ロジクールM570の分解とチャタリング修理(スイッチ交換よりも接点復活剤がおすすめ)

ロジクールトラックボールM570

ロジクール M570というトラックボールマウスが故障してまともに動かないとのことで修理を頼まれたので、修理ついでに記録を残しておきます。(※当然、普通のマウスでも、分解さえできればこのページに書いてある方法でチャタリング修理できます)

M570ってチャタリングしやすいことで有名らしく、修理について調べたら以下のような方法があるようです。

M570チャタリング対処
  • 保証期間内なら新品と交換
  • スイッチ交換(はんだごてが必要)
  • チャタリングキャンセラで騙し騙し使う
  • 接点復活剤で修理(このページで解説します)

実際にやってみると分かりますが、接点復活剤でチャタリング修理するのはとても簡単です。はんだごてを使うスイッチボックス交換みたいに失敗する可能性も低め。

ということでこのページでは「M570分解 → 接点復活剤で修理」の手順を解説していきます。隠しネジの場所もわかるように写真をたくさん撮りました。

チャタリングはバッチリ直りました。

ーーー

※追記:修理の話とは別になりますが、ロジクールが7年ぶりに発売した新型トラックボール「MX ERGO」というのもあります。角度調節可能、バッテリー内蔵、質感の向上、そしてスイッチの耐久性を300万回から1000万回に改善。などの変更点があります。新しいのを試してみたいという人は参考にどうぞ。

追記終わり。M570のチャタリング修理に戻ります。

スポンサーリンク

M570はチャタリングしやすいことで有名

M570がどのくらいチャタリングしやすいものなのか、試しにGoogleで検索すると「M570」と型番を入力するだけで、予測変換に「M570 チャタリング」と表示されます(笑)

Google検索でM570を入力した時のサジェスト候補。修理関係のワードが多い。

他にも分解・修理・掃除などの修理関係のキーワードが多いので、なんとなくそういうマウスなんだな、というのは伝わってきますね・・・。

ロジクールはユーザーが非常に多いメーカーだから検索ボリュームも多いのが理由の一つだと思いますけど。

すごい人だと保証期間内に6回も故障・交換してしまった例もあるようです。

参考:トラックボールM570tがチャタリングで故障しない件 – BTOパソコン.jp

※上記タイトルは「故障しない件」となっていますが、6回目で交換した最初の後継機M570tは約半年で故障して、2台目が長持ちしているようです。これだけだと後継機M570tの耐久性はわからないので、今回の修理記事はあくまでM570について書いていきます。

M570は生産終了、M570tは後継機、SW-M570は短期保証

ロジクールトラックボールM570

初代M570は生産終了で、後継機はM570t、そして新しく短期保証版のSW-M570が発売されました。

それぞれのメーカー保証期間は以下の通り。SW-M570は保証期間が短くなりました。

機種 保証期間 発売日
M570 3年 2010年9月
M570t 3年 2013年7月
SW-M570 1年 2018年6月

どれも見た目がまっっったく一緒です。

ロジクール
ロジクール
ロジクール

スイッチの耐久性が変わっているのかが気になるところ。初代M570・後継機M570tどちらも相変わらずチャタリングが起きやすいことはすでに分かっていて、SW-M570はまだわかりません。

※SW-M750のレビューが365件溜まった段階で見てみたところ、チャタリングは特に改善されてないようです。レビューの星の割合も同じような分布になってます。あと、旧機種よりもボールの滑りが悪くなったという意見がいくつかありました。

ーーー

まず、自分が持っているトラックボールがチャタリングを起こしたら保証を確認して、まだ保証期間が残っているようならメーカー保証を使うのが最も確実です。分解したら保証が受けられなくなるので、まず最初に確認しましょう。

SW-M570の耐久性はまだ分かっていないので、新しく買うつもりなら販売価格と保証期間を考慮して、どの機種を買うのかよく考えたがほうが良いと思います。

修理を頼まれたM570の症状

さて、今回修理を頼まれたのは初代M570です。

調子が悪いM570を実際に使わせてもらって驚いたのが、チャタリングどころかほとんど左クリックが効かない(笑)

一生懸命クリックしても3回に1回くらいしか反応しないし、反応したらダブルクリック(チャタリング)になってしまうことがあったりで、全く使い物にならない。

Excelの範囲選択にも支障が出るレベルなんですけど、どうやらノートパソコンのクリックボタンと組み合わせて使ってたとのこと(笑)

M570の分解(カバーを外す)

いよいよ修理に取り掛かっていきます。

M570の裏面には隠しネジを含めて全部で5箇所のトルクスネジが使われています。

ロジクールM570の隠しネジは5箇所。1箇所は電池蓋の中。残り4箇所はマウスソールの下に隠れている。

トルクスネジというのはちょっと特殊な形状のネジです。

↓こんな感じで六角形の星形をしているのがトルクスネジ。

トルクスネジの形

このネジを開けるために特殊ドライバーセットを使用しました。

特殊ドライバーセット

自分が使っているのがこのセット。

トルクスだけで10種類もあるので精密機器の分解はこのセットだけでほとんどできます。もちろんそのぶん安っぽいですが、分解することなんかほとんど無いという人には非常におすすめ。

別記事で「特殊ドライバーセットレビュー」も書きました。

他にも「特殊ドライバーセット」で検索すればたくさん種類があります。

M570のトルクスネジを外すにはT6の大きさのビットを使います。

M570の分解にはT6というサイズのトルクスドライバーを使う。

単品のトルクスドライバー

パソコン関係ではT6とT8のトルクスネジを扱うことが多いので、単品のドライバーでもOKです。アネックスやベッセル製なら品質も良し。

トルクスドライバーT6

※サイズが合うなら精密用のマイナスドライバーでも開けることができたというコメントもいただきました。自己責任でどうぞ。ネジ山を潰さないように気をつけて下さい。

ーーー

ソールの下にも隠しネジがあるので、ソールを剥がすために何かヘラのようなものでクイッと隙間に差し込んでペリペリと剥がします。そんなに粘着力が強くないので簡単に剥がれるはず。

M570のソールを剥がすのはヘラのようなものがあると便利。

ヘラセット

↓ちなみに必須じゃないですが、いろいろな機器の分解でこのヘラセットが薄い割に強度があるのでお気に入り。

次に隠しネジの中で一番わかりにくいのが電池の下にあるやつで、事前に調べてないとたぶんわかりません。

↓数字の5の真下あたりにネジが隠れてます。

M570電池蓋の中の隠しネジ。

↓すべての隠しネジを外した状態。

ロジクールM570のネジをすべて外したところ

5箇所のトルクスネジを全部外せば、上下を持って引っ張るだけで簡単にカバーが外せます。

カバーを外す時の注意点

カバーを外す時、ボールを先に外してから、静かに外してください。

裏面の穴から押し出せばボールを外せます。

M570の裏面から見て青いボールを押し出す。

そしてカバーを外した時に、特に気をつけないといけないこととして、ボール受けが上にくっついてくることがあるので、静かに外す、ということです。

M570のカバーを外した状態。

ボール受けを下にしておかないと、フィルム配線が引っ張られてしまうので気をつけてください。ボール受けは静かに押せば上フタから外れてくれます。

それと、せっかくカバーとボールを外したので、内部やボールの受け部分に溜まったホコリをエアダスターなどで掃除しときましょう。

M570のチャタリング修理

ここからが他のサイトのようにスイッチ交換するのとは違って、接点復活剤をスイッチに流し込んで接点洗浄して直します。

使用するのは呉工業のコンタクトスプレー。ゴムやプラスチックにかかっても大丈夫な接点復活剤です。

(ただしテレビリモコンなどで使われる導電性ゴムには使用しないでください。金属同士の接点なら心配いらないと思います。)

※後述しますが潤滑剤(クレ556やラスペネなど)、クレ226、消毒用エタノール、燃料用アルコールなどは使用に適しません。

接点復活したい部分に使用します。

上の写真だと、赤枠で囲んだスイッチの隙間に流れ込めばOKなので、ティッシュで覆うなどして、飛び散らないようにして注意深くスプレーします。

スプレーしたら、つまようじなどで、スイッチを何回もカチカチして、中身の接点に復活剤が行き渡るようにしましょう。

(コンタクトスプレーはそこそこ浸透するので、いったん容器にスプレーして溜めてから、スポイトなどで滴下してもOKです。)

カチカチは念入りに

今まで何台かマウスを修理した経験から言うと、カチカチの回数が少ないと不十分だったことがあります。目安としては50回くらいはカチカチさせましょう。チャタリングの症状がひどければもっと。

これだけで修理完了です。

※あと、試しにスイッチの中に接点復活剤が残っている状態で使っても普通に使えました。たぶん蒸発するのが速くて水じゃないから乾燥させなくても大丈夫なんだと思いますが、気になる人は時間を置いてから通電させてください。

コンタクトスプレーの代用品

もし手元にコンタクトスプレーが無い場合に代用しないほうがいいもの、なんとか代用できるものをまとめました。

[?] クレ接点復活スプレー #1424

クレの接点復活剤にはもう一つ、黒い缶があり、これがマウスのスイッチに使っても大丈夫なのか気になる人が多いようなので書いておきます。

この#1424、公式サイトを見ると業務用シリーズとのことで、ゴム・プラスチックに使っても大丈夫かどうか書かれていません。また、実際に自分が持っている#1424の缶本体にも「金属以外に使用しないでください」としか書かれていません。

なぜかAmazonのレビューや質問では、中身が同じとか、ゴムやプラスチックにかかっても安心と書かれていることもありますが、ゴムが膨張したという書き込みも1件あるので、一応この記事では赤缶のコンタクトスプレーを推奨しています。(赤缶のほうは公式サイトや缶本体に「ゴムやプラスチックにかかっても安心です。」と明記されています。

