カメラ防湿庫のおすすめ、メーカーの比較・選び方

デジタル一眼レフや交換レンズをたくさん持っているわけじゃありませんけど、手持ちのカメラ資産も徐々に増えてきたので、カメラをカビや湿気から守りたいと思って、防湿庫について調べていました。

Googleで防湿庫について検索すると「これおすすめですよ!」というレビューはたくさんヒットするんですが、他のメーカーの防湿庫と比べてどうなのかわからないことが多くて、結局メーカーの公式サイトで確認することになっちゃうんですよね。

例えば除湿方式が乾燥剤方式なのかペルチェ方式なのか。耐久年数の違い。棚は引き出し式なのか固定式なのか。棚の耐荷重。湿度計はアナログなのかデジタルなのか(デジタルの場合は電池が必要か)。外部コンセントがあるか(外側か庫内か)。キャスターは付属かオプションか。保証期間。

などなど、数万円の買物なので可能な限り全部調べてたんですが、思ったより項目が多くて自分でもExcelにまとめないと把握できないほどややこしかったので、これ絶対防湿庫の購入を検討している人に参考になると思って一覧表にしました。

とくに「IDEX」とか「アイポー」とかの防湿庫が値段が安いしAmazonのレビューも悪くないので買っちゃいそうになりますが、ちゃんと値段が安い理由があるので金額だけで決めないように気をつけてください。

その他、防湿庫選びの基礎知識と選び方についても書きました。

また、調べた限りの防湿庫を一覧表にして、並び替えができる一覧表も作ったので、防湿庫選びの参考にしてください。

※一覧表はページの最後のほうにあります。買うものがだいたい決まっている人はもくじから飛ばしてください。
広告

比較した防湿庫メーカー

防湿庫について検索したら出てきたメーカーを中心に比較しました。トーリハン、東洋リビング、IDEX、アイポー、ハクバの5社です。

トーリハン

トーリハンは予算に余裕がある人向け。ドライユニットの耐久性、耐荷重が強い(固定棚)、外部コンセント、光触媒などメリットが多く、高価なカメラを保管するのに安心感を求める人に。

公式:防湿庫(カメラ・レンズ保管)のトーリ・ハン

東洋リビング

東洋リビングも予算に余裕がある人向け。トーリハンと同じように多機能で、大きな違いは棚が引き出し式になっていること。耐荷重が低くなっても引き出し棚が便利だと思う人に。

公式:ハイテク技術と43年の実績!防湿庫のパイオニア

IDEX

IDEXはなるべく予算を押さえたい人向け。ドライユニットの違い、コンセント無し、光触媒無し、保証期間が短いなど、機能は削られていますが、承知の上でOKという人なら。

公式:防湿庫 カメラ レンズ | カメラの防湿庫はD-strage

アイポー

アイポーもなるべく予算を押さえたい人向け。IDEXよりもサイズのラインナップが豊富。

※アイポーは公式サイトがありません。

ハクバ

ハクバは値段がそこそこする割には光触媒無し、外部コンセント無し、保証期間短めと中途半端な印象。ドライユニットを乾燥剤方式にして予算を抑えたいならありかも。

公式:防湿庫は電子制御で手間いらずのE-ドライボックス - ハクバ写真産業株式会社

防湿庫の価格について

防湿庫の価格が高い順に並べるとだいたい以下のようになります。

トーリハン、東洋リビング > ハクバ > IDEX、アイポー

価格差が生まれるポイントとしては、

  • ペルチェ式より乾燥剤方式のほうが高い
  • 光触媒機能がついているほうが高い
  • アナログよりデジタル湿度計のほうが高い
  • 外部コンセントがあるほうが高い

