おすすめiPhone神アプリ50選|1000個以上使って厳選した便利な効率化アプリの紹介

iPhoneおすすめアプリ

iPhoneを使い始めてもう6年以上。さすがに定番のアプリも経験値が貯まってきて、AppStoreの履歴から数えてみると1,000個以上ものアプリをダウンロードしていました。

自分ではごく自然に試した結果そうなっただけなんですけど、めちゃくちゃたくさんのiPhoneアプリを使っていたみたいです。

総まとめ的な意味も込めて今まで使ってきたアプリ66の中で定番の、神アプリ級の便利なアプリをまとめています。

検索ランチャーならこれ!カメラならこれ!カレンダーに予定を入力するならこれ!フリック入力を練習するならこれ!というふうに、目的別のベストアプリを厳選しています。

傾向的には仕事・効率化・便利、みたいなものを求めてる人と相性が良いと思います。

また、Instagram、Twitter、Facebook、YouTubeなどの有名すぎるサービスの純正アプリは載せていません。サードパーティ製で便利なものがあれば掲載しています(Twitterクライアントとか)

中にはあまりライトユーザーが使わないであろうマニアックなアプリもあるので、有料アプリでも良いものを使いたいという人にもおすすめ。

補足情報

各アプリのリンクには「URLスキーム」「iPad対応」「Android版のリンク」も記載しているので、さらなるカスタマイズやiPhone以外の端末で使いたい時の参考にしてください。

  • URLスキーム・・・ランチャーアプリなどで利用できるショートカット名
  • iPad対応
    • iPhone版のみ(iPad互換)・・・iPadにインストールできるが、iPhoneの画面を拡大して使うようになる
    • iPhone・iPadユニバーサル・・・iPad用のレイアウトがある
  • Android版・・・Android版がある場合はGoogle Playへのリンク
公式サイトへのリンク

意外と見る人は少ないかもしれませんが、App Storeには各アプリの公式サイトや開発者ブログへのリンクがあります。

iPhoneからApp Storeを見た時にある「Appサポート」か、その下の方にある「デベロッパWebサイト」という部分から飛べます。

アップデートの内容や使い方が載っていることもあるので意外と役立つことがありますよ。

ちなみに動作確認は

  • iPhone 7
  • iOS12

でしています。

スポンサーリンク

もくじ

Quicka2 (検索ランチャーアプリ)

カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥120 (掲載時)
iPhone版のみ(iPad互換)

何種類か試した中で、最も動作が速い検索ランチャーアプリ。

他にKeywordBox、Wright、Qube 2、などを試しましたが、Quicka2が最も起動が速く、iPhone 7だと起動1秒で入力できる状態に。iPhone 5sでも2秒という軽さでした。

検索先のサイトはライブラリにメジャーなものはある程度用意されていて、自作・カスタマイズすることも可能。

ブラウザを内蔵にするかSafariに飛ぶか選べるので、純正アプリが自動的に開いてくれるものもあり、他のアプリに移動する窓口としての機能も便利。

とにかく起動が爆速なので、ドックに置くアプリとして非常に向いてます。

検索キーワードを挿入する [U] を自分で好きな位置に設定できるので、当ブログで提供している検索サービス「ノイズレスサーチ」に飛ぶ http://pasokatu.com/nsearch#gsc.tab=0&gsc.q=[U]&gsc.sort= のように設定して普段から使っています。

数年前は長らく更新がなかったのですが、現在はiOS12にも対応して、自分にとってもメインの検索ランチャーアプリに返り咲きました。

また、開発者さんのブログに、Amazonギフト券やビットコインによるサポートについて書かれています。iOSアプリは定期的に新しいOSへの対応が必要だし、個人での開発はモチベーションの維持がなかなか難しいと思います。普段Quickaを使っている人はサポートしてみてはどうでしょうか。

OneCam (使い勝手の良い静音カメラ)

OneCam

カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: ¥240 (掲載時)
URLスキーム: onecam-photoapplink:
iPhone版のみ(iPad互換)

iPhoneにカメラアプリ入れるならおすすめの静音カメラ。写真/ビデオカテゴリのランキングでも常に上位です。

撮影サイズは縦横比も豊富だし、シャッター音はほとんど鳴らないし、何より撮影直後に他アプリと連携・シェアがやりやすいのが一番良い点。

ものすごく細かいことを言えば、このあと紹介する「シンプルカメラ」より画質が悪いですが、拡大してやっと分かる程度の差なので、求める画質によって考えれば良いと思います。

シンプルカメラ (画質の良い静音カメラ)

カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム: com.kaname.surya.ios.simplecamera:
iPhone・iPadユニバーサル

OneCamと同じくらい静音。OneCamは厳密に言うと動画切り出し方式なのに対して、シンプルカメラは純正と同じように撮影するため、画質が良いです。(と言ってもかなり拡大しないと気づかないような差のため、使いやすさなども含めて選んだほうが良いですけどね)

画素数とアスペクト比の切り替えやすさも良いですが、いかんせん広告が表示されてしまうのが難点なのと、無料だと画素数などに制限があるので、常用するならアプリ内課金する必要が出てきます。しかも600円と結構なお値段なので、よっぽど細部の画質にこだわりがなければOneCamでも十分です。

Adobe Photoshop Express (写真加工)

カテゴリ: 写真/ビデオ, ソーシャルネットワーキング
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム fb292065597989:
iPhone・iPadユニバーサル

写真を加工するのにおすすめのアプリ。

Adobe純正なのでとりあえず安心、トリミング・色調補正・ゴミ除去・赤目補正・スタンプ・画面分割など、一通りの機能があって、操作しやすいのでアプリの評価も高くなっています。