※過去のコメントやり取りで黒缶でも大丈夫そうだと書いたことがありましたが、今は#1424について「使っても大丈夫かよくわからない」という評価になります。

[×] クレ556・ラスペネなどの潤滑剤

クレ556やラスペネなどの潤滑剤は使用しないでください。

KURE(呉工業)

プラスチックへの攻撃性が高く、マウススイッチのケースが割れる可能性があります。

↓KURE 556について公式サイトでは「金属以外のものに使わないで」と書かれています。
参考:5-56シリーズ | FAQ | 呉工業株式会社

↓こちらの実験ではラスペネの攻撃性が特に高いことがわかります。
参考:ケミカル用品比較実験

[×] クレ226防錆・接点復活剤

クレ226は(マウスのチャタリング修理では)推奨しません。

呉工業

用途はコンタクトスプレーと同様、接点復活剤となっていて性能にも定評がありますが、クレ226はゴム・プラスチックが劣化・変色する可能性があるため、プラスチック製のスイッチボックスに吹きかけるマウスチャタリング修理には適していません。

以下、公式FAQから引用。

Q.ゴム、プラスチック、樹脂への使用は可能でしょうか。
A.劣化や変色の恐れがあるため、金属以外のものへはお使いにならないでください。
引用:業務用メンテナンスシリーズ | FAQ | 呉工業株式会社

商品説明の用途を見ても、「電動機、発電機、制御装置」などが真っ先に書かれているため、日用品というよりは金属部分への業務用・整備用のほうが適当かなと思います。

[×] 燃料用アルコール

※燃料用アルコールは絶対に使用しないでください。

燃料用アルコール 500ml
健栄製薬

非常に有毒なメタノールが含まれていて危険なので、洗浄作業には絶対に使用しないでください。

(※今回の用途では危険なのでAmazonのリンクも外しています)

[△] 消毒用エタノール

消毒用エタノールは使用しないでください。

無水エタノールと違い、消毒用エタノールには20%前後の水が含まれていて、乾燥してないうちに通電するとショートする可能性があります。

また、あまり見かける機会は少ないですが、「エタノール」は水が5%程度含まれるのでやはり適しません。

健栄製薬

それぞれのエタノール濃度について公式サイトのQ&Aはこちら。

参考:無水エタノール、エタノール、消毒用エタノールの違いは?

「消毒用エタノール」・「エタノール」は、しっかり乾燥させれば使えないこともないと思いますが、わざわざチャタリング修理に使うには適していません。後述する無水エタノールのほうがマシだし、新しく買うならコンタクトスプレーのほうが良いです。

[?]パーツクリーナー・ブレーキクリーナー

パーツクリーナーは判断が難しい。基本的には金属用で、プラスチックへの攻撃性が高いものが多いです。

中にはプラスチックへの安全性を強調しているものもありますが、

家庭用の接点復活が目的なら洗浄+腐食防止効果があるコンタクトスプレーのほうが汎用性があります。

少なくともゴム・プラスチックへの安全性について書かれていないものや、遅乾性のものは使わないようにしましょう。また、条件を満たしていても責任は持てません。 

[◯] 無水エタノール・エレクトロニッククリーナー

※無水エタノール、エレクトロニッククリーナーなら一応チャタリングの修理に使えます。

これらは接点の洗浄だけならできて、水が含まれないのでショートの心配もなく、チャタリングの修理なら一応使えます。

ただし、コンタクトスプレーなら洗浄+腐食防止の効果もあるので、マウスのチャタリング修理なら、やはりコンタクトスプレーのほうがおすすめです。

ネジを元に戻す時の注意点

M570の修理が完了して元の状態にネジ止めする時は、以下の写真のとおり、電池ボックス内のネジを一番最初に戻すことを推奨します。

電池ボックス内の隙間にネジが落ちて、また分解しないといけないことが起こる可能性があるので、最初に電池ボックスのネジを戻しましょう。

↓コメントから引用させてもらいました。

誤ってマイナスマーク側の穴にネジを落としてしまうと
そのネジ回収のためカバーを再度外すことになってしまいます
ので…。
他の4箇所を締めた後にこの失敗に陥ってしまい、
再度全てのネジを外し直す羽目になってしまいました。^^;

なので、ネジを元に戻す時は、電池ボックスのところをネジ止めして、電池ボックスの蓋をしてから(隙間にネジが落ちないようにしてから)、他の4箇所のネジを元に戻す手順がおすすめです。

ーーー

もしくは、どうせトラックボールは本体を動かすことがないので、電池ボックスのネジ以外は使わないのも一つの方法です。これなら次回分解する時にゴム足を外す必要がなく、分解が簡単になります。

クリック不良やチャタリングの症状が劇的に改善

さて、今回修理を依頼されたM570は、コンタクトスプレーで修理した結果、どんなに頑張っても反応しなかった左クリックは確実に反応するようになり、チャタリングも一切起こらなくなりました。

ほんと接点復活剤(コンタクトスプレー)で劇的に症状が改善するので、わざわざハンダゴテまで使ってスイッチボックスを交換する必要はないと思うんですけどね。

なぜかM570の修理について検索したらスイッチ交換についての情報が結構あるので、意外とみんな接点復活剤で直せることを知らないだけなんじゃないかと思います。

一応自分が以前にコンタクトスプレーで修理したマウスを経過観察してますけど、3年近く経ってもチャタリング再発しないし、この記事のコメントにも修理できた報告が数十件あります。

何はともあれ、マウスのクリックの調子が悪いという人、マウスを分解さえできればチャタリングの修理は簡単にできるので、保証期間の切れたM570がチャタリングしたらダメ元でどうぞ。

ちなみにAmazonの通常会員は2000円未満だと送料がかかってしまいますが、プライム会員だと送料無料になります。

小物を買う時はプライム会員(30日間無料体験あり)、学生ならAmazon Student(6ヶ月間無料体験あり)だと金額に関わらず送料無料になるので、ちょこちょこ買物する人にはおすすめです。コンタクトスプレーとか単品で買うつもりの人は先に会員になってからお買い物をどうぞ。

新型トラックボール「MX ERGO」

ロジクールが7年ぶりに発売する新型トラックボール「MX ERGO」という上位機種もあります。フラッグシップモデルのMXシリーズらしく、角度調節可能、バッテリー内蔵、そしてスイッチの耐久性を300万回から1000万回に改善。などの機能追加、質感の向上がされています。

↓こちらはMX ERGOの特徴をざっと説明した動画。とくに左右の角度調節は動画で見るとわかりやすいです。M570に飽きて、新しいのを試してみたいという人は参考にどうぞ。

ーーー

↓その他、他のマウスやiPhoneのライトニング端子を掃除・修理した時の話もブログに書いているのでどうぞ。

関連:iPhoneの充電ができない時、端子の汚れが原因で接触不良になっていないか確認

関連:マウスのチャタリング修理はスイッチ交換より接点復活剤がおすすめ

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Amazonでの買い物について

当ブログではAmazonの商品をよく紹介しています。

いつもコンビニ払いしている人は、Amazonギフト券をチャージするとポイントが余分にもらえるので、今まで知らなかったという人は読んでみてください。

Amazonギフト券チャージタイプの詳細はこちら

チャージする金額によって0.5~2.0%ポイント付与され、プライム会員ならさらに0.5%上乗せされます。

ーーー

プライム会員の特典は「お急ぎ便無料」「プライムビデオで多数の映画やアニメ見放題」が特にお得。それ以外にも音楽・読書の使い放題サービスあり。

料金は年払い4,900円(月払い500円/月)で、世界的に日本だけなぜか破格の安さになっているので、配送・映像・音楽・読書など、一部でもよく利用する人なら非常におすすめです。

プライム会員の詳細はこちら

学生ならPrime Studentがさらにお得

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

制作物:「ノイズレスサーチ

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

記事が良いと思ったら、Twitterでツイートしたり、ブログなどで紹介してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

『ロジクールM570の分解とチャタリング修理(スイッチ交換よりも接点復活剤がおすすめ)』へのコメント

  1. 名前:さだハル 投稿日:2016/10/06(木) 11:56:34 ID:6d1e69906 返信

    完全に復活しました。ドライバーセットなど購入しましたが、部品交換よりも簡単で確実なようです。
    有り難うございました。

    • 名前:パソ活 投稿日:2016/10/06(木) 14:07:20 ID:71d65fe6b 返信

      おぉーーー良かったです!自分は以前に修理したものが半年くらいはチャタリング再発してませんけど、ネットに事例が少ないので経過観察してください。

      • 名前:kimkim 投稿日:2017/11/27(月) 20:36:15 ID:843f472e2 返信

        指定の道具と復活剤でうまくいきました。分かり易い説明で迷うことはありませんでしたが 指示通りしなかったせいで 電池の部分のネジを 内部に落としてしまいました(笑)

  2. 名前:ちゅーさん 投稿日:2016/10/15(土) 21:13:10 ID:7b57de7a1 返信

    この記事を参考に、サンハヤトの接点洗浄剤を試してみましたが、面白いくらいに症状が消えました。マイクロスイッチも交換したことありますが、格段に楽でいいですね。
    ありがとうございました。

    • 名前:パソ活 投稿日:2016/10/16(日) 21:21:10 ID:baf5a825f 返信

      サンハヤトというのは初めて聞きました。そんなのもあるんですねー。レビュー見てたらオーディオ関係でよく使われているようで。

      興味があるのは、「接点洗浄剤のみ」と「接点復活剤で仕上げ」した場合で耐久力が違うのかどうかが気になりますね。

      サンハヤトの接点洗浄剤は洗浄のみ、KUREのコンタクトスプレーは洗浄プラス皮膜、だと思いますが、その後の経過がどうなってくるのか(念のため、単純にコンタクトスプレーのほうが良いということでは無いです)

