Chromeショートカットキー一覧(キーガイド図解付き)

Google Chromeショートカットキー

Google Chromeの操作が便利になる、これだけは覚えておきたい」というショートカットキーだけ抜粋して一覧にしてみました。

「Chrome ショートカットキー一覧」とかで検索すれば公式のヘルプもあるんですけど、あんまり使わないショートカットキーまで同じように紹介されてるので読む気が失せるんですよあれ。

なので、押さえる場所のキーガイドと、なるべく大きな文字でショートカットキーを書いてわかりやすくしました。

また、ショートカットキーだけじゃなく、キーボードとマウスの合わせ技や、Windows標準のショートカットキーなど、Chromeの操作に便利になるキーボード技も一緒に紹介して、あくまでChromeが便利になるテクニックというちょっと広い範囲でまとめています。

「戻る」ショートカットキーについて

「前のページへ戻る」ショートカットキーを探している人は、もくじの7番目あたりにある「戻る」をクリックしてください。該当部分にジャンプします。

スポンサーリンク

Chromeショートカットキー一覧

このページで紹介しているショートカットキーはたくさんあるので、最初に一覧表にしておきます。

さらに詳しい説明も見たい場合は下へ読み進めてください。

拡大 Ctrl+[+]
縮小 Ctrl+[ー]
倍率を元に戻す Ctrl+[0]
拡大・縮小 Ctrl+マウスホイール
戻る Alt+[←]
BackSpace(要拡張)
進む Alt+[→]
Shift+BackSpace(要拡張)
ホームページを開く Alt+Home
リロード Ctrl+R
F5
右のタブに移動 Ctrl+Page Down
Ctrl+Tab
左のタブに移動 Ctrl+Page Up
Ctrl+Shift+Tab
指定したタブに移動 Ctrl+数字
新しいタブを開く Ctrl+T
タブを閉じる Ctrl+W
直前に閉じたタブを復活 Ctrl+Shift+T
全てのタブを閉じる Alt+F4
Ctrl+Shift+W
ウィンドウの移動 Win+左右カーソル
ウィンドウの最大化 Win+[↑]
ウィンドウの最小化 Win+[↓]
ウィンドウを縦方向に最大化 Win+Shift+[↑]
新規ウィンドウを開く Ctrl+N
アプリケーション切り替え Alt+Tab
ページ内検索 Ctrl+F
ページ内検索(短縮) Ctrl+G
コピー Ctrl+C
切り取り Ctrl+X
貼り付け Ctrl+V
Shift+Insert
元に戻す Ctrl+Z
全選択 Ctrl+A
お気に入りに登録 Ctrl+D
閲覧履歴の表示 Ctrl+H
全画面表示 F11
アドレスバーにフォーカス Ctrl+L
Alt+D
アドレスバーから検索 Ctrl+K
Ctrl+E
閲覧履歴の消去 Ctrl+Shift+Delete
印刷 Ctrl+P
保存 Ctrl+S
ブックマークバーの表示切替 Ctrl+Shift+B
ブックマークマネージャ Ctrl+Shift+O
ダウンロード一覧を開く Ctrl+J
Chromeタスクマネージャ Shift+Esc
シークレットモード Ctrl+Shift+N
すべてのウィンドウを閉じる Ctrl+Shift+Q
全てのタブをお気に入りに登録 Ctrl+Shift+D
ソースコードを開く Ctrl+U
デベロッパーツールの起動 F12
Ctrl+Shift+I

上下スクロール

Chromeカーソルキーでスクロール

スクロール

下に少しスクロール
上に少しスクロール

これはショートカットキーじゃないですけど、マウスだけ使っている人はもしかしたら知らない人もいるかもしれません。

上下カーソルキーで、ちょっとずつスクロールします。マウスのホイールよりも少しずつ動かしたい時に。

1画面上下スクロール

Chrome1画面スクロール

1画面スクロール

Page Down 下に1画面スクロール
Page Up 上に1画面スクロール

1画面スクロール

Space 下に1画面スクロール
Shift+Space 上に1画面スクロール

1画面分、上下にスクロール。マウスホイールよりも大きく動かせるので、流し読みをするならこっちのほうが速く読めます。文字サイズが大きいページや画像がたくさん使われているページで便利。