テキスト挿入は背景色がないので、スクショに解説用の文字入れをするならこのあと紹介するSkitchを使ったほうが良さそう。

Skitch (スクショ加工)

カテゴリ: 仕事効率化, 写真/ビデオ
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム skitch:
iPhone・iPadユニバーサル

図解のためにスクショに文字入れするならSkitchがおすすめ。

テキストが最初から縁取りされているので、どんな場所に挿入しても文字が読みやすくなります。

矢印・枠囲み・鉛筆・スタンプ・モザイクと、図解に必要なツールが一通り揃っているので過不足ありません。

↓公式動画。見るだけでだいたいわかります。音量注意。

ちなみにパソコンだとMac版はありますが、

カテゴリ: 仕事効率化, グラフィック&デザイン
価格: 無料 (掲載時)

WindowsにはSkitchが無いので、画像に文字入れなどの加工をするならScreenpressoというツールがおすすめです。

関連:スクリーンショット加工におすすめ「Screenpresso」

LongScreen (フレーム付きスクリーンショット)

カテゴリ: ユーティリティ, 写真/ビデオ
価格: ¥360 (掲載時)
iPhone・iPadユニバーサル

スクリーンショットにiPhoneのフレームを付けられるアプリ。

Webページのスクショを縦につなげて縦長の画像を作ったり、フレーム付きのスクショを横に並べて1枚の画像にしたりできます。

スクショのサイズに合わせてフレームも自動で選択してくれるので、操作がとても簡単で、ブログに挿入する用途でもはかどると思います。もちろん1枚のスクショに対してiPhoneのフレームを付けることもできます。

応用範囲が広いし操作も簡単なので、ブログを書く時はもっぱらこれを使うようになりました。

PicFrame (複数の写真を1枚にできるアプリ)

PicFrame

カテゴリ: 写真/ビデオ, エンターテインメント
価格: ¥360 (掲載時)
URLスキーム: picframe:
iPhone・iPadユニバーサル

何枚かの写真を1枚の画像にできるiPhoneアプリです。

ブログに貼り付ける画像を加工したりヤフオクに出品する画像を作ったりするのに便利かも。

最初から大量のテンプレートが用意されているので、自分でいちいち分割する必要がないので楽です。

ひとつひとつの枠の中で拡大縮小もできます。

Pushbullet (パソコン・スマホ間のデータ転送)

Pushbullet

カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム: pushbullet:
iPhone・iPadユニバーサル

パソコンとURLやテキストの受け渡しや共有が簡単にできるアプリ。

パソコンにはChrome拡張機能のPushbulletをインストールすれば、パソコンからスマホ、スマホからパソコン、どちらでも送信できます。

  • パソコンで見ているURLをスマホですぐに見たい時は「インスタントプッシュ」。ショートカットキーでスマホに通知が飛び、ワンタップで開けます。
  • パソコンで見ているページ中の文字をマウスで選択して右クリックからPushubulletでテキストが飛ばせます。
  • パソコンからテキストを手入力してスマホに送りたい時は、拡張機能のボタンをクリックしてから文字を入力してEnter。
  • スマホで見ているページをパソコンで見る場合は、Safariのメニューの中にPushubulletがあるので、2タップで開けます。
  • Ctrl+V(貼り付け)でパソコンからコピペ画像も送信可能

パソコンでChromeを使っているならこの連携は手放せません。

ロケスマ (ジャンル別にお店を探せる地図アプリ)

ロケスマ

カテゴリ: ナビゲーション, ライフスタイル
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム: locasma:
iPhone・iPadユニバーサル

膨大な種類の地図が使えるマップアプリです。

  • カフェ・ファミレス・バーガーなどの飲食店
  • コンビニ・100均・家電量販店などのショッピング
  • ATM・警察署・駅などの施設
  • ガソリンスタンド・道の駅・パーキングなどの旅行関係

などなど豊富なジャンルでものすごい数の地図が収録されています。

Yahoo!天気 (雨雲の動きが見やすい天気予報)

ヤフー天気

カテゴリ: 天気
価格: 無料 (掲載時
URLスキーム: yjweather:
iPhone・iPadユニバーサル

天気予報アプリで愛用しています。

今日明日の天気・1時間ごとの予報・週間天気が見れるのは天気アプリとして当たり前なんですけど、Yahoo!天気は雨雲の動きが見やすくて細かいのがいいところ。

あめふるコール (もうすぐ雨が降る予報)

カテゴリ: 天気
価格: 無料 (掲載時)
iPhone・iPadユニバーサル

1時間以内に強い雨が降りそうだったらプッシュ通知してくれるアプリ。

今まで使ってきた体感ではかなり頼りになってます。通知の「◯mmの雨」がかなり大げさな数値のことが多いですが、何回も見ているとだいたいどのくらい雨が降るのかわかってきます。

普通の天気アプリと違って、場所の指定が地図上でピンポイントにできて、しかも現在から1時間の間は10分刻みの予報なので、(精度が絶対かどうかは置いといて)安心感はありますね。

Yahoo!防災速報 (地震速報などの災害情報)

Yahoo!防災速報

カテゴリ: 天気
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム:  yjemgalert:
iPhone版のみ(iPad互換)

地震・豪雨・火山などひと通りの災害情報が見れるiPhoneアプリ。

見るだけなら天気予報アプリでも災害情報は見れるんですが、Yahoo!防災速報はさらに大きな災害が起きた時の通知が充実していて、一定以上の規模になるとiPhoneにアラーム通知が届くようにできます。

feather (Twitterクライアント)

カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, ライフスタイル
価格: ¥360 (掲載時)
URLスキーム feather:
iPhone版のみ(iPad互換)

複数アカウントを横断的に、同時に扱いたいならとてもおすすめのTwitterアプリ。

画面下部に5つ並べられるタブが、アカウントごちゃごちゃでも良いので、アカウント1のメンションとアカウント2のメンションを隣に置く、なんてこともできたりします。

そして、例えば検索結果をショートカット的にタブに置いたり、任意のリストを置いたりと、とにかくタブのカスタマイズ性が高いので、自分がよく使うショートカットキーをたくさん置きたいという人との相性はとても良くなっています。

そしてもう一つ便利な使い方として、Openerというアプリと連携させるとさらに的確なブラウザやアプリでリンクを開くことができるようになるのでおすすめ。

設定については「feather for TwitterはOpenerと組み合わせるとさらに便利になる | reliphone」という記事を参考にどうぞ。

Opener (リンク先のアプリを選択)

カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
価格: ¥240 (掲載時)
URLスキーム opener:
iPhone・iPadユニバーサル

ほとんどの場合「リンクを長押し → Openerを選択」することにより、リンク先に合わせたアプリやブラウザを提示してくるアプリ。

  • 動画リンク → YouTubeやニコニコなど自動判定して、純正アプリかサードパーティアプリを選べる
  • Twitterクライアントなどのアプリ内の通常のWebサイトリンク → ブラウザを選択(内蔵ブラウザしか使えないアプリでもSafariに飛べる)

個人的によく使うのは上記の2つで、YouTubeのリンクはnPlayerで開いたり、内蔵ブラウザはその後の移動が面倒なのでSafariに飛びたい時がよくあります。

さっき紹介したようなTwitterクライアントアプリでもほとんどのリンクでOpenerが活躍してくれるので、いろいろなアプリを入れている人は間違いなくコスパが良いと思いますよ。

スマートニュース (ニュースアプリ)

スマートニュース

カテゴリ: ニュース
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム:  jp.gocro.smartnews:
iPhone・iPadユニバーサル

いろいろ試して一番無難だったニュースアプリ。

グノシーNewsPicksも使ってみましたが、広告の表示が一番マシだったのでスマートニュースにしました。

あと、ヤフーだけで良いならYahoo!ニュースでも。

Shoot! (カレンダー予定入力アプリ)

Shoot!

カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥240 (掲載時)
URLスキーム: moveup.shoot-free:
iPhone版のみ(iPad互換)

Googleカレンダーに予定を追加するアプリ。

日付・時刻・内容、すべて直感的なインターフェースで入力できます。

Calendars 5 (カレンダーアプリ)

カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: ¥840 (掲載時)
URLスキーム calendars:
iPhone・iPadユニバーサル)
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル
価格: 無料 (掲載時
URLスキーム calendarslite:
iPhone・iPadユニバーサル)

iPhone 4Sの時から10種類以上は比較したと思うカレンダーアプリは、最終的にこれに落ち着きました。

予定の見やすさ(リスト・日・週・月表示)、予定の入れやすさ、iPad対応、Googleカレンダーはもちろん連携可能、Googleタスクと同期可能など、基本的な使いやすさと機能を全て兼ね備えています。

いろいろな機能を使うなら有料版になりますが、無料版でもカレンダーとしての基本は体験できるのでまずは試してみてください。

ただし、カレンダーアプリは他にもたくさんあるので、使い方に合ったものを自分でも探すと良いと思います。

Remember The Milk (タスク管理)

カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム mobilertm:
iPhone・iPadユニバーサル

タスク管理サービスの中で、最も幅広くおすすめできるアプリ。通称「RTM」とも呼ばれる。

  • 見やすいデザイン
  • Windows・Mac・iPhone・iPad・Androidすべてに対応しているマルチプラットフォーム
  • スマホでのタスク追加が非常にわかりやすい
  • 締切・開始日・重要度・リスト(フォルダ)・タグ・繰り返し・場所・予測時間など、基本的な機能が充実している
  • タスクごとにノートを複数書き込め、ノートごとに作成日時があるので進捗管理も可能。URLも貼れる。
  • Smart Addやショートカットキーなど、使いこなすほど効率アップ

という感じで、基本がしっかりと揃っているので、タスク管理に興味がある人はRemember The Milkをまず試してみればハズレがないと思います。

また、愛用者が多いので、ネット上に活用方法が豊富に揃っています。

関連情報の検索

※当ブログで提供している検索サービス「ノイズレスサーチ」の宣伝になりますが、日本語のブログが多くヒットするので、こちらの検索結果から情報を探してみるのがおすすめです。Amazon・iTunesストア・海外サイトなどを除外した、具体的な使い方を紹介しているサイトが見つかりやすくなります。

「Remember The Milk」の検索結果

Remember The Milk以外にもタスク管理やGTDができるサービスはいろいろあるので、興味がある人はそれらの関連キーワードで検索してみてください。

ーーー

また、Remember The Milkより機能は劣りますが、GmailやGoogleカレンダーと一緒の画面で見たいなら、Google純正のToDoアプリも選択肢になります。

カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料 (掲載時)
iPhone・iPadユニバーサル

ただしGoogle ToDoはほんとに最低限の機能しか無く、絞り込みによる一覧機能が弱いので、「今やることを並べる程度で構わない」という人向け。

郵便番号検索くん

カテゴリ: 辞書/辞典/その他
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム postalcode:
iPhone版のみ(iPad互換)