      サンハヤトにも接点復活の役割の「ニューポリコールキング」ってのもありますね。

      逆に、KUREには洗浄のみの「エレクトロニッククリーナー」ってのがあります。

      使い方の解説というわけではありませんが、エレクトロニッククリーナーで洗浄後にコンタクトスプレーで仕上げたiPhoneのライトニング端子について書いた記事もどうぞ。

      http://pasokatu.com/14704

      汚れが酷くて最初にバシャバシャ洗いたい時はいきなりコンタクトスプレーでやるよりは良かったです。コンタクトスプレーは油っぽくなるので最後に少しだけ。

  3. 名前:ちゅーさん 投稿日:2016/10/19(水) 15:57:52 ID:95486142f 返信

    お返事ありがとうございます。

    今回は、とりあえず試しで洗浄をしてみましたが、存外に効果があったので、この状態で様子見しています。今のところ再発はないですね。

    この手のスプレーだけでも色々なものがあって選択が難しいですね。

    • 名前:パソ活 投稿日:2016/10/19(水) 16:44:34 ID:80cd7c712 返信

      そうですねー。自分も成分によってどう使い分けるのかまでは詳しくないのでまだ良くわかっていません。

  4. 名前:snow 投稿日:2016/12/10(土) 19:09:12 ID:b6ff3cece 返信

    直りました!
    以前M570のマイクロスイッチを交換して直ったけど、かなり大変でした。
    最近チャタリングが再発し、もうM570tを購入しようかと思っていた矢先にこの記事を見つけました。
    貴重な情報ありがとうございます。

    • 名前:パソ活 投稿日:2016/12/10(土) 20:28:41 ID:83d0f2ba0 返信

      おぉー、コメントありがとうございます。接点復活剤でチャタリングがどうなったのか事例が増えるとこのページを見てる人も判断の材料になるので助かります!

      スイッチを交換するのはいかにも大変そうで自分でもやってませんが、接点復活剤のデメリットがあまり出てこなければこちらがスタンダードになると良いなぁと思います。

  5. 名前:特命木棒 投稿日:2016/12/22(木) 23:18:50 ID:fbc434d1a 返信

    はじめまして。参考になりました。
    M570のオムロンスイッチですが一発復活でした。
    T6ドライバー一本500円だけの出費ですみました。
    ただ、内部に気持ち悪いゴミ溜まっていたのは驚愕でしたね。3年以上放置だったので(笑)
    まだまだ570使えそうです。

    • 名前:パソ活 投稿日:2016/12/23(金) 02:46:36 ID:609220d17 返信

      スイッチの型番までありがとうございます。参考になると思います。

      トラックボールってゴミをどんどん取り込みそうな作りだからどうしようもありませんね(笑)

  6. 名前:ピゲ 投稿日:2016/12/28(水) 22:42:29 ID:876ff3c6f 返信

    はじめまして。「m570t 修理」で検索してこちらにたどり着きました。
    結論から言うと大成功でした!ありがとうございます。
    私のm570tはm570から数えて4台目、全て保証で送って頂いた物でしたが今回もチャタリングが発生。残念ながら3年経過してしまったので新しい物を買おうか?悩んでいた所でした。
    私の場合、「ワコーズ」の「ラスペネ」という潤滑剤を使いました。本来の使い方では無いと思うのですが仕事で良く使っていて信頼しているケミカルでしたので・・・。(オススメはしません)
    給油の際は2本の精密ドライバー(の先)を使いました。左手でスイッチを押し込んでおいて、右手で(予め皿に出しておいた潤滑剤を)チョン、チョンと隙間からしみ込ませる感じ。
    作業時間は5分程度でした。
    何かの参考になれば幸いです。ホント、「マイクロスイッチ交換」よりも「接点復活材」が主流になれば良いですよね、楽ですし。
    ありがとうございました。

    • 名前:パソ活 投稿日:2016/12/28(水) 23:19:07 ID:c87602c9f 返信

      あぁぁぁぁぁ・・・ラスペネはまずいかもしれません。潤滑剤としての性能は段違いなんですが、プラスチックやゴムへの攻撃性が非常に強く、時間が経つとひび割れや膨張などの変形を起こしてしまう可能性があります。

      ↓こちらは虫ゴムとプラスチックにケミカルを付けて攻撃性を実験しているページです。
      http://www.sai-men.com/bakaken_kemikaruhikaku.htm

      ゴム・プラスチックともにラスペネは攻撃性が高いです。ゴムは膨張し、プラスチック片は4日後に割れていました。マウスのスイッチのケースはプラスチックでしょうから、なんらかの影響が出てくるかもしれません。

      一度浸透してしまったラスペネを取り除く方法がわかりませんが、経過観察をしたほうが良いと思います。

      なんだかビビらせるような返信をしてしまってすいません。今までマウスのスイッチに使用したという話を聞いたことが無いので、実際のところ大丈夫なのかどうかがわからないんです。もし大丈夫だったとしても本来の用途とは違うのでおすすめできませんし。

      よくある話なのですが、クレ5-56が何にでも使える潤滑剤というイメージが広まって、自転車のチェーン、家具の滑りを良く、鍵穴の潤滑などなど、本当は5-56を使ったら悪化する箇所にも使われてしまうことがあります。実際はそれぞれに適したケミカルがあります。(自転車のチェーンはチェーンルブ。家具のすべりはシリコンスプレーまたはシリコングリス。鍵穴は粉末系の潤滑剤など)

      場合によっては機器の故障につながるので、やはり接点復活が目的なら、各社の接点復活として販売されているケミカルを使用することをおすすめします。

  7. 名前:つる 投稿日:2017/02/18(土) 10:45:01 ID:33e45979b 返信

    直りました! ありがとうございます。
    範囲選択が途中で勝手に解除されてしまうなど不便だったのですが、解消されました。
    ところで、うちのM570は輸入品だったせいか、ネジが普通のプラスネジでした。T6を引っ張り出してきたのに拍子抜け(笑)

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/02/18(土) 16:21:48 ID:378ba25ef 返信

      直った報告ありがとうございます。参考になります。

      ちょっと調べてみたところ、日本だとM570もM570tもトルクスネジが使われてるみたいですね。M570tのほうは分解した情報が少なかったですけど、これとか。

      Wireless Trackball M570t の掃除 | 分解掃除の仕方・代用のネジ 【蟹帝国 -自作PC-】

      「特殊なネジ」と書かれているのでたぶんトルクスのことかなと。

      で、つるさんの言っている輸入品というのは、ロジクールの海外ブランド「ロジテック(Logitech)」かな?こちらは分解の情報が探せませんでしたけど、国によって違うのかもしれませんね。

      もしくは、先ほどの参考ページの後半に、自分でネジを交換することについても書かれていました。中古で買った場合はそういうのを手に入れることも・・・と言ってもその可能性はほとんど無いでしょうけど。

  8. 名前:ringo321 投稿日:2017/04/24(月) 05:18:19 ID:3ce952f55 返信

    おはようございます^^ 私もチャタリングで2台だめになりました。

    専門の知識もないし、特殊なネジを購入したり、大変ですので、有料にて修理をして頂ければ 良いなあ~^^

    と思うのは、私だけでは 無いと思いますが^^

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/04/24(月) 21:17:43 ID:fad4f32f1 返信

      近い友人にできる人がいると良いですね。サポートセンター的なところに頼んだら新品価格よりも高くなりそうだし。もし自分がネットから頼まれたとしても、直らない可能性もあるしトラブルの元なので断ると思います。

      保証期間が過ぎてるならどっちみち壊しても同じだから、試しにやってみるのも良いと思いますよ。直ればラッキー。直らなかったら買い直すのは一緒なので、修理に失敗しても損することはありません。

      あと、コンタクトスプレーはマウス以外にも、電池が接触する部分とかいろいろ使えるので、1個あると何かと便利です。

  9. 名前:nemo 投稿日:2017/04/27(木) 13:36:14 ID:7e13446f6 返信

    とても丁寧な修理方法ありがとうごいました。
    6年使った老体のM570が復活しました。
    思い出のあるトラックボールなので本当に嬉しかったです。

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/04/27(木) 14:32:25 ID:aa6f1be1c 返信

      コメントありがとうございます。6年間も使ったトラックボールが復活したという話も初めて聞けたので、こちらこそ参考になりました。

  10. 名前:お礼申し上げます 投稿日:2017/05/27(土) 15:11:51 ID:8607eb721 返信

    ゴム足の下のネジはよくあるので外すことができたのですが、電池ボックスの下のねじがどうしても解らず、頭を抱えていたものの、ここを見てようやく判明に至りました。
    ただ、シールの位置が微妙にずれていたので、シール引っぺ剥がしましたが。
    あとは接点復活剤を垂らしてカチカチと慣らして、無事修理が成功しました。

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/05/27(土) 22:00:43 ID:d574176fd 返信

      コメント・ご報告ありがとうございます。直ったようでよかったです。

  11. 名前:通りがかり 投稿日:2017/06/05(月) 02:38:41 ID:a22c80b24 返信

    初めまして。
    M570の誤作動で頭を抱えていた所にこの記事と出会い、
    先ほどトルクスドライバーを買ってきて分解・清掃を行った者です。
    (ただし、接点復活剤の代わりに無水エタノールを用いました。)
    すると私のケースでも劇的に効果が出て誤作動は完全に消えました!
    組み直し直後はエタノールの揮発が不十分だったのか、
    一時的に左クリックのみが一切利かなくなりましたが、
    時間を置いて再度電源を入れた今は新品の様に動いてくれています。

    迷惑メールを選択消去する再に勝手に開かれてしまいそうになったりと
    最近のM570の暴走には本当に困り果てていました。
    この度は有益な情報に心から感謝いたします。

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/06/05(月) 15:46:11 ID:458432541 返信

      自分も調べている中で何回か見かけましたが、無水エタノールでもそこそこ効き目があるみたいですね。役割としたら洗浄目的だからエレクトロニッククリーナーと似たような感じかな?

