キーボードの掃除方法|分解や水洗いしなくても綺麗にする方法いろいろ

キーボードの掃除

キーボードの掃除めんどくさい。

おっしゃるとおり。

「キーボード 掃除」でGoogleやYouTubeを検索しても、キートップを外して洗剤で水洗いする方法を見かけますが、ほとんどの場合、

分解・水洗いまで掃除する必要ありません。

大事なのは初期汚れをササッと掃除すること。

このページでは、「初期汚れを簡単に掃除する方法やアイテムの紹介」から、「頑固汚れを手間なく掃除する方法」まで書きました。

後述しますが、キーキャップの水洗いはおすすめしません。

スポンサーリンク

キーボードを掃除する方法

これから紹介する道具を使えば、キーボードを分解してまで掃除することは滅多にありません。

ホコリや皮脂汚れを初期段階から掃除しておくのがとっても大事です。そのためにこんなアイテムを使います。

キーボードの掃除アイテム
  • シリコンローラー
  • サイバークリーン(お掃除スライム)
  • 無水エタノール

簡単な汚れの順番に掃除道具を紹介しています。

シリコンローラー

そもそも盲点なのが机の上のホコリやゴミ。

手についたホコリがキーボードの隙間に入り込むわけだから、キーボード周りを綺麗にすればキーボードに付着する汚れも少なくなります。

↓これがホコリをさっと綺麗にできるシリコンローラー

シリコンローラー

もともとスマホの液晶画面を綺麗にするものだけど、机の掃除にも非常に使えます。転がすだけで細かいホコリを綺麗に取ってくれます。

↓軽く机の上やマウスパッドの上を転がしたらこのとおり。ホコリ・ペットの毛・服の糸くずなどが綺麗に取れます。

シリコンローラーでホコリを掃除

しかもシリコンローラーは普通のコロコロと違い、何回も何回も繰り返し使えます。

上の写真のシリコンローラーはすでに2年近くほぼ毎日使ってますけど、机の上のホコリを取るだけなら吸着力が弱くても使えるのでまだまだ現役です。

説明書には水洗いって書いてあるけど、それよりもガムテープの上を転がしてホコリを転写するとすぐに復活するので使い勝手がとてもよろしいです。

↓ガムテープのほうがこんな感じ。大まかなホコリは転写してくれます。

※もしガムテープでも粘着力が回復しなくなったら、激落ちくんなどのメラミンスポンジで水をつけてこすり、キムワイプなどの毛羽立ちしないもので拭き取ってみてください(ティッシュはダメ)。かなり粘着力が回復します。

スペックコンピュータ株式会社
シリコンローラーの特徴
  • 何回も繰り返し使える(自分は2年くらい大丈夫だった)
  • 粘着力はそんなに強くない
  • ガムテープで転写すると復活が簡単
  • それでも粘着力が無くなってきたら水洗い

ーーー

こういう粘着ローラーも試してみました。

思ったよりも大きいことにちょっとビックリ。

買ってから気づきましたが、シリコンではなく”ゲル状”のような粘着面でした。最初の粘着力がかなり強く、ガムテープに転写するときにかなり力が必要です。

長期間使った時の耐久性がどのくらいかわかりませんが、シリコンローラーと比べたら粘着力の持続期間は長そうです。

ただ、ちょっと机上やマウスパッドの薄っすらとしたホコリを取るには大げさでした。

ーーー

キーボード周りのホコリ取りなら、スマホの画面用(幅5cm)から探したほうが良さそうです。

検索してみたところ、シリコン製、取っ手が小さい、ケースがかわいい。という、なかなか良さそうなものがありました。

※買ってみました。めっちゃコンパクトです。(写真右側)

手の持つと小ささがよく分かります。

ケースに入れて持ち運びもできます。

ローラー部分の使用感も今まで使っていたものと同等なので、最初に紹介したローラーよりも、こっちのほうがおすすめですね。

サイバークリーン

キーボードの隙間のホコリ取りに活躍するのがサイバークリーンというお掃除アイテムです。

グニュっとスライムみたいに押し付けてキーの隙間に入り込んでホコリを吸着してお掃除できます。

↓サイバークリーンを使っている様子が分かる動画。

上記動画で使ってるサイバークリーンはアイリスオーヤマ製だったんですが、現在は生産終了しているようなので、下の写真のサイバークリーンを新しく買って試しました。(2018/12/20)

