デュアルディスプレイのやり方とケーブルの選び方(トリプルディスプレイ追記しました)

デュアルディスプレイのやり方

世の中では、

「パソコンって1画面が普通でしょ?」

これがごく当たり前の感覚だと思いますがそれでも声を大にして言いたい。

デュアルディスプレイにすると世界が変わる!!!

いやホントに。

とくに1画面から2画面にしたらあまりの使い勝手の違いに、

早くやっとけば良かった・・・。

てなります。

2画面なら難しい設定や増設が必要なく、パソコンとモニターを接続するだけで終わるから。

3画面(トリプルディスプレイ)以上のマルチディスプレイにするにはグラボ使ったりしてハードルが上がりますが、2画面のデュアルディスプレイならそんなに難しくありません。

このブログではディアルモニターにするためのパソコン側の端子の種類、ケーブルの種類、おすすめのケーブルの選び方や安く手に入れる方法などを書いていきます。

※追記:3画面(トリプルモニター)についても書きました。後半のほうにデスクトップ・ノートパソコンそれぞれについて書いてます。

スポンサーリンク

デュアルディスプレイならグラボの増設は必要ない

デュアルモニタ横並び

ほとんどのパソコンはデュアルディスプレイなら難しい設定や増設をしなくても最初から接続できます。

グラフィックボード(グラボ)と言われるPCパーツを増設しないとデュアルディスプレイにできないと思われがちですけど、パソコン本体に最初から付いてる端子だけで2画面にできます。

そう、つまり液晶モニターとケーブルだけで、簡単にデュアルディスプレイにできます。

↓パソコン裏面の端子はこのようになってます。(小さいパソコンだと接続端子の種類が少ない場合もあります)

デュアルモニターケーブル端子の種類

  • HDMI
  • DisplayPort
  • DVI
  • D-sub

大まかにこの4種類の端子があり、パソコン側と液晶モニタ側の端子に合うケーブルを使えば接続できます。端子の種類が違っても、変換ケーブルがあれば接続できます。

端子の特徴やケーブルについてはこの後説明していきます。

USB接続でデュアルモニター

※ちなみに映像端子が無いノートパソコンだと普通はデュアルディスプレイにできませんが、USB接続で映像を外部出力できる便利な周辺機器もあります。

USBからの出力なので、マザーボードの最大出力画面数の制限を受けません。

ただしUSBからの出力だとCPUの負担が大きくなり、描画がちょっと遅くなることがあるので「端子が無いけどどうしてもサブ画面が必要」な場合はレビューをよく読んでから買いましょう。

ディスプレイケーブルの種類

さて、デュアルディスプレイにするだけなら、デスクトップ、ノートパソコンどちらも特別なパーツは必要ありません。

液晶モニターと正しいケーブルを選べばデュアルディスプレイにできます。

パソコン側と液晶モニター側の端子に合ったケーブルを選ぶだけでOK。

「今までケーブルの種類なんて知らなかった」という人でもなんとか分かるように、名前と端子の断面図を一緒に載せながら解説していきます。

主なケーブルは4種類あります。

  • HDMI(エイチ・ディー・エム・アイ)
  • DisplayPort(ディスプレイポート)
  • DVI(ディー・ブイ・アイ)
  • D-Sub(ディー・サブ)

このうち、HDMIかDisplayPortが使えるならおすすめ。

DVIやD-Subは昔の規格なので、古い製品を接続したいなら使うこともあるかも。

HDMIケーブル

デュアルモニターにするなら最も手軽でおすすめなのがHDMIケーブルです。

パソコン・ゲーム機・家電と、幅広いジャンルで使われている端子なので統一しやすく、それでいて映像出力の性能も十分に高いです。

↓HDMIケーブル(オス)の接続断面はこちら。

HDMIケーブル断面

↓パソコンや液晶モニターの端子(メス)の見た目がこれ。(DisplayPortと似ているので間違えないように気をつけて)

HDMI端子

↓HDMIケーブルはこちら。

HDMIケーブルを検索

また、昔のDVIケーブルと比べて小さくて挿し込みやすいのも良いところ。おまけに値段も安い。

画質もデジタル接続で十分綺麗で2013年からの規格HDMI 2.0以上なら4K [3840x2160px]で60p [秒間60コマ]クラスの高画質にも対応しているので端子が使えるならHDMIケーブルが一番おすすめです。