      検索していると、使用しないほうが良い「消毒用エタノール」や「燃料用アルコール」などもあったので注意点を追記しておこうかと思います。

      • 名前:通りがかり 投稿日:2017/06/06(火) 01:13:58 ID:15f0ac202 返信

        こんばんは。
        大変ご丁寧にありがとうございます。

        上記にご紹介のあります無水エタノールはまさに私が用いた品です。
        具体的な手順としましては、原液を別容器に少し取り分け、
        それに先が太めの綿棒を何度も浸しながら
        ひたすら該当のスイッチを連打して浸み込ませるだけでした。
        作業が進むにつれて原液が目に見えて汚れて行きましたから、
        手汗などがそれなりに汚れを蓄積させていたのだと思われます。

        今回は手元に無水エタノールしかなかったので代用しましたが、
        やはり最も理想的なのは接点復活剤でしょうね。
        洗浄効果に加え、皮膜を作って腐食防止効果もあるようですので。
        皮膜を作るため近日中に接点復活剤を吹き掛けておこうと思います。

        ついでながら余談ですが、
        『組み直し時のネジ止めは電池下のネジから』という点もぜひ追記を!
        誤ってマイナスマーク側の穴にネジを落としてしまうと
        そのネジ回収のためカバーを再度外すことになってしまいますので…。
        他の4箇所を締めた後にこの失敗に陥ってしまい、
        再度全てのネジを外し直す羽目になってしまいました。^^;

        改めまして、この度は本当にありがとうございました。
        また何かありましたらよろしくお願いいたします。

        • 名前:パソ活 投稿日:2017/06/06(火) 20:02:33 ID:92d80fa85

          情報ありがとうございます。

          「元に戻す時の注意点」として追記しました。実際に失敗しないと気づかないことなので参考になります。

  12. 名前:ごー 投稿日:2017/07/16(日) 14:19:33 ID:67ef8bcf7 返信

    こんにちはー
    こちら見て、手持ちの
    「接点復活王 ポリコールキング」で試したところ
    左クリックどころか右クリックまで不調になってしまい、
    こちらでおすすめの「クレ コンタクトスプレー」を
    近所のホムセンで買ってきて試したら
    一発で症状感知!!!!!
    長らくのクリックミスがなくなり、超スッキリしましたー

    為になる情報サンキューでーす。

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/07/16(日) 18:02:35 ID:355c65f6a 返信

      うーんそうですか。ポリコールキングで新たに不調になってしまうというのは初めて聞きました。

      昔のコメントではサンハヤトでもチャタリングが直ったというものもありましたし、役割的には一緒かなと思っているので不思議です。

      他に考えられる可能性があるとすれば、最初にポリコールで作業した時に、十分に浸透・洗浄される前に動作確認したためにまだチャタリングが治ってなかった、とかも考えられるかもしれません。

      接点が復活する流れは、浸透した後にカチカチで汚れを取り除くという工程だろうから、取りきれてなかったとか。

      ただ、その場合は「右クリックまで不調になってしまい」という説明がつかないので、ポリコールだから不調になってしまったという可能性も捨てきれません。もしくはポリコールが何らかの経年劣化していた可能性とか。(劣化するような製品では無いとは思いますが)

      原因を特定するのは難しいですね。

      • 名前:匿名 投稿日:2017/10/21(土) 11:26:34 ID:f01148454 返信

        ポリコールキングの説明書きを読むと、「リレー接点には姉妹品のリレークリーナをご使用ください」とありますね。
        マイクロスイッチは接点部だけを見た場合リレー接点と近似した構造なのでこちらのほうが良いのかもしれません。

        • 名前:パソ活 投稿日:2017/10/21(土) 23:51:10 ID:06f107e8e

          情報ありがとうございます。「リレー接点には使用できません。」と明記してありましたね。マイクロスイッチがリレー接点に該当するなら、確かにポリコールキングは不向きになってしまうのかも?

          それにしてもポリコールキング、リレークリーナーなど、何となく違いが分かりにくい感じがしますね。

  13. 名前:通りすがりのオッサン 投稿日:2017/07/16(日) 20:05:14 ID:1f29c6a68 返信

    何年も前に購入したM570ですが数年前にチャタリングが発生し、保証期間中だった為M570tに無償交換(M570はこっちで廃棄してくださいという話でしたが)したのですが新たにチャタリングに悩まされていました。
    今回記事を参考にクレのコンタクトスプレー(Amazon)とT6 トルクスドライバー(近所のカインズホームで398円)を購入して作業したところ、症状が改善されました。
    心持ちクリック感もしっかりしたような気がします。

    買い替えより費用を抑えられ、また作業も簡単に行えました。
    本当にありがとうございました。

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/07/17(月) 00:16:12 ID:229923540 返信

      ご報告ありがとうございます。直ったようで良かったです。クリック感に違いが出る理由はよくわかりませんが、もし汚れや被膜が層になるほど厚ければ、違いを感じるかもしれませんね。

  14. 名前:匿名 投稿日:2017/07/26(水) 18:37:40 ID:c6d674772 返信

    マイナスドライバーでも開けることができます。サイズがあう小さいものであれば。

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/07/27(木) 15:06:09 ID:aaa1a4217 返信

      なるほど。それは盲点でした。今手元にM570が無くて確かめられませんけど、精密ドライバーの類ならできるかもしれませんね。

  15. 名前:匿名 投稿日:2017/08/03(木) 00:19:39 ID:f9e7ce58b 返信

    M570の左クリックが効かなくなり、困って分解してみようと思い検索したところこちらのサイトにたどり着きました。
    書かれている通りに作業しただけで、普通に動くようになりました。
    ありがとうございました。

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/08/03(木) 15:29:11 ID:e48537c67 返信

      今までもコメントでいろいろ情報をいただいて加筆修正していったので、過不足がなくて良かったです。わざわざご報告ありがとうございました。

  16. 名前:匿名 投稿日:2017/08/17(木) 15:14:17 ID:918f30645 返信

    M570を三年間で3回交換。使用中の4個目もチャタリング発生。とうとう保障も切れ、ダメ元で保存していた3つからパーツを取って修理してみようとググってここにたどり着きました。
    お勧めのドライバーと接点復活剤をポチり、修理してみると5分程度で終了。チャタリングもばっちり直りました。
    保存していた3つも同様に修理しておきました。(交換理由はすべて左クリックのチャタリングです)
    これで数年は新たに購入せずにすみそうです。
    丁寧な解説で分かりやすかったです。ありがとうございました。

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/08/17(木) 17:01:54 ID:720b1f8bc 返信

      やはりそのくらいのペースでチャタリングする可能性もあるんですね。保証が切れてから助かったようで良かったです。また、いずれも左クリックのチャタリングとの情報、ありがとうございます。

  17. 名前:匿名 投稿日:2017/09/04(月) 08:55:26 ID:ac4b82d2a 返信

    左クリック、右クリックとも不調で、半信半疑でサイトに書いてあった通りにコンタクトスプレーを試したところ本当に復活しました。
    ありがとうございました。

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/09/08(金) 01:36:40 ID:e2997dcba 返信

      コメントありがとうございます。これをきっかけにコンタクトスプレーがいろいろな修理で活躍したらいいですね。

  18. 名前:TR7743 投稿日:2017/09/09(土) 23:25:44 ID:3463290bf 返信

    MX ERGOですが、耐久性1000万回と言っているので中華スイッチではなくOMRONのD2FC-F-7N(10M)だと思われます(中国製だけどw)。

    既存のスイッチは300万回という話なので3倍以上の寿命が期待されます。ただ、MX ERGOの保証期間って2年なんですよね(´・ω・`)

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/09/10(日) 16:23:06 ID:bc29401a1 返信

      ほんとだ。ニュースサイト見たら書いてましたね。だとしたら保証期間がなぜ2年にwちょっと発売してからじゃないと何とも言えませんねー。

      • 名前:B7 投稿日:2017/10/21(土) 11:36:59 ID:f01148454 返信

        ヘビーユースで頻繁に充電した場合バッテリーがヘタるのがだいたい2年くらい、っていうことなんじゃないですかね。
        ロジクールの充電バッテリー採用機、近年の大型モデルは小型コンデジ用バッテリーの互換品を使ってるようなのでそれらのヘビーユース時寿命に従ったものかと思います。

        • 名前:パソ活 投稿日:2017/10/21(土) 23:40:06 ID:06f107e8e

          あーなるほど。そう言えば内蔵バッテリーでしたね。実際はへたってもトラックボールの消費電力だと気にならなさそうではありますが。

  19. 名前:きんたパパ 投稿日:2017/09/20(水) 09:29:53 ID:cbc894ba0 返信

    週末にM570のスイッチを交換しようとWebで最終確認していたところ、このサイトを発見!これから接点復活剤を購入してきます。

  20. 名前:Kcyan 投稿日:2017/09/28(木) 13:42:34 ID:1587d1250 返信

    M570左クリックのチャタリングで交換申請中ですが、このサイトを見つけ早速試してみました。
    使用したのはKURE2-26 接点復活剤です、5分もかからずに完了快調に動作しています。
    耐久性は?
    いい情報を有難うございました。

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/09/28(木) 14:24:59 ID:4b3766ca0 返信

