アドセンス以外のスマホ広告「nend」「AMoAd」の収益性を2ヶ月間テスト

スマホ広告として通常時はGoogleアドセンスのみを掲載していたんですが、他のアドネットワークも試してみたかったのでnendAMoAdを導入して2ヶ月ほどテストしました。

いろいろな配置・いろいろなABテストで比較してみたので(規約で正確な数値は公開はできないけど)アドセンス以外のクリック課金型広告を検討している人は参考にしてみてください。

nendとAMoAdで同じサイズ・同じ位置の広告は、WordPressプラグイン「Ads by datafeedr.com」を使ってABテストしているものもあるので比較条件としてはまぁまぁ良好だったと思います。

nend

nend(ネンド)はGoogleアドセンス同様、クリック課金型の広告プラットフォームで、スマホのみに表示される広告です。

スマホでWebサイトを見ていると以下のようなバナー型の広告をよく見かけます。

クリック課金型広告ではこれらのバナーをタップするとWebサイト運営者に広告収入が入ってくる仕組み。

広告リンクを自分で貼らなくても表示してくれるので管理が楽ちんというメリットがありますが、クリック単価が微々たるものなのでアクセス数が多くないとお小遣い止まりになるというデメリットもあります。

nendの運営会社は最大手のASP「A8.net」を運営している「株式会社ファンコミュニケーションズ」なのでいきなりサービス終了するような不安は少なめかなと思います。

実際にネット上の評判を探しても概ね良い評価・・・。ただし評判が良いのにはカラクリもあってnendの紹介報酬が2000円と高いので絶賛されやすくなってます。(キャンペーンで変動することもあり)

実際に使ってみるとわかりますけどクリック単価が6~10円ほどなのでアドセンスと比べたら低すぎてメインにはなりません。アドセンスプラスアルファならおすすめしますけどあくまでサブです。

※2016年8月からアドセンスの掲載枚数に3枚までという上限が無くなったので、たくさん掲載できるというメリットも薄れました。

ただしスマホゲームやアプリの広告が多いのでジャンルがバッチリ合うなら検討の余地があります。

また、アドセンスが掲載できないジャンルに貼れるというのは大きな違いのひとつ。むしろこの理由でアドセンスが使えない人と相性が良さそう。

あとnendの良い点として管理画面の使い勝手が良くて広告の作成であまり迷うことがありません。自分でCSSをカスタマイズしてレイアウトを自由に変更できるネイティブ広告もあります。

総合してアドセンス以外のアドネットワークの中で比較するぶんには普通におすすめできます。

ただし広告を貼りすぎるとページ読み込みは重たくなるしページの下のほうはほとんどクリックされないのでほどほどにしないといけませんけどね。

nendのアカウントを作る場合、実はよく見たら「本人OK」になってるのでA8.netのアカウントを作ってから自分でnendのアカウント作成すると紹介報酬をゲットできる可能性もあります。(でもnendの紹介報酬の条件は15日以内に350クリック発生と書いてあるので、アクセスの少ない個人ブログだったら厳しいかも)

AMoAd

AMoAd(アモアド)もnend同様クリック課金型のスマホのみに表示されるアドネットワークです。

運営会社はアメブロを運営している「株式会社サイバーエージェント」。東証一部上場の大企業。

nendのような紹介報酬(アフィリエイト報酬)が無いのでブログなどでレビューされることがほとんどありませんけど、その割にはアドネットワーク利用者の知名度がそこそこあってそんなに悪い評判も聞きません。

そんなに悪くないので紹介報酬があったらもっともっと露出が増えるんだろうなぁと思います。

nendの紹介報酬が高いばっかりにAMoAdがnendの引き立て役としてブログに書かれることが多くて何だか損なポジションだなぁと思う場面が多いです。

2ヶ月使ってみて感じる点として、最初の1ヶ月はなかなか好成績だったんですが途中からすべての広告でガクッと単価が下がってしまいました。(2~4円とか)

スマートフィルタリング的なものに引っかかったのか、単なる時期的なものだったのか、理由はわからず決めつけることはできないので、そういうことがあったということだけ書いておきます。タイミングに寄ってはnendでも途中で落ちることがあったかもしれませんしね。

クリック単価はnendより低めですがインプレッション収益(表示されるだけで少額の報酬)が発生することが時々あってeCPMで比較するとnendと良い勝負になることもありました。とくに300×250のレクタングルでインプレッション収益が発生することが多かったように思います。

目立つデメリットとして初期設定の不明点が多かったり管理画面がかなり使いにくかったりします。

マニュアルは古いままで公式サイトはリンク切れになっているところもあるし、広告名の決め方のルールがわかりにくくていちいち問い合わせメールしたりとインフラの整備が不十分だと感じるところが多々あります。AMoAdやるなら細かい点で時間を奪われると思っておいたほうが良いかも。

個人的にはサイバーエージェントがAMoAdにそんなにリソースを割り振っていないのかなぁと感じるので今後どうなるのかちょっと不安。

問い合わせメールの返信はそこそこ速いしサービスを良くしようとする姿勢は伝わってくるので悪い印象は無いんですけどね。

⇒ AMoAd

収益性の比較

最初の1ヶ月くらいは良い勝負でしたけど2ヶ月目あたりになるとAMoAdの単価がガクーッと下がって勝負にならなくなりました。

掲載位置は「記事タイトル下」「関連記事下」「画面下オーバーレイ」の3種類を試してます。

あと、説明の中で出てくる単語がわからないかもしれないので簡単に説明をしておきます。

  • インプレッション(imp) → 広告が表示された回数
  • CTR → クリック率
  • CPC → クリック単価
  • eCPM → 1000インプレッションあたりの収益額

