Fire TV Stickレビュー|Chromecastと比較してわかるその凄さ

Fire TV Stick

鳴り物入りで始まったFire TV Stick(ファイヤー・ティービー・スティック)試してみました。

もともとChromecast(クロームキャスト)も持っていて利用頻度も高かったんですがFire TV Stickだとさらにいろんなことができるということで。

結果、Fire TV Stickにして大満足です。

このブログではFire TV Stickの初期設定に始まり、何ができるのか細かい部分までレビューしました。

↓Amazonのページはこちら

Amazon
スポンサーリンク

Fire TV Stickの開封から初期設定

もう初期設定が終わってる人は読み飛ばしてください。Chromecastよりは簡単に設定が完了します。

Fire TV Stickの中身

↓箱を開けたらFire TV Stickの内容物はこんな感じ。

Fire TV Stick開封

ファイアスティック本体はちょっと大きいUSBメモリ程度。あとは専用リモコンとその電池、電源アダプタと延長コードなど。リモコン以外はChromecastと同じような内容ですね。

これをフル装備でテレビに接続した場合はこんな感じになります。

Fire TV Stick接続

このHDMI端子をテレビのHDMIポートにブスッと挿します。

Fire TV Stick本体

HDMI 1 に挿す

後になって気づいたことなんですがHDMI 2に挿して使っていたらYouTubeなどアプリからチャンネル自動切り替えでHDMI1になってしまい使えませんでした。

Fire TV Stickを挿す場所は必ず「HDMI 1」にしましょう。

Wi-Fiに接続

無線LANルーターに接続する時は該当するルーターを選んで、

Fire TVのネットワーク接続

ルーターに付いているAOSSボタンを長押しするだけで接続完了しました。

AOSSボタン

Amazonアカウントは設定済み

KindleもそうでしたけどAmazonアカウントの情報が最初から入っていて初期設定は簡単に終わります。

Fire TVはAmazonアカウントに最初からひも付けされている

※逆に考えると自分用に購入したFire TV Stickには自分のアカウントが入っているので誰かにプレゼントするなら気をつけましょう。

電源アダプタ

面倒くさかったのでもともと繋がってたクロムキャストの電源アダプタを流用したら以下のメッセージが表示されました。

Fire TVの電源アダプタ

サポートされていないUSBポート

USB電源が十分ではありません。添付のUSBケーブルとAmazon電源アダプターをご利用いただくことをおすすめします。

そんなに変わらんだろと思いながらも今後取り外すことも無いので一応忠告どおりAmazon純正の電源アダプタにしておきました。

でもAmazonのレビューとか見る限りChromecastの電源アダプタでもテレビからのUSB給電でも使えるみたいですけどね。

その後はチュートリアルとか子供に対する機能制限(ペアレンタルコントロール)の設定が終わるといよいよFire TV Stickが使えるようになります。

Chromecastより初期設定が簡単

あくまで自分の場合ですけどFire TV Stickは1回もつまずくことなく初期設定が完了しました。

Chromecastのほうが若干手順と待ち時間が長かったのでFire TV Stickのほうが簡単だと思います。そんなに大した違いではありませんけど。

他のFire TV Stickレビューブログを見ても初期設定でつまずいた記事は見掛けなかったのでそれなりに簡単なほうなんでしょう。

Amazon

Fire TV Stickのスペック・安定性

8GBのストレージ・1GBのメモリを搭載しているらしいです。それがどのくらい凄いことなのかはわかりません。

Chromecastの4倍のストレージ・2倍のメモリ」と書かれているので少なくとも性能は良くなってます。YouTubeの体感速度はそんなに変わりませんが。

それよりも初代Chromecastで使えなかった5GHz帯の周波数がFire TV Stickでは使えるので家電製品のノイズ干渉を受けにくくなって安定性が増すのは大きなメリットの一つですね。

YouTubeの使い勝手

YouTubeをテレビで見る場合は再生までの待ち時間など体感速度はほぼ同じでした。再生が始まらないなどの安定性はChromecastよりFire TV Stickのほうが良くなったと感じます。

さらにFire TV StickのメリットとしてはYouTubeを再生するための方法が何種類かあることです。

  • ①iPhoneのYouTubeアプリから接続
  • ②iPhoneのAirPlayで接続
  • ③Fire TV Stick内のYouTubeアプリを使う

