木工用ボンドでサビ取りできると聞いたので試してみた、けど意外と大変

木工用ボンドでサビ落とし

自転車のサビが気になりだした今日このごろ。

(すでに手遅れなほど錆びてるけど)急に思い立ったようにサビ取りについて調べたところ、何やら木工用ボンドでサビが取れるらしい?というネタがあったので試してみました。

乾燥させるのに時間がかかるけど、思ってたよりは木工用ボンド、自転車のサビ取りに効果あります。

広告

ボンドでサビ落とし

今回サビ落としを試すのはこちらの自転車のサドル。

自転車サドルのサビ

これはひどい。(※やった後でわかったけど、このサビはスチールブラシでこすってもなかなか落ちないほどの酷いサビです)

どうやら、サビに木工用ボンドを塗って剥がすだけでサビがごっそり取れるらしい。ほんまかよ。

木工用ボンド

ていうか自分が持ってるのよく見たらボンドじゃなくてセメダインだった(汗)

どうでもいい小ネタですけど「ボンド」はコニシ株式会社の登録商標です。できることは木工用ボンドも木工用セメダインも一緒ですけどね。

これをサビがある部分に塗り塗りして、

数時間放置すると徐々に固まって透明になっていく。

ほんとは全部透明になったらOKみたいみたいなんですが、どうやら自分は厚く塗りすぎてしまったようで、10時間ほど待っても白い部分が全部透明になりませんでした。

白い部分はまだ中でジュクジュクの状態なので剥がすには早すぎ。でももう待てないのでこのまま剥がす。

案の定、まだ白い部分は乾いてないのでベタベタしちゃいます。時間に余裕があるなら全部透明になるまで乾かしたほうが良いと思います。

↓黒い部分がボンドと一緒に剥がれたサビ。

とりあえず剥がせる部分だけ剥がしたけどかなりボンドが残ってしまったので後片付けが大変・・・。

↓でもぱっと見ただけでもサビが取れてるのはわかる。

残ったネバネバはヘラやスクレイバーを使ってこそぎ落とします。すごい面倒だったので、やっぱりボンドが透明になるまで乾かしてから綺麗に剥がしたほうが良さそうですね。

サビ取りビフォーアフター

↓最初のサビっサビの状態がこれ。

↓そしてこちらが木工用ボンドでサビを落としたアフターの状態。

意外にもボンドでサビが取れた部分がハッキリわかるくらい変化がありました。根深いサビなので全然綺麗には取れなかったけど。

※後でスチールブラシとかも使ったけどどっちみち取りきれなかったので、木工用ボンドもなかなか優秀なレベルです。

自転車のサビ取りなら他の方法も

木工用ボンドだけでそれなりにサビを落とせるのは結構すごいと思ったんですけど、

ボンドでのサビ取りはとにかく時間がかかるし剥がしにくいのでもうやらないかも。

どっちみち頑固なサビはスチールブラシでこそぎ落としたりするし。

他に試した方法ではピカールケアー付けてスチールブラシやボンスター(目の細かいスチールウール)でこすったほうが速くサビ落とせました。

ピカールって灯油のような成分でサビをある程度浮かして、3ミクロンほどの研磨剤(やすり4000番相当)が入ってるのでサビ落としにそこそこ向いてるらしい。(臭いがキツいけど)

ちなみにピカールケアーがチューブタイプで自転車のサビ落としに使いやすいのでおすすめ。

ピカール液は成分が全く同じで液状。ピカールラビングコンパウンドは研磨剤の粒子がより粗いのでもしかしたら頑固なサビに向いてるかも(未確認)。

ピカールはウェス(布)で磨けば粗めのコンパウンド的にちょっとした光沢も出せるので作業的に一石二鳥というのも良い点。

↓あと、ボンスターだけでも表面の軽度なサビだったら簡単に落とせる。

ボンスターでメッキが剥がれないか心配になるけど、クロームメッキって結構固いらしいです。

他にもサビ取りクリーナーとかサンポールに浸けるとか、ありとあらゆる方法があったけどなるべく安く速くそこそこ効果の高い方法はピカールケアーとボンスターでした。

広告

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。