キーボードの掃除方法|分解や水洗いしなくても綺麗にする方法いろいろ

キーボードの掃除

キーボードの掃除めんどくさい。

おっしゃるとおり。

「キーボード 掃除」でGoogle検索しても、キートップを外して洗剤で水洗いして、あ、外す前に写真を撮っておきましょうね~、とか書いてて、「水洗い」って書いてるもんだから面倒に感じてしまって・・・。

でもね、ほとんどの場合、

分解・水洗いまで掃除する必要ありません。

だってホコリや汚れがキーボードの中にまで入り込んで、積み重なって衛生状態がヤバイことになるまでにかなり時間かかります。

普段の掃除はホコリをさっと取り除いたり、指が触る部分の皮脂汚れを中心に拭くだけで良いんですよ。

もっと言うとキートップを洗剤使って水洗いするのはあんまりおすすめしません。

ホコリ・皮脂汚れ・食べ物の油汚れを普段から掃除していれば、分解して水洗いするほどの汚れは付着しません。

なので、初期汚れから順々に掃除方法と掃除道具を紹介していきます。最終的には水洗いの説明もしますけど、こまめな掃除のほうが大事。

広告

キーボードを掃除する方法

これから紹介する道具を使えば、キーボードを分解してまで掃除することは滅多にありません。

ホコリや皮脂汚れを初期段階から掃除しておくのがとっても大事です。そのためにこんなアイテムを使います。

キーボードの掃除アイテム
  • シリコンローラー
  • サイバークリーン
  • 無水エタノール

簡単な汚れの順番に掃除道具を紹介してます。

シリコンローラーでホコリ取り

そもそも盲点なのが机の上のホコリやゴミ。

手についたホコリがキーボードの隙間に入り込むわけだから、キーボード周りを綺麗にすればキーボードに付着する汚れも少なくなります。

↓これがホコリをさっと綺麗にできるシリコンローラー

シリコンローラー

もともとスマホの液晶画面を綺麗にするものだけど、机の掃除にも非常に使えます。転がすだけで細かいホコリを綺麗に取ってくれます。

↓軽く机の上やマウスパッドの上を転がしたらこのとおり。ホコリ・ペットの毛・服の糸くずなどが綺麗に取れます。

シリコンローラーでホコリを掃除

しかもシリコンローラーは普通のコロコロと違い、何回も何回も繰り返し使えます。

上の写真のシリコンローラーはすでに2年近くほぼ毎日使ってますけど、机の上のホコリを取るだけなら吸着力が弱くても使えるのでまだまだ現役です。

説明書には水洗いって書いてあるけど、それよりもガムテープの上を転がしてホコリを転写するとすぐに復活するので使い勝手がとてもよろしいです。

※もしガムテープでも粘着力が回復しなくなったら、激落ちくんなどのメラミンスポンジで水をつけてこすり、キムワイプなどの毛羽立ちしないもので拭き取ってみてください。かなり粘着力が回復します。

スペックコンピュータ株式会社
シリコンローラーの特徴
  • 何回も繰り返し使える(自分は2年くらい大丈夫だった)
  • 粘着力はほどほど
  • ガムテープで転写すると復活が簡単
  • それでも粘着力が無くなってきたら水洗い

サイバークリーンでキーボードの隙間のホコリ取り

キーボードの隙間のホコリ取りに活躍するのがサイバークリーンというお掃除アイテムです。

グニュっとスライムみたいに押し付けてキーの隙間に入り込んでホコリを吸着してお掃除できます。

↓サイバークリーンを使っている様子が分かる動画。

ブルーのほうが使いやすい

ちなみにサイバークリーンにはイエローブルーがあり、イエローが「パソコンのキーボードなどに」と書かれていますが、実際に使ってみるとイエローは柔らかくて、押し付けるとちぎれてしまって掃除しにくいです。

車用として売られているブルーのほうが押し付けてもちぎれずに使いやすかったです

たぶんイエローは凹凸が少ない機器なら大丈夫かなと思います。

「サイバークリーン」検索

それと、自分は上記のアイリスオーヤマ製しか使ったことがありませんが、違うメーカーからも同じような感じで発売されました。

色もイエローとブルーの2種類がありますが、アイリスオーヤマと使い心地が同じかどうかはわかりません。

ーーー

ということで、サイバークリーンはキーボードの掃除以外にも、カメラのボディ・スピーカー・テレビ・パソコンのファンやケーブル端子・プリンターなどかなり多用途なのでキーボードの掃除以外にも非常に便利です。

無水エタノールで皮脂汚れをクリーニング

皮脂や食べ物の油がキーボードに付着してしまったら、拭き掃除で綺麗にします。シリコンローラーもサイバークリーンも役に立ちません。

初期の油汚れなら気づいたらすぐに拭けばウェットティッシュでもOKですけど、キーボードの油汚れには無水エタノールがおすすめです。

無水エタノールの特徴
  • エタノール99.5vol%含有
  • 水分を含まずにすぐに揮発する
  • 電子機器の清掃にも使用できる
  • 皮脂・油汚れ・タバコのヤニに強い