Chromecastだと①のスマホアプリから接続するしか方法が無かったのでそれ以外の②と③が使えるようになってより使い勝手が向上しました。

特に③はテレビとFire TV Stickだけで見れるのでスマホを持ってなくても使えるというのは大きな違いですね。

ミラーリング

iOSのAirPlay対応アプリを使ってミラーリングやってみたんですけどかなり使い勝手が良くて特に不満はありませんでした。

このアプリをFire TV StickにインストールしてiPhoneでAirPlayのマークをタップするだけでミラーリングが始まりiPhoneのホーム画面が表示されます。

Fire TV Stick内のアプリカテゴリを見るとランキングの中にあると思います。有料ですがアカウント設定が完了していれば指示に従って進むだけで決済が完了します。

iPhoneのホーム画面など操作する全部の画面がテレビにミラーリングされて遅延時間はコンマ数秒なので操作を見せる用途なら充分です。

また、YouTube・ニコニコ動画・TEDiSUBなどの対応アプリでAirPlayすると画面が切り替わって全画面で綺麗に表示できたりとパフォーマンスも必要十分でした。

TEDの字幕が見やすい

TEDは日本語字幕付きで見れるんですが実はFire TV Stick本体内のメニューからTEDを起動して視聴すると白い背景で字幕がものすごく見づらいものになってしまいます。

それをiPhoneアプリのTEDiSUBからAirPlayで接続してテレビで見ると字幕がきちんと縁取りされて超見やすくなります。

カテゴリ: エンターテインメント, 教育
価格: ¥240 (掲載時)

フォントサイズや縦位置など細かい調整もできるので視力が悪い人でも大丈夫。TEDをヘビーに視聴するならiPhoneアプリからのAirPlayが非常におすすめです。

ニコニコ動画も快適

Fire TV Stick内のニコニコ動画アプリは重いし検索しにくいし非常に使い勝手が悪いです。

ニコニコ動画を快適に見たいならiPhoneアプリからAirPlayで飛ばしたほうが快適。ニコ動の公式アプリからAirPlay使えました。

カテゴリ: エンターテインメント, 写真/ビデオ
価格: 無料 (掲載時)

Miracast

Androidスマホやパソコンでは「Miracast」に対応している端末でミラーリングが可能になっています。

WikipediaによるとAndroid4.1以降で対応している端末とパソコンではWindows8.1以降の一部の機種で対応しているとのこと。

Miracast – Wikipedia

なお、自分はMiracast対応端末が手持ちに無いので動作確認していません。

プライムビデオ

ご存知Amazonのプライム会員だといろいろな映画やアニメが見放題のプライムビデオ。

プライムビデオのラインナップ

プライムビデオ作品一覧

↑この中に見たいタイトルがあればお得です。もともとプライム会員なら追加料金無しで見れるし新しく入会しても年会費3900円(1ヶ月あたり325円)だからプライムビデオだけでもかなり安いほうではあります。

プライム会員じゃないと無料で見れる動画が非常に少なくなるのでどうせFire TV Stick使うならプライム会員じゃないともったいないことになります。

プライムビデオの中にはまんが日本昔ばなし・キッズ向けアニメ・戦隊アニメとか結構あるので「とりあえず何か」見せておきたい時には重宝します。

アダルト商品の閲覧履歴に注意

ただし子供も一緒にリビングで見る場合は最初の設定は親だけで確認することをおすすめします。

Amazonのレビューを見るとアダルト商品がFire TV Stickに表示されて困ったという書き込みがあるので予期せぬタイトルが表示されるかもしれません。

原因は「Amazonアカウントでの閲覧履歴」や「ウォッチリストにアダルト傾向のものがあったのではないか」というものや「アダルトビデオではないけど映画のパッケージが官能っぽいものだった」などが話題になっていますがはっきりとした原因はわかりません。

少なくともAmazonは閲覧履歴やウォッチリストの内容によっておすすめ商品を表示するようになっているのでFire TV Stickで使うアカウントが自分のアカウントの場合は気をつけましょう。

プラムビデオの使い心地

使い心地は何と言っても10秒早送り・10秒巻き戻しがなんで今まで無かったんだろうと思うくらい快適に視聴できます。高速早送りなどの操作感もGood。

レビューを見ると「LANケーブルを抜いてもしばらく再生された」と書かれているので先読みバッファも多めに取ってあり何回か連続で10秒早送りしても快適に視聴できます。

