ロジクールM570の分解とチャタリング修理(スイッチ交換よりも接点洗浄がおすすめ)

ロジクールトラックボールM570

ロジクール M570というトラックボールマウスが故障してまともに使えないとのことで修理を頼まれたので、修理ついでに記録を残しておきます。

M570ってチャタリングしやすいことで有名らしく、修理について調べたら以下のような方法があるようです。

M570チャタリング対処
  • 保証期間内(3年)なら新品と交換
  • スイッチ交換(要はんだごて)
  • チャタリングキャンセラで騙し騙し使う
  • 接点復活剤で修理(この記事)

調べた限りでは、接点復活剤でのマウス修理は特にデメリットも見当たらないし、はんだごてまで使うスイッチ交換よりも簡単だと思うんですけどね。

ということで、「M570を分解 → 接点復活剤で修理」の例として記事に残しておきます。

チャタリングはバッチリ直りましたよ。

広告

M570はチャタリングしやすいことで有名

M570がどのくらいチャタリングしやすいものなのか、試しにGoogleで検索すると「M570」と型番を入力するだけで、予測変換に「M570 チャタリング」と表示されます(笑)

M570のサジェスト検索

他にも修理関係のキーワードが多いので、なんとなくそういうマウスなんだな、というのは伝わってきますね・・・。

ロジクールはユーザーが非常に多いメーカーだから検索ボリュームも多いのが理由の一つだと思いますけど。

すごい人だと保証期間内に6回も故障→交換してしまった例もあるようです。

参考:トラックボールM570tがチャタリングで故障しない件 – BTOパソコン.jp

※上記タイトルは「故障しない件」となっていますが、6回目で交換した最初の後継機M570tは約半年で故障して、2台目が長持ちしているようです。これだけだと後継機M570tの耐久性はわからないので、今回の修理記事はあくまでM570について書いていきます。

M570は生産終了、M570tが後継機

ロジクールトラックボールM570

M570は生産終了で、後継機はM570tという型番になってます。

M570tになっても相変わらずチャタリングが起こることはそれなりにあるらしく、ググったりAmazonのレビューを見ても情報がいろいろ見つかります。

でもロジクールの保証は3年間で交換も神対応だし、M570が保証期間中に故障したら交換品はM570tが送られてきます。

接点復活剤での修理は割と簡単なほうですが、自分で分解するのが不安ならメーカー保証を使ってください。

修理を頼まれたM570の症状

ロジクールM570裏面

調子が悪いM570を実際に使わせてもらって驚いたのが、チャタリングどころかほとんど左クリックが効かない(笑)

一生懸命クリックしても3回に1回くらいしか反応しないし、反応したらダブルクリック(チャタリング)になってしまうことがあったりで、全く使い物にならない。

Excelの範囲選択にも支障が出るレベルなんですけど、どうやらノートパソコンのクリックボタンと組み合わせて使ってたとのこと(笑)

M570の分解(カバーを外す)

いよいよ修理に取り掛かっていきます。

M570の裏面には隠しネジを含めて全部で5箇所のトルクスネジが使われています。

M570のネジの位置

トルクスネジというのはちょっと特殊な形状のネジで、プラスやマイナスのドライバーで開けることができません。

↓こんな感じで六角形の星形をしているのがトルクスネジ。

トルクスネジの形

このネジを開けるために特殊ドライバーセットを使用しました。

特殊ドライバーセット

自分が使っているのがこのセット。

トルクスだけで10種類もあるので精密機器の分解はこのセットだけでほとんどできるはず。非常におすすめ。

関連:トルクスや星型など38種類の特殊ドライバーセットAC6088A

M570のトルクスネジを外すにはT6の大きさのビットを使います。

特殊ドライバーセットビットの内容

単品のトルクスドライバー

パソコン関係ではT6とT8のトルクスネジを扱うことが多いので、単品のドライバーでもOKです。アネックスやベッセル製なら品質も良し。

トルクスドライバーT6

ソールの下にも隠しネジがあるので、ソールを剥がすために何かヘラのようなものでクイッと隙間に差し込んでペリペリと剥がします。そんなに粘着力が強くないので簡単に剥がれるはず。