ということになるので、自分にとって必要ない機能を省けば予算を抑えることができます。

各機能の違いは下の方で詳しく解説するのでそちらでどうぞ。

防湿庫のサイズについて

防湿庫にどれだけカメラやレンズを収納できるかの目安になります。リットル表記の容量で表示されます。

よく言われるのは「自分が所有しているカメラが入る容量よりも大きいサイズを買いましょう」ということです。

というのも、置き場所の問題さえクリアできれば防湿庫が大きいほど割安になります。

例えばトーリハンの防湿庫を例に出すと

容量がほぼ倍になっているのに価格は25%ほどしか高くなっていません。

リットルあたりの単価を計算してみると、とくに50~60L前後の防湿庫までが割高で、80L前後になるとグッと割安になるので、小さいサイズの防湿庫を検討している人はリットルあたりの単価も考えて決めてみたらどうでしょう。

そして防湿庫の電気代は(乾燥剤方式だったら)1日1円~2円程度なので、容量が小さくても大きくてもランニングコストはほとんど変わりません。

そのため、置き場所の問題さえクリアできれば防湿庫が大きいほどメリットが大きくなります。

置き場所が確保できるなら、コストの面でも今後カメラ資産が増える可能性を考えても、80L~100L以上がおすすめ。

スリムタイプの防湿庫について

防湿庫のサイズについてちょっと特殊なタイプについて補足しておきます。

今回比較した防湿庫メーカーの中で唯一、トーリハンだけが奥行の短い薄型タイプの防湿庫を販売しています。

T-83D-MII

↓以下の5機種が薄型防湿庫の型番です。
T-33D-MIIT-83D-MIINT-33-MIINT-83-MIINT-103-MII

だいたい普通の防湿庫は内寸の奥行が30~35cmのところ、トーリハンの薄型タイプは内寸の奥行が23cmになっています。

奥行30cm以上だと収納力は多くなりますが、取り出す時に奥のものがわかりにくくなって、レンズを落としてしまう危険性もあります。

それが内寸奥行23cmしかないことにより、スリムタイプの防湿庫は1列でカメラやレンズを置いて無駄なく収納できます。

防湿庫本体の設置場所(奥行)に制限がある人や、レンズは前後2列に置きたくないという人には特におすすめ。

※というか自分自身、設置場所に制限があったのでスリムタイプを購入しています。割高なこと以外はとても満足度が高いですよ。

↓自分が書いたレビューはこちら。

関連:トーリハンの防湿庫レビュー|薄型タイプ47LのT-83D-MII

除湿方式について

防湿庫内の湿気を庫外に放出する方法として、

「乾燥剤方式」「ペルチェ方式」の2種類があります。

除湿方式によって価格・除湿スピード・耐用年数などが違います。

乾燥剤方式

防湿庫内の湿気を特殊乾燥剤に吸着させてから定期的に蒸気として庫外へ排出します。

トーリハン、東洋リビング、ハクバが乾燥剤方式を採用しています。

↓乾燥剤方式の図解はこちら。

防湿庫乾燥剤方式

公式:乾燥剤除湿システムについて|トーリハン

乾燥剤方式は耐用年数が半永久的で、20~30年も使用し続けているというユーザーも実際にいます。

デメリットとしては、いったん吸着させてから庫外へ排出するので、排出している最中は湿気の吸着がストップしていて、防湿庫の扉を開けたタイミングによっては30分ほど湿度が高いままになる可能性があります。

と言ってもトーリハンのサイクルは3時間30分吸着→30分排出。東洋リビングのサイクルは5時間30分吸着→30分排出。

なので、吸湿がストップするのは数時間に1回、30分間だけで、そんなに心配いりません。

ペルチェ方式

冷却板に湿気を結露させてそこから吸湿剤→庫外へ蒸気として放出します。

IDEX、アイポーがペルチェ方式を採用しています。

ペルチェ方式

公式:ペルチェ式防湿システムとは | IDEX

ペルチェ方式のメリットは乾燥剤方式のように加熱再生サイクルが必要なく、常時スピーディに除湿します。

また、ペルチェ方式のほうが乾燥剤方式よりも値段が安いです。

デメリットとしては耐用年数が半永久的ではなく、設計段階でも10年を目安にしているとのこと。

↓以下、IDEXのよくある質問から引用。

D-strageの耐久年数はどのくらいですか?
ご使用状況や機械の個体差により耐久年数に違いが生じますが、設計段階では10年を目安としております。
目安以上に長くご利用いただける商品と想定しております。