プライムフォト

2016年1月に写真を無制限に保存できるプライムフォトというサービスが始まりました。

アプリを入れて写真をアップロードすればFire TV Stickで見れるようになります。

プライムフォト・Googleフォト・Flickrを比較したけど思った以上に微妙でした」に書いたとおりプライムフォトはそこまでおすすめというわけじゃありませんがプライムフォトとFire TV Stickの組み合わせなら難しい操作なしに写真が見れるのは良いところではあります。

テレビで写真が見たいけど「スマホのアプリを使うのは難しくてよくわからない!」というのであれば便利かも。

ちなみにGoogleフォトの写真や動画はAllCastというアプリを使えばテレビで見ることができます。

カテゴリ: 写真/ビデオ, エンターテインメント
価格: 無料 (掲載時)

プライムミュージック

2015/11/18から始まったプライムミュージック。まさか動画だけじゃなくて音楽までプライム特典にするとは。

Prime Music
Amazonプライム会員なら100万曲以上の楽曲と、数百のプレイリストが聴き放題。Amazon Student有料会員、Amazonファミリー会員も対象。便利なAmazon Musicアプリもご利用ください。

via:Amazon.co.jp | Prime Music | 音楽聴き放題

Fire TV Stickのメニューの中にも搭載されてテレビでも聴くことができます。メニュー左側の「ミュージック」がプライムミュージックです。

もし再生候補が表示されない時はFire TV Stick本体を再起動すれば使えるようになります。ただし音楽をテレビで聴くという習慣があまり無いためかFire TV Stickではほとんど使ってません。

パソコンでBGMとしてプライムミュージックを使うのはめちゃ便利です。YouTubeで再生リストを作るより簡単で快適。

Fire TVのリモコン

Fire TV Stickのリモコンには物理ボタンを使うリモコンとスワイプ操作で使うiPhoneリモコンアプリの2種類があります。それぞれに特徴が異なるので使い分けができます。

テレビで動画を見る用途であれば付属の物理リモコンだけで十分だと思います。

専用リモコン

物理ボタンで操作する専用リモコンです。なんだかんだでiPhoneリモコンよりこっちを使うようになりました。

Fire TV専用リモコン

ボタンはクリック感がしっかりしていて「押した」ということがわかりやすくて使いやすいです。固めに感じるかもしれませんがゲームをするわけじゃないのではっきり押せるほうが良いと思います。

↓ちなみに音声入力できるリモコンタイプも販売されています。

iPhoneリモコンアプリ

カテゴリ: ユーティリティ, エンターテインメント
価格: 無料 (掲載時)

こちらはiPhoneをリモコンとして使えるアプリです。スワイプ操作で上下左右の移動やタップで決定ボタンの操作になります。音声検索と文字入力もできて多機能です。

でもアプリを起動しないといけないので面倒でそのうち使わなくなりました。付属のリモコンのほうがすぐに操作できるので便利なんですよね。

Bluetoothキーボードの接続

Fire TV Stickのヘルプによると、

Amazon Fire TVとFire TV Stickの違い

Fire TV StickはゲームコントローラーしかBluetooth機器の互換性が無いと書かれてますが手持ちのBluetoothキーボードは普通に使えました。

Amazonのレビューにはヘッドセットも使えたと書いてあったので意外と対応機種は多いかも。

自分が試した限りだとBluetoothキーボードを1台接続だと安定してましたが2台接続するとすぐに片方が切断されて不安定になりました。

でもピンポイントに映画のタイトルを検索することでもないとFire TV Stickでキーボード使うことってほとんど無いですけどね。

Fire TV Stickがおすすめ

ということで今Chromecastから買い替えを検討している人もどちらを買おうか迷ってる人もChromecastよりFire TV Stickのほうがおすすめです。

ChromecastとFire TV Stickの価格もほとんど変わらないので機能性・安定性ともに勝るFire TV Stickの圧勝です。

↓スタンダードなFire TV Stickはこちら。

Amazon

↓音声認識リモコン付属はこちら。

↓より高性能な据え置き型のFire TVはこちら。

プライム会員申し込み

プライム会員・AmazonStudent会員になるとプライムビデオ・プライムミュージック・プライムフォトなどすべてのサービスが利用できるようになります。

プライム会員申し込み

Amazon Student申し込み

※Amazon Studentは日本国内の大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の学生が対象。無料体験あり。ただしプライムビデオとプライムミュージックは有料会員限定のサービスなので無料体験中から有料会員に移行するとすぐに利用できます。基本的に学生ならAmazonStudentのほうがお得です。

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。