M570のソールを外す

↓このヘラセットが薄い割に強度があるのでお気に入り。

ーーー

次に隠しネジの中で一番わかりにくいのが電池の下にあるやつで、事前に調べてないとたぶんわかりません。

↓数字の5の真下あたりにネジが隠れてます。

M570隠しネジ

↓すべての隠しネジを外した状態。

ロジクールM570のネジをすべて外したところ

5箇所のトルクスネジを全部外せば、上下を持って引っ張るだけで簡単にカバーが外せます。
※ボールを先に外してからカバーを外してください。

M570分解

M570のチャタリング修理

ここからが他のサイトのようにスイッチ交換するのとは違って、接点復活剤をスイッチに流し込んで接点洗浄して直します。

使用するのは呉工業のコンタクトスプレー。ゴムやプラスチックにかかっても大丈夫です。

※後述しますが潤滑剤(クレ5-56やラスペネなど)、消毒用エタノール、燃料用アルコールなどは使用に適しません。

M570スイッチ

上の写真で言うと黄色と水色のスイッチの隙間に流れ込めばOKなので、ティッシュで覆うなどして、飛び散らないようにして注意深くスプレーします。

スプレーしたら、つまようじなどで、スイッチを何回もカチカチして、中身の接点に復活剤が行き渡るようにしましょう。

カチカチは念入りに

今まで何台かマウスを修理した経験から言うと、カチカチの回数が少ないと不十分だったことがあります。目安としては50回くらいはカチカチさせましょう。チャタリングの症状がひどければもっと。

これだけで修理完了です。

※あと、試しにスイッチの中に接点復活剤が残っている状態で使ってみたら、普通に使えました。たぶん水じゃないから乾燥させなくても大丈夫なんだと思いますが、気になる人は時間を置いてから通電させてください。

コンタクトスプレーの代用品

もし手元にコンタクトスプレーが無い場合に代用できないものなんとか代用できるものをまとめました。

[×] クレ5-56・ラスペネなどの潤滑剤

クレ5-56やラスペネなどの潤滑剤は使用しないでください。

KURE(呉工業)

プラスチックへの攻撃性が高く、マウススイッチのケースが割れる可能性があります。

↓5-56について公式サイトでは「金属以外のものに使わないで」と書かれています。
参考:5-56シリーズ | FAQ | 呉工業株式会社

↓こちらの実験ではラスペネの攻撃性が特に高いことがわかります。
参考:ケミカル用品比較実験

[×] 燃料用アルコール

燃料用アルコールは使用しないでください。

燃料用アルコール 500ml
健栄製薬

非常に有毒なメタノールが含まれていて危険なので、洗浄作業には適していません。

(※今回の用途では危険なのでAmazonのリンクも消しています)

[△] 消毒用エタノール

消毒用エタノールは使用しないでください。

無水エタノールと違い、消毒用エタノールには20%前後の水が含まれていて、乾燥してないうちに通電するとショートする可能性があります。

また、あまり見かける機会は少ないですが、「エタノール」は水が5%程度含まれるのでやはり適しません。

健栄製薬

それぞれのエタノール濃度について公式サイトのQ&Aはこちら。

参考:無水エタノール、エタノール、消毒用エタノールの違いは?

「消毒用エタノール」・「エタノール」は、しっかり乾燥させれば使えないこともないと思いますが、わざわざチャタリング修理に使うには適していません。後述する無水エタノールのほうがマシだし、新しく買うならコンタクトスプレーのほうが良いです。

[◯] 無水エタノール・エレクトロニッククリーナー

※無水エタノール、エレクトロニッククリーナーなら一応チャタリングの修理に使えます。

これらは接点の洗浄だけならできて、水が含まれないのでショートの心配もなく、チャタリングの修理なら一応使えます。

ただし、コンタクトスプレーなら洗浄+腐食防止の効果もあるので、新しく買う場合はやはりコンタクトスプレーのほうがおすすめです。

元に戻す時の注意点

コメントにて情報提供いただいてわかったことがあるので追記しておきます。

修理が完了して元の状態にネジ止めする時は、以下の写真のとおり、電池ボックス内のネジを一番最初に戻すことを推奨します。

↓コメントから引用させてもらいました。

誤ってマイナスマーク側の穴にネジを落としてしまうと
そのネジ回収のためカバーを再度外すことになってしまいます
ので…。
他の4箇所を締めた後にこの失敗に陥ってしまい、
再度全てのネジを外し直す羽目になってしまいました。^^;

なので、ネジを元に戻す時は、電池ボックスのところをネジ止めして、電池ボックスの蓋をしてから(隙間にネジが落ちないようにしてから)、他の4箇所のネジを元に戻す手順がおすすめです。