      コメントいただいて初めて知った(ほとんど見る機会が無かった)んですが、2-26も接点復活なんですね。

      ただし、残念ながら調べてみると、2-26はゴム・プラスチックへの使用は推奨されていませんでした。

      以下、公式サイトのFAQから引用です。

      Q.ゴム、プラスチック、樹脂への使用は可能でしょうか。
      A.劣化や変色の恐れがあるため、金属以外のものへはお使いにならないでください。
      業務用メンテナンスシリーズ | FAQ | 呉工業株式会社

      用途の記載を見ても、電動機・発電機・制御装置などなので、日用品というよりは整備用・業務用という感じでしょうか。

      マウスのチャタリング修理だとプラスチック製のスイッチボックスに吹きかけるので、2-26の使用はやめておいたほうが良さそうです。

      ただし、5-56やコンタクトスプレーと比べたら知名度が低いせいか、口コミも少なく、どのくらいプラスチックに影響があるものなのかよくわかりません。それに、スイッチボックスのプラスチックが割れたり変形したりしても、マウスの動作には支障がないかもしれませんし。

      ということで、今回使用した2-26は除去することもできませんし、今後経過観察していくとして、普段常備しておくのはコンタクトスプレーのほうが良いんじゃないかな、と思います。

  21. 名前:匿名 投稿日:2017/10/16(月) 00:09:10 ID:98826220e 返信

    電池ウラのネジのポイント
    ありがとうございました。
    分解したらかなりボールの内側に
    大きいホコリのカタマリがあり
    それをとっただけで動きがよくなりました

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/10/16(月) 12:53:22 ID:fdf28084a 返信

      キーボードやマウスって長年メンテナンスしないことも多いんで分解は掃除もできていいですね。

  22. 名前:きんたパパ 投稿日:2017/10/16(月) 09:33:07 ID:9f8c5a9e4 返信

    先日投稿しておきながら、結果報告していませんでした(汗)
    結果として全く問題ないレベルにまで復活しました。
    有益な情報ありがとうございました。

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/10/16(月) 12:54:38 ID:fdf28084a 返信

      ありがとうございます。報告いただけて安心です(笑)

  23. 名前:匿名 投稿日:2017/10/25(水) 00:23:44 ID:7a1692232 返信

    M570を4年位使って…最近左クリックの調子が悪いため分解&洗浄しようと、このページに辿り着いた次第です。
    接点復活剤は手元にあったCPC-80を使用、無事に復活しました。
    電池部分のねじの情報がなければ力ずくで開けて壊すところでした。
    此度は有益な情報をありがとうございます。

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/10/25(水) 00:38:06 ID:3219ec792 返信

      おめでとうございます。まさにちょうど良いタイミングの修理でしたね(笑)

      CPC-80というのは初めて知りましたが、検索してみると楽器関係の通販サイトが出てきたので、そっち方面では定番なのかもしれませんね。楽器に使うとしたらプラスチックの安全性も高いのかな?一応調べた限りでは樹脂への攻撃性については書かれてませんでしたね。

  24. 名前:匿名 投稿日:2017/11/14(火) 01:27:35 ID:a1635371b 返信

    左クリックが調子悪くなり(強く押し込まないと効かない、チャタリングする)、MX ERGOに買い替えるか真剣に悩んでいたところに救いの手でした。
    無事、復活しました!
    それにしても、接点復活剤めっちゃ余りますねw

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/11/14(火) 16:18:20 ID:0ebeaa9eb 返信

      おめでとうございます。復活剤はたぶん死ぬまで使いきれません(笑)

  25. 名前:匿名 投稿日:2017/11/19(日) 16:24:11 ID:49409aeed 返信

    スイッチ交換が面倒だな…と思っていたところでここの記事を見つけてやってみました。
    劇的に改善し、これでマインクラフトを再開する事が出来ますw

    ところで、電池ボックスのネジですが、私はシールに小さな穴を開けてねじが脱落しないようにして外しました。ドライバーのねじ山とねじ穴を見ずに作業するのであまりいい方法ではないですが、なくしたり落下するよりはいいと判断しました。

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/11/25(土) 18:12:39 ID:f42dace83 返信

      >スイッチ交換が面倒
      →まさにそのためのような記事なので役に立って良かったです。

      シールを使って脱落を防ぐというのは初めて聞いたアイデアですね。他のことで使える機会があったらやってみようと思います。

  26. 名前:匿名 投稿日:2017/11/27(月) 21:28:27 ID:db4a78c6d 返信

    必要な道具一式が紹介されているので、その通り道具を揃えて10分もかからずに修理が終わりました。

    修理前はドラッグ&ドロップのような左クリックを強く押し込む動作をするとチャタリングしてたのが、修理後には全くチャタリングしなくなり、快適に使えています。

    初心者にも分かりやすい記事を書いてくださり、ありがとうございました。

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/11/27(月) 23:48:15 ID:5a41622eb 返信

      なるほど。症状の程度は同じようなレベルだったのかもしれませんね。どのような症状から復活したのか事例を教えてもらえて参考になりました。

  27. 名前:匿名 投稿日:2017/12/06(水) 17:07:34 ID:c684e681e 返信

    偶然見たこの記事のおかげで、捨てずにとってあったM570t3台復活しました。
    ドライバーのサイズ、コンタクトスプレーの情報も役に立ちましたが、
    特に電池ボックスの下のネジについては、この記事を見なければわかりませんでした。
    本当にありがとうございました!!!

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/12/06(水) 17:53:25 ID:4518dce93 返信

      3台もwwwすごい(笑)ネジの位置はやっぱりみんな欲しい情報なんですねー。

  28. 名前:匿名 投稿日:2017/12/10(日) 11:45:26 ID:926f05d1b 返信

    ありがとうございました。
    この記事を見て直りました!

  29. 名前:匿名 投稿日:2018/01/08(月) 12:49:20 ID:976ffa5b6 返信

    570、570tと4、5台使ってきましたが、
    今まで、故障のたびに買い替えor保証利用をしていましたが、偶然こちらの記事を発見!
    すぐにAmazonでコンタクトスプレーとt6ドライバー(単品)を注文、約1000円
    わずか10分程度でチャタリングが復活!!!!

    この方法なら誰でも簡単に修理できます。
    ありがとうございます。助かりました!

    ちなみに、570tはスイッチの所が水色・黄色では無く、黒白でした。

    • 名前:パソ活 投稿日:2018/01/08(月) 20:38:58 ID:3d5d3353c 返信

      ご報告ありがとうございます。スイッチの色は、他のブログを見ても、どちらのパターンもあるみたいですね。

  30. 名前:じょん 投稿日:2018/01/19(金) 10:39:10 ID:9f578ff22 返信

    まさに目からウロコですね。
    バイクや他の電子機器ならば真っ先にコンタクトスプレーを使うのですが、
    M570修理でググるとスイッチ交換しかないとのことで先入観を持ってしまっており修理を躊躇していた者です。
    ブログの通り行ってみると壊れていたM570が見事復活しました!
    ありがとうございます!

    • 名前:パソ活 投稿日:2018/03/24(土) 15:10:57 ID:255605337 返信

      自分も最初にチャタリング修理について検索した時は、スイッチの交換ばかり情報が出てきたので、接点復活剤のやり方までたどり着くのに時間がかかってしまいましたね。

  31. 名前:匿名 投稿日:2018/03/11(日) 09:59:01 ID:af8ed660e 返信

    こちらのサイトを参考にさせていただき
    分解と掃除を行いました。
    ボールの滑りとホイールのクリックが安定しなかったのですが
    改善され、買った時と同じ操作感に戻りました。
    ありがとうございました。

  32. 名前:匿名 投稿日:2018/04/07(土) 22:43:34 ID:ef0e6da92 返信

    M570のチャタリングに悩まされ、調べていくうちにこちらのブログに辿り着きました。
    隠しネジまで丁寧に解説されていて問題なく分解できました。
    コンタクトスプレーを吹いて症状も無事改善。感謝です。
    自分は六角形のドライバーを買うのが面倒で、精密機器用ののマイナスドライバーで回しました。元々締め付けがキツくなかったのでネジ山を潰さずに回せました。
    ご参考まで。

    • 名前:パソ活 投稿日:2018/04/13(金) 15:44:00 ID:1fdd26e4f 返信

      そう言えば以前にもマイナスドライバーで開けられたというコメントをいただいていたので、少し本文に追記しておきました。情報ありがとうございます。

  33. 名前:もずく 投稿日:2018/05/09(水) 07:24:37 ID:eae8135a1 返信

    記事を読ませてもらいました。
    一点聞きたいのですが、最近クリック部分(右クリック・左クリック)が
    少し反応が悪いです。

    クリックするときに「カチカチ」と音がすると思うのですが、
    それが無い感じです。
    多分クリック部分の裏側に何か入ってるか、汚れでそうなってるのかと思います。

    分解して掃除したら治る可能性はありそうですかね?
    あまり機械に詳しくないので、分解するのが怖いので質問させて貰いました。

    長文失礼しました。

    • 名前:パソ活 投稿日:2018/05/09(水) 16:56:08 ID:9a7e70c86 返信

      最初は「カチカチ」音があったのに、最近無くなった、ということでしょうか?

      まず保証期間が残っているなら分解せずにメーカー保証に出すのが良いでしょうが、たぶん過ぎてるんですよね?

