iPhoneの充電ができない時、端子の汚れが原因で接触不良になっていないか確認

認証ライトニングケーブルを使っているにも関わらず、最近iPhoneの充電が始まらなかったり、途中で充電が停止してしまうことが頻繁になってきました。

互換ケーブルだったら「対応してません」とか表示されるのでまだわかるんですけど、まるでケーブルが接続されていないかのように全く反応しなくなります。

純正のケーブルじゃなくてサードパーティ製の認証ケーブルだからそんなこともあるのかな?と思ってあんまり気にせずに使ってましたけど、さっきうんともすんとも言わなくなってしまったので確認してみたら・・・。

スポンサーリンク

iPhoneの充電ができない原因は端子の汚れ

ググってみたらiPhoneが充電できない時は再起動するとか純正品を使用してみるとか書かれてますけど、iPhone側のライトニング端子を見てみると充電できない原因が一目瞭然でした。

ライトニング端子がめっちゃ汚れてる

iPhoneライトニング端子の汚れ

ちょっとビフォー写真だけだと違いがわかりにくいので、先に清掃後の写真も載せますけど、

↓これが清掃後のライトニング端子

iPhoneライトニング端子の汚れ清掃後

ホコリっぽいのとか端子周辺の黒ずみとかが綺麗に取れてます。また、こういう場合、端子の金属部分の表面にも汚れが付着して通電を阻害してます。

ビフォーアフターを見比べると、ビフォーのほうは接触不良を起こしても不思議じゃ無さそうに見えてきますよね。

iPhoneのライトニング端子の掃除方法

掃除すれば良いのはわかったけど、端子類の掃除はただ単にゴシゴシこすれば良いというものではないので、使う道具をいろいろ気をつけないといけません。

もちろん水は使っちゃいけないし、今回の場合は無水エタノールで掃除すると後々接触に問題が生じるかもしれないので避けたい。

なので、基盤にも使える洗浄剤を使います。それがこちら。
エレクトロニッククリーナー。

エレクトロニッククリーナー

エレクトロニッククリーナーは、デリケートな電気・電子部品の汚れをすばやく簡単に落とす速乾性クリーナーです。
■油汚れ、グリース、ホコリなどをすばやく落とします。
■速乾性なので、作業も簡単で残渣もありません。
■プラスチック部品にも使用できます。
■缶を逆さにしても使用できます。
<用途>自動車のコネクター類、ハーネス、バッテリーターミナル、ヒューズボックスなどの洗浄・各種電気・電子機器のプリント基板やテレビ・オーディオ機器、パソコンなどのピンジャックやソケット類の洗浄

パーツクリーナーなんかと比べると洗浄力は落ちるけど、素材を傷めたくないものや電気関係の部品の洗浄に向いてるクリーナーです。

まずはiPhoneの電源を落としてから、エレクトロニッククリーナーをおもむろにiPhoneのライトニング端子に吹きかけます。(速乾性なので影響ないですけどケースにかかるのが嫌なら外してから作業します)

iPhoneにエレクトロニッククリーナー

あっという間に乾くので、つまようじと毛羽立たないシルボン紙というものにエレクトロニッククリーナーをちょっと付けて端子内を軽く拭きます。

ライトニング端子の掃除

普通のティッシュペーパーだったら細かい繊維がボロボロと混入してしまう可能性があるので、カメラレンズの掃除でも定番のシルボン紙おすすめです。

この掃除の工程をするだけで、ライトニング端子の中はさっきのビフォーアフターの写真みたいに明らかに綺麗になります。

↓これが清掃前で、

↓これが清掃後

最後に重要な工程として、接点の接触を良くするために、コンタクトスプレーを吹いておきます。

さっきみたいにブシュッとちょっとだけライトニング端子に吹き付けるだけ。

iPhoneのライトニング端子にコンタクトスプレー

放っておけば乾くので拭き取る必要はありません。ただしコンタクトスプレーはちょっとだけ油っぽいので、周りに付かないようにノズルの先端をティッシュで押さえながら吹いたほうが良いです。極力端子の接触部分以外にかからないように。

エレクトロニッククリーナーとコンタクトスプレーを両方用意するのが面倒だしそんなに使わないよ!という人は、洗浄と接点復活両方の機能を持っているコンタクトスプレーだけでもOKです。

ちょっと油っぽくなるので洗浄作業中に飛び散らないように気をつけないといけませんけど、飛び散ったところで綺麗に拭き取れば大丈夫なのでそんなに問題にもなりません。

スマホやタブレットの端子の掃除に何かと便利

iPhone以外にも、端子や基盤の掃除であればなんでもいけるので、エレクトロニッククリーナーとコンタクトスプレー、けっこう便利です。

いざ充電できない、電源が付かないという状態になってしまうと慌ててしまうので常備しておくと何年後かわからないけど「持ってて良かった―」と思う時がくる、はず。

あと、1本買ったらたぶん死ぬまで使い切れません(笑)

他の接点復活関係の記事はこちら。

関連:ロジクールM570の分解とチャタリング修理(スイッチ交換よりも接点洗浄がおすすめ)

関連:マウスのチャタリング修理はスイッチ交換より接点復活剤がおすすめ

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。