Spaceでも同じ動作なので、右手でマウスを操作している時に左手だけで1画面スクロールすることができます。

※ショートカットキーは左手・右手どちらでも操作できるものが結構あるので、両方覚えておくと使える場面が増えて便利です。

ページの一番上・一番下に移動

Chromeページの最初・最後まで移動

移動

Home ページ一番上に移動
End ページ一番下に移動

現在閲覧中のページの一番最初と最後に移動できます。これは知らない人も意外と多いんじゃないでしょうか。

Homeはページの一番上に戻ってトップページやカテゴリを選びたい時に、Endはフッターまで移動してプロフィールを見たい時など、Webサイトの一番上と一番下は定番のレイアウトがあるので知ってると便利。

拡大縮小

Chrome拡大縮小

拡大・縮小

Ctrl++ 拡大
Ctrl+ 縮小
Ctrl+0 倍率を元に戻す

拡大・縮小のショートカットキー。

Webページの見た目を全体的に拡大縮小して見やすくできます。

Webサイトによってはフォントサイズが13pxとか小さくて見にくいことが結構あるので、3段階くらい拡大すると一気に読みやすくなります。

おまけとして、マウスとのあわせ技でも拡大縮小できます。

拡大・縮小

Ctrl+ マウスホイールスクロール

左手は左側のCtrlキーを押さえて、右手はマウスのホイールを回せば、手を大きく動かさなくても拡大縮小が素早くできます。

入力欄の移動

入力欄の移動

Tab 次の入力欄・項目に移動
Shift+Tab 前の入力欄・項目に移動

入力欄などで次の項目に移動するショートカットキー。

これはイメージ湧きにくいかもしれないので画面キャプチャを見てください。Tabで次の項目、Shift+Tabで前の項目に移動できます。

問い合わせフォームやネット通販の住所入力などで入力欄を埋めていく時、毎回マウスのクリックで次の入力欄に移動してませんか?

TabキーとShift+Tabキーを使えば、マウスを使わなくても次々と入力欄を移動できます。

小難しいショートカットキーを覚えるよりも、こういう時短効果が大きいキーを覚えるほうが地味に重要。

戻る

Chrome前のページに戻るショートカットキー

戻る・進む

Alt+ 前のページに戻る
Alt+ 次のページに進む

↓もう一つ、拡張機能が必要ですがこの方法もあります。

戻る・進む

BackSpace 前のページに戻る
Shift+BackSpace 次のページに進む

拡張機能「Go Back With Backspace」が必要

前のページに戻るショートカットキー。

Chromeバージョン52からデフォルトではBackSpaceが使えなくなったので一応Alt+を正式な方法として書きましたが、慣れればBackSpaceのほうがおすすめ。

拡張機能「Go Back With Backspace」については別途記事も書きました。Google公式なので一応安心感もありますし、使い方も難しくありません。

関連:Chromeでバックスペースキーで戻れない → 拡張機能で解決

ホームページを開く

Chromeホームページを開くショートカットキー

ホームページを開く

Alt+Home ホームページを開く

ホームページを開くショートカットキー。

アドレスバーの横にあるホームボタンをクリックしたときと同じく、ホームページを開きます。

デフォルトではChromeのホームページはGoogleのトップページだったと思います。

リロード(更新)

Chromeリロードショートカットキー

リロード

Ctrl+R リロード
F5 同上

ページをリロード(更新・再読み込み)します。ネット通販のタイムセールなどで、表示が変わったか確認する時などに使うことがあります。

Ctrl+Rも、F5も機能は同じなので、押さえやすいほうをどうぞ。

ちなみに普通の人はあんまり使うことはありませんけどリロードの発展系もあります。

スーパーリロード

Ctrl+Shift+R スーパーリロード
Ctrl+F5 同上
Shift+F5 同上

上記のショートカットキーはスーパーリロードと言って、すべての部品を一からすべて読み直します。

閲覧しているWebサイトによっては閲覧のスピードをアップするためにキャッシュと呼ばれるものを残したままリロードしていますが、スーパーリロードではキャッシュの部分もすべて一から読み直します。