とくにeCPMは収益性の比較としてよく使います。この数値が大きいほど収益性が良いと思っておけばOKです。

記事タイトル下(320×100)

スマホ記事タイトル下広告

320×100サイズのバナー広告を記事タイトルのすぐ下に配置してテストしました。

テストだから試してみましたけど個人的には本文が始まる直前にいきなり広告があるのは流れをぶった切り、間違った情報を伝えてしまう可能性があるのであんまり好きじゃありません。

記事冒頭にアイキャッチ画像がある場合は広告と画像が連続してコンテンツが結構下に追いやられちゃいますしね。

ただしよく採用されて見慣れているので、読者は意外と慣れるものなのかもしれませんけど。

nend・AMoAdともに10000インプレッションくらい計測して、nendのほうが収益性が高かった(AMoAdが低すぎた)けど、どちらもeCPMが10円(1000PVで10円)にも届かないので効果は低かったです。

ちなみにiPhone5sやSEなどの横幅が320pxのスマホだとnendは自動的に縮小されて本文幅に収まってくれるんですが、

↓AMoAdは画面外にはみ出して横スクロールが発生してしまいます。

これを修正するために以下のようなCSSをモバイルのCSSに記述してごまかしてます。

「.article」や「-13px」の部分は使用しているブログのテーマ(テンプレート)によって違ってきます。

AMoAdには修正の要望としては意見しているのでそのうち対応してくれると良いんですけどね。

記事下の関連記事の下(300×250)

300×250のレクタングル広告を記事本文下の関連記事の下に配置しました。

記事本文直下のほうが当然収益性が高いですがそこはアドセンスの特等席なので今回はテストしてません。

こんなにページの下のほうまで読む読者は1割前後しかいないのでクリック率は非常に低くなります。

あまりにも見られることが少ないとページ読み込みが遅くなるデメリットのほうが大きくなるので広告効果が低いようなら掲載するかどうか考えないといけません。

eCPMはどちらも10円(1000PVで10円)に届かない程度の低さの割に広告サイズが大きくてページ読み込みが遅くなるので掲載しないことにしました。

ちなみにAMoAdはインプレッション収益(表示されるだけで発生する収益)も含まれているので実際よりも高めに見えます。あまり頼りにならない指標なのでeCPMで判断したほうが良いと思います。

オーバーレイ(320×50)

320×50サイズのバナー広告がスマホの画面下に常に固定されます。

nend・AMoAdともに広告素材がチカチカすることはありますが消えたり移動したりすることなく固定されています。

※nendは昔は固定されてませんでしたが公式ブログによると2015年6月16日より固定で表示されるようになりました。

他のアドネットワークのオーバーレイだとボヤァっと上から降りてきたり広告が切り替わる時にせり上がったりするものがあるので、それに比べたら誤タップしにくくなってると思います。

eCPMはnendが50円弱。AMoAdがその半分程度になりましたけど実はAMoAdのオーバーレイはローテーション広告だと表示回数が多くなるので、レポート画面の数値より実際の収益性は高くなります。nendよりは少し低いかなと思いましたが、半分までは低くないという感触。

nendのほうが安定性はあるかなとは思いますけど測定環境によっても変わりそうなので一概に優劣をつけにくい結果になりました。

ーーー

※ちなみにアドセンスの広告の配置に関するポリシーでは「偶発的クリックの誘導」の部分で他の要素と重なることについて書いているのでオーバーレイとアドセンスを併用しても問題ないのか直接アドセンスサポートに問い合わせたところ、固定されるタイプのオーバーレイならアドセンスと併用しても問題ないようです。

他社ネットワークのオーバーレイ広告と AdSense の併用につきましては、特に問題ございません。ただし、ページに設置されている他の AdSense 広告への偶発的なクリックの原因となる可能性がございますため、ユーザーのスクロールによって移動したり、消えるタイプのオーバーレイ広告はポリシー上おすすめしておりません。そのため、AdSense と併用される場合は 320×50 サイズの広告がスマートフォン画面の一番下に固定され、ページが上下にスクロールされても同じ位置に留まる広告ユニットをご利用いただくことをおすすめしております。

まとめ

nendとAMoAdを2ヶ月程度テストして収益性を比較してみました。

どっちみちアドセンスのほうが収益性が高いので全体には大きく影響しませんが、アドセンス以外に採用するなら収益と使いやすさの両面で考えてnendのほうが良いという結果になりました。

といってもほとんどの場合はアドセンスのほうが収益が高いので、よっぽどジャンルの相性が良いか、アドセンスが掲載できないジャンルを扱っていない限りは導入を検討しなくても良いと思います。

相性が良さそうなのはゲーム・スマホ・暇つぶし・雑記ブログくらいでしょうか。当ブログ(パソ活ラボ)みたいに堅苦しくて長文記事が多いなら相性は悪いと思います。

⇒ nend

⇒ AMoAd

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。