DisplayPortケーブル

DisplayPortケーブルは、HDMIと同じく、高画質のデジタル接続ができるケーブルです。

値段はHDMIよりちょっと高め。とは言っても初期の2000円以上した頃と比べたら安くなりました。

5Kモニターや4Kモニターを2台繋げるとか、無茶をしない限りHDMIとDisplayPortどちらを選んでも大差ありません。

↓DisplayPortケーブルの接続断面がこちら。

DisplayPortケーブル断面

↓パソコンや液晶モニターの端子の見た目がこれ。(HDMIと似ているので間違えないように気をつけて)

DisplayPort端子

↓DisplayPortケーブルはこちら。

DisplayPortケーブルを検索

HDMIとDisplayPortどちらにするのかは、端子の有無や値段で決めれば良いと思います。

個人的にはDisplayPortケーブルよりも対応機器が多いHDMIケーブルのほうが便利だと思います。

※DisplayPort特有のメリットとして「パソコン → 液晶モニター → 液晶モニター」のように数珠つなぎ(デイジーチェーン)でトリプルディスプレイ以上にできます。ただしDisplayPort出力端子が搭載されているモニターが必要になるので、環境を整えるのに少しコストがかかるので、ほとんどの人はそこまでやらないでしょう。(トリプルディスプレイについては後述します)

DVIケーブル

1999年からスタートしたパソコンのデジタルケーブル初期の規格。もうかなり古いので、いま発売される製品には搭載されないことも多いです。

すでにメーカー各社はDVIを廃止する方針になっているので、徐々に見かける機会が減っていく予定。

でも映像はデジタルで十分綺麗なので、手持ちの機器にDVI端子があるなら使えます。

細かい違いとしてDVIケーブルには「シングルリンク」と「デュアルリンク」があって、接続できる液晶モニターの解像度に違いがあります。

シングルリンクDVIケーブル

シングルリンクDVIケーブルは1920 x 1200pxの解像度まで対応しています。

液晶モニターの解像度は1920x1080px、いわゆるフルハイビジョンのものが多く、サイズは23インチから24インチ前後が主流です。

なので、普通の人はシングルリンクのDVIケーブルで十分。

↓シングルリンクDVIの断面。

シングルリンクDVIケーブル断面

↓シングルリンクDVIケーブルはこちら。

DVIシングルリンクを検索

裏技として、実はハードオフのジャンクコーナーに300~500円程度でごろごろ転がってます。

古い液晶モニターで使えて、それでいて画質はデジタルで十分綺麗なので、とにかく安くデュアルディスプレイにしたいならオススメです。

自分は19インチのモニタをハードオフジャンクで3240円で買って、DVI接続でもう何年も使っています。

試しにハードオフみたいな中古のパーツショップに行ってみたら面白いですよ。

デュアルリンクDVIケーブル

デュアルリンクDVIケーブルは2560 x 1600pxの解像度まで対応しています。

ただし2560x1600pxの高解像度液晶モニターはHDMIやDisplayPort端子も搭載していることが多いので、わざわざ値段が高いデュアルリンクDVIにするメリットはほとんどありません。

↓デュアルリンクDVIの断面。

デュアルモニターDVIケーブル

↓デュアルリンクDVIケーブルはこちら。

DVIデュアルリンクを検索

高解像度モニターを使うならHDMIかDisplayPortにしましょう。

DVI端子について

ちなみにDVI端子には「シングルリンク専用」と「シングルリンクとデュアルリンク両対応」の2種類があります。

↓この写真のように24ピンタイプの端子であれば、シングルリンクDVIケーブルとデュアルリンクDVIケーブルの両方が使えます。

DVI端子

D-subケーブル

今となっては出番の少ないD-subケーブルです。映像がデジタルではなくアナログなので、他の3規格より画質が悪くボヤっとしています。

↓D-subケーブルの断面。

D-Sub断面

↓パソコンや液晶モニターの端子の見た目がこれ。

D-sub端子

↓D-subケーブルはこちら。

液晶モニターが古くてD-subしか端子が無いとか、プロジェクタの出力がD-subのみ、という場合でもなければ使う場面がありません。とくに理由が無ければD-subはおすすめしません。