そのため、リロードしても表示がおかしくなった場合にスーパーリロードを使ってみてください。

とくに、以前見たことがあるサイトに久しぶりにアクセスした時に、前回のキャッシュが残っていることがあるのでスーパーリロードが役に立つことがあります。

リンクを別タブで開く

Chrome別タブでリンクを開く方法

別タブで開く

Ctrl+左クリック リンク先を別タブで開く

これはショートカットキーではないけど、Chromeの閲覧では非常に便利。

普通はリンクをクリックすると同じタブでリンク先が開かれるけど、Ctrlを押しながらクリックするとリンク先が別タブで開かれます。

バックグラウンドで開かれるので、別タブで何個か開いておいて、後でまとめて見る、なんてことができます。

別タブで開きまくる人はLinkclumpという拡張機能も便利。ドラッグで選択した範囲のリンクを一度に別タブで開くことができます。

隣のタブに移動

Chrome隣のタブに移動するショートカットキー

タブ移動

Ctrl+Page Down 右のタブに移動
Ctrl+Page Up 左のタブに移動

タブ移動

Ctrl+Tab 右のタブに移動
Ctrl+Shift+Tab 左のタブに移動

隣のタブに移動するショートカットキー。

左右のタブに次々と移動することができるショートカットキーです。これもタブブラウザであるChromeでは非常に使用頻度が高いのでぜひ覚えましょう。

Ctrl+Tabは左手、Ctrl+Page Downは右手、と状況によって使い分けると応用範囲が広がります。

指定したタブに移動

Chrome指定したタブに移動するショートカットキー

指定したタブに移動

Ctrl+1~8 左から数えた順番のタブに移動
Ctrl+9 一番右端のタブに移動

指定したタブに移動するショートカットキー。

表示したいタブの場所がハッキリしている場合は数字で移動するショートカットキーも使えます。

ただ、先程のCtrl+TabやCtrl+Page Downが片手で操作できるのと比べたら、Ctrl+[数字]はCtrlからの距離が遠いので意外と不便です。

なので、タブを移動するショートカットキーは、まずCtrl+TabCtrl+Page Downを覚えるのがおすすめ。

新しいタブを開く

Chrome新しいタブを開くショートカットキー

新規タブ

Ctrl+T 右側に新しいタブを開く

新しいタブを開くショートカットキー。

マウスだったらタブの右側にある小さなひし形をクリックしないといけないので、次々と新しいページを開く人は絶対に覚えたほうが良いショートカットキーです。

タブを閉じる

Chromeタブを閉じるショートカットキー

タブを閉じる

Ctrl+W タブを閉じる

現在のタブを閉じるショートカットキー。

開きすぎたタブを次々と閉じる場合、マウスだとタブの右側にある小さな×印をクリックしないといけないので大変ですけど、ショートカットキーなら、

Ctrlキーを押したまま[W]を連打するだけで、あっという間にタブを消せるのですごく楽になります。

直前に閉じたタブを復活

Chrome直前に閉じたタブを復活するショートカットキー

タブを復活

Ctrl+Shift+T 直前に閉じたタブを復活

直前に閉じたタブを復活するショートカットキー。

先ほどのCtrl+Wで勢い余ってタブを消してしまった時に使えます。直前に閉じたタブからさかのぼって過去のぶんまで復活可能。

普通だったらCtrl+Hで閲覧履歴を開いてから復活させたいページを選ぶことになるので、かなりの時短効果が期待できます。

すべてのタブを閉じる

Chromeを終了させるショートカットキー

すべてのタブを閉じる

Alt+F4 すべてのタブを閉じる
Ctrl+Shift+W 同上

すべてのタブを閉じるショートカットキー。

Chrome自体を終わらせたい時に使うと、一度に全部のタブを閉じることができます。ウィンドウの一番右上の×ボタンをクリックするのと同じ動作。

このAlt+F4は、Chromeだけじゃなく、他のアプリケーションでも「終了」という意味のショートカットキーになっているので、覚えておくとどこでも使えるようになります。