      分解と言っても、スイッチをハンダ吸い取りして交換などしなければ(掃除程度であれば)壊れることは無いと思いますが、一応壊れても責任が持てませんので、自己責任でやっていただくしかないと思います。

      質問を見て心配な点があるとしたら、途中でクリック音が感じられなくなったことから想像すると、例えば部品が変形したとか?だったら掃除では良くならないかもしれません。ちょっと事例として聞くことがないので何とも言えませんが。

      あまり的確にアドバイスできなくてすいません。

  34. 名前:匿名 投稿日:2018/05/11(金) 14:28:12 ID:73d811ffc 返信

    有難うございました。
    こちらのサイトを参考にさせて貰い無事解決しました。
    ヘラなんて要らないと思いましたが買って正解全然作業効率違いますね

    私の昔のやり方では中をスイッチ分解で新しい中身のプレイト交換がデフォでした。
    このやり方でしたら全く部品交換無しでとても効率がいいです。

    有難うございました。

    • 名前:パソ活 投稿日:2018/05/11(金) 20:55:12 ID:0b24ea17f 返信

      自分はスイッチ交換までやったことがないので、交換経験者の方の感想、参考になります。ヘラは分解する機会があるなら何かと便利なことがありますね。

  35. 名前:はたさん 投稿日:2018/05/12(土) 16:56:09 ID:31a88e1f3 返信

    パソ活ラボ様 ありがとうございました。
    左マイクロSwが全然反応がなかったのが見事に復活しました。ただコンタクトスプレーがなかったのでマイクロSwの横の穴からエレコム製のダストブロワーがありましたので吹き込み掃除をしただけです。

    何か良い接点を掃除するものがないか探したところ「クレのNO1424 [接点復活スプレー 220ml]」を見つけましたのでこれを手配しているところです。
    たくさん使うものではないしこのほうがコスパは良いのでいかがでしょうか。
    新設・丁寧な説明をありがとうございました。
    今後ともよろしくお願いいたします。

    • 名前:パソ活 投稿日:2018/05/13(日) 01:42:22 ID:bd7e81b84 返信

      ほぉー、ブロワーでも直ることもあるんですか。ゴミが原因なんですかねぇ。

      1424の存在は知っていたんですが、公式サイトを見比べてみると、1424のページには「ゴムやプラスチックにかかっても安心です。」の表記がなかったんですよね。

      接点復活スプレー│呉工業株式会社

      コンタクトスプレー│呉工業株式会社

      なので、ブログでは念の為コンタクトスプレーのほうをおすすめしていました。

      ただ、2-26のようにQ&Aに「劣化や変色の恐れがあるため、金属以外のものへはお使いにならないでください。」のような記載があるわけでもないし、1424のAmazonレビューにプラスチックへの不安が書かれていたりしますが、根拠が乏しいので実際のところがわかりません。

      そのため、1424については流通も少ないし記事には載せていませんでした。

      こんなふうに書いたら修理には不向きなんじゃないかと不安にさせてしまうかもしれないのですが、もし1424に攻撃性があったとしても、記事中で紹介しているクレ556・クレ226・ラスペネなどと比べるとだいぶマシだと思うんですけどね。

      • 名前:パソ活 投稿日:2018/05/13(日) 01:48:48 ID:bd7e81b84 返信

        コメントを書いた後で気づきましたが、このAmazonのレビューのコメントに、

        「ゴム・プラスチックにかかっても安心です。」 はamazonの商品説明には書いてありませんが、1424実物のスプレー缶には書いてありました

        と書かれていました。もし実際に書かれていれば安心ですね。(じゃぁコンタクトスプレーと何が違うの?という謎が出てきますがw)

        ※追記:その後自分でも購入して確かめると、黒缶#1424の本体には「ゴム・プラスチックにかかっても安心です。」の表記がなく、「金属以外には使用しない」としか書かれていませんでした。公式サイトにもゴム・プラスチックに対して特に何もかかれていません。ロットによって表記に違いがあるのかわかりませんが、一応、赤缶だけを推奨しておきます。記事本文も加筆修正しました。

  36. 名前:ひでぴ 投稿日:2018/05/23(水) 20:32:23 ID:49d64f387 返信

    うちに3台M570があり(全てダブルクリックになる症状)新しいのを購入しようか悩んでたところこちらを拝見。
    コンタクトスプレーは持ってましたので、すぐに試したところ2台が見事復活しました。
    昔よりM570の価格上がってますし治って助かりました。
    ありがとうございました。

  37. […] パソ活ラボ ロジクールM570の分解とチャタリング修理(スイッチ交換よりも接点復活剤がおすすめ)http://pasokatu.com/14671 手順も詳しく書いてあります、感謝 […]

  38. 名前:にゃあきち 投稿日:2018/06/17(日) 23:58:37 ID:12dc31891 返信

    おぉ、M570すでに5代目なのですが接点復活材でなおるとは・・・
    何回か手間かけてオムロンのスイッチ交換してたのが悲しい思い出になりました。
    ただ、交換用部材が無くなっても捨ててなかったのですべて生き返りしばらく買い替え需要が発生しなさそうです。
    ここは感謝に堪えません。

    にしても原付のイグニッションが鍵ひねってもONにならなかったのでどーんべ?と思って買ってきた接点復活材がの残りがここで役に立ちました。
    バイク関係で本職の方は556でも良いと言ってました。

    まさかのバイクとPC周辺機器との接点に笑いが止まりません。

  39. 名前:ムコノタミ 投稿日:2018/07/01(日) 19:01:55 ID:fe55e7aaa 返信

    簡単に直せました。親切な記事をありがとうございます。
    接点浄化剤は、近くのDIYショップにあったSunhayatoの防錆潤滑剤ALPHA-LUBE MC-100(税別1,000円)を使いました。
    「殆どの樹脂・ゴム・金属を侵害しません。OA機器・電子機器などの電気接点・コネクタープラグ、ギヤー、その他摺動部。」
    と書いてありましたので、大丈夫だと思います。ご参考まで。

    • 名前:パソ活 投稿日:2018/07/01(日) 19:52:24 ID:d67c8202d 返信

      サンハヤトの接点復活剤は知っていましたが、MC-100というのは初めて知りました。「潤滑剤」として売られているものは接点復活の機能もあることが多いですが、ホコリを呼びやすいかもしれないので気を付けたほうが良いかも知れません。(用途にOA機器や電子機器があるなら大丈夫だと思いますが)

      ※ただ、ケミカルについてすごく詳しいわけではないし、サンハヤトの潤滑剤が他のものと特性が似ているかもわからないので、参考程度にしていただけると幸いです。

      • 名前:ムコノタミ 投稿日:2018/07/23(月) 10:19:39 ID:3cd8c6f16 返信

        先日のMC-100はダメだったみたいです。一週間でチャタリングが再発してしまい、秋葉原に行くついでがあったので、KUREの接点復活スプレーを買いました。こちらでご紹介いただいた物もあったのですが、少し小さめ(220ml)の缶で税込み480円のFOR-PRO No.1424という製品があったので、そちらを選びました。「ゴム・プラスチックにかかっても安心です。」と書いてあるので大丈夫だと思います。

        • 名前:パソ活 投稿日:2018/07/23(月) 17:08:23 ID:5f1cbb31f

          経過報告ありがとうございます。何を使ってどうなったのかという情報はなかなか聞く機会がないので、大変参考になりました。

          No.1424は今までいただいた情報を見る限り、中身は同じ?ような感じがしますね。全く問題無いと思います。

          ひとつ心配があるとしたら、すでに注入しているSunhayatoの防錆潤滑剤がどのように影響してくるのか、ですね。

          ※追記:その後自分でも購入して確かめると、黒缶#1424の本体には「ゴム・プラスチックにかかっても安心です。」の表記がなく、「金属以外には使用しない」としか書かれていませんでした。公式サイトにもゴム・プラスチックに対して特に何もかかれていません。ロットによって表記に違いがあるのかわかりませんが、一応、黒缶はよくわからないという評価にして、記事本文も加筆修正しました。

  40. 名前:ムコノタミ 投稿日:2018/07/24(火) 21:34:01 ID:7c6e595ae 返信

    チャタリングが再発しました。最初のサンハヤトMC-100の悪影響が残っているのか、No.1424が効かなかったのか判りませんが、直した翌日に、また使えない状態に戻りました。ご紹介いただいた方法に従ったのですが、上手くいかず残念です。

    • 名前:パソ活 投稿日:2018/07/24(火) 23:06:54 ID:6f0de3643 返信

      そうですか、残念でしたね。確かにMC-100がどう影響してるのかはわかりません。

      MC-100の影響をリセットするなら、「エレクトロニッククリーナー」
      https://www.amazon.co.jp/dp/B004XKR5GA
      などでスイッチボックスを多めに吹いて洗い流すというのが考えられますが、外から吹き付けて果たしてどれだけ洗い流せるのか分からないし、原因を特定するのは難しそうです。

      よっぽどお気に入りのマウスで、頑張っても使い続けたいということでもなければ、買い替えたほうが良い場合も考えられますね。

  41. 名前:ズー 投稿日:2018/07/25(水) 10:19:26 ID:79de9c648 返信

    活ラボ様、大変ありがとうございました。本日3年以上経過のM570を、本サイトに従って修理いたしました。サンハヤト ニューポリコールキング 接点復活王(PJR-L20)が手元にあったので、こちらで代用。今のところ、問題なく使えるようになりました。勝手ながら、今後再発したら経過報告させていただこうと思っております。

    • 名前:パソ活 投稿日:2018/07/25(水) 21:26:00 ID:f6c9782ba 返信

      こんにちは。コメントありがとうございます。

      過去に(コメント番号12番にて)ポリコールキングについて情報をいただいたんですがその方は不調になってしまったらしく、いろいろやり取りしている中で、

      ポリコールキングの説明書きを読むと、「リレー接点には姉妹品のリレークリーナをご使用ください」とありますね。
      マイクロスイッチは接点部だけを見た場合リレー接点と近似した構造なのでこちらのほうが良いのかもしれません。

      というコメントをいただきました。あまり確実なことは分かっていませんが、ポリコールキングを使った場合にどうなるのか気になりますね。もちろん再発しないのであればそのままで良いと思います。

  42. 名前:匿名 投稿日:2018/09/04(火) 21:10:23 ID:8a3668231 返信

    説明を参考に分解し、洗浄にはゴムや樹脂に優しいラジコン用の「タミヤRCクリーナースプレー」を使用してみたところ左右ボタンのチャタリングが完治しました。ありがとうございます!

