マイネルのミニカホン届いたけど安っぽいwwwカホニートにすれば良かったかも

マイネルのミニカホン

どどーん。マイネルのミニカホンがついに届きました。

思ったよりも安っぽい質感です。まぁもともと3600円くらいなので楽器というよりはおもちゃですしね。楽器で良いの買おうとしたら10万円くらいざらにあるわけだし。

↑この瀬戸さんの動画がきっかけで購入しました。自分が買ったのは色違いの「Natural Body / Almond Birch Frontplate 」

※追記:記事の最後のほうでカホニートについても書いたり動画貼ったりしてます。

スポンサーリンク

ミニカホンの見た目

これがマイネルミニカホン。外から色が分かりやすくて良いですね。叩くこともできるので秀逸なパッケージ。

ミニカホンの外観

表の板を取り付けているビス止めがどんな具合か見ることができますし。このまま店頭に並んでいても中身を開けてもらって見る必要はなさそう。

ちなみに本体がケースにピッタリ収まりすぎて取り出すのが大変でした。カホンの天板を指でつまんで引っ張るんじゃなくて逆さまにしてケースを持ってストンストンと落とすとスポッと抜けます。

ミニカホンの外観

中身をひと通り触ってみた第一印象としては、

安っぽいwむっちゃ安っぽいwww

大量生産してるんだなぁってことがひしひしと感じられる作りになってます。

↓下部のロゴ。なんとなく表面に塗料が乗っかって雑な印象。まぁしかたない。ネジ周りの仕上げもちょっと雑。

下の方はあまり叩かないだろうから剥げる心配は無いと思いますけど。あと表板は塗料のテカテカが目立って表面を擦った時の触り心地はあまりよくありません。叩く分には問題ないですけどね。表板がナチュラルのほうが組み合わせとしては良かったかもしれません。

続いて天板と側板、ボディ部分。

↑これがいかにも合板!って感じ。「木の温もり」が欲しい人にとっては間違いなく物足りません。所有欲を満たすのは難しそう。

裏面はバス音が出るための穴があります。

ちょっと試してみたらこの穴の塞ぎ具合によってバスの音程が変わりました。

そして中身にはスネアドラムみたいな音が鳴る「スナッピー」が取り付けられています。

スナッピーがあるから叩く場所によって「ザッ!」という音がなるのがカホンの大きな特徴になってますね。

側面を叩けば木の「コツコツ」という音なので出す音を使い分けできれば面白そうです。

普通サイズ(椅子の大きさ)のカホンだとスナッピーが左右に1本ずつ付いてるけどミニカホンは中心に1本だけ。

緑色の硬いナイロン紐みたいなものでスナッピーが表板に押さえつけられています。ということはスナッピーを外せばわざと「ザッ!」音を減らせます。

続いて裏面のゴム足。可もなく不可もなく。

ただし最初から粉っぽいものがついてました。

足の上に置いて叩こうとしている人は最初に掃除したほうが良さそう。

ミニカホンなので価格相応の品質

まぁ値段が値段なので質感はそれ相応のものですが隙間時間にバシバシ叩くおもちゃとしては十分に楽しめます。子供のおもちゃとしても良いかな?ただしサイズの割に音量はかなり大きいです。まがりなりにも楽器。

あとサイズが小さいからか狙った音を出そうとしたらかなり難しいです。そこまでちゃんと演奏したいならもうちょっとちゃんとしたカホンを買ったほうが良いかもしれませんね。

まぁでも小さいので足の上に置いて気軽に叩けるメリットもあるのでこれはこれで一応楽しめます。

↓自分の買ったミニカホン。

カホニートが欲しくなった

でもさすがにミニカホンはお値段なりのクオリティだったのでもうちょっとだけ予算が許せばカホニートのほうが満足度は高かったような気がしますねぇ。

↓これがカホニート。裏表で音が違って少し大きいので音色の違いを出しやすい。

↓メーカーはマイネルじゃなくてシュラグヴェルク。

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。