変換ケーブル

デュアルモニターHDMI-DVI変換ケーブル

さて、ここまでで主要なケーブルを4種類紹介しましたが、もしパソコンと液晶モニターの端子が違っていても大丈夫。

変換ケーブルや変換アダプタというものがあります。

↓ありがちなのはこんなパターン。

  • パソコン側はHDMI端子だけ
  • 液晶モニター側はD-sub端子とDVI端子

具体的には「ノートパソコンから古い液晶モニターに接続したい時」に困るというケースです。

例えばハードオフのジャンクコーナーで液晶モニターを探せば、17インチが2000円台、19インチが3000円台で手に入ることがあります。

↓この場合、下記のHDMIとDVIを変換するケーブルを使うだけで接続できます。アダプタをかまさないので簡単だし値段も安い。

その他、自分が組み合わせたい規格の名前で、

「D-Sub DVI 変換ケーブル」などのように「変換ケーブル」や「アダプタ」というキーワードと組み合わせて検索すれば、たいてい目的のケーブルやアダプタを探すことができます。

↓検索結果のリンクを作ったので探している人は見てみてください。Amazonに飛びます。

DVI HDMI 変換ケーブル
DVI D-Sub 変換ケーブル
D-Sub HDMI 変換ケーブル

デュアルディスプレイにするだけならホントに簡単

以上、ケーブルの種類を説明しましたが、要するに、

2画面にする手順
  1. パソコン側の端子を見て
  2. 液晶モニター側の端子を見て
  3. 使えるケーブルを買って
  4. 接続するだけ

たったこれだけで2画面にできます。

↓液晶モニターは最新の機種がどんどん出るのでこちらのランキングを参考にどうぞ。Amazonの人気順に並んでいます。

最新液晶モニターランキング

↓こちらはサイズ別のページ

20~22インチ
23~26インチ
27インチ以上

実際にこのブログから買われているデータを見ると、圧倒的に24インチ前後の液晶モニターが人気のようです。メインモニターにもサブモニターにも使えるし、面積あたりのコスパから考えると一番お買い得なサイズです。

液晶モニタの選び方は視野角に注意

デュアルディスプレイでは画面を斜めから見ることになるので、視野角が狭い液晶モニタには気をつけてください。

ざっくり言ってしまうと、TNパネルは視野角が狭いので、サブディスプレイとしてはおすすめしません。

それ以外はたいてい大丈夫。IPSパネルは視野角が178°あるので安心です。

自分は両方共使ったことがありますが、TNパネルは斜めから見ると色味が全然変わってしまい、とても疲れます。

上記以外にもVAパネルや、IPSパネル系のADS、AH-IPS、PLSパネルなどがありますが、液晶モニタの商品ページには視野角が記載されているので、購入前に必ず確認してください。

事務作業・動画編集・DTMなど、集中して黙々と作業する場合は色味が変わると非常にストレスになるので、なるべく178°の視野角を選びましょう。

↓こちらはあらかじめ「20~22インチ」「23~26インチ」「IPSパネル」で絞り込みした一覧です。

20~26インチのIPSパネル液晶モニター

他にも絞り込みしたい条件があったら、上記リンクを開いた後、PCなら左サイドバーから、スマホなら[絞り込み]ボタンから好きな条件を選択してみてください。

「非光沢(ノングレア)」「応答速度」「リフレッシュレート」など、液晶モニタ選びで気になるポイントをいくつか絞り込みできます。

デスクトップで3画面(トリプルディスプレイ)

ほとんどのデスクトップパソコンでは2画面までしかできないので、3画面以上にしたい場合は基本的にグラフィックボード(グラボ)というパソコンパーツを増設する必要があります。

グラボは毎年のように性能がアップしていくので、安いものでも3画面出力ができるのが当たり前になってきています。

3画面にするためのグラボで確認する点は以下の通り。

グラボのチェック項目
  • グラボが何画面まで出力対応しているか(※注意:端子が3つあっても2画面出力までしか対応していないものもある)
  • 消費電力をチェック(パソコンの電源が貧弱な場合、電力不足になる可能性がある
  • 補助電源が必要かチェック(性能の高いグラボだと別途補助電源が必要なものもある。消費電力が多い。)
  • グラボからの出力端子をチェック(安いグラボだと3出力のうち1つがアナログのD-subのものもある。つまり画質が悪い)
  • 液晶モニター側の入力端子をチェック(グラボと同じで無ければ変換ケーブルを使用)
  • 取り付けに必要なスペース(スロット数)をチェック(大きいと2スロット必要)

3画面以上に出力がしたくて、ゲームやフォトショを使わないのであればこういうのとか。

  • HDMI出力×4なので画質が良く、液晶モニター・ケーブルの汎用性が高い
  • 液晶モニター側の端子がHDMIじゃなくても変換ケーブルを買いやすい
  • 1スロット使用の省スペース
  • 補助電源必要なし
  • 最大消費電力16Wと少ないのでパソコン本体の電源がしょぼくても使える