    • 名前:パソ活 投稿日:2018/09/04(火) 21:21:49 ID:91713fad5 返信

      情報ありがとうございます。ラジコン用の製品を使った例は今まで聞いたことがありませんでしたね。

      公式サイトを見ると、アルコール系のクリーナーで主に洗浄目的みたいなので、
      http://www.tamiya.com/japan/products/87039/index.html
      無水アルコールやKUREエレクトロニッククリーナーと同じような使い方ができるのかもしれませんね。仕様を見る限りだと、確かにマウスに使っても大丈夫そうに思います。

  43. 名前:いくたろう 投稿日:2018/09/08(土) 12:59:01 ID:6afe71aff 返信

    前のマウスがチャタリング酷くてこれを機にトラックボールにしようと思ってM570tを購入。半年ほどでホイールクリックの反応が悪くなりどうしようかなと思ったところでこのページを拝見しました。
    推奨のコンタクトスプレーは売ってなかったのでコメリの接点復活剤(ウェットタイプ)を代わりに使用したのですが今のところ問題なさそうです。
    マウスのチャタリングは長く使っているとまず発生すると思うのですが、案外解説ページとかないんですよね。以前はクリック部分を接着剤で底上げしたりチャタリングキャンセルのアプリを試したりしましたが、マウス分解できるならこれが抜本的解決になるのかなと思いました。
    情報ありがとうございました。

    • 名前:パソ活 投稿日:2018/09/08(土) 15:38:15 ID:497b02ce1 返信

      情報ありがとうございます。コメリブランドの接点復活剤があるとは知りませんでした。コメリの通販サイトにもページがありましたね。とりあえず樹脂・ゴムには大丈夫そうです。

      参考:コメリセレクト 接点復活剤 ウェットタイプ -ホームセンター通販サイト・コメリドットコム

      今のところ問題は無いとのことですが、一つ気になるのは、コメリのウェットタイプは使用上の注意に「リレー部分、コンセントには使用できません。」と記載があるところです。

      というのも、以前にコメントで、ポリコールキングという製品で不調になってしまった事例がありまして、リレー接点関連の話が似ているかもと思いました。詳しくはコメント番号12番のやりとりをご覧ください。

      まぁリレー接点関連が原因じゃないかもしれませんし、ウェットタイプでも症状が現れなかったのなら大丈夫なのかもしれません。

      ちなみにコメリのドライタイプのほうにはリレー接点については書いてありませんでした。

      参考:コメリセレクト 接点復活洗浄剤 ドライタイプ -ホームセンター通販サイト・コメリドットコム

      こうしてみるとKUREのコンタクトスプレー、コメリのウェット・ドライ、どれも成分が違うので、どういう違いがあって何が適しているのか判断するのが難しいですね。

      • 名前:いくたろう 投稿日:2018/09/08(土) 17:28:17 ID:6afe71aff 返信

        あらーそんなことが書かれていましたか。
        商品本体にはそのような注意書かれていなくて残念。次回からは使わないほうが安全のようですね。
        やはりamazonでコンタクトスプレー買いますか。

  44. 名前:マナ 投稿日:2018/10/13(土) 11:23:42 ID:73f125765 返信

    パソ活様のサイトを参考に私も作業しました。
    大変参考になりました。 ありがとうございます。

    家も含めて複数台M570使っておりますので
    これからも大事に使っていきたいと思います。

  45. 名前:トラックボーラー 投稿日:2018/11/02(金) 00:59:09 ID:1515e37d9 返信

    ありがとう。そして、ありがとう。

    あなたに感謝を。

  46. 名前:Masakn 投稿日:2018/11/07(水) 09:25:49 ID:d3ddb726d 返信

    4年間使ったM570の左クリックが利かなくなって、2年前にM570tを買ったものの、いつか直してやろうとずっと思っていました。
    一昨日、トルクスのセットを買って分解しようとしたところ、できずに困っていましたが、この記事に辿り着き、解決しました。

    これで、2台あるPCの両方でM570が使えるようになりました。

    感謝!

  47. 名前:匿名 投稿日:2018/11/27(火) 08:13:31 ID:fefbdd05e 返信

    3年くらい使用したと思いますが、M570tのチャタリングが酷くなってきたので、記載の通りにやってみたら、メッチャ良くなりました。
    有難うございます。

  48. 名前:M570t愛用者 投稿日:2018/12/08(土) 18:08:35 ID:17d2aebf1 返信

    神に出会えたことを感謝します。
    3年が経過しクリック無反応が多発してどうするか迷っていたところでした。
    ありがとう接点復活剤、これからもよろしくお願いします。

    次はm570が物理的な故障で使えなくなったら記念カキコしにきます。
    10年は持つかな?

  49. 名前:匿名 投稿日:2019/01/12(土) 02:00:02 ID:0b9f9b563 返信

    M570がチャタリだして困ってましたが無水エタノールとマイナスドライバーで無事復活しました!丁寧な説明ありがとうございました!

  50. 名前:匿名 投稿日:2019/03/07(木) 21:12:16 ID:505c8ff26 返信

    おかげで直せました、有難うございます。

  51. 名前:匿名 投稿日:2019/03/28(木) 18:36:40 ID:50f6a03c5 返信

    KURE No.1424 接点復活スプレーを用いたところ、数年前に(←ここ重要)駄目になっていたM570が復活しました。クリック音も静かになって、とても嬉しいです。ありがとうございました。

  52. 名前:春道 投稿日:2019/04/29(月) 18:59:25 ID:14b9031e7 返信

    M570tで試してみました。
    画像の無印570より隠し螺子の位置が電池絵下方向で
    しかも浅いので
    力任せに掘り進めると螺子自体を彫り込んでしまう恐れがあります。
    あと、初心者としてビクビクなのはボール受けの部分が
    上の部品と分離しにくく一体化しているので
    繋いでいるケーブルを切ってしまいそうなこと。
    あとは、クリックを受ける基盤の色が、翠ではなく
    黑でした。
    では、これから電池を投入して試してみます。
    良い結果報告が出来ますことを

  53. 名前:春道 投稿日:2019/04/29(月) 19:24:17 ID:14b9031e7 返信

    残念ながら
    機体は操作を受け付けなくなりました
    再起動してみましたが変化なし
    電波発生部分に障害を引き起こしてしまったのかも知れません。
    ヤフーオークションを睨む日々になりそうです。
    折角の記事を行かすことが出来ずに申しわけありません。
    ここの記事そのものの問題ではないはずであることを
    追記しておきたいと思います。
    では、失礼をば

    • 名前:パソ活 投稿日:2019/04/29(月) 21:03:57 ID:a12d2138c 返信

      コメントでのご報告ありがとうございます。操作できなくなったとのこと、残念です。

      今まで失敗した例は聞く機会がなかったので、もしよろしければいくつか質問させていただいてもよろしいでしょうか。

      その前に基本的なことで申し訳ありませんが、本体の電源スイッチがオンになっているか・電池が入っているか・USBの受信機がささっているか、とりあえず確認していただけると幸いです。

      ●操作を受け付けなくなった、というのは全てですか?
      操作を受け付けなくなったのは、クリックだけでしょうか?それともすべての操作でしょうか?

      ●パソコンに認識されているでしょうか
      例えばデバイスマネージャーでM570は認識されているでしょうか?

      ●基盤や配線を外したりしましたか?
      フィルム配線を外したり、スイッチを分解したりしたでしょうか?(たぶん接点復活剤での修理では必要ないのでやらないでしょうけど)。あまり詳しくないですが、フィルム配線は弱いので気をつけて、というのは見たことがあります。

      ●ボール受けの部分について
      「ボール受けの部分が上の部品と分離しにくく一体化している」とのことですが、記事中にも書いてあるとおり、ボールを先に外してから作業したでしょうか。ボールをつけたまま外そうとすると、一気にガパッと外れて危ないかもしれません。自分の手元にはもうM570がありませんが、先にボールを外した状態だと、静かにフタを開けても外せるので、ケーブルを切る心配は無かったと思います。

      ●破損した可能性
      コメントでネジ・ボール・ケーブルなどで大きな力がかかった可能性があるかもしれませんが、実際、基盤を傷つけたり、ケーブルが断線するほど引っ張ったり、ということがあったでしょうか?
      ※もしくは、ケーブルが抜けている可能性はないでしょうか?

      ↓こちらは可能性は低いでしょうけど一応

      ●処置する前の症状はどのような状態でしたか?
      チャタリングの頻度など、どのくらい使用に支障があったのかなど。
      症状の重さによって、何か違いがある可能性とか。
      でも、「操作を受け付けなくなった」ので、たぶん症状がひどいのは理由にはならなさそうですね。

      ●スイッチ以外の基盤などに接点復活剤が飛び散りましたか?
      一応自分が試した限りでは、マウスの基盤に接点復活剤がドバっと飛び散っても動作に支障は出ていませんが、作業中、接点復活剤が飛び散ることはあったでしょうか?