Ctrl+Shift+Wも他のアプリケーションで「すべて閉じる」のような動作になることがありますが、Alt+F4のほうが汎用性が高め。

ウィンドウの移動・サイズ変更

ウィンドウの移動・サイズ変更するショートカットキー

ウィンドウの操作

Win+ ウィンドウを左半分に
Win+ ウィンドウを右半分に
Win+ 最大化
Win+ 最小化
Win+Shift+ ウィンドウを縦方向にだけ最大化

ウィンドウの移動に関するショートカットキー。

ウィンドウを左半分・右半分に移動するショートカットキー

※このショートカットキーはWindows 7以降のOSで、Windowsキーが搭載されているキーボードでのみ使えます。

インターネットで情報を参照しながら文書を作成するということもあるので、画面のちょうど半分にピタッとサイズを調整してくれるこのショートカットキー、かなり便利です。

左半分にChrome、右半分にExcelを開いてデータをまとめたりコピペしたりするのに使えます。

ーーー

また、マルチディスプレイ限定のショートカットキーも。

ウィンドウの操作

Win+Shift+ 右側の画面にウィンドウを移動
Win+Shift+ 左側の画面にウィンドウを移動

2画面以上でパソコンを使っている場合に非常に便利なショートカットキーです。

さっきの画面半分で資料を参照するよりも、左側の画面にChrome、右側の画面にExcel、というふうに並べたらさらに作業がしやすくなります。

ショートカットキーとは関係ないですけど、デュアルディスプレイは特別なPCパーツを買わなくてもできるのでやったことがない人はおすすめ。

関連:デュアルディスプレイの接続方法とおすすめケーブルの選び方

新規ウィンドウを開く

Chrome新規ウィンドウを開くショートカットキー

新規ウィンドウ

Ctrl+N 新規ウィンドウを開く

別ウィンドウで新しいタブを開くショートカットキー。

これは普通のネットサーフィンだったらそんなに使うことが無いショートカットキーなんですけど、さっきのウィンドウ移動のショートカットキーと組み合わせると、左右にChromeを分割させるのに使えることがあります。

でも基本的にはWebページの閲覧が目的なら覚える必要はありません。

アプリケーションの切り替え

アプリケーションの切り替えショートカットキー

アプリケーション切り替え

Alt+Tab 次のアプリケーションに切り替え
Alt+Shift+Tab 前のアプリケーションに切り替え

アプリケーションを切り替えるショートカットキー。

Chromeのショートカットキーではなく、Windowsに標準で搭載されているショートカットキーのうちの一つ。

Alt+Tabキーでアプリケーションの選択

Altを押しながらTabキーを押すと画面中央に現在開いているアプリケーション一覧が現れて、Altを押したままTabキーを押して目的のアプリケーションに選択を合わせて、Altを離すとアプリケーションが切り替わります。

例えばChromeでネット上のテキストをコピーしてから、Alt+Tabでアプリケーションを切り替えて、貼り付けするような時に使えます。

慣れたら非常に使用頻度が高いショートカットキーなので、覚えたらすごい便利になります。

ページ内検索

Chromeページ内検索ショートカットキー

検索

Ctrl+F ページ内検索

ページ内をキーワード検索するショートカットキー。

目的の情報はあるけどページがあまりにも長くて探すのが大変な時に便利です。

ページ内検索するとすぐに該当箇所に移動するし、カラー反転するのでスクロールで下に進んでも見つけやすくなります。

ちなみにすでにキーワードを入力してある場合は、次に説明するCtrl+Gのほうがさらに時短できます。

ページ内検索をさらに短縮

Chromeページ内検索で一致したものを表示

検索

Ctrl+G ページ内検索で一致したものを表示
Ctrl+Shift+G 一致したものの手前を表示

検索

F3 ページ内検索で一致したものを表示
Shift+F3 一致したものの手前を表示

ページ内検索に一致したものをすぐにカラー反転できるショートカットキー。

これは口で説明するのが難しいので実際に試してみてください。Ctrl+Fで以前に検索キーワードを入力している場合は、そのキーワードでページ内検索してカラー反転した状態まで一瞬で終わります。

