マウスのチャタリング修理はスイッチ交換より接点復活剤がおすすめ

接点復活剤コンタクトスプレー

愛用していたマウス、サンワサプライMA-117HRにチャタリングが起きるようになってしまいました。マウスジェスチャーがまともに使えない。いと悲し(/_;)

ちなみにチャタリングとはマウスを1回クリックしたつもりがダブルクリックになってしまったり、キーボードで1回押したつもりが連続で入力されてしまうような現象の総称です。

どうせ放置しても直らないんだからダメ元で修理してみましょー。

このブログでは接点復活剤がマウスのチャタリングを修理する方法について書いてます。

※後述しますけど、スイッチボックスを分解する必要がなく、接点復活剤を吹いて浸透させるだけで修理完了するのでとても簡単です。今回はマウスのスイッチに使ってますけど、接点復活剤は電気接点なら何でも使えます。1個あるとかなり便利ですよ。
広告

マウスのチャタリング修理方法いろいろ

マウスのチャタリング修理について調べていると、いろいろな方法を見かけます。

  1. USBケーブルを抜いてマウスを連続で10秒くらいクリック
  2. マウススイッチを交換(要はんだごて)
  3. パソコンソフトのチャタリングキャンセラを使う
  4. 接点復活剤で接触不良を改善する

①USB抜いてクリックはやってみたけど効果なし。
②マウススイッチの交換はハンダ付けが必要なので面倒だし失敗する可能性もあるので却下。
③チャタリングキャンセラは根本的な解決になってないし、マクロツールに影響が出るかもしれないので却下。

ということで今回は、
接点復活剤でチャタリングの修理に挑戦しています。

マウスを分解修理するほどの人たちなので、かなり詳細に説明されているブログもたくさんありました。

↓以下、接点復活剤を用いた修理で参考にさせてもらったページです。

だいたい検索して見る限り、接点復活剤のほうが簡単だし、直る確率が高いので、素人がやるなら一番マシな方法だと思います。

マウスの分解

とりあえずマウスを分解しないことには修理が始まらないので、隠しネジを外したりして分解します。

マウスの分解

ただしマウスのメーカーによって全然分解方法が違うだろうから
「マウスの型番 分解」とか組み合わせて検索したほうが良いかもしれませんね。

とりあえず隠しネジが見つかれば分解は問題なくできると思います。

接点復活剤をスイッチに浸透させる

今回は右クリックの調子が悪いので下の写真の赤枠のスイッチボックスに接点復活剤を吹き付け浸透させます。

マウスのスイッチボックス

基本的にマウスなら同じ形のスイッチボックスがほとんどだろうから、どのマウスでも使える修理方法だと思います。

先ほど参考にさせてもらったサイトの一つ「スイッチの内部接点洗浄」によると、白いスイッチ部分の隙間から中に流し込むイメージ。

マウスのマイクロスイッチ

何個かのサイトを見る限り、上記の赤丸の部分から接点復活剤を流し込むようです。

マスキングする

スプレーの下準備として接点復活剤が他の部品に付着しないようにマスキングテープで適当にカバーしました。

マスキングテープ

ただ、試しにコンタクトスプレーを基盤にドバーッとかけても動作に異常がなかったので、マスキングにはそこまで神経質にならなくても良いのかもしれません。もし今やるとしたらティッシュでちょっと覆うくらいでもいいかも。

接点復活剤を流しこむ

こんな感じでスイッチの白い部分にほんのちょっとだけスプレーしました。

接点復活剤

呉工業のコンタクトスプレー300mlはそんなに勢い良くスプレーされなかったので周りに飛び散る心配はあんまり無かったです。

※上の写真は撮影用に写したんですが実際は換気が良い場所でマウスの下には新聞紙とかを敷いてます。

スプレーしたら、つまようじなどで、スイッチを何回もカチカチして、中身の接点に復活剤が行き渡るようにしましょう。

カチカチは念入りに

今まで何台かマウスを修理した経験から言うと、カチカチの回数が少ないと不十分だったことがあります。目安としては50回くらいはカチカチさせましょう。チャタリングの症状がひどければもっと。

これで修理は完了です。

乾燥させずにすぐに使っても動作に支障はありませんでしたが、不安ならある程度時間を置いて使ってください。

チャタリングは直ったか?

結論から言うと

マウスのチャタリングは完全に直りました。

ドラッグにも問題が無くなったのでマウスジェスチャーも使えるようになりました。

また、1年以上経ちましたがチャタリング再発してません。これなら確実に効果があったと言っても良いでしょう。

その後

※追記:1年4ヶ月経った時点で軽度のチャタリングが再発しました。効果は十分に持続するし、再びコンタクトスプレーで処置して、引き続き快調です。

マウスのスイッチ以外でも、テレビのリモコン・カメラ・スピーカー・パソコンの端子・ゲームコントローラーの端子など、電気接点の接触不良なら何でも使えて、ゴム・プラスチックにかかっても大丈夫なので、1個だけでも常備しておくとかなり便利ですよ。

ちなみにAmazonの通常会員は2000円未満だと送料がかかってしまいますが、プライム会員だと送料無料になります。

小物を買う時はプライム会員(30日間無料体験あり)、学生ならAmazon Student(6ヶ月間無料体験あり)だと金額に関わらず送料無料になるので、ちょこちょこ買物する人にはおすすめです。コンタクトスプレーとか単品で買うつもりの人は先に会員になってからお買い物をどうぞ。

↓実際に接点復活剤を使って充電器を復活させた動画もありました。これは復活の様子がわかりやすい。(音量注意)

ーーー

ちなみにチャタリング修理でよく話題に登るロジクールのトラックボールM570についても分解と修理の記事を書いてるのでこちらもどうぞ。

関連:ロジクールトラックボールM570のチャタリング修理

<その他関連記事>
MA-117Hマウスの分解

iPhone充電端子の接点復活

広告

このページのシェア・保存はこちら

『マウスのチャタリング修理はスイッチ交換より接点復活剤がおすすめ』へのコメント

  1. […] マウスのチャタリング修理はスイッチ交換より接点復活剤がおすすめ マウスのクリックボタンを簡単に修理する方法 マウスの左クリックがおかしくなったので分解修理した […]

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。