無水エタノールは名前の通り水分を含まない度数99%以上のエタノールのことで、電子部品の洗浄にも使われることから、キーボードにこぼしてしまっても安心。それでいて油汚れに対して洗浄力が非常に強力です。

油汚れやタバコのヤニ汚れによく効くので、手脂が付着するキーボードの洗浄に適してます。キーボードの前で食べたりタバコを吸うなら常備するべきなくらい。

積み重なった皮脂汚れも、食べかすの油汚れも、タバコのヤニ汚れも、ペットの毛についたよくわからない汚れも、ひと拭きでものすごく綺麗に落ちます。

↓無水エタノールは汚れがあっという間に落ちるのでこの動画のように1キーあたりにそんなに時間かけなくても綺麗にできます。

ただ、無水エタノールは水分を奪って手荒れしやすいので、気になる場合は作業性が良くて耐久性の高いニトリル手袋がおすすめ。

ニトリル手袋の特徴
  • 薄くて手にフィットするので作業性が良い
  • 耐油性・耐薬品性に優れるのでエタノールも問題なく使用可能
  • 強度も強め

キーボードの分解清掃

さて、ここまでの掃除方法だけでもかなり綺麗にできますけど側面の皮脂汚れや底面の汚れが溜まった場合は分解掃除したほうが速いこともあります。

キーボードの汚れ

キートップを外すことによって掃除できるのは以下の2つ。

  • キートップの側面の油汚れ
  • キーボード底面の汚れ

これだけなら水洗いする必要も無いので、掃除が面倒くさくてなかなか取り掛かれない人も見てみてください。

↓まずは下準備としてキートップを外します。

キープラーでキートップを外す

キートップを外すための専用アイテム(キートップリムーバーと総称されます)。

その中でもキートップを傷つけにくく扱いやすい、

キープラー(KeyPuller)という商品がおすすめ。

キープラー

↓キープラーを使ったキートップの外し方はこちらの動画をどうぞ。

キープラーはキートップの下側に金具を引っ掛けて持ち上げる方法なので、キートップの側面を傷つける心配が無く、安心して使用できます。

※キープラーはメカニカルキーボードのメーカー「FILCO」の製品ですが、他のメーカーのキートップもほとんどこれで外せます。

↓それと念のためキートップを外す前にキーボードの写真を撮影してキーの位置がわかるようにしておきます。

※注意:キーボードのスイッチにはメンブレン・パンタグラフ・メカニカル・静電容量無接点方式という種類があって、その中でもノートパソコンでよく使われるパンタグラフにはキートップリムーバーを使わないでください。パンタグラフキーボードの分解は難しく、機種によってツメの形も違うので、ネットで外し方を検索しても参考にならないことが多いです。できれば型番まで完全に一致する情報を検索で見つけてから作業したほうが良いです。もしネット上に外し方が載ってなかったらダメ元になります。そもそもパンタグラフキーボードの分解掃除はおすすめしません。普段の掃除をもっと気をつけましょう。
また、ノートパソコンでよく採用されるものに、見た目はパンタグラフキーボードっぽく見えるんだけど、実はメンブレンスイッチのものもあります。「アイソレーションタイプ」と言われるものの中にそういうのがあったりするので、見た目がパンタグラフっぽくてもノートパソコンの型番で検索して、メンブレンかパンタグラフのどちらなのか、調べてみましょう。メンブレンスイッチのアイソレーションタイプなら結構力を入れて引き抜いても大丈夫です。

キーボード底面の掃除

↓何年も掃除していないと、キーボードの底面は大抵この写真よりもっとひどい状態になってます。

キーボード底面の汚れ

食べかす・油汚れ・ペットの毛などなど、蓄積された汚れは閲覧注意レベルで、ネット上でも公開している勇者はほとんどいません。そのくらい強烈な汚れになっていることが多いです。

まずは掃除機の先にブラシ付けて弱めに吸ったり、屋外でエアダスター使って吹き飛ばしたりして、大きなホコリを掃除します。

↓エアダスターはこんなやつ。

エアダスターでも吹き飛ばせない汚れは歯ブラシでかき出します。

キーボードを掃除するための歯ブラシ

歯ブラシで掻き出しても残るこびりついた汚れは、綿棒に無水エタノールを染み込ませて拭き取ります。

何種類か試したりレビューを見て買った、ジョンソンの綿棒がほつれにくくて芯棒も非常に硬いのでおすすめ。

ジョンソン・エンド・ジョンソン

仕上げにサイバークリーンで微細なホコリを取り除けば完璧。

お菓子食べたままタイピングしたり、猫がキーボードの上で寝たりするのが日常だと、キーボード底面が悲惨なことになってる可能性もあるので、キートップ外した時にしっかり掃除しときましょう。油汚れを放置するとキーボード底面が錆びます。