オフラインでも郵便番号が検索できるアプリ。

何種類か試してみて、最も検索が快適で、コピーのしやすさ、地図で確認、メールで送信など、郵便番号を検索した後にやりそうな機能が過不足なく用意されています。

フリックファン (フリック入力練習アプリ)

フリックファン

カテゴリ: 仕事効率化, ゲーム, 単語, 教育
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム: 無し
iPhone版のみ(iPad互換)

フリック入力の練習アプリ。

実用的なフリック速度程度ならこのアプリだけで十分です。ある程度速くなったらあとは普段のLINEやメールだけでも大丈夫。

iPhoneを持ったら最初のうちに集中して練習しておけば、何かと楽になります。

↓今まで見た中で一番速い動画。

↓フリックファンについてはブログも書いてます。

関連:フリック入力が練習できるiPhoneアプリ「フリックファン」

手書きキーボード (フリック入力が苦手な人向け)

iPhoneアプリ手書きキーボード

カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
価格: ¥480 (掲載時)
URLスキーム: comcatalystwohandwritingkeyboard:
iPhone・iPadユニバーサル

手書きで書いた文字を変換して入力できるアプリ。

フリック入力がどうしても苦手な人にとっては神アプリ。

認識精度と予測変換がすごいので、かなりアバウトに書いても思った通りの入力ができます。

↓公式動画、どの程度の認識力があるのかわかりやすいです。

そして、特にiPadでは筆記面積が大きいので非常に使いやすくなります。

Remote Mouse (iPhoneでPC操作)

カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム fb197014527058733:
カテゴリ: ユーティリティ, 辞書/辞典/その他
価格: 無料 (掲載時)

iPhone・iPadからPC操作するアプリ。

スクリーンキーボードでの文字入力・音声入力・マウス操作が、パソコンに対してできるようになります。

フリック入力や音声入力でパソコンに文字入力する手段として、現実的な方法のひとつですね。

かと言ってガッツリパソコンで文書作成するなら、パソコンのキーボード入力を速くしたほうが最終的には全然効率が違うので、無理にiPhoneで文書作成しないように気をつけてください。

タッチタイピングができない人はこちらの記事でも読んでみてください。

常用漢字筆順辞典

カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム
iPhone・iPadユニバーサル

なんとなく漢字が思い出せない時に使えるアプリ。

手書き・キーボードどちらからでも検索できて、部首・習得学年・書き順・読み、などの基本情報が一通り載っているので、簡易的な漢字辞典としても使えたりします。

QRコードリーダー for iPhone

QRコードリーダー

カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム: aa-qrcam:
iPhone版のみ(iPad互換)

QRコードを読み取るアプリ。

類似アプリはたくさんありますが、これは読み取り後に起動するアプリを提案してくれる賢いやつです。

URLだったらSafariやChromeが開く候補として表示されるので、すぐに開くことができます。

※いつからかわかりませんが、iOS12だと純正カメラでQRコードが読み取れるようになってました。URLをSafariで開くだけなら純正カメラでも大丈夫です。

SpeedSpot (通信速度計測アプリ)

SpeedSpot

カテゴリ: ユーティリティ, 旅行
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム: spdspt-test:
iPhone・iPadユニバーサル

インターネットの通信速度を計測できるアプリ。

と言ってもこれがイチオシ!というわけじゃなく、どのみち計測アプリだと正確な通信速度を測ることはできないので、参考程度にしておくのが良いと思います。

同じアプリで自宅Wi-Fiと4Gを比べればいくらか参考にできるんじゃないでしょうか。

CamScanner (傾き補正するスキャナーアプリ)

CamScanner

カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム: camscannerfree:
iPhone版のみ(iPad互換)

スキャナーアプリ。

自動で傾きやコントラストの調整をしてくれるので、書類をスキャンするのに最適な調整がされています。

スキャンした書類を画像として保存したり、他のアプリに渡したり、シェアしやすいシステムになっているので使い勝手がなかなか良いです。

純正メモアプリ

※iOS11から、純正メモアプリで書類のスキャン(傾き派生機能付き)が使えるようになりました。ただしiCloudを使う必要があるので、iPhoneとMacで環境を統一していて、メモアプリを常用している人以外にはおすすめしません。

Reeder3 (RSSリーダーアプリ)

Reeder2

カテゴリ: ニュース
価格: ¥無料 (掲載時)
URLスキーム: reeder3:
iPhone・iPadユニバーサル

RSSリーダーアプリ。

今までfeedly・Newsify・Sylfeed・Byline・といろいろアプリを試してきましたが、このReederが最も使い勝手が良かったです。

Mac版のアプリもあるので、Macも使っている人にはとくにおすすめ。

※Reeder 4リリースを前に、Reeder 3がiPhone・Mac版ともに無料化されました。

↓こちらがMac版Reeder 3(元は 1,200円)

カテゴリ: ニュース
価格: 無料 (掲載時)

ーーー

無料でRSSリーダーを使いたいならNewsifyもなかなか良いアプリです。(広告を撤去したければ結局有料になりますけど)

カテゴリ: ニュース, 仕事効率化
価格: 無料 (掲載時)
iPhone・iPadユニバーサル

Picport (写真転送アプリ)

Picport

カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 写真/ビデオ
価格: ¥360 (掲載時)
URLスキーム: jp.itok.picport:
iPhone・iPadユニバーサル

画像の転送アプリ。

iPhone内の写真や動画を、DropboxやEverNoteなど様々なクラウドサービスに転送することができます。

他にもfacebook・Flickr・Googleドライブ・Googleフォト・Twitter・YouTubeなど、多数のサービスに画像や動画を転送できるので非常に便利。

