デュアルディスプレイのやり方とケーブルの選び方(トリプルディスプレイ追記しました)

世の中では、

「パソコンって1画面が普通でしょ?」

これがごく当たり前の感覚だと思いますがそれでも声を大にして言いたい。

デュアルディスプレイにすると世界が変わる!!!

いやホントに。

とくに1画面から2画面にしたらあまりの使い勝手の違いに、

早くやっとけば良かった・・・。

てなると思いますよ。

だって難しい設定とか増設とか必要なくてパソコンとモニターを接続するだけなんだもの。

3画面(トリプルディスプレイ)以上のマルチディスプレイにするにはグラボ使ったりしてハードルが上がりますが、2画面のデュアルディスプレイならそんなに負担にもならないし、何より簡単です。

このブログではディアルモニターにするためのパソコン側の端子の種類、ケーブルの種類、おすすめのケーブルの選び方や安く手に入れる方法などを書いていきます。

※追記:3画面(トリプルモニター)についても書きました。後半のほうにデスクトップ・ノートパソコンそれぞれについて書いてます。

広告

デュアルディスプレイならグラボの増設は必要ない

デュアルモニタ横並び

ほとんどのパソコンはデュアルディスプレイなら難しい設定や増設をしなくても最初から接続できます。

グラフィックボード(グラボ)と言われるPCパーツを増設しないとデュアルディスプレイにできないと思われがちですけどパソコン本体に最初から付いてる端子だけでほぼ確実に2画面にできます。

そう、つまり液晶モニターとケーブルだけで簡単にデュアルディスプレイにできるんです。

↓パソコンと液晶モニターを接続するケーブルは主に4種類あってパソコン裏面の端子の形はこのようになってます。(小さいパソコンだと一部の接続端子しか搭載していない場合もあります)

デュアルモニターケーブル端子の種類

単純な話、ケーブルを接続するだけでデュアルディスプレイにできます。難しい設定はとくに必要ありません。接続したらほとんどの場合はすぐにパソコンの画面が映ります。

ノートパソコンの場合

※ちなみに映像端子が無いノートパソコンだと普通はデュアルディスプレイにできませんが、USB接続で映像を外部出力できる便利な周辺機器もあります。

USBからの出力なのでマザーボードの最大出力画面数の制限を受けません。

ただしUSBからの出力だとCPUの負担が大きかったり、描画がちょっと遅くなることがあるので「端子が無いけどどうしてもサブ画面が必要」な場合はレビューをよく読んでから買いましょう。

ディスプレイケーブルの種類

さて、デュアルディスプレイにするだけなら、デスクトップ、ノートパソコンどちらも特別なパーツは必要ありません。

液晶モニター1台と正しいケーブルを選べばデュアルディスプレイにできます。

パソコン側と液晶モニター側の端子に合ったケーブルを選ぶだけでOK。

「今までケーブルの種類なんて知らなかった」という人でもなんとか分かるように名前と端子の断面図を一緒に載せながら解説していきます。

DVIケーブル

1999年から策定スタートしたパソコンのデジタルケーブル初期の規格です。一昔前のパソコンには見かけることも多いですが、すでにメーカー各社はDVIを廃止する方針になっているので徐々に目にする機会が減っていく予定です。

でも映像はデジタルで十分綺麗なので手持ちの機器にDVI端子があるならまだまだ使えます。

細かい種類としてDVIケーブルには「シングルリンク」と「デュアルリンク」があって、接続できる液晶モニターの解像度に違いがあります。

シングルリンクDVIケーブル

デュアルモニターDVIケーブル

↓シングルリンクDVIケーブルはこちら。

DVIシングルリンクを検索

シングルリンクDVIケーブルは1920x1200pxの解像度まで対応しています。

液晶モニターの解像度は1920x1080pxのものが多く、サイズは23インチから24インチ前後が主流です。

普通の人はデュアルリンクじゃなくてシングルリンクのDVIケーブルで十分。

裏技として実はハードオフのジャンクコーナーにシングルリンクであれば300~500円程度でごろごろ転がってます。

シングルリンクDVIケーブルはジャンクで圧倒的に見つかりやすいし古い液晶モニターに多く、それでいて画質はデジタルで綺麗なので、とにかく安くデュアルディスプレイにしたいならオススメです。

試しにハードオフみたいな中古のパーツショップに行ってみたら面白いですよ。

デュアルリンクDVIケーブル

デュアルモニターDVIケーブル

↓デュアルリンクDVIケーブルはこちら。

DVIデュアルリンクを検索

デュアルリンクDVIケーブルは2560x1600pxの解像度まで対応しています。

ただし2560x1600pxの高解像度液晶モニターはHDMIやDisplayPort端子を搭載していることが多いので、わざわざ値段が高いデュアルリンクDVIにするメリットはほとんどありません。