↓内容量が半分のジップパックタイプもあります。

フタを開けると密閉されていて、

銀色の部分は手で開けられないくらい固かったので、結局カッターナイフで外周をグルっと切り取りました。

これをキーボードにグググぅっと押し付けると、

こんな感じで隙間のゴミが取れます。キーの型が付いているので、隙間に入り込んだのがわかりますね。

ーーー

どのくらいホコリが取れるのか分かりやすいように黒いキーボードでやってみました。

↓掃除する前がこれ。部屋の環境にもよりますけど、こういうホコリってすぐ側面に付着しますよね。

↓そしてこれがサイバークリーンで掃除した後。表面に乗っていたホコリはきれいに取り除けました。

ーーー

ちなみにイエローとブルーの違いは、こんな感じ。

イエロー ブルー
柔らかさ 柔らかい イエローより少しだけ固い
におい 消臭剤?芳香剤? ハッカっぽい少しツンとした匂い
わかりやすさ 取れたゴミがわかりやすい 取れたゴミがわかりにくい

イエローのにおいを例えるのが難しかったので?にしましたが、なんか消臭剤とか芳香剤に使われそうな気がします。ブルーのほうが少し化学っぽいにおいがするので、苦手な人はイエローのほうが良いかも。

↓取れたゴミはイエローのほうがわかりやすいです。(と言っても取れたかどうかはキーボードのほうを見ればわかるので、逆に目立たないブルーのほうが良いかも)

昔、アイリスオーヤマのサイバークリーンを使っていた時はイエローがやわらかすぎて隙間でちぎれて使いにくかったのでブルーのほうをおすすめしていたんですが、今回試したサイバークリーンはイエローでも最低限の固さがあって、思いっっっきり押し付けてもちぎれることはありませんでした。

同じ製品でも、2017年10月9日に書かれたこの記事ではちぎれまくって大変なことになっているので、もしかしたら今回試したもの(2018年12月20日購入)までに改良されたのかもしれません。

と言っても本当に改良されたのか、単なる個体差なのかわからないので、どうしてもちぎれるのが不安な人はブルーを買っておけば良いと思います。

注意点としては、サイバークリーンは粘着力が強いわけではないので、ホコリが層になって、湿気でこびりつくほどになると取れなくなります。

ここまでは、あくまで初期汚れに効果的な掃除方法です。

ーーー

ポテトング

初期汚れを防ぐために、お菓子を食べた手でキーボードを触らないというのがとても重要です。

キーボードの前でお菓子を食べる人はポテトングなどのつまめるものがおすすめです。

※音量注意

※同じようなものを探せば100均にもあるかも。

食べかすや油がキーボードにつくと一気に汚れやすくなってしまうので、絶対に食べたあとそのままキーボードを触らないようにしましょう。

無水エタノール

皮脂や食べ物の油がキーボードに付着してしまったら、拭き掃除で綺麗にします。シリコンローラーもサイバークリーンも役に立ちません。

初期の油汚れなら気づいたらすぐに拭けばウェットティッシュでもOKですけど、キーボードの油汚れには無水エタノールがおすすめです。

無水エタノールの特徴
  • エタノール99.5vol%含有
  • すぐに蒸発するので後始末が楽
  • アルカリ性・酸性などを気にする必要がない
  • 電子機器の清掃にも使用できる
  • 皮脂・油汚れ・タバコのヤニに強い

無水エタノールは名前の通り水分を含まない、度数99%以上のエタノールのことで、電子部品の洗浄にも使われることから、キーボードにこぼしてしまっても安心。それでいて油汚れに対して洗浄力が非常に強力です。

