[ 掃除 ]iPhoneの充電ができない → 充電端子を接点復活剤で掃除する

認証ライトニングケーブルを使っているにも関わらず、iPhoneの充電が始まらなかったり、途中で充電が停止してしまうことが頻繁になってきました。

互換ケーブルだったら「対応してません」とか表示されるのでまだわかるんですけど、まるでケーブルが接続されていないかのように全く反応しなくなります。

純正のケーブルじゃなくてサードパーティ製の認証ケーブルだからそんなこともあるのかな?と思ってましたが、うんともすんとも言わなくなってしまったので充電ポートを確認してみたら・・・。

スポンサーリンク

iPhoneの充電ができない原因は端子の汚れ

ググってみたらiPhoneが充電できない時は「再起動する」とか「純正の充電ケーブルを使用する」とか書かれてますけど、iPhone側のライトニング端子を見てみると充電できない原因が一目瞭然でした。

ライトニング端子がめっちゃ汚れてる

iPhoneライトニング端子の汚れ

ちょっとビフォー写真だけだと違いがわかりにくいので、先に清掃後の写真も載せますけど、

↓これが清掃後のライトニング端子

iPhoneライトニング端子の汚れ清掃後

ホコリが層になるくらい貯まると、充電端子の金属部分を覆い隠してしまうのかもしれません。掃除すると端子が露出してきちんと接触しそうです。

ビフォーアフターを見比べると、ビフォーのほうは接触不良を起こしても不思議じゃ無さそうに見えてきますよね。

iPhoneのライトニング端子の掃除方法

掃除すれば良いのはわかったけど、端子類の掃除は水分を使わないように気をつけないといけません。

エアダスターで吹き飛ばす

見るからに大きなホコリが端子に詰まっているなら、風でホコリを吹き飛ばすだけで治るかもしれません。

エアダスターを持っていれば吹いてみてください。

ホームセンターで300円くらいで買えるので、ひとつ持っているとパソコン周りの掃除で重宝しますよ。

※注意:ホコリが大きくて掴めそうでも、ピンセットや爪楊枝で無理やり掃除するのはやめましょう。充電端子の形によっては内部のピンが折れたり、爪楊枝が折れて詰まったりするかもしれません。

ーーー

目に見えるホコリを風で吹き飛ばしても端子表面に汚れがこびりついて充電を阻害している場合は、次に紹介するような洗浄をしたほうが良いと思います。

エレクトロニッククリーナーや無水エタノールで洗浄

充電端子の表面が汚れていて充電を阻害している場合は、基盤にも使える洗浄剤を使います。そのひとつがこちら。エレクトロニッククリーナー。

エレクトロニッククリーナーは、デリケートな電気・電子部品の汚れをすばやく簡単に落とす速乾性クリーナーです。
■油汚れ、グリース、ホコリなどをすばやく落とします。
■速乾性なので、作業も簡単で残渣もありません。
■プラスチック部品にも使用できます。
■缶を逆さにしても使用できます。
<用途>自動車のコネクター類、ハーネス、バッテリーターミナル、ヒューズボックスなどの洗浄・各種電気・電子機器のプリント基板やテレビ・オーディオ機器、パソコンなどのピンジャックやソケット類の洗浄

パーツクリーナーなんかと比べると洗浄力は落ちるけど、素材を傷めたくないものや電気関係の部品の洗浄に向いてるクリーナーです。

まずはiPhoneの電源を落としてから、エレクトロニッククリーナーを少量、iPhoneのライトニング端子に吹きかけます。(速乾性なので影響ないですけどケースにかかるのが嫌なら外してから作業します)

