KeySwapの使い方と、キーボード割り当て変更のおすすめ設定

KeySwap

パソコンのキーボードって全然使わないキーがありますよね。

CapsLock無変換変換カタカナキーとか結構押しやすい場所にあるのにあんまり使いません。

実にもったいない。

あとはホームポジションからは離れるけど右上のほうにあるF12Scroll Lockも一般的なパソコン操作では使用頻度少なめだと思います。

KeySwap

そんな使用頻度が少ないキーを有効活用できるように、自分の好きなキーマッピングを割り当てして、キーボード配列を変更できるKeySwap(キースワップ)というフリーソフトの紹介です。

広告

KeySwapとは

KeySwapはキーボードに自分の好きなキーボード配列を割り当てできるWindows用のフリーソフトです。

KeySwap

例えばCapsLockCtrlに変更したりできます。

常駐ソフトではなく、レジストリを変更するタイプのソフトウェアなのでパソコンを再起動かログオフすることによって設定が反映されます。

自分が使ってみたり、ネット上の評判を見る限り安定して動作します。

KeySwapのWindows10など対応状況

対応OSはWindows7までと書かれていますがWindows8・Windows10での動作確認もされています。

報告を見ると何人かはうまく動かなかったようですがソフトが原因かどうかはわかりません。使い方やパソコンの環境の影響もあるような気がします。

自分はWindows7で使っていますが1年以上使っていて不具合は起こってません。

KeySwapのインストール

↓KeySwapのダウンロードはこちら(Vector)から。

KeySwap for XPの詳細情報 : Vector ソフトを探す!

ソフトのダウンロード・解凍まで終わったら「keyswap」という名前のフォルダを任意の場所に置けば完了です。

一応デスクトップだろうがマイドキュメントだろうが動作しますけど、自分はソフトウェアの入る場所としてCドライブのProgram Filesの中にしておきました。

パソコン内部の設定を変更するソフトウェアだから、Dropboxなどのクラウドストレージには置かないほうが良いでしょう。

KeySwapを起動する時は「管理者として実行」

インストールが完了したら「KeySwap」というファイル名のexeファイルを実行します。

KeySwap実行ファイル

実行しようとすると「管理者としてこのプログラムを実行してください」と言われて起動できないことがあります。

KeySwapエラー

その場合は右クリックして「管理者として実行」をクリックすれば開けるようになります。

管理者として実行

KeySwapの設定方法

KeySwapで使うことができるキーは以下のとおり。109キー+マルチメディアキーとなっています。

KeySwapで設定できるキー一覧

事務仕事だったら電卓を割り当ててみたり音楽をよく聴く人なら音量調節したりなんてこともできます。

キーの割り当て方法

いよいよKeySwapの設定をしていきますが直感的なインターフェースなのでそんなに難しくありません。

変更したいキーをクリックして、

KeySwapの設定

そのキーに割り当てたいキーをクリックすれば完了です。黄色になっている部分が現在設定中の項目です。

KeySwapの設定

この例ではCapsLockキーにCtrlを割り当てています。

上記のようにマウスでクリックしても良いし、キーボードのキーを押すことによっても入力できます。

設定の保存

すべてのキーの割り当てが気の済むまで終わったら設定内容を保存して、いつでも呼び出せるようにしておきます。

KeySwapの設定保存

最後に終了ボタンをクリックして登録して完了です。

KeySwapの終了

設定を適用するためにPCの再起動またはログオフ

KeySwapはレジストリを変更しているので、これだけだとまだキー割り当ては反映されていません。

パソコンを再起動またはログオフしてもう一度立ち上げる必要があります。再起動してみましょう。設定が反映されているはずです。

KeySwapの設定例

あとは人それぞれパソコンの使い方によって千差万別だと思うので、絶対におすすめという設定があるわけじゃありませんが、考え方として自分のキー配列を参考にどうぞ。

キーボードの写真を見ながら考えてみましょう。使用頻度が少なそうなキーには赤字で書き込んでみました。

KeySwap

右上のほうにある「Sc」はScrollLock、「Pa」はPauseです。

それではどんな設定にしたら便利になるのかいくつか例を出してみます。

無変換をCtrlに変更

これが個人的に一番のお気に入りです。

スペースキーの左側にある無変換Ctrlにすることによって親指でCtrlキーを使えるようになるのでホームポジションのままショートカットキーが押しやすくなります。

無変換キーをCtrlキーに変更

一番左下のCtrlキーはホームポジションが崩れるし、小指で押さえるので指が疲れるし、Fより右側の範囲が押さえにくくなるし、親指でCtrlを使ったほうがメリットが多くなります。

特に使用頻度が高いA(全選択)、S(保存)、F(検索)、W(閉じる)、C(コピー)、V(ペースト)あたりのショートカットキーを、ホームポジションから動かさずに使えるので、効率がすごく上がります。