という感じで、安心感・性能・画質のバランスを考えるとおすすめ。

※ただし事務作業をしたりYouTubeを見る程度なら問題ありませんが、PCゲーム用途ではないので、スペックが要求される使い方をするなら別途探してください。

ーーー

3画面出力のうち1つはアナログの画質でもいいとか、オンボードと併用して3画面にするからグラボは2画面出力でもいいとか、自分で分かる人は他にもやりようがあると思うのでググってみてください。

その他、上記のグラボを取り付けるとしても、PCI Expressスロットが必要とか、パソコン側があまりにも古いと対応できないとか、注意事項があるかもしれないので、不安な場合はググるなり分かる人に質問するなりしてください。(3画面をしたいと思うような人はある程度自分で調べられるとは思いますが)

ノートパソコンでトリプルディスプレイ

ノートパソコンの場合はゲーミングパソコンでも買わない限り、グラボは付いてなくて増設もできないので、USB接続でマルチモニターにするための「USBグラフィックアダプタ」というものを使います。

これは、USB接続から映像を変換して液晶モニターに出力できるというもの。

↓実際にトリプルディスプレイにするとしたらこんな構成になります。

  • 画面1 → ノートパソコン本体の画面
  • 画面2 → ノートパソコン本体の端子から液晶モニターに出力
  • 画面3 → グラフィックアダプタから液晶モニターに出力

ただし、グラフィックアダプタを使った場合は通常の映像出力よりもCPU負担が増えることや、ちょっとした遅延や不具合が発生することがあるので自己責任でお願いします。Amazonのレビューにいろいろな事例が書かれているので見てみてください。

DisplayPortでトリプルディスプレイ

DisplayPortを使う場合、デイジーチェーン(数珠つなぎ)することによって、「パソコン」→「モニター」→「モニター」→・・・のように、直列でつないでいくことができるそうです。

参考:DPMST対応モニタのデイジーチェーン接続方法が知りたい。 | Dell 日本

ただし、気をつける点がいくつかあります。

  • 液晶モニタにDisplayPort出力端子が必要
  • DisplayPort出力端子の有無で絞り込みできないので探すのがかなり大変
  • 値段も高くなると思われる
  • 解像度によってはリフレッシュレートが下がる可能性がある

対応する液晶モニタを探しにくくて値段が高くなるのがネックですね。

モニターアーム

パソコン2画面

机の上をスッキリさせたいこだわり派の人にはモニターアームがおすすめ。

エルゴトロン製モニターアーム

価格は高いけど安心感と安定感はやはりエルゴトロン。

自分は2014年1月に4本購入してマルチディスプレイで運用して配置換えも頻繁にしましたが、全然ガタがきません。

移動しやすくピタッと止まる。素晴らしいのひとことです。液晶モニターの位置を動かすなら非常におすすめできます。

ちなみにOEM品としてAmazonベーシックとヒューレット・パッカード製があるので、タイミングによって値段が安いものを買えば、実質エルゴトロン製のモニターアームをお得に買えるのでおすすめです。

サンコーやグリーンハウスのモニターアーム

ただしそうは言ってもエルゴトロンは値段が高いのでなるべく安く済ませるならサンコーやグリーンハウスのモニターアームも定番。

↓取り付けた姿はこの動画が分かりやすい。これはグリーンハウスのモニターアーム。

グリーンハウスやサンコーのモニターアームは値段が安いぶん個体差が大きく、関節が固いものや使ううちにお辞儀する可能性もあるのでダメ元のつもりで。

まとめ

とりあえず現在1画面の人は、液晶モニターと置き場所さえ確保できれば、気軽にデュアルディスプレイにできるのでやってみてください。

少ない投資ですごく快適になります。

ーーー

関連:Chromeショートカットキー一覧

関連:キーボードの掃除方法

関連:Chrome拡張機能まとめ

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Amazonでの買い物について

当ブログではAmazonの商品をよく紹介しています。

いつもコンビニ払いしている人は、Amazonギフト券をチャージするとポイントが余分にもらえるので、今まで知らなかったという人は読んでみてください。

Amazonギフト券チャージタイプの詳細はこちら

チャージする金額によって0.5~2.0%ポイント付与され、プライム会員ならさらに0.5%上乗せされます。

ーーー

プライム会員の特典は「お急ぎ便無料」「プライムビデオで多数の映画やアニメ見放題」が特にお得。それ以外にも音楽・読書の使い放題サービスあり。

料金は年払い4,900円(月払い500円/月)で、世界的に日本だけなぜか破格の安さになっているので、配送・映像・音楽・読書など、一部でもよく利用する人なら非常におすすめです。