いつも同じキーワードで検索する場合はぜひこのショートカットキーも覚えてみてください。

コピー

コピーのショートカットキー

コピー

Ctrl+C コピー

テキストなどをコピーして、一時的にクリップボードに保存します。

格納された情報は後で紹介するCtrl+Vで貼り付けて使います。Chromeで使う場合はネット上の情報をコピーしてどこかに貼り付ける用途でしょうか。

何にせよ「コピー」はかなり汎用性が高い操作なので、Chromeとは関係なく覚えておけば間違いなく役に立ちます。

切り取り

切り取りショートカットキー

切り取り

Ctrl+X 切り取り

テキストを切り取ってクリップボードに格納します。

クリップボードに格納されるという点ではコピーと同じですけど、元のテキストを残さないという点でコピーと違います。

ネット上のテキストは切り取りだとクリップボードに格納できないし、Chromeだとわざわざ元の情報を消す切り取りは使用頻度が高くないのでコピーと貼り付けだけ覚えておけば良いでしょう。

テキストエディタやWebページの入力欄から消しつつ他の場所に貼り付けたいという場合なら使えます。

貼り付け

貼り付けショートカットキー

貼り付け

Ctrl+V 貼り付け

クリップボードの中身を貼り付け(ペースト)するショートカットキー。

コピーと合わせて使用頻度の高いショートカットキーです。特にChromeだと、ネット上のテキストをコピーしてから、メール・LINE・メモ帳などに貼り付けする時によく使います。

これもChromeに限らずパソコン全般で非常によく使うので絶対に覚えたほうが良いショートカットキーのひとつです。

ーーー

また、どうせ貼り付けのショートカットキーを覚えるならこれも覚えておきましょう。

貼り付け

Shift+Insert 貼り付け

このショートカットキーは右手だけで使えるので、使用頻度が高いショートカットキーだけに、どちらの手でも片手でショートカットキーを押せるようにしておくといつか役に立ちます。

元に戻す

元に戻すショートカットキー

元に戻す

Ctrl+Z 元に戻す

前回の操作を元に戻すショートカットキー。

問い合わせフォームや住所入力欄で文字を打ち間違えた時に元に戻すことができます。

文章入力以外にも「元に戻す」という操作全般がCtrl+Zなので、これもぜひ覚えておきましょう。

全選択

全選択ショートカットキー

全選択

Ctrl+A 全選択

ページ内などを全て選択するショートカットキー。

「すべて選択」という範囲が状況によって変わるんですけど、例えばWebページで使うと、ページ内のテキストや画像など全てが選択された状態になります。その状態でCtrl+Cでコピーするとテキストも画像もコピーされて、貼り付け先のアプリケーションによってはそれらが全て貼り付けできます。

Webページ内の入力欄の中でCtrl+Aを使った場合は、その入力欄の中のテキストが全選択されます。その状態でCtrl+Cでコピーして他のアプリケーションなどにテキストだけを貼り付けすることができたりします。

これもChromeだけじゃなくてパソコン操作全般で「全て選択」という動作になるので、意味がわかっていれば応用が効くショートカットキーです。

お気に入りに登録(ブックマークに登録)

Chromeお気に入りに登録ショートカットキー

ブックマーク

Ctrl+D ブックマークに登録

現在のページをブックマークに登録するショートカットキー。

Ctrl+Dを押すとアドレスバーの近くで「名前」と「保存場所」を聞かれるので自分で決めて保存します。

閲覧履歴を表示

Chrome閲覧履歴ショートカットキー

履歴

Ctrl+H 閲覧履歴を表示

閲覧履歴を確認するショートカットキー。

Ctrl+Hを押すと、履歴のページが新しく開き、「あの時見たページは何だったかな?」という時にさかのぼって探し、そのページを開くことができます。

あまりにも数が多くて探すのが大変な時は画面右上から検索することができるし、「閲覧履歴データ斧消去」ボタンを使えばまとめて消すこともできます。

全画面表示

全画面表示

F11 全画面表示・非表示

全画面と通常表示を切り替えるショートカットキー。

タブ、アドレスバー、ブックマークバー、画面下のWindowsタスクバーなど、閲覧中のページ以外の部分をすべて非表示にして、最大限に画面を広げるショートカットキーです。