すぐに揮発し、酸性でもアルカリ性でもなく、界面活性剤も入っていないので、ふき残しを気にせず、気楽に掃除することができます。

油汚れやタバコのヤニ汚れによく効くので、手脂が付着するキーボードの洗浄に適してます。キーボードの前で食べたりタバコを吸うなら常備するべきなくらい。

積み重なった皮脂汚れも、食べかすの油汚れも、タバコのヤニ汚れも、ペットの毛についたよくわからない汚れも、ひと拭きでものすごく綺麗に落ちます。

↓無水エタノールは汚れがあっという間に落ちるのでこの動画のように1キーあたりにそんなに時間かけなくても綺麗にできます。

ただ、無水エタノールは水分を奪って手荒れしやすいので、気になる場合は作業性が良くて耐久性の高いニトリル手袋がおすすめ。

ニトリル手袋の特徴
  • 薄くて手にフィットするので作業性が良い
  • 耐油性・耐薬品性に優れるのでエタノールも問題なく使用可能
  • 強度も強め

また、無水エタノールをつけてゴシゴシこする時は、ティッシュだとすぐにボロボロと繊維が散らかってしまうので、キムワイプという、繊維くずが出ないやつがおすすめです。ホームセンターでも売ってます。

日本製紙クレシア(NIPPON PAPER CRECIA)

ーーー

アルコールの濃度に気をつける

ここまで「無水エタノール」をおすすめしてきましたが、もともと持っている人は少ないと思います。

じゃぁ「キッチン用のアルコール除菌スプレーじゃだめなの?」という声も聞こえてきそうなので補足しておきます。

単純にアルコール濃度が低いので、汚れ落としの力が弱くて、乾きも遅くなります。

まぁ、それでも落ちる汚れなら良いと思います。掃除しないよりはよっぽどマシなので。

アルコール濃度についてメーカーに問い合わせした参考になるブログがあったのでリンクしておきます。

参考:キッチン用アルコール除菌スプレーの濃度をメーカーに確認してみました(フマキラー・カビキラー・イオントップバリュ) – シンプルな生活を目指す!

ーーー

無水エタノールを販売している健栄製薬では、エタノールの濃度による違いが書かれています。

エタノール濃度が80%前後のものが最も消毒効果が優れているので、消毒には消毒用エタノールが使用されます。清掃には無水エタノールが最も適したものになりますが、エタノール、消毒用エタノールでも十分汚れは落ちます。

引用:エタノールのよくあるご質問 | 一般向け製品情報 | 健栄製薬

消毒まで気を使いたいなら、上記のように消毒用エタノールくらいの濃度を選べば良いと思いますが、値段を安くするために「イソプロパノール」を混ぜた消毒用エタノールIPは、キーボードに使わないほうが良いでしょう。

イソプロパノールが入っておらず、食品添加物にも分類されるようなものだとパストリーゼとかが有名。濃度77%。

あと、そもそも「除菌」という言葉は、消費者が思っている意味とは違うので、こちらも読んでおくと勉強になります。「除菌」はそんなに完全な状態ではありません。

参考:どこがどう違うのか…「滅菌」「殺菌」「除菌」「抗菌」などの用語|日本石鹸洗剤工業会

ちなみに、メタノールが主成分の「燃料用アルコール」というものもありますが、危険なので使用しないでください。ケンエーの公式サイトにも危険有害性情報として書かれていますし、「メタノール」をGoogleで検索するだけでも十分に危険性がわかります。

