するのは難しく、料金体系が違うので、使い方によって違ってきます。

ただ、それでもセールを頻繁に開催して月額会員で割引ポイントが利用できるaudiobook.jpのほうが安くなりやすいとは思います。

audiobook.jpの価格

ブックの基本価格は定価ですが、かなり頻繁に800円セール・500円セール・半額セールなどがあり、良い本が対象になることも多い。

7つの習慣・自助論・影響力の武器など、典型的な自己啓発のベストセラーもセールされることがある。自己啓発本が多い印象。

後で紹介する月額会員でポイント交換する方法を使えば(大きければ)最大20%割引にできるし、10%割引くらいならかなり少額でも可能。

なので、audiobook.jpでは、アンテナをはっておけばAudibleよりも安く買えるチャンスが多いです。

Audibleの価格

月額1500円が基本。毎月1冊が無料(つまり1冊目が1,500円ということ)。2冊目以降は定価の30%割引。

ーーー

毎月1冊も利用しない人はAudibleにしても意味がないので、1冊以上利用する人に絞って話を進めます。

毎月2冊以上利用するくらいヘビーユーザーならAudibleのほうが安いかも、と言いたいところですが、audiobook.jpは後で紹介する「月額会員→すぐ解約」でポイントを買えば、21,600円で27,000ポイントにして、有効期限6ヶ月のうちに使う、みたいにできるので、実質20%割引で常に購入できるようになります。おまけにセールも多いし。

そう考えたら、Audibleの2冊目以降30%割引はあまりアドバンテージになっていません。

audiobook.jpのセール

audiobook.jpは基本は定価と同じですが、頻繁に「今日だけ◯◯セール」が行われていて、800円・500円・半額などのセール内容が開催されています。

audiobook.jpの800円セール。

中にはAmazonでのレビューが非常に良くて中古価格も高いブックもあったりするので、かなりお得に買えることも多くあります。

また、価格的にお得というだけでなく、今まで知らなかった良書に出会うきっかけになりやすいという点も良いところです。

いろいろな単行本を安く買いたいなら、このセールを活用するのが最も良いんじゃないでしょうか。

紙の本で読んでおらず、読みにくい海外の翻訳本で、キャズム2 影響力の武器 などを半額セールで。自助論 を500円セールで購入しました。

こういう典型的な自己啓発本やマーケティング本はaudiobook.jpのセールでよく見かけます。

ただし、セールはだいたいいつも同じラインナップなので、チェックするのは時々で良いと思います。

ーーー

※audiobook.jpでセールのお知らせを受け取るには、アカウント設定で、ユーザー情報の「編集」をクリックして、「お知らせをメールで受信する」にチェックを入れておく必要があります。

audiobook.jpのおしらせメール受信設定。

セール内容は転載やリンクの公開が禁止されているのでネット上で知ることは通常できません。このチェックを入れておく必要があります。

オーディオブックのお試し・試聴

audiobook.jp・Audibleどちらも問題なく試聴が可能です。優劣はありません。

audiobook.jpのサンプルボイス。

特に大事なのはナレーターの声質や聴きやすさで、中には相性が悪い人もいるかもしれません。

さすがに聴くに堪えないというナレーションは少ないと思いますが、性別・年齢・声質はさまざまな人がいるので、購入前に一度は聞いておいたほうが良いでしょう。

ナレーターのリンクをクリックすると、その人が担当した書籍が一覧で見れるので、どのような書籍をどのくらい経験しているナレーターなのかチェックすることもできます。

ーーー

また、audiobook.jpはYouTubeチャンネルもあって、聴きたいブックがもしあれば、YouTubeは再生速度を変更できるので、倍速再生のチェックに使えたりします。

audiobook.jpのランキングでも見かける『幸せになる勇気』がYouTubeにあったりしますね。

ーーー

Audibleも公式のYouTubeチャンネルがありますが、こちらはサービスの紹介・CMや、ナレーターのメイキング映像などが中心です。

ただ、どのみち収録数は少ないので、サンプルボイスを聴く目的ならYouTubeでAudibleを開くことはないでしょう。

audiobook.jpのプラン

audiobook.jpは、特に月額会員プランの仕組みを知っているとお得に買えるので、もう少し詳しく説明します。

オーディオブックの買い方には3種類あって、使い方によってどれにするのか決めます。

  • 月額会員プラン(余分にポイント付与)
  • 聴き放題プラン(月750円で対象ブック聴き放題)
  • 単品購入

月額会員

audiobook.jpの月額会員プラン は、ポイントが余分に付与されるプランです。

※「6ヶ月以内に2冊以上買うかも」という人なら、基本的に「月額会員プランでポイント交換→即時解約」するのが最もお得に購入できる方法です。理由は後述。

月額いくらのプランにするかによって、余分に付与されるポイントが違い、高くなるほどポイントあたりが安くなっていきます。

金額
(月額)
付与
ポイント
ポイント
あたり(円)
324 350 0.93
540 600 0.90
1,080 1,200 0.90
2,160 2,400 0.90
5,400 6,300 0.86
10,800 13,000 0.83
21,600 27,000 0.80
32,400 40,500 0.80

