一眼レフを1台だけ入れるのにおすすめの一番小さいカメラバッグ|AmazonベーシックMサイズ

Amazonベーシックカメラバッグに一眼レフとブロワーを入れたところ

一眼レフやネオ一眼のような大きめのデジカメを入れて気軽に持ち運んで、写したい時にさっと撮影できる便利なカメラバッグです。

カメラ以外にも交換レンズ1個もしくはブロワー、その他SDカードや小さめのタブレット程度なら入る収納力はあるので最低限の装備でカメラを持ち歩きたいなら使い勝手がよろしいです。

実際にカメラを入れた時にどんな感じになるのか写真も写したのでサイズ感の参考にどうぞ。

広告

Amazonベーシックのカメラバッグ

買ったのはAmazonベーシックのカメラバッグの中で一番小さいMサイズ。

AmazonベーシックカメラバッグMサイズ

  • 外寸:約29.5cm x 12.5cm x 19.8cm
  • 内寸:約26.5×19.0×11.0cm
  • 重さ:約442g

気合を入れてレンズを全部用意するんじゃなく、記録として残す程度で良い時やお気に入りのネオ一眼があれば良いという人に向いてます。

↓上蓋の留め具はこんな感じ。指でつまむだけでスパっと外せるので地面に置いた状態からワンタッチで蓋を開けられて使い勝手がよろしかったです。

Amazonベーシックカメラバッグ留め具

※これより大きいカメラバッグだと留め具が2箇所のものが多いので小さいサイズならではの使い勝手の良さかなと思います。

↓こちらは側面。左も右もポケットは無くて紐を通すバンドのみ。

Amazonベーシックカメラバッグ側面

↓こちらは後ろ側。ポケット無し。

Amazonベーシックカメラバッグ背面

個人的にはポケットが無いことによる小型化のほうが嬉しく、中にカメラが入ればOK。それに前面や蓋裏のポケットでアクセサリ関係は十分収納できます。

蓋を開けると型崩れ防止のダンボールが入っていて、

付属品はマジックテープで固定できる仕切り2枚と肩紐。

Amazonベーシックカメラバッグ付属品

↓蓋を開けたら見える前面のポケット。

Amazonベーシックカメラバッグ前面ポケット

この前面ポケットは底の方で最大25cmほど幅があるけどあんまり伸びないので幅20cmくらいのものまでが良いと思います。

中にはメッシュの小ポケットが2個ついててゴム付きなので飛び出し防止になってます。メッシュ小ポケットの幅はそれぞれ10cmほど。

↓Amazonの例だとメッシュポケットにSDカードやケーブルを収納しているようです。

↓さて、メインの収納スペースに仕切りを入れたらこんな感じになります。

Amazonベーシックカメラバッグの仕切り

↓デジタル一眼レフのCanon D60(長さ18cm)とブロワーを入れた時のサイズ感がこの程度。

Amazonベーシックカメラバッグに一眼レフとブロワーを入れたところ

縦横ともにピッタリで揺れてもゴロゴロしません。もし単体でカメラを入れる場合も仕切りがマジックテープで固定されるのでどのサイズのカメラでも使えます。

※ちなみにカメラを横向きで入れているので、ボディとレンズの段差を揃えるために高さ1.5cmくらいになるようにクッションシートをレンズの下に敷いてます。たぶん一般的にはレンズが下を向くように収納するみたいです。

↓メインの収納スペースの横には衝撃吸収できる溝ポケット。

Amazonベーシックカメラバッグの内装溝ポケット

手持ちのiPad Air(幅24cm)はケースを付けた状態だと、残念ながらギリギリ入りませんでした。ケース無しそのままのiPad Airだったらギリッギリ入ります。ただしほんとキツキツなのでおすすめしません。

撮影した写真をEyeFiとかで飛ばしてタブレットですぐに見たいという人は通常サイズのiPadシリーズはこの溝ポケットに入らないと思っておいたほうが良いので気をつけてください。

高さは20cmまでなら蓋を閉めるのに問題なさそう。

↓Amazonの例では小さめのタブレットのようなものが入ってます。

蓋の裏にはファスナー付きの幅18cm(間口15cm)・深さ10cm程度のポケットとSDカードなどを入れられる小さなポケット。

↓ファスナー付きポケットの入り口。

Amazonベーシックカメラバッグ蓋裏のポケット

↓小さいポケットにSDカードを入れた時のサイズ感。マジックテープが無くても飛び出ることが無いような絶妙なフィット感なので安心感があります。

カメラバッグを使ったシチュエーション

先日、とあるDIYをお手伝いしに行った時の記録写真を撮るためにこのカメラバッグを使いました。

カメラバッグを使うシチュエーション

地面に置いた状態から片手で簡単に蓋を開け閉めできて、取り出す時はグリップの向きが持ちやすい向きになってるので作業しながらでもすぐに取り出してそのまま片手で撮影もできました。

まとめ

一眼レフのようなサイズ感のカメラ1台だけですぐに出し入れする使い方ならとてもおすすめです。

機能を絞っているぶん、カメラバッグとして値段もかなり安いのも魅力的。この記事を書いている時点で2,280円でした。

ちなみに内装色がグレーとオレンジの2種類があります。

他にもAmazonベーシックのカメラバッグはいろいろなサイズを展開していて、値段が安いわりにコスパが良いので人気があります。

「Amazonベーシック カメラバッグ」で検索

<関連>
外でカメラを使うなら簡易的なお手入れにレンズペンがおすすめ。
カメラのレンズ掃除にレンズペンを使ってみた

広告

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。