あらかじめ送信先と画質のテンプレートを複数作れるので、一度設定すれば転送先を選ぶだけの簡単操作なのも良いところ。

WorkFlowy (アウトライナーアプリ)

WorkFlowy

カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム: 無し
iPhone・iPadユニバーサル

アウトライナー(アウトラインプロセッサ)アプリ。

iPhone・iPad・パソコンでデータを同期できて、操作が非常に快適なのでアウトライナーサービスの中でイチオシ。

↓どのような階層構造になっているのかわかる動画。動画ではマウスを使ってますが、使い慣れたらショートカットキーを使うとさらに快適になります。

↓ブログ記事も書いてるのでこちらもどうぞ。

関連:WorkFlowyの使い方とショートカットキーまとめ

1Password (パスワード管理アプリ)

1Password

カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム: onepassword:
iPhone・iPadユニバーサル

パスワード管理アプリ。

iPhoneだと、指紋認証するだけでユーザー名とパスワードを自動入力してくれるので、ログインの手間が大幅に減り、指紋認証を使うのでセキュリティも向上します。

また、Webサイトだけでなく様々なiPhoneアプリ内のログインでも1Passwordと連携しているので、驚くほど使える範囲が広いです。

1Password公式サイト

管理するアカウントが多い人はこのようなパスワード管理ソフトを使うと恩恵が大きいのでおすすめ。

Google Authenticator (2段階認証アプリ)

Google Authenticator

カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム: totp:
iPhone版のみ(iPad互換)

2段階認証のパスコードをひとつのアプリに集約してくれます。

登録したサービスがひとつの画面内で60秒毎に切り替わるので、このアプリさえ使えば、2段階認証を一括管理できます。

本来の2段階認証はメールやSMSを使うので、アプリで管理することにより、かなり快適になります。

↓2段階認証について書いた記事はこちら

関連:2段階認証を導入してみたけどそもそも1段階目も重要

クラウドストレージアプリ

iPhoneを使うなら、DropboxGoogleドライブはとりあえずアカウントを作っておくことをおすすめします。

特にDropboxはiPhoneアプリと相性が良く連携できるアプリが最も多いので、場合によってはほぼ必須になるアプリもあります。

ーーー

Dropboxはそれ用のアカウントを作る必要があります。招待リンクからアカウントを作成すると、特典としてお互いに500MBがプレゼントされるので、初めての人はどうぞ。

Dropboxはクラウドストレージとしては容量が少なめで初期状態だと2GBしかないので、500MB追加はそれなりにありがたい特典です。

Dropbox 500MBボーナス招待リンク

カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: 無料 (掲載時)

ーーー

GoogleドライブはGoogleのアカウントを持っていれば使えるので、大抵の人は最初から使えるはずです。

カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料 (掲載時)

これら2つがあれば、クラウドストレージを使うアプリのほとんどに対応できます。

ちなみに、2つとも重要なデータが入る可能性が高いので、先程紹介したGoogle Authenticatorも合わせて、2段階認証を導入しておいたほうが良いでしょう。

参考:2 段階認証を有効にする – Dropbox ヘルプ

参考:Google 2 段階認証プロセス

ーーー

これら以外にもOneDrive、box、Amazon Drive、他にもいろいろなクラウドストレージがありますが、特定のアプリケーションで当てがなければ、使う機会はほとんどありません。

容量が大きくても対応しているアプリが少なかったら意味がないので、アカウントを作りすぎないように注意しましょう。

Be Focused (ポモドーロテクニックアプリ)

ポモドーロテクニック

カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム:pomodorotimelite
iPhone・iPadユニバーサル

ポモドーロテクニック(25分集中・5分休憩)の定番アプリです。

作業時間と休憩時間は自分で好きなタイムを設定できるのでポモドーロ以外の用途にも使えます。

↓ポモドーロテクニックについて書いた記事はこちら

関連:ポモドーロテクニックにおすすめのiPhoneアプリ

ーーー

あとはこれも同じくポモドーロができるアプリで、見た目が可愛いので人気があります。

カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: 無料 (掲載時)

ListTimer (タイマー)

カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム listtimer:
iPhone・iPadユニバーサル

「あと◯◯秒・分」のタイマーが簡単に使えるアプリ。

10秒単位の列には10秒・20秒・30秒・40秒・・・というふうに予めタイマーが180個分も用意されていて、タップするだけでスタートする。時間単位は3つ設定可能。

終了時刻が表示されているのも純正タイマーより良いところ。「12時頃にアラーム鳴らしたい」なんてアバウトなタイマーもかけられる。

タイマースタート後にリピートボタンをタップすれば繰り返ししてくれるので、トレーニングや実験にも使えるかも。

↓公式動画。見るだけでほとんどわかる。

iOS標準のタイマーアプリで不便な部分をカバーできるので広くおすすめ。

記録を残せる!ストップウォッチ

カテゴリ: ユーティリティ, ライフスタイル
価格: 無料 (掲載時)
iPhone版のみ(iPad互換)

こちらはストップウォッチアプリのおすすめ。

  • ラップと合計時間が両方表示される
  • 純正よりもラップの表示件数が多い
  • 名前付きで記録をセーブできる

という特徴があり、iOS純正のストップウォッチよりも多機能なのに、使いやすさは損なわれていません。

あと、タイマー系アプリが別々になると置き場所が増えてしまいますが、さっきのListTimerは「あと◯分」、こちらのストップウォッチは時間を計測、というふうに用途が違うため、別アプリになっていたほうが使い分けしやすいということもあります。