クリック不良やチャタリングの症状が劇的に改善

コンタクトスプレーで修理すると、どんなに頑張っても反応しなかった左クリックは確実に反応するようになり、チャタリングも一切起こらなくなりました。

ほんと接点復活剤(コンタクトスプレー)で劇的に症状が改善するので、わざわざハンダゴテまで使ってスイッチボックスを交換する必要はないと思うんですけどね。

なぜかM570の修理について検索したらスイッチ交換についての情報が結構あるので、意外とみんな接点復活剤で直せることを知らないだけなんじゃないかと思ってます。

一応自分が以前に接点復活剤で修理したマウスを経過観察してますけど、1年以上経ってもチャタリング再発しないし、この記事のコメントにも修理できた報告が相次いでいるので、副作用は少なそうな気がします。

何はともあれ、マウスのクリックの調子が悪いという人、マウスを分解さえできればチャタリングの修理は簡単にできるので、保証期間の切れたM570がチャタリングしたらダメ元でどうぞ。

ちなみにAmazonの通常会員は2000円未満だと送料がかかってしまいますが、プライム会員だと送料無料になります。

小物を買う時はプライム会員(30日間無料体験あり)、学生ならAmazon Student(6ヶ月間無料体験あり)だと金額に関わらず送料無料になるので、ちょこちょこ買物する人にはおすすめです。コンタクトスプレーとか単品で買うつもりの人は先に会員になってからお買い物をどうぞ。

※自分のマウスやiPhoneのライトニング端子を掃除・修理した時の話も書いているのでどうぞ。

関連:iPhoneの充電ができない時、端子の汚れが原因で接触不良になっていないか確認

関連:マウスのチャタリング修理はスイッチ交換より接点復活剤がおすすめ

広告

このページのシェア・保存はこちら

『ロジクールM570の分解とチャタリング修理(スイッチ交換よりも接点洗浄がおすすめ)』へのコメント

  1. 名前:さだハル 投稿日:2016/10/06(木) 11:56:34 ID:6d1e69906 返信

    完全に復活しました。ドライバーセットなど購入しましたが、部品交換よりも簡単で確実なようです。
    有り難うございました。

    • 名前:パソ活 投稿日:2016/10/06(木) 14:07:20 ID:71d65fe6b 返信

      おぉーーー良かったです!自分は以前に修理したものが半年くらいはチャタリング再発してませんけど、ネットに事例が少ないので経過観察してください。

  2. 名前:ちゅーさん 投稿日:2016/10/15(土) 21:13:10 ID:7b57de7a1 返信

    この記事を参考に、サンハヤトの接点洗浄剤を試してみましたが、面白いくらいに症状が消えました。マイクロスイッチも交換したことありますが、格段に楽でいいですね。
    ありがとうございました。

    • 名前:パソ活 投稿日:2016/10/16(日) 21:21:10 ID:baf5a825f 返信

      サンハヤトというのは初めて聞きました。そんなのもあるんですねー。レビュー見てたらオーディオ関係でよく使われているようで。

      興味があるのは、「接点洗浄剤のみ」と「接点復活剤で仕上げ」した場合で耐久力が違うのかどうかが気になりますね。

      サンハヤトの接点洗浄剤は洗浄のみ、KUREのコンタクトスプレーは洗浄プラス皮膜、だと思いますが、その後の経過がどうなってくるのか(念のため、単純にコンタクトスプレーのほうが良いということでは無いです)

      サンハヤトにも接点復活の役割の「ニューポリコールキング」ってのもありますね。

      逆に、KUREには洗浄のみの「エレクトロニッククリーナー」ってのがあります。

      使い方の解説というわけではありませんが、エレクトロニッククリーナーで洗浄後にコンタクトスプレーで仕上げたiPhoneのライトニング端子について書いた記事もどうぞ。

      http://pasokatu.com/14704

      汚れが酷くて最初にバシャバシャ洗いたい時はいきなりコンタクトスプレーでやるよりは良かったです。コンタクトスプレーは油っぽくなるので最後に少しだけ。

  3. 名前:ちゅーさん 投稿日:2016/10/19(水) 15:57:52 ID:95486142f 返信

    お返事ありがとうございます。

    今回は、とりあえず試しで洗浄をしてみましたが、存外に効果があったので、この状態で様子見しています。今のところ再発はないですね。

    この手のスプレーだけでも色々なものがあって選択が難しいですね。

    • 名前:パソ活 投稿日:2016/10/19(水) 16:44:34 ID:80cd7c712 返信

      そうですねー。自分も成分によってどう使い分けるのかまでは詳しくないのでまだ良くわかっていません。

  4. 名前:snow 投稿日:2016/12/10(土) 19:09:12 ID:b6ff3cece 返信

    直りました!
    以前M570のマイクロスイッチを交換して直ったけど、かなり大変でした。
    最近チャタリングが再発し、もうM570tを購入しようかと思っていた矢先にこの記事を見つけました。
    貴重な情報ありがとうございます。