引用:よくある質問 | カメラ・レンズの防湿庫はD-strage

この設計段階で10年というのは想像することもできず、トーリハンや東洋リビングの保証期間が5年と比べてIDEXが3年ということを考えてもちょっと不安を覚える点です。本当に耐久力があるのかどうかは実際に使ってみないとわかりません。

光触媒について

光触媒はカビの発生を防ぎホコリの付着を軽減できる技術です。

トーリハンと東洋リビングの廉価版以外で光触媒が採用されています。

自動でカビの発生を防いでくれるということは、防カビ剤を自分で買って交換しなくても良いということなので管理が楽になります。

東洋リビングは電子ドライユニットの中で吸湿と同時に光触媒作用も行います。

防湿庫の光触媒

公式:光触媒について書いてあるページ|東洋リビング

トーリハンは棚板に可視光応答型の光触媒を塗布していて室内の弱めの光でも反応して光触媒作用があるとのこと。

注意点として、廉価版モデルである、トーリハンのECシリーズ(エコノミータイプ)と東洋リビングのオートドライシリーズは光触媒が採用されていないので光触媒が目当ての人は気をつけてください。

湿度計について

防湿庫の湿度計は庫内の湿度を測り、機種によっては庫外の湿度も測ることができます。

湿度計はおおまかに「アナログ湿度計」「電池不要のデジタル湿度計」「電池が必要なデジタル湿度計」の3種類があります。

※東洋リビングの昔の防湿庫はなぜか電池が必要なデジタル湿度計が主流だったようで、不評だったのか今はほとんどアナログ湿度計になってます。

湿度計の精度

防湿庫の湿度計の精度を公式サイトから引用。

  • トーリハン・・・±5~7%
  • 東洋リビング・・・40%以下で約±9%、40%以上で約±6%
  • IDEX・・・±5%
  • アイポー、ハクバ・・・不明

だいたい似たり寄ったりの精度です。数字だけ見ると精度が低いように見えますけど、単体で販売されてる湿度計もだいたいこのくらいの精度なので目安程度に捉えておきましょう。

ちなみに別途湿度計を庫内に入れておけばどちらかの湿度計が壊れた時に気付きやすくなるので、特に湿度管理に気をつけたい場合はおすすめの方法です。

棚について

カメラを乗せる防湿庫内の棚は、引き出せるかどうか、耐荷重がどのくらいかなど使い勝手や性能に違いがあります。

↓東洋リビングみたいに棚にフチがあるものが引き出し棚

東洋リビング防湿庫

↓トーリハンみたいに角ばっててフチがないものが固定棚の見た目です。

トーリ・ハン防湿庫

固定棚を採用しているのは、トーリハンすべて、ハクバすべて、東洋リビングの容量が小さいタイプ、アイポーの一部。

引き出し棚は、東洋リビングのほとんど、IDEXすべて、アイポーのほとんど。

ざっくり違いを書くと、引き出し棚は引き出せるけど、内寸が狭くなり、耐荷重がそれなり。固定棚は引き出せないけど、内寸が広く、耐荷重がすごく強い、ということになります。

棚の上下位置調整

30L前後の小さい防湿庫は棚が上下に調節できないものがあるので、棚の上下調節ができるかどうか良く確認が必要です。

※個人的には30L前後の防湿庫は容量あたりのコスパも悪いので、置き場所の問題がない限りはおすすめしません。

棚の耐荷重

棚の上にどれだけの重さのカメラを乗せられるのかの目安です。基本的に固定棚のほうが耐荷重が強いです。

トーリハンの固定式棚はなんと50kgもの耐荷重があるのでプロのカメラ機材でも余裕。

それに対して引き出し棚は東洋リビングのしっかりしたものでも耐荷重12kgなので、かなり重たい機材を乗せる場合は一応気をつけたほうが良いと思います。

また、かなり小さい容量の防湿庫、例えば東洋リビングのED-25CAM(RW)だと、プラスチック製の棚で耐荷重3kgしかない公式仕様ページ)ものもあったりするので、自分の使い方でも問題ないのか、よく検討する必要があります。