↓こちらが通常の画面、画面上と画面下にはいろいろなパーツがあってスペースを圧迫してます。

↓これをF11で全画面表示にすると、閲覧中のページ以外のパーツはすべて非表示になって、画面が広く使えます。

上記の画面は1920×1200の液晶モニタを使っているので違いがわかりにくいですが、ノートパソコンなど、画面が小さい場合は驚くほどスペースが広がります。

アドレスバーにフォーカス

アドレスバーにフォーカス

Ctrl+L アドレスバーにフォーカス
Alt+D 同上

アドレスバーにフォーカスするショートカットキー。

アドレスバーはいろいろ使いみちがあるので、マウスでクリックして移動するよりもショートカットキーを覚えておくと便利。

アドレスバーにフォーカスすると、そこからURLの編集や検索をすることができます。

他に変わり種のショートカットキーとして、

F6 アドレスバー→ブックマークバー→ページにフォーカス

というものもあります。これはフォーカスする部分が切り替わっていくショートカットキーで、ページを閲覧中であればF6を1回押下するとアドレスバーにフォーカスが移るので同じような使い方ができます。

キーボードのCtrlAltが押しにくい場合は便利なこともあるかも。

アドレスバーから検索エンジンで検索

アドレスバーから検索

Ctrl+K 規定の検索エンジンで検索
Ctrl+E 同上

規定に設定してある検索エンジンで検索するショートカットキー。

初期状態だとGoogleで検索されると思います。

規定の検索エンジンを変更する場合はChrome右上の設定ボタンから入って「検索」の項目の中にあります。

ちなみにアドレスバーに検索キーワードを入力した後に

Alt+Enter 別タブで検索結果を開く

という小技もあります。

閲覧履歴の消去

閲覧履歴の消去

Ctrl+Shift+Delete 閲覧履歴を消去するオプション

「閲覧履歴データ消去」を開くショートカットキー。

閲覧が重くなったり、何かしら調子が悪いと思った時にとりあえず閲覧履歴やキャッシュを削除してリセットしたい時に使うことがあります。

特にページの表示がなんとなくうまくいかない時は「キャッシュされた画像とファイル」を消去するといろいろリセットされて表示が正しくなることがあります。

この設定画面に移動するには、普通だったらChromeの設置画面に入ってから該当するボタンをクリックする必要がある手順をショートカットキーひとつで開けられるので非常に便利。

印刷

印刷

Ctrl+P 印刷

現在のページを印刷するショートカットキー。

閲覧中のページを簡易的にプリントアウトしたい時にサクッと使えるショートカットキーです。誰かに資料を渡したり、紙に赤ペンでチェックする時に使えることがあるかもしれませんね。

保存

ページの保存

Ctrl+S 保存

現在のページを保存するショートカットキー。

ただし、保存するとは言っても、PDFのように見たままを綺麗に再現するための保存ではなく、ソースコードや部品を保存するものなので、ちょっと特殊です。

Webページを後で見たいだけならお気に入りに保存するし、ダウンロードしてオフラインで閲覧するならPDFのほうが見やすいので、このCtrl+Sはあまり使うことはありません。

保存する時に「Webページ、完全」という選択肢を選べば、画像などの部品もすべて個別にダウンロードされるので、簡易的に現在のページの容量を確認することができたりします。

ブックマークバーの表示・非表示

ブックマークバーの表示

Ctrl+Shift+B ブックマークバーの表示・非表示

ブックマークバーの表示と非表示を切り替えるショートカットキー。

全画面表示と比べたら地味な変化ですけど、ブックマークバーの表示・非表示を切り替えます。

ブックマークバーを非表示にすればちょっとだけスペースが広くなるので、タブとアドレスバーは残しておきたいなら良い方法かもしれません。

また、この記事のスクリーンショットを撮るときにも使いましたが、フォルダ名などを消したい時に、いちいちぼかしを入れるよりも非表示にしてからスクショを撮ったほうが楽になります。