キーボードの分解掃除

さて、ここまでの掃除方法だけでもかなり綺麗にできますけど、側面の皮脂汚れや底面の汚れが溜まった場合は分解掃除したほうが速いこともあります。

キーボードの汚れ

キートップを外すことによって掃除できるのは以下の2つ。

  • キートップの側面の油汚れ
  • キーボード底面の汚れ

これだけなら水洗いする必要も無いので、掃除が面倒くさくてなかなか取り掛かれない人も見てみてください。

↓まずは下準備としてキートップを外します。

キープラーでキートップを外す

キートップ(キーキャップ)を外すための専用アイテム(キートップリムーバーと総称されます)。

その中でもキートップを傷つけにくく扱いやすい、

キープラー(KeyPuller)という商品みたいな形がおすすめ。

キープラー

キートップの四隅に引っ掛けて、持ち上げて外します。

↓実際にキープラーを使った動画。

キープラーはキートップの下側に金具を引っ掛けて持ち上げる方法なので、キートップの側面を傷つける心配がなく、安心して使用できます。

↓それと、念のためキートップを外す前にキーボードの写真を撮影してキーの位置がわかるようにしておきます。

※注意:キーボードのスイッチにはメンブレン・パンタグラフ・メカニカル・静電容量無接点方式という種類があって、その中でもノートパソコンでよく使われるパンタグラフにはキートップリムーバーを使わないでください。パンタグラフキーボードの分解は難しく、機種によってツメの形も違うので、ネットで外し方を検索しても参考にならないことが多いです。できれば型番まで完全に一致する情報を検索で見つけてから作業したほうが良いです。もしネット上に外し方が載ってなかったらダメ元になります。そもそもパンタグラフキーボードの分解掃除はおすすめしません。普段の掃除をもっと気をつけましょう。
また、ノートパソコンでよく採用されるものに、見た目はパンタグラフキーボードっぽく見えるんだけど、実はメンブレンスイッチのものもあります。「アイソレーションタイプ」と言われるものの中にそういうのがあったりするので、見た目がパンタグラフっぽくてもノートパソコンの型番で検索して、メンブレンかパンタグラフのどちらなのか、調べてみましょう。メンブレンスイッチのアイソレーションタイプなら結構力を入れて引き抜いても大丈夫です。

キーボード底面の掃除

↓何年も掃除していないと、キーボードの底面は大抵この写真よりもっとひどい状態になってます。

キーボード底面の汚れ

食べかす・油汚れ・ペットの毛などなど、蓄積された汚れは閲覧注意レベルで、ネット上でも公開している勇者はほとんどいません。そのくらい強烈な汚れになっていることが多いです。

まずは掃除機の先にブラシ付けて弱めに吸ったり、屋外でエアダスター使って吹き飛ばしたりして、大きなホコリを掃除します。

↓エアダスターはこんなやつ。

エアダスターでも吹き飛ばせない汚れは歯ブラシでかき出します。

キーボードを掃除するための歯ブラシ

歯ブラシで掻き出しても残るこびりついた汚れは、綿棒に無水エタノールを染み込ませて拭き取ります。

何種類か試したりレビューを見て買った、ジョンソンの綿棒がほつれにくくて芯棒も非常に硬いのでおすすめ。

ジョンソン・エンド・ジョンソン

仕上げにサイバークリーンで微細なホコリを取り除けば完璧。

お菓子食べたままタイピングしたり、猫がキーボードの上で寝たりするのが日常だと、キーボード底面が悲惨なことになってる可能性もあるので、キートップ外した時にしっかり掃除しときましょう。

油汚れを放置するとキーボード底面が錆びます。

メラミンスポンジでキートップの掃除

取り外したキートップは水洗いばかり推奨されていて「キーボード 掃除」で検索しても水洗いのやり方ばかりヒットします。

でも実際水洗いも何回かやりましたけど、メラミンスポンジでキートップを1個1個拭き掃除したほうが結果的には早く掃除が終わります。(その理由もあとで説明しています)

↓こうやってキートップの側面を水を含ませたメラミンスポンジで軽くこするだけ。

メラミンスポンジでキーボードの掃除

「メラミンスポンジ」という言葉が聞き慣れない人でも激落ちくんと言ったらわかると思います。

やってることは表面をかる~く研磨して汚れをこそぎ落としてるだけです。これが良いのは水だけで油汚れも落とせるところ。かなり頑固な汚れもコシコシこするだけで取れちゃいます。