    • 名前:パソ活 投稿日:2016/12/10(土) 20:28:41 ID:83d0f2ba0 返信

      おぉー、コメントありがとうございます。接点復活剤でチャタリングがどうなったのか事例が増えるとこのページを見てる人も判断の材料になるので助かります!

      スイッチを交換するのはいかにも大変そうで自分でもやってませんが、接点復活剤のデメリットがあまり出てこなければこちらがスタンダードになると良いなぁと思います。

  5. 名前:特命木棒 投稿日:2016/12/22(木) 23:18:50 ID:fbc434d1a 返信

    はじめまして。参考になりました。
    M570のオムロンスイッチですが一発復活でした。
    T6ドライバー一本500円だけの出費ですみました。
    ただ、内部に気持ち悪いゴミ溜まっていたのは驚愕でしたね。3年以上放置だったので(笑)
    まだまだ570使えそうです。

    • 名前:パソ活 投稿日:2016/12/23(金) 02:46:36 ID:609220d17 返信

      スイッチの型番までありがとうございます。参考になると思います。

      トラックボールってゴミをどんどん取り込みそうな作りだからどうしようもありませんね(笑)

  6. 名前:ピゲ 投稿日:2016/12/28(水) 22:42:29 ID:876ff3c6f 返信

    はじめまして。「m570t 修理」で検索してこちらにたどり着きました。
    結論から言うと大成功でした!ありがとうございます。
    私のm570tはm570から数えて4台目、全て保証で送って頂いた物でしたが今回もチャタリングが発生。残念ながら3年経過してしまったので新しい物を買おうか?悩んでいた所でした。
    私の場合、「ワコーズ」の「ラスペネ」という潤滑剤を使いました。本来の使い方では無いと思うのですが仕事で良く使っていて信頼しているケミカルでしたので・・・。(オススメはしません)
    給油の際は2本の精密ドライバー(の先)を使いました。左手でスイッチを押し込んでおいて、右手で(予め皿に出しておいた潤滑剤を)チョン、チョンと隙間からしみ込ませる感じ。
    作業時間は5分程度でした。
    何かの参考になれば幸いです。ホント、「マイクロスイッチ交換」よりも「接点復活材」が主流になれば良いですよね、楽ですし。
    ありがとうございました。

    • 名前:パソ活 投稿日:2016/12/28(水) 23:19:07 ID:c87602c9f 返信

      あぁぁぁぁぁ・・・ラスペネはまずいかもしれません。潤滑剤としての性能は段違いなんですが、プラスチックやゴムへの攻撃性が非常に強く、時間が経つとひび割れや膨張などの変形を起こしてしまう可能性があります。

      ↓こちらは虫ゴムとプラスチックにケミカルを付けて攻撃性を実験しているページです。
      http://www.sai-men.com/bakaken_kemikaruhikaku.htm

      ゴム・プラスチックともにラスペネは攻撃性が高いです。ゴムは膨張し、プラスチック片は4日後に割れていました。マウスのスイッチのケースはプラスチックでしょうから、なんらかの影響が出てくるかもしれません。

      一度浸透してしまったラスペネを取り除く方法がわかりませんが、経過観察をしたほうが良いと思います。

      なんだかビビらせるような返信をしてしまってすいません。今までマウスのスイッチに使用したという話を聞いたことが無いので、実際のところ大丈夫なのかどうかがわからないんです。もし大丈夫だったとしても本来の用途とは違うのでおすすめできませんし。

      よくある話なのですが、クレ5-56が何にでも使える潤滑剤というイメージが広まって、自転車のチェーン、家具の滑りを良く、鍵穴の潤滑などなど、本当は5-56を使ったら悪化する箇所にも使われてしまうことがあります。実際はそれぞれに適したケミカルがあります。(自転車のチェーンはチェーンルブ。家具のすべりはシリコンスプレーまたはシリコングリス。鍵穴は粉末系の潤滑剤など)