DVI端子について

ちなみにDVI端子にも「シングルリンク専用」と「シングルリンクとデュアルリンク両対応」の2種類があります。

↓この写真のように24ピンタイプの端子であれば、シングルリンクDVIケーブルとデュアルリンクDVIケーブルの両方が使えます。

DVI端子

HDMIケーブル

↓HDMIケーブル(オス)の接続断面がこちら。

マルチモニタHDMIケーブル

↓パソコンや液晶モニターの端子(メス)の見た目がこれ。(DisplayPortと似ているので間違えないように気をつけて)

HDMI端子

↓HDMIケーブルはこちら。

HDMIケーブルを検索

HDMI端子はパソコンや液晶モニター、さらにはゲームやAV機器にも搭載されているので最も汎用性が高いケーブルです。

また、DVIケーブルと比べて小さくて挿し込みやすいのも良いところ。おまけに値段も安い。

画質もデジタル接続で十分綺麗で2013年からの規格HDMI 2.0以上なら4K [3840x2160px]で60p [秒間60コマ]クラスの高画質にも対応しているので端子があるならHDMIケーブルが一番おすすめです。

DisplayPortケーブル

↓DisplayPortケーブルの接続断面がこちら。

マルチモニターDisplayPortケーブル

↓パソコンや液晶モニターの端子の見た目がこれ。(HDMIと似ているので間違えないように気をつけて)

DisplayPort端子

↓DisplayPortケーブルはこちら。

DisplayPortケーブルを検索

DisplayPortの読み方は「ディスプレイポート」と読みます。

細かい違いはあるけどHDMIと同じく高画質のデジタル接続ができるケーブルです。値段はHDMIよりちょっと高め。とは言っても初期の2000円以上した頃と比べたら安くなりました。

5Kモニターや4Kモニターを2台繋げるとか無茶をしない限りHDMIとDisplayPortどちらを選んでも大差ありません。

端子の有無や値段で決めれば良いと思います。個人的にはDisplayPortケーブルよりも対応機器が多いHDMIケーブルのほうが便利かなと思います。

※DisplayPort特有のメリットとして「パソコン → 液晶モニター → 液晶モニター」のように数珠つなぎ(デイジーチェーン)でトリプルディスプレイ以上にできます。3画面以上にするなら良いかも。

D-subケーブル

↓D-subケーブルの接続断面がこちら。

デュアルモニター変換アダプタ

↓パソコンや液晶モニターの端子の見た目がこれ。

D-sub端子

↓D-subケーブルはこちら。

今となっては出番の少ないD-subケーブルです。映像がデジタルではなくアナログなので他の3規格より画質が悪くボヤっとしています。

液晶モニターが古くてD-subしか端子が無いとか、プロジェクタの出力がD-subしかない場合くらいしか使う場面がありません。とくに理由が無ければおすすめしません。

変換ケーブル

デュアルモニターHDMI-DVI変換ケーブル

さて、ここまでで主要なケーブルを4種類紹介してきましたが、もしパソコンと液晶モニターの端子が違っていても大丈夫。

変換ケーブルや変換アダプタというものがあります。

↓ありがちなのはこんなパターン。

  • パソコン側はHDMI端子だけ
  • 液晶モニター側はD-sub端子とDVI端子

具体的には「ノートパソコンから古い液晶モニターに接続したい時」に困ることが多いです。

デュアルディスプレイを激安で構築したい場合ハードオフのジャンクコーナーで液晶モニターを探せば17インチが2000円台、19インチが3000円台で手に入ることがあります。

ノートパソコンに接続してとりあえず画面を増やしたいだけならこれが一番コスパが良いんじゃないでしょうか。

↓例えばこれはHDMIとDVIを変換するケーブルです。アダプタをかまさないので簡単だし値段も安い。

その他、自分が組み合わせたい規格の名前で、

「D-Sub DVI 変換ケーブル」などのように「変換ケーブル」や「アダプタ」というキーワードと組み合わせて検索すればたいてい目的のケーブルやアダプタを探すことができます。

↓検索結果のリンクを作ったので探している人は見てみてください。Amazonに飛びます。

DVI HDMI 変換ケーブル
DVI D-Sub 変換ケーブル
D-Sub HDMI 変換ケーブル

デュアルディスプレイにするだけならホントに簡単

以上、ケーブルの種類を説明しましたが、要するに、

2画面にする手順
  1. パソコン側の端子を見て
  2. 液晶モニター側の端子を見て
  3. 使えるケーブルを買って
  4. 接続するだけ

たったこれだけでパソコンの画面を2倍使えるようになります。

↓液晶モニターは最新の機種がどんどん出るのでこちらのランキングを参考にどうぞ。Amazonの人気順に並んでいます。

最新液晶モニターランキング

↓こちらはサイズ別のページ

20~22インチ
23~26インチ
27インチ以上

実際にこのブログから買われているデータを見ると圧倒的に24インチ前後の液晶モニターが人気のようです。メインモニターにもサブモニターにも使えるし面積あたりのコスパから考えると一番お買い得なサイズです。