※メラミンスポンジが汚れたら、薄皮一枚(5mmほど)カッターナイフで切り取ればまた使えます。

そして後述する水洗いと違ってタオルで拭くだけでよく、乾燥させる必要がないので手間が少なく済みます。

個人的にはキーボードを徹底的に掃除するならここまでの方法が一番おすすめです。

キーボードの水洗い

さて、ここからはあまりおすすめの方法ではないですけど、キートップがえげつないほど、手で触るのをためらうほどネチャネチャと汚れているなら水洗いもありです。

ただし、ほとんどの場合、水洗いは本当におすすめしません。理由はこの後を読めばわかりますが、メラミンスポンジよりも結果的に手間がかかります。

100均で買える小さめのバケツにでもキートップを全部入れて、

キーボードの洗浄

おもむろに洗剤を投入してジャバジャバとかき混ぜる。

キートップに潜在を入れたところ

油汚れやヤニ汚れを落とすのに一番コスパが良いのはマジックリンの緑のやつです。ガチ比較で定評があるMONOQLOという雑誌で、キッチン汚れ特集でも検証されてましたね。

でも、そもそも汚れの特性は多種多様で、効果のある洗浄成分もバラバラ。油汚れや手垢などはアルカリ性の洗剤が効果的ですし、水垢や石けん垢などは酸性が効果的。

引用:the360.life – 万能洗剤は幻想。とは言いませんが 結局、マジックリンで十分でした。

この記事を見ると、「油汚れや手垢」はキーボードの汚れに近いので、アルカリ性洗剤が効果的ということがわかります。また、万能洗剤と呼ばれるようなお高い洗剤も必要ありません。

↓使うマジックリンは緑の基本のやつ。ホームセンターやドラッグストアでも簡単に買えます。

浸け置き専用の粉末タイプのマジックリンもあるのでお好みでどうぞ。(たぶんそこまでしなくても十分だとは思いますけど。)

ただしアルカリ性の洗剤なので、長時間じゃぶじゃぶすると手が荒れるかもしれません。できれば手袋をはめて作業してください。

※手袋が面倒で、素手でやりたいなら中性洗剤でどうぞ。

浸け置きの状態で一晩放置しました。

キートップ浸け置き洗い

翌日水揚げし、よくすすいで洗剤を取り除きます。(マジックリンはアルカリ性なので、念入りにすすいでください。効き目は強力だけどこういうところが面倒くさい)

キートップすすぎ

表面の汚れは洗剤で浮いているので、拭くついでに綺麗にできます。

結局ふきとる必要がある

水洗いをおすすめしない理由のひとつ。

こびりついた汚れは、じゃぶじゃぶした後にすすぐだけでは、どっちみち取れません。

結局ふきとる必要があるので、1個1個メラミンスポンジでこするほうが結果的に手間が少なくなります。

そして、水洗いした後、ここからが本当に面倒くさいです。

キートップの内側を乾燥

さて、洗浄は終わったんですが、ここからがキーボード水洗いの最大のデメリットになります。キートップ内側の水分を乾燥させるのが超めんどくさいです。

自然乾燥では不十分

キーボードを水洗いした後に扇風機を数時間当てて終了、というように書かれることがありますが、キートップの形状によっては内側が全然乾いていないので注意が必要です。

↓例えばこういう形状のキートップだったら、小さい穴に入り込んだ水分は自然乾燥だとほとんど乾いてくれません。水分が空気に触れる面積が小さいのが原因です。

キートップの乾燥

この写真のキートップだと扇風機に1日あてるくらいじゃ全然乾きません。最終的にエアダスターでひとつひとつ水を吹き飛ばして結局すごい手間がかかってしまいました。

水分が残ったまま戻すとキーボード故障の原因にもなるので、乾きにくい形状のキートップは水洗いをおすすめしません。

まとめ

ということでキーボードの掃除についてまとめると、

  1. シリコンローラー・サイバークリーン・無水エタノールを使って、初期汚れを簡単に掃除できるようにしておく
  2. キートップ側面やキーボード底面に汚れが溜まってきたらキートップを外して掃除する(水洗いまでする必要はない)
  3. キートップの水洗いは最終手段。おすすめはできない。ズボラで完全放置で手につけられないほど汚れたら、というくらい。(というかそんな状態ならキーボード買い換えたほうが良い気もするけど)