渋滞情報マップ (高速道路の渋滞チェックアプリ)

カテゴリ: ナビゲーション, ライフスタイル
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム: たぶん無し
iPhone版のみ(iPad互換)

渋滞情報や交通規制を見れるアプリ。

高速道路のJARTICマップと下道のGoogleマップをすぐに切り替えられるのが便利。

他にも同じ機能のアプリが何個かありますが、このアプリが動作が軽くて使いやすかったです。

図書館日和 (図書館の在庫確認や予約)

カテゴリ: ライフスタイル, ブック
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム: toshokanbiyori:
iPhone版のみ(iPad互換)

図書館の在庫検索・予約ができるアプリ。

キーワード検索やバーコードスキャン検索から、在庫があるかどうかすぐに確認できるし、フォルダやタグ付けで整理することもできます。

図書館に在庫があった場合は公式ページにアクセスしてそのまま予約ができます。

↓図書館の在庫確認や予約はパソコンでも便利な拡張機能があります。

関連:Amazonで図書館の在庫を確認・予約できるChrome拡張「その本、図書館にあります」

荷物管理 (荷物追跡・再配達依頼)

カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム nimotsu:
iPhone・iPadユニバーサル

荷物追跡の中で最も良かったアプリ。

  • 伝票番号から配送業者は自動検出
  • Amazon・楽天から商品名・伝票番号自動取得
  • バーコード読み取り可能
  • 内蔵ブラウザで再配達や受取日時の変更ができる
  • 再配達依頼などで必要な情報を自動入力してくれる
  • 動作が軽い・わかりやすい

とくに再配達で面倒な入力フォームに、あらかじめ設定しておいた情報を自動で入力してくれるのが便利。

ちなみにAmazonや楽天から自動で伝票番号を取得する連携機能もありますが、これらのパスワードは貴重すぎるのでちょっと抵抗があって試していません。

外部サービス連携

※よく考えたらAmazonは2段階認証にしているので、万が一流出しても被害は抑えられるだろうと思って連携機能を試してみました。楽天は2段階認証が無いので試していません。

ログイン情報を設定してからリロードしたら、伝票番号と商品名が自動で取り込まれました。特に商品名があるとどの荷物かわかりやすいので便利ですね。

同様の連携機能はウケトルというアプリでもありますが、荷物管理のほうが基本的な操作がだいぶしやすいので、今回は候補から外しました。

アプリが使いやすいのであまり必要ないと思いますが、ランチャーアプリから伝票番号を入力できるURLスキームも用意されているので、興味ある人は公式サイトを一通り読んでみてください。

URL Schemeに対応していますか?
以下のURL Schemeに対応しています。 nimotsu://add/item?name=品名&trackingno=追跡番号&service=配達業者(0:自動検出、1:ヤマト運輸、2:日本郵便、3:佐川急便、4:西濃運輸、5:福山通運、6:TMG、7:カトーレック)

引用:荷物管理:荷物の追跡、再配達依頼が簡単!

とにかく、荷物追跡と再配達に関してはこれがあれば配送業者の純正アプリが必要なくなります。

ーーー

↓一応、配送業者の純正アプリ。

カテゴリ: ライフスタイル, ユーティリティ
価格: 無料 (掲載時)
カテゴリ: ライフスタイル
価格: 無料 (掲載時)
カテゴリ: ライフスタイル, ユーティリティ
価格: 無料 (掲載時)

荷物を発送したくて集荷依頼をするなら純正アプリを入れておく意味もありますが、佐川と日本郵便は結局Webブラウザでアクセスするのと同じなので、アプリのメリットがあまりありません。

ヤマトだけはアプリ自体の使い勝手が良いので、送り状作成・集荷依頼をすることがあるならおすすめです。

せどりすと (Amazon中古価格検索)

カテゴリ: ビジネス, ユーティリティ
価格: 無料 (掲載時)
iPhone版のみ(iPad互換)

Amazonの中古価格をすばやく検索できるアプリ。

今はブックオフも商品を個別にデータベースで査定するようになったので、中古相場が高い本は買取価格も高くなることがあります。

このアプリはiPhoneのカメラを使ってバーコードを連続で読み取り、Amazonの中古価格を一気に調べられるので、手元にある本にどのくらいの価値があるのか調べたい時に使えます。

捨てようかと思っている本が大量にある場合は、調べてみると良いかもしれません。

バーコードにピントが合えば一瞬で読み取り、次の検索までの待ち時間もないので、本を平積みして検索すれば2秒に1冊くらい調べられます。

ただしあまりにも速く検索したら落ちることもあるので、そしたらホームボタンダブルタップでアプリを完全に落としてから再起動して、落ち着いて検索してみてください。

ちなみに自分の手元にあった本をせどりすとで検索して、ブックオフの宅配買取査定と比較するとこのようになってました。

商品名 Amazon
中古最安値
(送料含まず)
ブックオフ
買取査定
究極の文房具カタログ 249 90
仕事文具 1 30
文房具の足し算 105 ーー
10倍売れるコピーライティング 1,020 500
影響力の正体 1,413 400
売れる文章術 903 180

上記は宅配買取の査定なので店頭買取とは違うと思いますが、店頭のほうが買取が高くなる?と思ったりするんですけどどうなんでしょうね。そう考えると宅配買取査定が500円って結構高いような気がするんですけど。

たぶん1,000円以上の中古価格なら、買取価格もそれなりの値段になりそうですね。(ただしコンディションが悪ければ当然安くなります)

All Cast (iPhoneの写真をテレビで見る)