プライム会員の詳細はこちら

学生ならPrime Studentがさらにお得

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

制作物:「ノイズレスサーチ

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

記事が良いと思ったら、Twitterでツイートしたり、ブログなどで紹介してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

『デュアルディスプレイのやり方とケーブルの選び方(トリプルディスプレイ追記しました)』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/11/30(金) 02:27:01 ID:5273d9002 返信

    記事とても参考になりました。
    現在、D-sub端子・シングルリンクDVI端子2系統の古いモニター2台を使っています。
    最近のグラボはDisplayPortとHDMIが主流なので、DVI無しか1つが多いです。
    もう少し古いモニターを使いたいので変換ケーブルを利用したいのですが
    グラボ(HDMI) → モニター(DVI)
    グラボ(DisplayPort) → モニター(DVI)
    どちらが無難なのでしょうか?相性とか何かあるのでしょうか?
    とりあえず macLab. Displayport → DVI-D 変換 ケーブル を1つ買いましたが
    グラボは検討中です。
    もし詳しい情報がありましたら教えて下さい。

    • 名前:パソ活 投稿日:2018/11/30(金) 18:30:12 ID:4bac975ac 返信

      “無難”と言って良いものかわかりませんが、トラブルがほぼ起きないのはHDMIです。DisplayPortは組み合わせによってはダメなことがある、と思います。

      以前に調べたことがあるんですが、変換アダプタにパッシブタイプ、アクティブタイプという種類があったり、グラボのクロックジェネレータが何個搭載されているのかによって変わる、と記憶しています。

      そういうややこしい問題があるので、記事にもわざとDisplayPort DVI変換ケーブルのリンクを貼っていません。

      で、そこらへんを考えるのが面倒くさいので、使えるならHDMIを使うようにしています。4K解像度までならHDMIで問題ありませんし。

      細かい話は本当にややこしくて記事に書ききれないので、こちらを参考にどうぞ。
      https://yuutosi.net/post-525/

      で、質問の内容からして、すでに持っているDisplayport → DVI-D 変換 ケーブルはとりあえず使ってみて、ダメだったらHDMI変換を買えば良いと思います。

      • 名前:匿名 投稿日:2018/12/01(土) 01:44:44 ID:91a74e13a 返信

        丁寧に教えて頂きありがとうございます。
        とても勉強になりました。

        初心者にとってはかなりややこしい問題ですね。
        古いモニターの買い替えも含めて色々検討してみたいと思います。

  2. 名前:匿名 投稿日:2019/07/04(木) 19:54:07 ID:a23f00681 返信

    本記事、非常に参考になりました。
    現在、ノートPCをトリプルディスプレイにしようと画策しているのですが、
    ノートPC:D-Sub × 1、USB × 3
    モニタ1:DisplayPort × 1、D-Sub × 1
    モニタ2:D-Sub × 1、DVI × 1
    となっています。この場合、
    ①ノートのD-Subを拡張してメス2つにする
    ②片方のモニタはD-Sub接続、もう片方はノートのUSBに変換ケーブル・アダプタを使って接続
    ③ノートのUSBから変換アダプタを使って両モニタの端子を繋ぐ
    ④上記以外
    のうち、どれが適なのでしょうか。
    (ちなみに変換ケーブルやアダプタは未購入です)

    • 名前:パソ活 投稿日:2019/07/04(木) 20:12:10 ID:4c9513244 返信

      たぶん②がコスパ的に最も現実的じゃないでしょうか。この記事でも書いてあるアプローチと一緒ですね。

      ①は今まで調べたことがなかったのでなんとも言えませんが、D-Subを分岐させても、根本の出力が1個なので同じ画面が映るか、もしくは片方は表示されなかったりするんじゃないでしょうか。

      ③はアダプタが2個必要でお金がかかるし、D-Sub端子からの出力よりもパソコンに負荷がかかると思います。

      また、実際にやったわけではないので、「ノートパソコン D-Sub 3画面」「ノートパソコン 3画面」などでググってみてください。実際に運用している人の例を見ることができると思います。

      ざっと見る限り、ノートパソコンだと映像端子は1画面しか出力できない(USBなら制限なし)例が多いみたいですね。これはノートパソコンの性能によっても変わってくるのかもしれません。

パソ活 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。