[ コンパネ棚DIY ]ボンドだけで幅広の棚を作る

またまたキーボードが溢れてきました。早く何とかしないと棚からこぼれ落ちてしまうので収納棚を作らないといけません。

と言ってもキーボードをたくさん収納するための棚なんて販売されていないので自分で作ることに。

前回はずいぶん大掛かりな棚を作ってしまって非常に時間がかかったので、今回は低予算で簡単に棚を作ることを目標にしました。

コンパネとボンドだけで作れます。ホームセンターのカットサービスを使うので自分で切る必要もありません。

広告

自作する大きな棚の条件

今回は必要最低限のコストと手間で十分な収納力があるものを作りたくて、事前にいろいろ考えました。その結果たどり着いたキーボード収納棚の条件がこれ。

  • キーボード15枚収納可能(3台収納できる棚が4個+天板)
  • 材料は合板(90x180cm)1枚だけ
  • 費用は約2000円と激安
  • 木材カットはすべてホームセンターのカットサービス
  • 組み立てに必要なのは木工用ボンドだけ
  • 強度は十分な強さ(厚さ12.5mm)
  • 所要時間は買い出しから組み立てまで1時間~2時間

キーボード以外でも、設計図などの大きな書類棚としても使えそうです。

コンパネ棚の図面

イメージが湧きにくいと思うので完成した棚をお披露目しておきます。

この写真だけだとよくわからないので寸法を書き加えるとこうなります。

例としてキーボードを収納する場合のおすすめサイズの図面がこちら。

収納棚の図面

①~⑧までの番号がホームセンターでカットしてもらう順番です。

収納するものによって奥行を調節すれば棚の数を増やすこともできます。

キーボードの場合はだいたい奥行45cmなので180cmの合板を4つに分割するとちょうどの長さになります。

1棚あたりの幅の広さや高さの調節は上の図面の「余り」となっている部分を使えばもう少し長くすることができます。

ただしボンドだけで接着する場合は足が長すぎるとグラグラするかもしれないので、収納するものによっては注意が必要です。

コンパネとボンドだけで作る収納棚の作り方

買い出しから組み立てまでの工程を写真付きで紹介。木材のカットさえホームセンターのカットサービスを利用すれば、あとはボンドで接着するだけなので非常に簡単です。

ホームセンターで木材の購入・カット

ホームセンターで合板を1枚購入。外に平積みされてました。

ホームセンターの合板

室内で使う棚なのでなるべく表面が綺麗で反りが少ない板をチョイス。裏面がカビているものもたまにあるので一応チェックしておきます。値段は2030円でした。厚みは12.5mm。

合板の表面

最も安いコンパネにしたら1400円くらいで買えますが表面がザラザラし過ぎているので今回は普通合板にしています。

自分で切るのは大きくて大変なのでなるべくホームセンターのカットサービスを頼みます。コーナンは10カットまで無料。

ホームセンターの木材カットマシン

棚の組み立て

↓1枚の合板からカットした部品がこれ。

木材を切り出した部品

角がガサガサしているので、ヤスリで軽く面取りをして、

ランダムサンダ

あとは木工用ボンドでくっつけるだけ。

速乾性木工用ボンド

これだけで1段完成です。

収納棚1段完成

あとはボンド付けて重ねてを繰り返すだけで収納棚の完成です。

キーボード収納棚

まとめ

↓今回作った合板の棚を今まで持っていた収納棚にはめ込んだ状態。

キーボード60台ほど収納

キーボード1枚あたりの高さが3.5cmと低いので無駄なく積み重ねていけば効率的に収納できます。

上の写真ではたぶんキーボードが50台から60台ほどありますが、幅70cmほどのスペースにすべて納めることができてます。

上の写真の基礎になってる大きい本棚を作った時はなかなか大変でした。

今回作成したコンパネ棚より前に作った棚は大掛かりだった割にはコスパが悪かったので反省材料です。

広告

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。