ちなみにサブモニターを正面から見れない配置にするなら視野角が上下左右178°のIPSパネルがおすすめです。

20~26インチのIPSパネル液晶モニター

デスクトップで3画面(トリプルディスプレイ)

ほとんどのデスクトップパソコンでは2画面までしかできないので、3画面以上にしたい場合はグラフィックボード(グラボ)というパソコンパーツを増設する必要があります。

グラボは毎年のように性能がアップしていくので、安いものでも3画面出力ができるのが当たり前になってきています。

3画面にするためのグラボで確認する点は以下の通り。

グラボのチェック項目
  • グラボが何画面まで出力対応しているか(※注意:端子が3つあっても2画面出力までしか対応していないものもある)
  • 消費電力をチェック(パソコンの電源が貧弱な場合、電力不足になる可能性がある
  • 補助電源が必要かチェック(性能の高いグラボだと別途補助電源が必要なものもある。消費電力が多い。)
  • グラボからの出力端子をチェック(安いグラボだと3出力のうち1つがアナログのD-subのものもある。つまり画質が悪い)
  • 液晶モニター側の入力端子をチェック(グラボと同じで無ければ変換ケーブルを使用)
  • 取り付けに必要なスペース(スロット数)をチェック(大きいと2スロット必要)

3画面以上に出力がしたくて、ゲームやフォトショを使わないのであればこういうのとか。

  • HDMI出力×4なので画質が良く、液晶モニター・ケーブルの汎用性が高い
  • 液晶モニター側の端子がHDMIじゃなくても変換ケーブルを買いやすい
  • 1スロット使用の省スペース
  • 補助電源必要なし
  • 最大消費電力16Wと少ないのでパソコン本体の電源がしょぼくても使える

という感じで、安心感・性能・画質のバランスを考えるとおすすめ。

ーーー

3画面出力のうち1つはアナログの画質でもいいとか、オンボードと併用して3画面にするからグラボは2画面出力でもいいとか、自分で分かる人は他にもやりようがあると思うのでググってみてください。

その他、上記のグラボを取り付けるとしても、PCI Expressスロットが必要とか、パソコン側があまりにも古いと対応できないとか、注意事項があるかもしれないので、不安な場合はググるなり分かる人に質問するなりしてください。(3画面をしたいと思うような人はある程度自分で調べられるとは思いますが)

ノートパソコンでトリプルディスプレイ

ノートパソコンの場合はゲーミングパソコンでも買わない限り、グラボは付いてなくて増設もできないので、USB接続でマルチモニターにするための「USBグラフィックアダプタ」というものを使います。

これは、USB接続から映像を変換して液晶モニターに出力できるというもの。

↓実際にトリプルディスプレイにするとしたらこんな構成になります。

  • 画面1 → ノートパソコン本体の画面
  • 画面2 → ノートパソコン本体の端子から液晶モニターに出力
  • 画面3 → グラフィックアダプタから液晶モニターに出力

ただし、グラフィックアダプタを使った場合は通常の映像出力よりもCPU負担が増えることや、ちょっとした遅延や不具合が発生することがあるので自己責任でお願いします。Amazonのレビューにいろいろな事例が書かれているので見てみてください。

モニターアーム

パソコン2画面

机の上をスッキリさせたいこだわり派の人にはモニターアームがおすすめ。

エルゴトロン製モニターアーム

価格は高いけど安心感と安定感はやはりエルゴトロン。

自分は2014年1月に4本購入してマルチディスプレイで運用して配置換えも頻繁にしましたが全然ガタがきません。

移動しやすくピタッと止まる。素晴らしいのひとことです。液晶モニターの位置を動かすなら非常におすすめできます。

ちなみにOEM品としてAmazonベーシックとヒューレット・パッカードのものがあるので、タイミングによって値段が安いものを買えばエルゴトロン製のモニターアームをお得に買えるのでおすすめです。

サンコーやグリーンハウスのモニターアーム

ただしそうは言ってもエルゴトロンは値段が高いのでなるべく安く済ませるならサンコーやグリーンハウスのモニターアームも定番。

↓取り付けた姿はこの動画が分かりやすい。これはグリーンハウスのモニターアーム。

グリーンハウスやサンコーのモニターアームは値段が安いぶん個体差が大きく、関節が固いものや使ううちにお辞儀する可能性もあるのでダメ元のつもりで。

まとめ

とりあえず今1画面の人は、液晶モニターと置き場所さえ確保できれば、気軽にデュアルディスプレイにできるのでやってみてください。

少ない投資ですごく快適になりますよ。

ーーー

関連:ブログを効率よく書くためのパソコン・周辺機器の環境

関連:キーボードの掃除方法|分解や水洗いしなくても綺麗にする方法

関連:タイピングソフトおすすめ10選

広告

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。