iPhoneにエレクトロニッククリーナー

あっという間に乾くので、つまようじと毛羽立たないシルボン紙というものにエレクトロニッククリーナーをちょっと付けて端子内を軽く拭きます。

ライトニング端子の掃除

普通のティッシュペーパーだったら細かい繊維がボロボロと混入してしまう可能性があるので、カメラレンズの掃除でも定番のシルボン紙おすすめです。

無水エタノール

もしくは無水エタノールを持っていればこれでもOKです。むしろこっちのほうが掃除のために常備している家庭もあるかもしれません。

ただしエタノールには種類がいくつかあり、使って良いのは「無水エタノール」だけです。

↓健栄製薬の公式サイトを見ると、それぞれのエタノール含有量が書かれていますが、水がほぼ含まれず、電子機器にも使用できるのは無水エタノールしかありません。

それぞれ含有するエタノールの濃度が異なります。
・無水エタノール・・・・・・エタノール99.5vol%以上
・エタノール・・・・・・・・・・エタノール95.1~96.9vol%
・消毒用エタノール・・・・エタノール76.9~81.4vol%

引用:健栄製薬 | エタノールのよくあるご質問 | 一般消費者向け製品情報ページ

エタノール」と「消毒用エタノール」は使わないでください。水が含まれているので、乾かないうちに電源を付けるとショートする可能性があります。

エタノール類を使う場合は必ず「無水エタノール」を使ってください。

この掃除の工程をするだけで、ライトニング端子の中はさっきのビフォーアフターの写真みたいに明らかに綺麗になります。

↓これが清掃前で、

↓これが清掃後

これだけでも十分ですが、もし持っていれば接点の接触を良くするために、コンタクトスプレー(接点復活剤)を吹いておきます。

さっきみたいにブシュッとちょっとだけライトニング端子に吹き付けるだけ。

iPhoneのライトニング端子にコンタクトスプレー

放っておけば乾くので拭き取る必要はありません。ただしコンタクトスプレーはちょっとだけ油っぽいので、周りに付かないようにノズルの先端をティッシュで押さえながら吹いたほうが良いです。極力端子の接触部分以外にかからないように。

エレクトロニッククリーナーとコンタクトスプレーを両方用意するのが面倒だしそんなに使わないよ!という人は、洗浄と接点復活両方の機能を持っているコンタクトスプレーだけでもOKです。

ただしコンタクトスプレーは少しオイルっぽいので、使用量が多くなりそうなら飛散防止に十分気をつけてください。

ーーー

すべての工程が終わって、十分に乾いたのを確認してからiPhoneの電源を入れてください。

スマホやタブレットの端子の掃除に何かと便利

iPhone以外にも、端子や基盤の掃除であればなんでもいけるので、エレクトロニッククリーナー(もしくは無水エタノール)とコンタクトスプレー、けっこう便利です。

いざ充電できない、電源が付かないという状態になってしまうと慌ててしまうので常備しておくと何年後かわからないけど「持ってて良かった―」と思う時がくる、はず。

ちなみにAmazonの通常会員は2000円未満だと送料がかかってしまいますが、プライム会員だと送料無料になります。

小物を買う時はプライム会員(30日間無料体験あり)、学生ならAmazon Student(6ヶ月間無料体験あり)だと金額に関わらず送料無料になるので、ちょこちょこ買物する人にはおすすめです。コンタクトスプレーとか単品で買うつもりの人は先に会員になってからお買い物をどうぞ。

他の接点復活関係の記事はこちら。

関連:ロジクールM570の分解とチャタリング修理(スイッチ交換よりも接点洗浄がおすすめ)

関連:マウスのチャタリング修理はスイッチ交換より接点復活剤がおすすめ

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

スポンサーリンク

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

制作物:「ノイズレスサーチ

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

記事が良いと思ったら、Twitterでツイートしたり、ブログなどで紹介してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

『[ 掃除 ]iPhoneの充電ができない → 充電端子を接点復活剤で掃除する』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/10/18(水) 20:58:00 ID:55cd9af18 返信

    実践した結果液晶内に液体が入りこみショートしました

  2. 名前:匿名 投稿日:2017/10/18(水) 20:59:01 ID:b13957607 返信

    ガイジですね

  3. 名前:匿名 投稿日:2018/09/19(水) 23:45:02 ID:c76d7de96 返信

    御愁傷様です
    吹き付けるならケーブルの端子の方にするべきではないかな

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。