という感じで、いかに初期汚れを掃除できるようにするか、汚れにくくするか、というのがとても大事なので、前半で紹介したシリコンローラー・サイバークリーン・無水エタノールが重要です。

丸洗いできるキーボード

さて、これだけ細かくキーボードの掃除について説明してきましたが、そもそもズボラな人のために、まるごと水洗いできるウォッシャブルキーボードというものも売られています。

ウォッシャブルキーボードを検索

ジュースをこぼしてもすぐに水で流せばOKとのこと。ほんまかいな。

フルキーボードのキートップって全部で108キーもあるので、掃除に慣れても時間かかりますから、超絶面倒くさがりの人には良いのかも。でもそこまで面倒だったら水で流すのも面倒になりそうだけど(笑)

個人的にはそれよりも普段の掃除をこまめにするほうがおすすめ、と言っておきます。

ーーー

最後にここまで紹介してきたアイテムのリンクを貼っておきます。ちょっと長くなりますが。

スペックコンピュータ株式会社
ジョンソン・エンド・ジョンソン

ーーー

関連:コンパネと木工用ボンドだけで大容量のキーボード収納棚自作

関連:ミネベアRT8756Cなどレトロキーボードもらったので紹介

関連:キーボード用の潤滑剤「スムースエイド」購入

関連:キーボードの数え方の単位は?台?枚?面?個?

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

Amazonでの買い物について

当ブログではAmazonの商品をよく紹介しています。

いつもコンビニ払いしている人は、Amazonギフト券をチャージするとポイントが余分にもらえるので、今まで知らなかったという人は読んでみてください。

・キャンペーン中なら初回購入で1000ポイント付与
・チャージする金額によって0.5~2.0%ポイント付与

Amazonギフト券チャージタイプの詳細はこちら

また、プライム会員ならさらに0.5%上乗せされます。

ーーー

プライム会員の特典は「お急ぎ便無料」「プライムビデオで多数の映画やアニメ見放題」が特にお得。それ以外にも音楽・読書の使い放題サービスあり。

料金は年額3,900円(月換算325円)で、世界的に日本だけなぜか破格の安さになっているので、配送・映像・音楽・読書など、一部でもよく利用する人なら非常におすすめです。

プライム会員の詳細はこちら

学生ならPrime Studentがさらにお得

スポンサーリンク

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

制作物:「ノイズレスサーチ

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

記事が良いと思ったら、Twitterでツイートしたり、ブログなどで紹介してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

『キーボードの掃除方法|分解や水洗いしなくても綺麗にする方法いろいろ』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/05/28(月) 21:52:02 ID:3eb9a73bc 返信

    こちらのメラミンスポンジの方法でほんとにきれいになりました!側面にこびりついた手垢も軽く撫でる程度できれいに落ち、水洗いと違って乾かす時間が不要なのも便利ですね。良い方法を教えていただきありがとうございます!

    • 名前:パソ活 投稿日:2018/05/28(月) 22:03:49 ID:7dacf605a 返信

      ありがとうございます。あまり自分以外の人からメラミンスポンジで実際にやった話を聞くことがないので良かったです。

  2. 名前:匿名 投稿日:2018/06/14(木) 01:16:43 ID:a308457a0 返信

    結局分解してますよねw

  3. 名前:匿名 投稿日:2018/11/10(土) 10:24:48 ID:49fd48e10 返信

    シリコンローラーやキープラーなどのアイテムがあることを知らなかったので凄く参考になりました、ありがとうございます。

  4. 名前:匿名 投稿日:2019/01/07(月) 13:39:00 ID:931f15fe4 返信

    年末年始にキーボードをきれいにしようと思って参考にさせていただきました。
    ペットを飼っているもので、毎回KeyPullerで引き抜いて、毛やホコリを吹き飛ばしつつキートップを水洗いして、水分飛ばして・・・と2日くらいかけてたんですが、メラミンスポンジが完璧すぎて、過去の手間暇が何だったの!?となったくらいです。
    目からウロコ、大変参考になりました。
    ありがとうございました!

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。