ロジクールM570の分解とチャタリング修理(スイッチ交換よりも接点洗浄がおすすめ)

ロジクールトラックボールM570

ロジクール M570というトラックボールマウスが故障してまともに使えないとのことで修理を頼まれたので、修理ついでに記録を残しておきます。

何やらM570ってチャタリングしやすいことで有名らしく、修理について調べたら以下のように対応している人がほとんどみたいです。

  • サポートの保証が残っていれば新品と交換
  • スイッチ部品を自分で交換
  • チャタリングキャンセラで騙し騙し使う

でも接点復活剤で接点洗浄したほうが簡単に修理できると思うんですけどねぇ。調べた限りデメリットも無さそうだし、以前に修理したマウスは半年経つけどチャタリング再発してないし。

ということで、「M570を分解→接点復活剤で修理」という流れを記事に残しておこうと思いました。ひどいチャタリングだったけど、バッチリ直りましたよ。

広告

M570はチャタリングしやすいことで有名

M570がどのくらいチャタリングしやすいものなのか、試しにGoogleで検索すると「M570」と型番を入力するだけで、予測変換に「M570 チャタリング」と表示されます(笑)

M570のサジェスト検索

他にも修理関係のキーワードが多いので、なんとなくそういうマウスなんだな、というのは伝わってきますね・・・。

ロジクールはユーザーが非常に多いメーカーだから検索ボリュームも多いのが理由の一つだと思いますけど、保証期間内に6回も故障→交換してしまった人もいました。

参考:トラックボールM570tがチャタリングで故障しない件 – BTOパソコン.jp

※上記タイトルは「故障しない件」となっていますが、6回目で交換した最初の後継機M570tは約半年で故障して、2台目が長持ちしているようです。これだけだと後継機M570tの耐久性はわからないので、今回の修理記事はあくまでM570について書いていきます。

M570は生産終了、M570tが後継機

ロジクールトラックボールM570

M570は生産終了で、後継機はM570tという型番になってます。

M570tになっても相変わらずチャタリングが起こることはそれなりにあるらしく、ググったりAmazonのレビューを見ても情報がいろいろ見つかります。

でもロジクールの保証は3年間で交換も神対応なのでユーザーの満足度は高いです。現時点でM570が保証期間中に故障したら交換品はM570tが送られてきます。

修理を頼まれたM570の症状

ロジクールM570裏面

調子が悪いM570を実際に使わせてもらって驚いたのが、チャタリングどころかほとんど左クリックが効かない(笑)

一生懸命クリックしても3回に1回くらいしか反応しないし、反応したらダブルクリック(チャタリング)になってしまうことがあったりで、全く使い物にならない。

Excelで範囲選択ができないから仕事にも支障が出るレベルなんですけど、どうやらノートパソコンのクリックボタンと組み合わせて範囲選択とかしてたとのこと(笑)

M570の分解(カバーを外す)

いよいよ修理に取り掛かっていきます。

M570の裏面には隠しネジを含めて全部で5箇所のトルクスネジが使われています。

M570のネジの位置

トルクスネジというのはちょっと特殊な形状のネジで、プラスやマイナスのドライバーで開けることができません。

↓こんな感じで六角形の星形をしているのがトルクスネジ。

トルクスネジの形

このネジを開けるためにわざわざ特殊ドライバーセットを買います。

自分が使っているのがこのセット。

トルクスだけで10種類もあるので精密機器の分解はこのセットだけでほとんどできるはず。非常におすすめ。

関連:トルクスや星型など38種類の特殊ドライバーセットAC6088A

M570のトルクスネジを外すにはT6の大きさのビットを使います。

特殊ドライバーセットビットの内容

パソコン関係ではT6とT8のトルクスネジを扱うことが多いので、単品のドライバーでもOKです。アネックスやベッセル製なら品質も良し。

トルクスドライバーT6

ーーー

ソールの下にも隠しネジがあるので、ソールを剥がすために何かヘラのようなものでクイッと隙間に差し込んでペリペリと剥がします。そんなに粘着力が強くないので簡単に剥がれるはず。