      場合によっては機器の故障につながるので、やはり接点復活が目的なら、各社の接点復活として販売されているケミカルを使用することをおすすめします。

  7. 名前:つる 投稿日:2017/02/18(土) 10:45:01 ID:33e45979b 返信

    直りました! ありがとうございます。
    範囲選択が途中で勝手に解除されてしまうなど不便だったのですが、解消されました。
    ところで、うちのM570は輸入品だったせいか、ネジが普通のプラスネジでした。T6を引っ張り出してきたのに拍子抜け(笑)

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/02/18(土) 16:21:48 ID:378ba25ef 返信

      直った報告ありがとうございます。参考になります。

      ちょっと調べてみたところ、日本だとM570もM570tもトルクスネジが使われてるみたいですね。M570tのほうは分解した情報が少なかったですけど、これとか。

      Wireless Trackball M570t の掃除 | 分解掃除の仕方・代用のネジ 【蟹帝国 -自作PC-】

      「特殊なネジ」と書かれているのでたぶんトルクスのことかなと。

      で、つるさんの言っている輸入品というのは、ロジクールの海外ブランド「ロジテック(Logitech)」かな?こちらは分解の情報が探せませんでしたけど、国によって違うのかもしれませんね。

      もしくは、先ほどの参考ページの後半に、自分でネジを交換することについても書かれていました。中古で買った場合はそういうのを手に入れることも・・・と言ってもその可能性はほとんど無いでしょうけど。

  8. 名前:ringo321 投稿日:2017/04/24(月) 05:18:19 ID:3ce952f55 返信

    おはようございます^^ 私もチャタリングで2台だめになりました。

    専門の知識もないし、特殊なネジを購入したり、大変ですので、有料にて修理をして頂ければ 良いなあ~^^

    と思うのは、私だけでは 無いと思いますが^^

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/04/24(月) 21:17:43 ID:fad4f32f1 返信

      近い友人にできる人がいると良いですね。サポートセンター的なところに頼んだら新品価格よりも高くなりそうだし。もし自分がネットから頼まれたとしても、直らない可能性もあるしトラブルの元なので断ると思います。

      保証期間が過ぎてるならどっちみち壊しても同じだから、試しにやってみるのも良いと思いますよ。直ればラッキー。直らなかったら買い直すのは一緒なので、修理に失敗しても損することはありません。

      あと、コンタクトスプレーはマウス以外にも、電池が接触する部分とかいろいろ使えるので、1個あると何かと便利です。

  9. 名前:nemo 投稿日:2017/04/27(木) 13:36:14 ID:7e13446f6 返信

    とても丁寧な修理方法ありがとうごいました。
    6年使った老体のM570が復活しました。
    思い出のあるトラックボールなので本当に嬉しかったです。

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/04/27(木) 14:32:25 ID:aa6f1be1c 返信

      コメントありがとうございます。6年間も使ったトラックボールが復活したという話も初めて聞けたので、こちらこそ参考になりました。

  10. 名前:お礼申し上げます 投稿日:2017/05/27(土) 15:11:51 ID:8607eb721 返信

    ゴム足の下のネジはよくあるので外すことができたのですが、電池ボックスの下のねじがどうしても解らず、頭を抱えていたものの、ここを見てようやく判明に至りました。
    ただ、シールの位置が微妙にずれていたので、シール引っぺ剥がしましたが。
    あとは接点復活剤を垂らしてカチカチと慣らして、無事修理が成功しました。

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/05/27(土) 22:00:43 ID:d574176fd 返信

      コメント・ご報告ありがとうございます。直ったようでよかったです。

  11. 名前:通りがかり 投稿日:2017/06/05(月) 02:38:41 ID:a22c80b24 返信

    初めまして。
    M570の誤作動で頭を抱えていた所にこの記事と出会い、
    先ほどトルクスドライバーを買ってきて分解・清掃を行った者です。
    (ただし、接点復活剤の代わりに無水エタノールを用いました。)
    すると私のケースでも劇的に効果が出て誤作動は完全に消えました!
    組み直し直後はエタノールの揮発が不十分だったのか、
    一時的に左クリックのみが一切利かなくなりましたが、
    時間を置いて再度電源を入れた今は新品の様に動いてくれています。

    迷惑メールを選択消去する再に勝手に開かれてしまいそうになったりと
    最近のM570の暴走には本当に困り果てていました。
    この度は有益な情報に心から感謝いたします。

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/06/05(月) 15:46:11 ID:458432541 返信

      自分も調べている中で何回か見かけましたが、無水エタノールでもそこそこ効き目があるみたいですね。役割としたら洗浄目的だからエレクトロニッククリーナーと似たような感じかな?