棚の内寸

棚にどれだけの広さでカメラを置けるかの目安です。

「防湿庫の内寸」と「棚に置ける内寸」は別なので気をつけてください。

意外な盲点ですけど引き出し式の棚は内寸が狭くなります。

東洋リビングが多く採用している引き出し式の棚の場合、実際にカメラを置ける面積は内寸マイナス2cmになります。

それに対してトーリハンの固定棚の場合は内寸マイナス0.5cm程度なのでほぼ内寸そのままにカメラが置けます。

引き出し式は確かに奥に置いてあるカメラを取り出しやすくなるので便利ですが、耐荷重が下がって内寸が狭くなるので、よく考えて選ぶ必要があります。

外部コンセントについて

バッテリーの充電などに便利なコンセント穴です。庫外コンセントと庫内コンセントの2種類があります。

トーリハンは廉価版以外のモデルすべて、東洋リビングはオートクリーンドライシリーズにコンセントが搭載されています。

↓こちらはトーリハンの庫外コンセントの位置。裏面の角に直接コンセント穴があります。

防湿庫庫外コンセントimg by http://www.dry-cabi.co.jp/pdf/h/00t-33d-m2.pdf

↓こちらは東洋リビングの庫外コンセントの位置。1口の延長コードのようになっているので使用範囲が広め。

防湿庫庫外コンセント
img by http://www.toyoliving.co.jp/products-info/ED-41CATB-3.html

↓こちらは東洋リビングの庫内コンセント庫内コンセントは扉を開け閉めしないといけないので不便だと思うんですけどね。

防湿庫庫内コンセント
img by http://www.toyoliving.co.jp/products-info/ED-80CATPB-3.html

トーリハンは廉価版のエコシリーズ以外の通常モデルですべて庫外コンセントが採用されています。

東洋リビングはオートクリーンドライシリーズの容量小さめの防湿庫には庫外コンセント。容量大きめの防湿庫には庫内コンセントが採用されています。

IDEX、アイポー、ハクバには外部コンセントがありません。

キャスター・地震対策について

大きな防湿庫は本体だけでも20kgを超えるのでキャスターが使えたら移動が楽になります。

ただし少なくとも120Lを超えるくらい大きな防湿庫じゃないと最初からキャスターは付属していません。

オプションでキャスターを買う場合は5000円前後することもあるので、追加費用も見込んで予算を考えないといけません。

一覧表の中で「付属」と書いてあるもの(トーリハンや東洋リビングのかなり大きなモデル)は最初からキャスターが付属しています。

「オプション」と書いてあるもの(トーリハンすべて、東洋リビングのワイドタイプ)は別売りの純正キャスターがあります。

「×」と書いてあるものはオプション品にもキャスターが見当たらず、純正キャスターが無いので、付ける場合は自己責任でということになります。ただしキャスターを付けられる構造なのかどうかもわかりません。

キャスターだけでもある程度の地震対策になるらしいですけど、防湿庫は中身に高価なカメラを入れることになるので、背の高い防湿庫だったら耐震ストッパーで地震対策したほうが良いと思います。賃貸の壁紙でもある程度の地震対策になります。

トーリハンは純正のキャスターがサイズ別に3種類も用意されていて、すべての防湿庫にオプションとしてキャスターが使えるので、キャスターに関してはトーリハンが一番親切。