ブックマークマネージャを開く

ブックマークマネージャ

Ctrl+Shift+O ブックマークマネージャ

ブックマークマネージャを開くショートカットキー。

ブックマークの追加や削除をする専用のページを開くことができます。

特にお気に入りをフォルダ分けするなど、何回も移動する時に、普通だったらマウスのドラッグを一つずつする必要があるところを、複数選択して移動できたり、Ctrl+Xで切り取りして移動先でCtrl+Vで貼り付けできたりします。また、URLやタイトルの編集をF2Tabを使って素早く編集もできます。

左側がフォルダ、右側が中身という構成なので、フォルダの中身を移し替える場合にも使いやすいレイアウトになってます。

ダウンロードしたファイルの一覧を開く

ダウンロード一覧を開く

Ctrl+J ダウンロード一覧を開く

ダウンロードしたファイルの一覧を開くショートカットキー。

Chromeでダウンロードしたファイルをすべて一覧で表示してくれます。Ctrl+Fでページ内検索することも可能。

「ダウンロードフォルダを開く」ボタンをクリックすればローカルのフォルダも開くことができます。

Chromeタスクマネージャを開く

Chromeタスクマネージャ

Shift+Esc Chromeタスクマネージャを開く

Chromeのタスクマネージャを開くショートカットキー。

今Chromeで開いているタブが、メモリやCPUをどのくらい占有しているのか、タブごとにチェックすることができます。

Chromeが急に重たくなった時に、どのタブが負荷が高いのかチェックして閉じることで動作を軽くできることがあります。

Ctrl+Alt+Deleteで見れるパソコン全体のタスクマネージャーと合わせて負荷管理にどうぞ。

シークレットモードを開く

シークレットモード

Ctrl+Shift+N シークレットモードを開く

新規ウィンドウでシークレットモードを開くショートカットキー。

別名「プライベートブラウジング」と呼ばれます。なるべく記録を残したくない時に使ったり、拡張機能による干渉をなくした状態で動作チェックしたい時に使えます。

↓以下上記画像のテキストから引用。

シークレット タブで表示したページの記録は、シークレット タブをすべて閉じた後、ブラウザの履歴、Cookie の保存場所、検索履歴から消去されます。ただし、ダウンロードしたファイルや作成したブックマークは保存されます。

あらゆる場所に記録が一切残らないわけではありません。シークレット モードを使っても、雇用主、インターネット サービス プロバイダ、訪問先のウェブサイトに閲覧内容が知られる可能性はあります。

すべてのウィンドウを閉じる

すべてのウィンドウを閉じる

Ctrl+Shift+Q すべてのウィンドウを閉じる

すべてのタブ・ウィンドウを閉じるショートカットキー。

現在のウィンドウのタブをすべて閉じるCtrl+Shift+Wよりも広い範囲、すべてのウィンドウを閉じるショートカットキーです。

パソコンの電源を落とす時にぜーんぶ保存しなくてもかまわないから一気に閉じたい時にどうぞ。

もし間違えて全部閉じてしまった場合はCtrl+Hの履歴画面から復活を。

現在開いているタブを全てお気に入りに保存

全てのタブをブックマーク

Ctrl+Shift+D 現在のタブを全てブックマーク

同じウィンドウに開いているページをすべてお気に入りに保存するショートカットキー。

現在のウィンドウで開いているページがひとつのフォルダにまとめられた状態でお気に入りに追加されるので、大量に情報収集している人にとって便利な機能です。

ソースコードを開く

ソースコードを開く

Ctrl+U 現在のページのソースコードを開く

現在のページのソースコードを開くショートカットキー。

Webページをアレコレする人ならソースコードを見れたほうが便利なことはちょくちょくあるんじゃないかと思います。

特にCtrl+Fのページ内検索を使ったら該当箇所のソースにどんなコードが使われているのか調べることができたりするのでとりあえず基本ってことで。

デベロッパーツールの起動

デベロッパーツール

F12 デベロッパーツールを開く
Ctrl+Shift+I 同上

デベロッパーツールを開くショートカットキー。

ソースコードの閲覧よりももう一歩進んだChromeの「デベロッパーツール」。HTMLやCSSを直接編集して、リアルタイムにWebページの見た目に反映してチェックすることができたりします。