      検索していると、使用しないほうが良い「消毒用エタノール」や「燃料用アルコール」などもあったので注意点を追記しておこうかと思います。

      • 名前:通りがかり 投稿日:2017/06/06(火) 01:13:58 ID:15f0ac202 返信

        こんばんは。
        大変ご丁寧にありがとうございます。

        上記にご紹介のあります無水エタノールはまさに私が用いた品です。
        具体的な手順としましては、原液を別容器に少し取り分け、
        それに先が太めの綿棒を何度も浸しながら
        ひたすら該当のスイッチを連打して浸み込ませるだけでした。
        作業が進むにつれて原液が目に見えて汚れて行きましたから、
        手汗などがそれなりに汚れを蓄積させていたのだと思われます。

        今回は手元に無水エタノールしかなかったので代用しましたが、
        やはり最も理想的なのは接点復活剤でしょうね。
        洗浄効果に加え、皮膜を作って腐食防止効果もあるようですので。
        皮膜を作るため近日中に接点復活剤を吹き掛けておこうと思います。

        ついでながら余談ですが、
        『組み直し時のネジ止めは電池下のネジから』という点もぜひ追記を!
        誤ってマイナスマーク側の穴にネジを落としてしまうと
        そのネジ回収のためカバーを再度外すことになってしまいますので…。
        他の4箇所を締めた後にこの失敗に陥ってしまい、
        再度全てのネジを外し直す羽目になってしまいました。^^;

        改めまして、この度は本当にありがとうございました。
        また何かありましたらよろしくお願いいたします。

        • 名前:パソ活 投稿日:2017/06/06(火) 20:02:33 ID:92d80fa85

          情報ありがとうございます。

          「元に戻す時の注意点」として追記しました。実際に失敗しないと気づかないことなので参考になります。

  12. 名前:ごー 投稿日:2017/07/16(日) 14:19:33 ID:67ef8bcf7 返信

    こんにちはー
    こちら見て、手持ちの
    「接点復活王 ポリコールキング」で試したところ
    左クリックどころか右クリックまで不調になってしまい、
    こちらでおすすめの「クレ コンタクトスプレー」を
    近所のホムセンで買ってきて試したら
    一発で症状感知!!!!!
    長らくのクリックミスがなくなり、超スッキリしましたー

    為になる情報サンキューでーす。

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/07/16(日) 18:02:35 ID:355c65f6a 返信

      うーんそうですか。ポリコールキングで新たに不調になってしまうというのは初めて聞きました。

      昔のコメントではサンハヤトでもチャタリングが直ったというものもありましたし、役割的には一緒かなと思っているので不思議です。

      他に考えられる可能性があるとすれば、最初にポリコールで作業した時に、十分に浸透・洗浄される前に動作確認したためにまだチャタリングが治ってなかった、とかも考えられるかもしれません。

      接点が復活する流れは、浸透した後にカチカチで汚れを取り除くという工程だろうから、取りきれてなかったとか。

      ただ、その場合は「右クリックまで不調になってしまい」という説明がつかないので、ポリコールだから不調になってしまったという可能性も捨てきれません。もしくはポリコールが何らかの経年劣化していた可能性とか。(劣化するような製品では無いとは思いますが)

      原因を特定するのは難しいですね。

  13. 名前:通りすがりのオッサン 投稿日:2017/07/16(日) 20:05:14 ID:1f29c6a68 返信

    何年も前に購入したM570ですが数年前にチャタリングが発生し、保証期間中だった為M570tに無償交換(M570はこっちで廃棄してくださいという話でしたが)したのですが新たにチャタリングに悩まされていました。
    今回記事を参考にクレのコンタクトスプレー(Amazon)とT6 トルクスドライバー(近所のカインズホームで398円)を購入して作業したところ、症状が改善されました。
    心持ちクリック感もしっかりしたような気がします。

    買い替えより費用を抑えられ、また作業も簡単に行えました。
    本当にありがとうございました。

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/07/17(月) 00:16:12 ID:229923540 返信

      ご報告ありがとうございます。直ったようで良かったです。クリック感に違いが出る理由はよくわかりませんが、もし汚れや被膜が層になるほど厚ければ、違いを感じるかもしれませんね。

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。