東洋リビングはワイドタイプ用のキャスターしかなくて、それ以外のモデルは自己責任になります。

IDEX・アイボーはキャスターのオプションが見当たりません。

ハクバは現行品じゃない防湿庫にはキャスターのオプションがあったんですが現行モデルに見当たりません。同じものが使えるのかは不明です。

保証期間について

保証期間内の故障について無償保証の対象になります。

  • トーリハン・・・5年
  • 東洋リビング(オートドライ)・・・8年(湿度計は3年)
  • 東洋リビング(オートクリーンドライ)・・・5年(湿度計は3年)
  • IDEX・・・3年
  • アイポー・・・5年
  • ハクバ・・・3年

トーリハン、東洋リビング、IDEXは公式ページを見ると故障した場合はドライユニットを交換したりして対応するようです。

IDEXとハクバの3年がちょっと少なく見えるけど、実際はそんなに簡単に壊れるものじゃないので目安程度になりますね。

原理的には除湿方式が乾燥剤方式のトーリハンや東洋リビングが有利かなとは思いますけど。でもハクバは乾燥剤方式なのに保証期間が短いのが気になりますね。

カメラ防湿庫の比較一覧表

最後に、主要な防湿庫メーカーのすべての型番を一覧表にまとめました。

並び替えや検索ができます。

【文字数を省略している項目の説明】横幅の都合で文字数を短くしているものがあるので以下に補足しておきます。●メーカー:「トー」トーリハン、「東洋」東洋リビング、「ID」IDEX、「アイ」アイポー ●除湿方式:「剤」乾燥剤方式、「ペ」ペルチェ方式 ●湿度計:「アナ」アナログ湿度計、「デジ」デジタル湿度計、「デジ電」電池が必要なデジタル湿度計 ●棚:「固」固定棚、「引」引出し棚 ●コンセント:「外コ」庫外にコンセントあり、「内コ」庫内にコンセントあり ●キャスター:「付属」最初からキャスターが付属、「オプ」別売りでキャスター取り付け可能、「×」調べた限り別売りキャスターも無し。
メーカー型番実勢価格容量(L)(L)単価外寸幅外寸奥外寸高内寸幅内寸奥内寸高棚幅棚奥重量(kg)除湿方式光触媒湿度計棚耐荷重(kg)コンセントキャスター保証
トーEC-47D22,032474693603904753583304009×アナ50×オプ5年
トーEC-50TH25,2254753740031056039824748010×アナ50×オプ5年
トーEC-75TH32,7067444240031084039824776014×アナ50×オプ5年
トーT-33D-MII28,415348363603004903582304083541809デジ50外コオプ5年
トーT-83D-MII33,5064771340030060039823051039318010デジ50外コオプ5年
トーNT-33-MII27,000338183603004903582304013541808アナ50外コオプ5年
トーNT-83-MII30,5334666440030060039823050339318010アナ50外コオプ5年
トーNT-103-MII37,5427649440030091439823083439318014アナ50外コオプ5年
トーH-60D-MII35,9605664240038452039832044039326810デジ50外コオプ5年
トーH-80D-MII39,6787652240038467439832059439326812デジ50外コオプ5年
トーH-110D-MII45,48010742540038491839832083839326816デジ50外コオプ5年
トーH-115WD-MII55,28011448580538452280332044279726820デジ50外コオプ5年
トーH-180D-MII57,0701573644003811315398320123539326825デジ50外コオプ5年
トーH-155WD-MII64,01215242180538172580332059279726825デジ50外コ付属5年
トーH-205WD-MII83,36420341180538197580332079079726836デジ50外コ付属5年
トーH-320WD161,7623175108053811375803320123455デジ50外コ付属5年
東洋AD-4023,544415743383564743332984032752508×アナ12××8年
東洋AD-8035,4248044342340660541734353534527513×アナ12××8年
東洋AD-12045,14411937942340686241734379434527517×アナ12×付属8年
東洋AD-16553,7841653264234061180417343368
731
34527524×アナ12×付属8年
東洋ED-25CAM(RW)22,780249493012853922992343442791946.5アナ3外コ×5年
東洋ED-25CAM(W)22,798249503012853922992343442791946.5アナ3外コ×5年
東洋ED-41WA20,50041500334353454アナ外コ×5年