CapsLockをCtrlかAltに変更

CapsLockキーを使う頻度は少ないので、これもショートカットキーを使うためにCtrlAltキーに変更するのがひとつの方法です。

↓Caps LockをAltに変更した例。

この設定をすると上記のキャプチャのようにCtrlShiftAltの組み合わせによるショートカットキーが押しやすくなります。

キーボードによってはスペースキー左の無変換キーが無いだろうからその場合はCapsLockをCtrlにすると良いと思います。

Caps LockをPage Upに変更

Caps Lockキーの活用方法をもうひとつ。個人的にすごい画期的な変更だと思うものを紹介。

Caps LockキーをPage Upに変更すると、Webブラウジングが快適になります。

左右タブ移動

まず左右のタブ移動が、

  • Ctrl+Tab 右のタブへ移動
  • Ctrl+Page Up 左のタブへ移動

最初に紹介した無変換Ctrlも組み合わせると非常に快適にタブ移動できます。

↓スペースキー隣のCtrlを親指で押さえたまま、TabとPage Upが抑えやすくて超快適。

1画面スクロール

  • スペース 1画面下にスクロール
  • Page Up 1画面上にスクロール

という操作ができるので、左手をホームポジションの近くに置いたまま大きいスクロール操作ができます。

ネットサーフィンする人はぜひ試してみてください。閲覧の快適さがグっと増します。

ScrollLock周辺を変更

ちょっと外れたところにあるF12Print ScreenScrollLockのキー。Print Screenはサポート受ける時に使うかもしれないので変更はおすすめしないけど普通の人は使用頻度低めだと思います。

とくにScrollLockはどのアプリケーションでもまったくと言っていいほど使うことがありません。

ホームポジションからは離れているので例えば音量調節とか良いかも。

Pauseは変更できない

なぜかPauseは変更する側・される側ともに設定することができませんでした。特別なキーなんでしょうか。もしくはパソコン環境によるのかもしれません。

変態配列キーボードの暴発を防ぐ

ノートパソコンはメーカーによって変なキーボード配列のものがたくさんあります。Enterのすぐ右側にHomePagedownあたりが邪魔になるものもあるのでいっそのこと無効にして無効にしたキーは他の場所に移すのもひとつの手ですね。

割り当てるキーに「削除無効用【Delete】」を選べばそのキーが無効になります。

KeySwapの削除用のボタン

Windowsキーを無効に

PCゲームする人にとってWindowsキーが邪魔らしいです。ゲーム中に誤爆したらフルスクリーンが解除されたりするんでしょうか。

Ctrl+EscWindowsキーと同じ動作になるので無効にしても一応大丈夫。

設定例を書いたら切りがなくなっちゃいますね。その他にも「こんな便利な使い方もあるよ」とかあればお気軽にコメント欄にでもどうぞ。

自分のKeySwap設定例

最後に自分の場合はどんなふうに設定しているかまとめておきます。

KeySwap設定例

↓KeySwapの設定画面はこのようになってます。

KeySwap設定

  • 無変換Ctrl(親指で押さえる)
  • 変換Shift(英数字の大文字や記号入力のため)
  • CapsLockPage Up(Webブラウジング快適化)
  • カタカナPrint Screen
  • Print Screen → 音量ダウン
  • ScrollLock → 音量アップ

とくに重要なのは親指のCtrlShift、Caps Lockを変更したPage Upで、使用頻度が高くて欠かせません。ホームポジションから手が離れることが少なくなるので疲れにくくもなります。

あと音量アップとダウンは地味に便利。

気をつける点としては無変換変換カタカナが使えませんが、変換操作はスペースキーを使うから問題ないし、言語の切り替えは、必要ならマウスでもできるので支障は出てません。

広告

このページのシェア・保存はこちら

『KeySwapの使い方と、キーボード割り当て変更のおすすめ設定』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2015/11/18(水) 19:12:33 ID:ab357a50e 返信

    何で途中から、スクリーンショットから写真に変わったの?

    • 名前:パソ活 投稿日:2015/11/18(水) 20:02:35 ID:837c2967b 返信

      KeySwapを開いている時はキー設定するためなのか、Print Screenキーを受け付けてくれなくて、しかたなく写真を取りました。見難くなって申し訳ないなぁとは思うんですけどね。

  2. 名前:匿名 投稿日:2015/12/24(木) 01:54:10 ID:301d1f1cf 返信

    Windows 10でも普通に使えてますよ、KeySwap。Windows7と同じく、管理者として実行する必要はありますが。
    あとPrint Screenきかないなら、Snapping Toolっていうスクリーンショット撮るツールが、Windows7以降に標準でついてるので、使ってみてはいかがでしょう?スタートメニューのアクセサリの中にあります。

    • 名前:パソ活 投稿日:2015/12/24(木) 17:31:07 ID:8885d8677 返信

      ありがとうございます!すごく助かりました。

      Snapping Toolは名前だけ聞いたことあったんですがまさかこんな違いがあるとは知りませんでした。

      また、検索したらWindows10の動作報告ページもあったので、それも合わせて記事を修正しておきました。

      また気づいた点などございましたらお気軽にコメントください。ありがとうございました。

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。