M570のソールを外す

↓このヘラセットが薄い割に強度があるのでお気に入り。

次に隠しネジの中で一番わかりにくいのが電池の下にあるやつで、事前に調べてないとたぶんわかりません。

↓数字の5の真下あたりにネジが隠れてます。

M570隠しネジ

↓すべての隠しネジを外した状態。

ロジクールM570のネジをすべて外したところ

5箇所のトルクスネジを全部外せば、上下を持って引っ張るだけで簡単にカバーが外せます。
※ボールを先に外してからカバーを外してください。

M570分解

M570のチャタリング修理

ここからが他のサイトのようにスイッチ交換するのとは違って、接点復活剤をスイッチに流し込んで接点洗浄して直します。

使用するのは呉工業のコンタクトスプレー。ゴムやプラスチックにかかっても大丈夫です。

M570スイッチ

上の写真で言うと黄色と水色の隙間に流れ込めばOKなので、マスキングテープで養生してスプレーしてもいいし、ティッシュで握って飛び散らないようにしてスプレーしてもいいし、他の器にブシューっと出しておいてスポイトで滴下してもいいし、とにかく隙間以外に飛び散らないようにして流しこむ。(といっても、実験のために基盤にブシャー!っと撒き散らしても動作には支障がなかったですけどね。念のため。)

あとは適当につまようじとかでスイッチをカチカチしてスイッチの接点に接点復活剤を行き渡らして汚れを洗浄するイメージ。

これだけで修理完了です。

スイッチの中に接点復活剤が残っている状態でも普通に使えたんですけど、一応扇風機で気の済むまで乾燥させてから使いました。

※注意:クレ5-56やラスペネなどの潤滑剤は使用しないでください。プラスチックへの攻撃性が高く、マウススイッチのケースが割れる可能性があります。

参考:5-56シリーズ | FAQ | 呉工業株式会社
参考:ケミカル用品比較実験

必ず「接点復活剤」「接点洗浄剤」「コンタクトスプレー」「エレクトロニッククリーナー」など、接点の洗浄ができ、なおかつゴムやプラスチックへの影響が少ない製品を使用してください。

クリック不良やチャタリングの症状が劇的に改善

どんなに頑張っても反応しなかった左クリックは確実に反応するようになって、チャタリングも一切起こらなくなりました。

ほんと劇的に症状が改善するのでわざわざハンダゴテまで使ってスイッチ交換する理由が見当たらないくらい画期的だと思うんですけどね。

なぜかM570の修理について検索したらスイッチ交換ばかり情報が出てくるので、なんで接点復活剤が定番の修理方法にならないのか不思議。

一応接点復活剤を使って悪化する可能性とか、他の故障を引き起こす可能性とかを探してみたけど見当たらないし、以前に自分のマウスを接点復活剤で修理してから半年経ってるけどいまだに快適に使えます。

コンタクトスプレーの説明を見ても「ゴムやプラスチックにかかっても安心」とのことなので素材を傷める心配も無いと思うんですけどね。

何はともあれ、マウスのクリックの調子が悪いという人、マウスを分解さえできればチャタリングの修理は簡単にできるので、保証期間の切れたM570が故障したらダメ元で実験だと思ってどうぞ。

※自分のマウスやiPhoneのライトニング端子を掃除・修理した時の話も書いているのでどうぞ。

関連:iPhoneの充電ができない時、端子の汚れが原因で接触不良になっていないか確認

関連:マウスのチャタリング修理はスイッチ交換より接点復活剤がおすすめ

広告

このページのシェア・保存はこちら

『ロジクールM570の分解とチャタリング修理(スイッチ交換よりも接点洗浄がおすすめ)』へのコメント

  1. 名前:さだハル 投稿日:2016/10/06(木) 11:56:34 ID:6d1e69906 返信

    完全に復活しました。ドライバーセットなど購入しましたが、部品交換よりも簡単で確実なようです。
    有り難うございました。

    • 名前:パソ活 投稿日:2016/10/06(木) 14:07:20 ID:71d65fe6b 返信

      おぉーーー良かったです!自分は以前に修理したものが半年くらいはチャタリング再発してませんけど、ネットに事例が少ないので経過観察してください。

  2. 名前:ちゅーさん 投稿日:2016/10/15(土) 21:13:10 ID:7b57de7a1 返信

    この記事を参考に、サンハヤトの接点洗浄剤を試してみましたが、面白いくらいに症状が消えました。マイクロスイッチも交換したことありますが、格段に楽でいいですね。
    ありがとうございました。