東洋ED-41CAT(B)28,380397283383564583322993872752508アナ12外コ×5年
東洋ED-41CAT(BW)28,397397283383564583322993872752508アナ12外コ×5年
東洋ED-55CAT(B)33,6805363533835659133229952027525010アナ12外コ×5年
東洋ED-55CAT(BW)33,6975363633835659133229952027525010アナ12外コ×5年
東洋ED-80CAT(BW)38,3007749742340861141752234434527514アナ12外コ×5年
東洋ED-80CATP(B)42,9597755842340861141734452234527514アナ12内コ×5年
東洋ED-120CATP(B)50,28911643442340886641734477734527519アナ12内コ×5年
東洋ED-140CATP(B)54,3671373974234081016417344370
556
34527522アナ12内コ×5年
東洋ED-165CATP(B)60,0671623714234081183417344370
722
34527526アナ12内コ×5年
東洋LD-12049,80011842241939986241734479634527521デジ電12内コ×5年
東洋ED-115CAWP(B)56,79411549484039945983834439379228023.5アナ20内コオプ5年
東洋ED-160CAWP(B)64,96616040684039960783834454179228027アナ20内コオプ5年
東洋ED-240CAWP(B)89,40023737784039986283834479679228035アナ20内コオプ5年
東洋ED-165CDL(W)71,1661654314193991178417344111334527527デジ電12内コ外コ×5年
IDDS-63M20,8816034838039052037638044510×デジ13××3年
IDDS-103M29,42010029438039076837638069014×デジ13××3年
IDDS-134M40,800130314380390960376380440
440
19×デジ13××3年
アイAS-25L10,47025419380260280340230235×デジ電7××5年
アイAP-38EX15,400384052903214662862904159×デジ7××5年
アイAS-41L14,800413612903214662903214159×デジ電7××5年
アイAP-48EX19,70048410290321587290321540×デジ7××5年
アイAS-51L17,80051349290321587290321540×デジ電7××5年
アイAP-68EX22,50068331380390499376360440×デジ10××5年
アイAP-88EX25,80088293380390604376360545×デジ10××5年
アイAP-102EX31,800102312380390754376360695×デジ10××5年
アイAP-132EX37,800132286380390941376360440
440
×デジ10××5年
アイAP-135EX38,400135284588390635580390550×デジ25××5年
アイAP-155EX42,8001552763803901190376360440
694
×デジ10××5年
ハクKED-2517,998257203582952703562902305.6×アナ××3年
ハクKED-4022,543405643583154003563103608.5×アナ××3年
ハクKED-6027,0796045135831559035631055012×アナ××3年
ハクKED-10038,93410038935831599035631097023×アナ××3年

まとめ

トーリハンは予算に余裕がある人向け。価格は高いけど、ドライユニットの耐久性、耐荷重、外部コンセントなどメリットが多く、高価なカメラを保管するのに安心感を求める人に。

東洋リビングも予算に余裕がある人向け。棚の耐荷重が低くなっても引き出し式の棚のほうが便利だと思う人に。

IDEXアイポーはなるべく予算を押さえたい人向け。ドライユニットの違い、コンセント無し、光触媒無しなど、機能は削られていますが、承知の上でOKという人なら。

ーーー

参考になる動画を少し。

↓トーリハンの防湿庫107L。棚板を取り付ける様子。湿度計の様子。庫外コンセントの位置。

↓東洋リビングの防湿庫162L。カメラ機材を防湿庫に入れる様子。湿度計の様子。湿度コントロールダイヤルの様子。

↓自分が買った防湿庫のレビュー
関連:トーリハンの防湿庫レビュー|薄型タイプ47LのT-83D-MII

↓一眼レフを1台入れるのにピッタリなバッグ
関連:一眼レフを1台だけ入れるのにおすすめの一番小さいカメラバッグ|AmazonベーシックMサイズ

広告

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。