キートップの拭き掃除

取り外したキートップは他のサイトでは水洗いばかり推奨されていて「キーボード 掃除」で検索しても水洗いのやり方ばかりヒットします。

でも実際水洗いも何回かやりましたけど、個人的にはメラミンスポンジでキートップを1個1個拭き掃除したほうが結果的には速く掃除が終わるのでおすすめです。

↓こうやってキートップの側面を水を含ませたメラミンスポンジで軽くこするだけ。

メラミンスポンジでキーボードの掃除

「メラミンスポンジ」という言葉が聞き慣れない人でも激落ちくんと言ったらわかると思います。

やってることは表面をかる~く研磨して汚れをこそぎ落としてるだけです。これの良いところは水だけで油汚れも落とせるんですよ。相当頑固な汚れもコシコシこするだけで取れちゃいます。

そして後述する水洗いと違って、タオルで拭くだけで乾燥させる必要がないので手間が少なく済むんです。

個人的にはキーボードを徹底的に掃除するならここまでの方法が一番おすすめです。

キーボードの水洗い

さて、ここからはあまりおすすめの方法ではないですけど、キートップがえげつないほど、手で触るのを躊躇するくらいネチャネチャと汚れているなら水洗いもありです。

ちょっと小さめのバケツにでもキートップを全部入れて、

キーボードの洗浄

おもむろに洗剤を投入してジャバジャバとかき混ぜる!

キートップに潜在を入れたところ

ちなみに油汚れやヤニ汚れを落とすのに一番コスパが良いのはマジックリンの緑のやつです。ホームセンターでもドラッグストアでも簡単に安く買えます。

浸け置き専用の粉末タイプのマジックリンもあるのでお好みでどうぞ。

手につくと荒れるのでできれば手袋をはめて作業してください。

また、油やヤニ汚れにはマジックリンのようなアルカリ性洗剤が効果的ですが、そこまで汚れが酷すぎなければ、台所用の中性洗剤でもOKです。

浸け置きの状態で一晩放置しました。

キートップ浸け置き洗い

翌日水揚げwよくすすいで洗剤を取り除きます。(マジックリンはアルカリ性なので、念入りにすすいで中和させてください。効き目は強力だけどこういうところが面倒くさい)

キートップすすぎ

表面の汚れは洗剤で浮いているので、拭くついでに綺麗にできます。そして乾燥させておしまい。ちゃんちゃん。

と簡単に終わるように見えてここからが面倒くさいです。

キートップの内側を乾燥

さて、洗浄は終わったんですがここからがキーボード水洗いの最大のデメリットになります。キートップ内側の水分を乾燥させるのが超めんどくさいです。

↓例えばこういう形状のキートップだったら、小さい穴に入り込んだ水分は自然乾燥だとほとんど乾いてくれません。水分が空気に触れる面積が小さいのが原因です。

キートップの乾燥

この写真のキートップだと扇風機に1日あてるくらいじゃ全然乾きません。最終的にエアダスターでひとつひとつ水を吹き飛ばして結局すごい手間がかかってしまいました。

水分が残ったまま戻すとキーボード故障の原因にもなるので、乾きにくい形状のキートップは水洗いをおすすめしません。

まとめ

ということでキーボードの掃除についてまとめると、

  1. シリコンローラー・サイバークリーン・無水エタノールを使って日頃から掃除を簡単にできるようにしておく
  2. キーボード底面に汚れが溜まってきたらキートップを外して掃除する(水洗いまでする必要は無い
  3. 水洗いは最終手段。ズボラで完全放置で手につけられないほど汚れたら洗浄する(というかそんな状態ならキーボード買い換えたほうが良い気もするけど)

という感じで、いかに初期汚れを掃除できるようにするか、汚れにくくするか、というのがとても大事なので、前半で紹介したシリコンローラー・サイバークリーン・無水エタノールが重要です。

丸洗いできるキーボード

さて、これだけ細かくキーボードの掃除について説明してきましたがそもそもズボラな人のために、まるごと水洗いできるウォッシャブルキーボードというものも売られています。

ウォッシャブルキーボードを検索

ジュースをこぼしてもすぐに水で流せばOKとのこと。ほんまかいな。

フルキーボードのキートップって全部で108キーもあるので、掃除に慣れても時間かかりますから、超絶面倒くさがりの人には良いのかも。でもそこまで面倒だったら水で流すのも面倒になりそうだけど(笑)

個人的にはそれよりも普段の掃除をこまめにするほうがおすすめ、と言っておきます。

ーーー

最後にここまで紹介してきたアイテムのリンクを貼っておきます。ちょっと長くなりますが。

スペックコンピュータ株式会社
ジョンソン・エンド・ジョンソン

関連:コンパネと木工用ボンドだけで大容量のキーボード収納棚自作

関連:ミネベアRT8756Cなどレトロキーボードもらったので紹介

関連:キーボード用の潤滑剤「スムースエイド」購入

関連:キーボードの数え方の単位は?台?枚?面?個?

広告

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。