      ーーー
      ●スイッチの色
      スイッチの色については黒もあるということは把握していますが、世代による違いなのか、イマイチハッキリしないのでよくわかりません。

  54. 名前:春道 投稿日:2019/04/30(火) 07:31:56 ID:61bfb11ba 返信

    お返事ありがとうございます。
    おっかなびっくりもう一度開けてみて
    フィルム配線部を入れ直してみました。
    全て解決した模様です。

    そこにいたるまでは、電波受信機を二つの状態にしてみたり
    別の機体に接続してみたり
    あれやら此やら手を尽くしていたのですが
    結局根本的な部分だったようです。
    螺子を無理矢理こじ開けた際に基盤を傷つけたかと
    考えていたのですが、再度開扉してみたところ
    電池ケースの周辺には何の配線も通っていなかった為
    あとは考えられるのは、上の部分につれて持ち上がってしまった
    ボール受け部分を一時的に取り外せるように
    フィルム配線部を引き抜いた作業の復旧不備であったか……と
    唯一の可能性に懸けてみました。

    お騒がせしました。

    お返事戴いた事で、再度作業に着手する氣力と勇気が湧きました。
    有り難うございます。

    • 名前:パソ活 投稿日:2019/04/30(火) 08:08:09 ID:8734f83d8 返信

      あぁぁぁ、本当に良かったです。
      そういう事例が実際にあるんだということがわかり、こちらこそ参考になりました。

  55. 名前:匿名 投稿日:2019/05/01(水) 07:07:14 ID:183620b8f 返信

    開扉作業の際には、
    当初上部部材に連れてボール受け部分が
    持ち上がってきてしまっていたのでした。

    トラックボールマウスの分解修理に習熟していないと
    構造の予測把握が出来ませんので、
    ボール受け部分ゎ上部部材と一体成形なのではなぃヵと
    勝手に理解してしまっていました。
    そこで、力づくで開扉作業を継続して
    誤ってフィルム配線部を破断してしまわぬよう
    目に見える範囲でフィルム配線部の接続部に指を伸ばして
    下の基盤部分との接触部の黑い結節点を上に持ち上げることで
    フィルム配線部を抜き取って作業を継続していたのでした。
    その後、無事上下分理が済んだあとで
    溶剤の流し込み作業も完了して
    原状復帰作業中にボール受け部分が「ぼとっ」と
    上部部材から剥落して大混乱。
    上の物は上の儘にと上部部材への一体化と
    その剥落しそうな状況をやりくりしながらのフィルム配線部の
    再接合作業で神経をすり減らしていました。
    あとで落ちついてみてみると
    三部材構成の本体部であり、尚かつ
    ボール受け部分ゎ下部部材の方に
    しっかりと差し込み部が用意されるなど
    提示画像の様な状況を再現できることが確認されました。
    が……なれない作業で予測不能の状況が示現すると
    色々と不備が発生するものです。

    急遽つなぎで動員した、古き良きPS2ボールマウス
    (これまた旧き佳きUSB1.1ポートをPS2に二分岐しキーボードと
    あわせて利用する部品を噛ませて使用)も
    この際に同様の作業をして
    快調に動作しております。
    一粒万倍ではありませんが、とにかくマウス全般の
    クリック不備についての解を得て
    千円超の投資で相当程度のお釣りが来たと
    感謝申し上げる次第です。

  56. 名前:パソ活 投稿日:2019/05/01(水) 11:00:50 ID:7d40a5191 返信

    なるほど、そんなことがあるんですね。

    これは十分に起こる可能性がありそうなので、記事にも加筆修正しておこうと思います。

    とても詳しく書いてくださったので何が原因でなるのかわかりました。こちらこそ大変ありがとうございました。

  57. 名前:春道 投稿日:2019/05/01(水) 11:47:28 ID:183620b8f 返信

    でゎ
    無粋ながら
    付随情報をば

    当方が使用したのは、Anex社製ヘクスローブレンチT6
    金355円程度(税込み)   →トルクスというのは登録商標とのことでした
    また、工具購入の際に「いじり止め」に対応しているかどうかで
    商品選擇に逡巡しましたが、
    拙所持570tでは、「いじり止め」には未対応の螺子でした。
    T6は螺子幅1.7ミリ
    標記にT6と莫い場合には上記の大きさを参考にすることになるとは
    思います(流石にもうこのあたりで清水の舞台に来ていましたが)
    いくつか眺めた工具の中には、
    先端部を取り替えることでいくつかの螺子に対応できる
    汎用性の高い製品もあり、T6までも射程に収めた製品がありました。
    手許に現物がないのでおおよその価格しか提示できませんが
    税別で438円程度だったかと思います。
    当方は、精密作業にはあまり縁がありませんので
    捜した中で一番安かった上記製品の購入に踏みきりました。

    またコンタクトスプレーですが、画像が提示されている製品の他に
    同じく呉の黒色缶で「コンタクトスプレー」というのがあり、
    価格的にも廉価であり、表面には「プロ使用」の標記もある為に、
    そちらに手が伸びかかりました。
    が、どうやら車載製品に使用することを前提としての製品の為に
    純粋な電子部品への使用は疑問符が付くと言うことでした。
    製品自体にしるされた朱文字の注意項目には
    「電子部品には再度塗布しないこと」という
    理解に苦慮する文言もあり、購入を回避し
    上掲、朱缶のコンタクトスプレーの捜索と購入
    使用に至っております。

    記憶のあるうちに……
    何かのお役に立てば幸いです

    • 名前:パソ活 投稿日:2019/05/01(水) 16:04:34 ID:dad07da41 返信

      コンタクトスプレーの黒缶はたぶんこれのことでしょうか。
      #1424 220ml
      https://www.amazon.co.jp/dp/B000TGO0ME

      コメント欄でも何人か購入された方がいて、缶本体には「ゴム・プラスチックにかかっても安心です。」と書かれていて、Amazonの質問やレビュー欄を見ても同じような内容が見当たります。

      ただし、実はその後自分でも購入して、缶本体の説明を見ても「ゴム・プラスチックにかかっても安心です。」の表記が見当たりません。素材に関しては「金属以外には使用しない」としか書かれておらず、公式ページを比較しても黒缶のほうはその表記がありません。

      参考:コンタクトスプレー│呉工業株式会社

      参考:接点復活スプレー│呉工業株式会社

      なので、一応本文では赤缶のほうを紹介しています。

  58. […] ロジクールM570の分解とチャタリング修理(スイッチ交換よりも接点復活剤がおすすめ) […]

  59. 名前:T.K 投稿日:2019/07/17(水) 12:52:24 ID:24db6c567 返信

    かれこれ5年以上使っているM570ですが、いよいよチャタリングがひどくて
    どうしようか悩んでいた所、こちらのページを発見しました。
    結果、バッチリ直りました!ありがとうございました。
    ただ、チャタリング云々よりバラして内部を見たら汚れと埃と一部金属の腐食?
    がかなり見られたので、そちらの方で寿命が来そうな感じはしました。

    • 名前:パソ活 投稿日:2019/07/17(水) 17:40:10 ID:0f5d73e7d 返信

      なるほど、汚れとホコリは腐食の原因にもなるかもしれないので、掃除したら長持ちするのかもしれませんね。でも5年も使ってるのはかなり長いほうなので、それだけでもすごいことだと思います。

  60. 名前:h.s 投稿日:2019/08/18(日) 15:42:41 ID:38d87afbb 返信

    クリックがダブルクリック動作になってしまいドライバ更新しても治らず。困ったときのGoogle先生に導かれてココに辿り着きました。
    接点復活剤を求めて近所のホームセンターに行ってみたところプラスチックには使用不可の1品と、呉工業の「接点復活スプレー」No.1424の計2品しかありませんでした。
    がっかりしながらも「接点復活スプレー」No.1424の裏面を見てみたら、用途の上の最上部に「ゴム・プラスチックにかかっても安心です」の記載があったため、こちらを試し現在に至ります。

    本記事、とても参考になりM570が元通り動作するようになりました。
    本当にありがとうございました。

    • 名前:パソ活 投稿日:2019/08/18(日) 22:44:19 ID:9233cfe2c 返信

      なんと、ゴム・プラスチックについて記載があるNo.1424もあるんですか。
      自分も1424を持っていますが記載は無いし、公式サイトにも記載がないので、一応コンタクトスプレーのほうを推奨していました。

      ①中身は同じで記載が変わった
      ②中身が変わった

      という可能性が考えられるでしょうか。たぶん同じ型番JANコードなので記載が変わっただけでしょうけど。

      1424についてはいまいち情報の信頼性が高くないので、「大丈夫かもしれないけど保留」って感じなんですよね。でも実際に買ったものに記載があるなら大丈夫なんでしょう。

      ちなみに製造年月日かどうかわかりませんが、自分の持っている1424の底に書いてある数字は
      「13D19 1」でした。

  61. 名前:maz 投稿日:2019/10/12(土) 00:15:44 ID:7e46fbb4d 返信

    バッチリ直りました!
    本当にありがとうございます!

  62. 名前:匿名 投稿日:2019/11/17(日) 14:50:13 ID:2a65441e8 返信

    丸二年でMX ERGOの左ボタンがおかしくなりました(´・ω・`)保証切れ直後で〇〇タイマー状態
    webとかの文字列範囲指定をするとスゲーイライラです。

    MX ERGOは10Mのスイッチと言ってますが、コスト的にそんなに変わらないので20Mとか50Mのスイッチ(OMRONから出てますし、Logiもゲーミングマウスなら使ってます)にすればいいのにって感じですね。MXを関しているんだしM570の何倍するんじゃって感じ。

    私はマイクロスイッチ交換派なので、スイッチを交換するとともに新品買ってデスクトップは新品、お出掛け用にMX ERGOのケースに中古を使う予定です(ヤフオクとかで2000円超で売ってますが、中華通販なら700円も出せば買えます……ただし到着に一ヶ月は覚悟しないとダメ)。

ひでぴ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。