    • 名前:パソ活 投稿日:2016/10/16(日) 21:21:10 ID:baf5a825f 返信

      サンハヤトというのは初めて聞きました。そんなのもあるんですねー。レビュー見てたらオーディオ関係でよく使われているようで。

      興味があるのは、「接点洗浄剤のみ」と「接点復活剤で仕上げ」した場合で耐久力が違うのかどうかが気になりますね。

      サンハヤトの接点洗浄剤は洗浄のみ、KUREのコンタクトスプレーは洗浄プラス皮膜、だと思いますが、その後の経過がどうなってくるのか(念のため、単純にコンタクトスプレーのほうが良いということでは無いです)

      サンハヤトにも接点復活の役割の「ニューポリコールキング」ってのもありますね。

      逆に、KUREには洗浄のみの「エレクトロニッククリーナー」ってのがあります。

      使い方の解説というわけではありませんが、エレクトロニッククリーナーで洗浄後にコンタクトスプレーで仕上げたiPhoneのライトニング端子について書いた記事もどうぞ。

      http://pasokatu.com/14704

      汚れが酷くて最初にバシャバシャ洗いたい時はいきなりコンタクトスプレーでやるよりは良かったです。コンタクトスプレーは油っぽくなるので最後に少しだけ。

  3. 名前:ちゅーさん 投稿日:2016/10/19(水) 15:57:52 ID:95486142f 返信

    お返事ありがとうございます。

    今回は、とりあえず試しで洗浄をしてみましたが、存外に効果があったので、この状態で様子見しています。今のところ再発はないですね。

    この手のスプレーだけでも色々なものがあって選択が難しいですね。

    • 名前:パソ活 投稿日:2016/10/19(水) 16:44:34 ID:80cd7c712 返信

      そうですねー。自分も成分によってどう使い分けるのかまでは詳しくないのでまだ良くわかっていません。

  4. 名前:snow 投稿日:2016/12/10(土) 19:09:12 ID:b6ff3cece 返信

    直りました!
    以前M570のマイクロスイッチを交換して直ったけど、かなり大変でした。
    最近チャタリングが再発し、もうM570tを購入しようかと思っていた矢先にこの記事を見つけました。
    貴重な情報ありがとうございます。

    • 名前:パソ活 投稿日:2016/12/10(土) 20:28:41 ID:83d0f2ba0 返信

      おぉー、コメントありがとうございます。接点復活剤でチャタリングがどうなったのか事例が増えるとこのページを見てる人も判断の材料になるので助かります!

      スイッチを交換するのはいかにも大変そうで自分でもやってませんが、接点復活剤のデメリットがあまり出てこなければこちらがスタンダードになると良いなぁと思います。

  5. 名前:特命木棒 投稿日:2016/12/22(木) 23:18:50 ID:fbc434d1a 返信

    はじめまして。参考になりました。
    M570のオムロンスイッチですが一発復活でした。
    T6ドライバー一本500円だけの出費ですみました。
    ただ、内部に気持ち悪いゴミ溜まっていたのは驚愕でしたね。3年以上放置だったので(笑)
    まだまだ570使えそうです。

    • 名前:パソ活 投稿日:2016/12/23(金) 02:46:36 ID:609220d17 返信

      スイッチの型番までありがとうございます。参考になると思います。

      トラックボールってゴミをどんどん取り込みそうな作りだからどうしようもありませんね(笑)