Webサイトやブログを運営していて、デザインを考える時に、見た目を確認しながら数値をいじる時に頻繁に利用します。とくにCSSの編集をする人なら定番のツール。

DOMインスペクタモードでデベロッパーツールを起動する

DOMインスペクタモード

Ctrl+Shift+C DOMインスペクタモードでデベロッパーツールを起動する

要素を選択してデベロッパーツールを開くショートカットキー。

普通にデベロッパーツールを開くよりも、マウスでクリックした部分のソースコードに一瞬で移動できるので、こちらのほうが頻繁に利用しています。

まとめ

以上です。これだけたくさんのショートカットキーを使いこなせれば、マウスを使う頻度も劇的に減って、速く、疲れにくくなるのでぜひ使えそうなものから覚えてみてください。

その他、時短・効率化に関する記事をいくつか。
関連:キー配置を変更できるフリーソフト「KeySwap」

関連:おすすめのChrome拡張機能

関連:タイピングソフトおすすめ10選

関連:Windowsパソコンに最初に入れたフリーソフト

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

Amazonでの買い物について

当ブログではAmazonの商品をよく紹介しています。

いつもコンビニ払いしている人は、Amazonギフト券をチャージするとポイントが余分にもらえるので、今まで知らなかったという人は読んでみてください。

・キャンペーン中なら初回購入で1000ポイント付与
・チャージする金額によって0.5~2.0%ポイント付与

Amazonギフト券チャージタイプの詳細はこちら

また、プライム会員ならさらに0.5%上乗せされます。

ーーー

プライム会員の特典は「お急ぎ便無料」「プライムビデオで多数の映画やアニメ見放題」が特にお得。それ以外にも音楽・読書の使い放題サービスあり。

料金は年額3,900円(月換算325円)で、世界的に日本だけなぜか破格の安さになっているので、配送・映像・音楽・読書など、一部でもよく利用する人なら非常におすすめです。

プライム会員の詳細はこちら

学生ならPrime Studentがさらにお得

スポンサーリンク

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

制作物:「ノイズレスサーチ

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

記事が良いと思ったら、Twitterでツイートしたり、ブログなどで紹介してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

『Chromeショートカットキー一覧(キーガイド図解付き)』へのコメント

  1. […] Chromeの覚えておきたい基本ショートカットキー […]

  2. 名前:匿名 投稿日:2017/06/22(木) 18:43:14 ID:a1d8505da 返信

    Windows7でしたが、[Win]+方向キーによる、ウィンドウの移動・サイズ変更は、できなかったことを報告いたします。

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/06/22(木) 19:41:51 ID:8511ad2d2 返信

      コメントありがとうございます。初めて聞いた話だったので、念のため調べて、Microsoftの公式サイトに掲載されていることを確認しました。

      参考:Windows 7 のショートカット キー | マイクロソフト アクセシビリティ

      OSの基本機能として用意されているショートカットキーなので、できない原因がOS以外にあるのかもしれません。

      例えばウィンドウがアクティブになっていない(デスクトップ画面にフォーカスされている状態)とか、パソコンに入っているソフトウェアと干渉しているとか。

      と言っても今まで聞いたことが無いので、何が原因かすぐには思い浮かびませんが・・・。あまり参考にならなくてすいません。

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/06/22(木) 20:03:43 ID:8511ad2d2 返信

      原因として考えられるものを発見したので追記しておきます。

      参考:Windows7 ウィンドウの最大化ショートカット(Windowsキー+矢印)が効かないときの対処法|及川WEB室

      [コントロールパネル]→[コンピューターの簡単操作]→[キーボードの操作の変更]

      ※自分のパソコンでは[キーボードの動作の変更]でした。たぶん誤字。

      もしくはスタートメニューの検索で「キーボード」で検索すれば「キーボードの動作の変更」が選択肢の中に出てきます。

      そしたら下のほうにある「ウィンドウが画面の端に移動されたとき自動的に整列されないようにします」というチェックがついているかどうか確認してみてください。

      自分でも動作確認してみましたが、ここにチェックが入っていると[Win]ショートカットキーが使えませんでした。

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。