カテゴリ: 写真/ビデオ, エンターテインメント
価格: 無料 (掲載時)

iPhone内やGoogleフォト上の写真や動画を、テレビで再生するためのアプリ。(Fire TV Stickなどの受信できる端末が必要です)

↓ChromecastからFire TV Stickに乗り換えたことについて書いた記事はこちら。

関連:Fire TV Stickレビュー

nPlayer (0.1倍速刻みYouTube倍速再生アプリ)

カテゴリ: エンターテインメント, ユーティリティ
価格: ¥1,080 (掲載時)
URLスキーム nplayer:
iPhone・iPadユニバーサル

YouTubeの動画を0.1倍速刻みで倍速再生できて、しかも左右のスワイプで早送り・巻き戻し、上下スワイプで音量調節や再生速度の変更というふうに、YouTubeの閲覧を快適にするための工夫がてんこ盛りのアプリ。

YouTubeの純正アプリで「再生速度が変えられない!」「シークが思ったところで止められない!」など、困っている人にとっては便利極まりないプレイヤーです。

値段が高いけどYouTubeのヘビーユーザーならコスパに見合った働きをしてくれます。

上記有料版以外にも、iOS9.3以降対応の有料版や広告付きの無料版があります。iOSが対応しているならこっちの有料版でもOK。

カテゴリ: エンターテインメント
価格: ¥600 (掲載時)
iPhone・iPadユニバーサル
カテゴリ: エンターテインメント
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム nplayer-free:
iPhone・iPadユニバーサル

Google翻訳

カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 旅行
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム googletranslate:
iPhone・iPadユニバーサル

結局最終的に便利な翻訳アプリ。今後もサードパーティー製アプリが必要ないほど進化していくんじゃないでしょうか。

「カメラ」では映ったものをリアルタイムで翻訳。

「会話」では言語を自動的に検出して、リアルタイムでスマホが訳して発音してくれるような機能まで搭載されています。

↓実際に会話に使った時の画面と精度がこちら。わりと小さな声でiPhoneからの距離が遠くても会話ができています。

Currency (為替レートが見れるアプリ)

Currency

カテゴリ: 旅行, ファイナンス
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム: Currency:
iPhone・iPadユニバーサル

為替レートが簡単に確認できるアプリ。

円→他通貨、他通貨→円。どちらも直感的に操作できて非常に使いやすかったです。旅行で両替する場面で役に立つこと間違いなし。

Photo Measures Lite (部屋や家具の寸法計測)

Photo Measures

カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム: たぶん無し
iPhone・iPadユニバーサル

家具や部屋の寸法を写真に入力できるアプリ。

指のドラッグで線を引いて数値を入力するだけの簡単操作。家具の自作はもちろん、引っ越しにも役立ちます。

MyScript Calculator (手書き電卓アプリ)

カテゴリ: 仕事効率化, 教育
価格: ¥360 (掲載時)
URLスキーム myscriptcalculator:
iPhone・iPadユニバーサル

手書きで書いた計算を自動で解いてくれるアプリ。

手書きで書いた数字や記号がニョキニョキと数式になって、勝手に解いてくれるのは見るだけでも楽しめます。

算数の宿題でズルできてしまうので子どもには持たせないように(笑)

Sums Up (メモがそのまま電卓になるアプリ)

カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
価格: ¥360 (掲載時)
URLスキーム たぶん無し
iPhone版のみ(iPad互換)

メモ帳の数字の部分だけを合計してくれるアプリ。

日付や明細を同時に入力しながら、どんな書き方でも数字の部分だけ計算してくれるので、メモのつもりで書いてるけどいつのまにか計算が完了してて地味な便利さを味わえます。

「いつ、何を、何円で買ったか」というようなメモを、入力欄を変えずにガシガシ書けるのでなかなか良いですよ。

Duet Display (iPadをサブディスプレイに)

Duet Display

カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: ¥1,200 (掲載時)
URLスキーム: たぶん無し
iPhone・iPadユニバーサル

iPhone・iPadをパソコン(Mac・Windows)のサブディスプレイとして使えるアプリ。

最初は有線(ライトニングケーブル)のみでしたが、無線にも対応したとのこと(通信速度に依存するので過信は禁物)。

ただ、普通のiPadは画面サイズが9.7インチで、パソコンのサブディスプレイとしては意外と小さいので、自分は思ったよりも使わなくなりました。

これは普段からどのような使い方をするかによって評価が変わってきそうですね。

↓ウィンドウを移動してWebブラウジングをしている様子。境界線のがずれているのはMac側の設定で調整できます。

SideBooks (PDF閲覧アプリ)

SideBooks

カテゴリ: ブック, ユーティリティ
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム: SideBooks:
iPhone・iPadユニバーサル

PDFの閲覧だけならこれで十分。

というかPDF編集は次に紹介するGoodNotes 4にまかせきり。

GoodNotes 4 (PDFの手書き編集)

カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
価格: ¥960 (掲載時
iPhone・iPadユニバーサル)

iPhone・iPadどちらでも使えるが、iPadで特におすすめの手書き編集アプリ。

PDFファイルに手書きでペンやマーカーを使って書き込むことができ、拡大・縮小、マーカーの色が豊富、ツールを選択しやすい操作性、トリミング・スクショなど、とにかく直感的で使いやすい神アプリ。