  6. 名前:ピゲ 投稿日:2016/12/28(水) 22:42:29 ID:876ff3c6f 返信

    はじめまして。「m570t 修理」で検索してこちらにたどり着きました。
    結論から言うと大成功でした!ありがとうございます。
    私のm570tはm570から数えて4台目、全て保証で送って頂いた物でしたが今回もチャタリングが発生。残念ながら3年経過してしまったので新しい物を買おうか?悩んでいた所でした。
    私の場合、「ワコーズ」の「ラスペネ」という潤滑剤を使いました。本来の使い方では無いと思うのですが仕事で良く使っていて信頼しているケミカルでしたので・・・。(オススメはしません)
    給油の際は2本の精密ドライバー(の先)を使いました。左手でスイッチを押し込んでおいて、右手で(予め皿に出しておいた潤滑剤を)チョン、チョンと隙間からしみ込ませる感じ。
    作業時間は5分程度でした。
    何かの参考になれば幸いです。ホント、「マイクロスイッチ交換」よりも「接点復活材」が主流になれば良いですよね、楽ですし。
    ありがとうございました。

    • 名前:パソ活 投稿日:2016/12/28(水) 23:19:07 ID:c87602c9f 返信

      あぁぁぁぁぁ・・・ラスペネはまずいかもしれません。潤滑剤としての性能は段違いなんですが、プラスチックやゴムへの攻撃性が非常に強く、時間が経つとひび割れや膨張などの変形を起こしてしまう可能性があります。

      ↓こちらは虫ゴムとプラスチックにケミカルを付けて攻撃性を実験しているページです。
      http://www.sai-men.com/bakaken_kemikaruhikaku.htm

      ゴム・プラスチックともにラスペネは攻撃性が高いです。ゴムは膨張し、プラスチック片は4日後に割れていました。マウスのスイッチのケースはプラスチックでしょうから、なんらかの影響が出てくるかもしれません。

      一度浸透してしまったラスペネを取り除く方法がわかりませんが、経過観察をしたほうが良いと思います。

      なんだかビビらせるような返信をしてしまってすいません。今までマウスのスイッチに使用したという話を聞いたことが無いので、実際のところ大丈夫なのかどうかがわからないんです。もし大丈夫だったとしても本来の用途とは違うのでおすすめできませんし。

      よくある話なのですが、クレ5-56が何にでも使える潤滑剤というイメージが広まって、自転車のチェーン、家具の滑りを良く、鍵穴の潤滑などなど、本当は5-56を使ったら悪化する箇所にも使われてしまうことがあります。実際はそれぞれに適したケミカルがあります。(自転車のチェーンはチェーンルブ。家具のすべりはシリコンスプレーまたはシリコングリス。鍵穴は粉末系の潤滑剤など)

      場合によっては機器の故障につながるので、やはり接点復活が目的なら、各社の接点復活として販売されているケミカルを使用することをおすすめします。

  7. 名前:つる 投稿日:2017/02/18(土) 10:45:01 ID:33e45979b 返信

    直りました! ありがとうございます。
    範囲選択が途中で勝手に解除されてしまうなど不便だったのですが、解消されました。
    ところで、うちのM570は輸入品だったせいか、ネジが普通のプラスネジでした。T6を引っ張り出してきたのに拍子抜け(笑)

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/02/18(土) 16:21:48 ID:378ba25ef 返信

      直った報告ありがとうございます。参考になります。

      ちょっと調べてみたところ、日本だとM570もM570tもトルクスネジが使われてるみたいですね。M570tのほうは分解した情報が少なかったですけど、これとか。

      Wireless Trackball M570t の掃除 | 分解掃除の仕方・代用のネジ 【蟹帝国 -自作PC-】

      「特殊なネジ」と書かれているのでたぶんトルクスのことかなと。

      で、つるさんの言っている輸入品というのは、ロジクールの海外ブランド「ロジテック(Logitech)」かな?こちらは分解の情報が探せませんでしたけど、国によって違うのかもしれませんね。

      もしくは、先ほどの参考ページの後半に、自分でネジを交換することについても書かれていました。中古で買った場合はそういうのを手に入れることも・・・と言ってもその可能性はほとんど無いでしょうけど。

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。