2,000円+税の部分まではほとんど変わらず、5,000円からお得度が増していき、21,600円から最大の還元率になります。

また、「月額」というプラン名ではありますが、

  1. 月額プラン加入
  2. ただちに決済・ポイント付与
  3. 月額プラン解約

という手順ですぐに解約して、付与されたポイントを使えます。

自分も、聴きたいオーディオブックの目星がついていたので、月額10,800円プランで13,000ポイントを付与して、すぐに解約しました。(解約方法の公式ヘルプはこちら)。

ポイントはすぐに付与されて使える状態になります。

↓その後1冊買った後の状態。

audiobook.jpで月額会員でポイントを購入したあと、1冊買った状態。

このため、月額というより、「ポイント交換」みたいに使えます。

解約しても特にペナルティが無いので、大きな金額を交換してすぐに解約したほうがお得に使えます。

ただし、ポイントは6ヶ月の有効期限があるので、 使い切れるポイントにしておかないといけません。そこだけは注意が必要です。

↓公式サイトより引用。解約した場合のポイントや、購入済みブックの扱いについて。

  • 解約手続きを行うと、即時解約となります
  • すでに付与されたポイントは解約後も使用期限日まではお使いいただけます
  • ポイントを利用して購入したオーディオブックは、解約した後も失効することはありません

引用:月額会員プランの解約 – audiobook.jp – よくある質問・ヘルプ

このような仕組みになっているので、audiobook.jpでは、単品購入でも月額プランを使ってポイントを付与したほうがお得になる場合が多いです。

聴き放題プラン

audiobook.jpには毎月750円で対象ブックが聴き放題になるプランがあります。

聴き放題プラン

ただ、対象ブックが限られているので、事前にスマホアプリの「聴き放題」タブでチェックしてください。(なぜかアプリからしかブックはチェックできません)

audiobook.jp聴き放題プランの対象ブック。

対象ブックは上の画像の右上にある検索ボタンをタップしたら一覧が見れますが、ざっと見たところ、雑誌・新書・ビジネス書が多いように見えます。

audiobook.jp聴き放題プランの対象ブック。

750円で聴き放題はずいぶん安く感じますが、事前にラインナップを確認したほうが良いと思います。

自分の場合は、聴きたいコンテンツが含まれていることはほぼ無いので、聴き放題プランは利用しませんでした。

単品購入

audiobook.jpでどのプランも使わないなら、欲しい本を定価購入します。

ただ、基本的には「月額プラン加入→ポイント付与→すぐに解約」したほうがお得になります。

なので、ほんとに1冊だけ試しに購入してポイントの余りも出したくないという人なら単品購入もありかもしれません。

audiobook.jpでの支払い方法は、以下の4種類が用意されています。

1点ずつ商品を購入する方には以下の決済方法をご用意しております。

  • クレジットカード
  • ドコモケータイ払い
  • ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い
  • auかんたん決済

引用:決済方法について – audiobook.jp – よくある質問・ヘルプ

まとめ

以上、audiobook.jpとAudibleを比較しましたが、日本語のオーディオブックを聴くなら、audiobook.jpのほうがおすすめです。

↓最初に書いたメリットをもう一度書いておきます。

audiobook.jpのメリット
  • 倍速調整0.1倍刻みできる
  • 日本語書籍の作品数はaudiobook.jpのほうが多い
  • 半額・800円・500円のセールをかなり頻繁にしている
  • セールで初めて知って良書に出会うことが多い

以上で比較は終わりです。購入は公式サイトからどうぞ。

audiobook.jp

Audible

ーーー

スマホで使うなら小型のBluetoothヘッドセットを持っておくと便利。

Bluetoothイヤホン・ヘッドセットでオーディオブックを聴くためには、商品説明の中に「A2DP対応」もしくは「音楽再生対応」と書かれているものを選んでください。これらが書かれていないものは通話しかできないタイプなので、気をつけてください。
スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Amazonでの買い物について

当ブログではAmazonの商品をよく紹介しています。

いつもコンビニ払いしている人は、Amazonギフト券をチャージするとポイントが余分にもらえるので、今まで知らなかったという人は読んでみてください。

Amazonギフト券チャージタイプの詳細はこちら

チャージする金額によって0.5~2.0%ポイント付与され、プライム会員ならさらに0.5%上乗せされます。

ーーー

プライム会員の特典は「お急ぎ便無料」「プライムビデオで多数の映画やアニメ見放題」が特にお得。それ以外にも音楽・読書の使い放題サービスあり。

料金は年払い4,900円(月払い500円/月)で、世界的に日本だけなぜか破格の安さになっているので、配送・映像・音楽・読書など、一部でもよく利用する人なら非常におすすめです。

プライム会員の詳細はこちら

学生ならPrime Studentがさらにお得

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

制作物:「ノイズレスサーチ

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

記事が良いと思ったら、Twitterでツイートしたり、ブログなどで紹介してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。