書類のチェックを頼まれて、手書きで添削したものをそのままPDFファイルで送り返すような使い方に最適です。

というか、過去にそういうシチュエーションで誤字脱字のチェックをしたことがあり、指で拡大、誤字部分にマーカー塗りつぶし、手書きで矢印を書き込み修正指示、必要なら罫線ツールを使って表を作り、まとまった文章を書き込みたい時はテキストボックスを作って音声入力でテキスト入力、というふうに、アプリやiPadの機能をフルに使ってテキパキこなすことができました。しかも座椅子に座ったまま、何のストレスもなく。

このように、既存の画像や書類に書き込んで、誰かに納品するなら打って付けのアプリです。

↓こちらは学校の教材作りに活用する例。

上記チャンネル内の「GoodNotes」検索結果も参考になるのでどうぞ。

EverNote

EverNote

カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム: evernote:
iPhone・iPadユニバーサル

そこそこ有名なんで紹介する必要もないかもしれませんが一応。様々なノートをクラウド上で一元管理できるアプリ。

昔は検索やノートの整理をするのにサードパーティ製のアプリが盛んでしたけど、純正アプリでも動作が軽快になりました。

ドキュメントスキャン機能も自動で傾きを補正してくれたりと、必要十分な使い勝手です。

↓EverNoteのプランについて書いた記事もどうぞ。

関連:EverNote料金プランの違い|無料・プラス・プレミアムアカウントの比較

FastEver2 (EverNoteに素早くノートを送信)

FastEver2

カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: ¥480 (掲載時)
URLスキーム: fastever2:
iPhone・iPadユニバーサル

EverNoteに素早くノートを保存できるアプリ。

EverNoteに送信するアプリはいろいろありますが、FastEverがあれば十分。

※この次の「Quick Drafts」を後から知りました。テキストなど簡単な転送だけならQuick DraftsでもOKです。

Quick Drafts (高速メモ)

カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: ¥400 (掲載時)
URLスキーム: quickdrafts:
iPhone・iPadユニバーサル

起動が速く、豊富なアプリと連携できるメモアプリ。

メモは複数保存できるのでとりあえずストックすることができて、その中から送信したいノートだけを他のアプリに飛ばしたりコピーしたりできます。

連携アプリはEverNote・Dropbox・Twitter・facebookなどの代表的なアプリはもちろん、Open inを使えばLINEやPushbulletなど他のアプリにも連携できます。

EverNoteにテキストだけを送信するならFastEver2よりもQuick Draftsのほうが便利な場合もあるので、使い方によってはおすすめです。

Textforce (テキストエディタ)

カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
価格: ¥360 (掲載時)
URLスキーム textforce:
iPhone・iPadユニバーサル

Dropbox内のテキストファイルを編集できるアプリ。

テキストファイルはアプリの中に格納されずDropbox内のテキストファイルを直接編集しているので、パソコン側ではいつもどおりのテキストエディタが使えるのが良いところ。

AmReport (Amazonアソシエイトの成果確認)

カテゴリ: ビジネス, ファイナンス
価格: 無料 (掲載時)

Amazonアソシエイトの成果を確認できるアプリ。

どの商品が何個売れたのか分かり、売上金額と報酬金額が表示されるので、料率の高い商品なども見分けることができます。

Amazon本家の管理画面よりもAmReportのほうが画像付きで分かりやすいのでおすすめ。

無料版は期間指定が「今月」しかできませんが、有料版では「昨日」「過去7日間」「今月」「先月」に加えて、期間の部分を長押しすることによって期間指定もできるので、それなりに成果が発生して1日ごとに確認したい人なら有料版がおすすめです。

↓こちらが有料版のAmReport。

カテゴリ: ビジネス, ファイナンス
価格: ¥240 (掲載時)

※2018年5月30日のアップデートで、Amazonの新レポートに対応されて、データが取得できるようになりました。

カミアプ (アプリセール情報)

カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化
価格: 無料 (掲載時)
URLスキーム kamiapp:
iPhone版のみ(iPad互換)

iPhoneアプリのセールをチェックするのに使います。

セール情報をまとめているWebサイトをRSSリーダーに登録する方法もありますが、起動の手軽さ・表示の速さの点で、カミアプのようにアプリ内で完結するほうが用途に合います。

カミアプに掲載されるセールは全てのアプリというわけじゃありませんが、有名なアプリは掲載される可能性が高いので見逃さないし、怪しいアプリは掲載されにくいのでチェックしやすいのが良いところ。

無料セールをやっていたらとりあえずダンロードしてすぐに削除しておけば、入手した権利は残っているので、後日使いたいと思ったら無料でダウンロードできます。

ーーー

もっと多くのアプリをチェックしたいという人は、CatchAppというアプリの中のアプリ一覧で「値下げ」「日本語」「価格変更の新しい順」にすれば(たぶん)すべての?値下げ情報が見れます。

カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: 無料 (掲載時)

まとめ

まだまだ日常的に使っているアプリはありますけど、あまりにも有名なアプリだったりしてきりがないので、これでも絞って紹介しました。

有料アプリも含めて検討するとかなり便利なものがたくさんあるので、今まで無料アプリだけでやりくりしてきた人もぜひチャレンジしてみてください。

それと、効率化アプリは@maxiさんという方が運営する「reliphone」というブログを、昔から大いに参考にしてきました。一つのアプリに対して深掘りしたレビューが多いので、もっとiPhoneを活用したいという人におすすめできる、数少ないブログです。

ーーー

関連:Chrome拡張機能まとめ

関連:iPhone充電端子の掃除

関連:iPhoneの画面が白黒になってしまったのを直す

関連:iPhoneの画面割れと修理

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

スポンサーリンク

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

制作物:「ノイズレスサーチ

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

記事が良いと思ったら、Twitterでツイートしたり、ブログなどで紹介してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。