サイトマップを生成するWordPressプラグイン「PS Auto Sitemap」

簡易的ではありますけどサイトマップを作りました。WordPressのプラグイン「PS Auto Sitemap」を使っています。

カテゴリと記事タイトルが生成されるシンプルなものですが特に問題なくサイトマップとして機能します。

スポンサーリンク

プラグインのインストール

プラグインのインストール・有効化の手順についてはこちらの記事を参考にどうぞ。

実はプラグインをインストール・有効化しただけだとサイトマップは作成されていません。いろいろ自分で設定が必要です。

サイトマップ用のコードをコピーする

まずはサイトマップを生成するコードをコピーします。

PS Auto Sitemapの設定画面を開く

まずは左サイドバーにある「設定」→「PS Auto Sitemap」をクリックして設定画面を開きます。

PS Auto Sitemap設定画面

コードをコピー

設定画面の下のほうにサイトマップが生成されるコードがあるのでマウスでドラッグして選択しCtrl+Cでコピーしておきます。

サイトマップ生成コードをコピー

サイトマップを表示するページを作成

次に取得したサイトマップのコードを貼り付けるページを作成します。

固定ページを新規追加

続いてサイトマップを設置する固定ページを作成します。

まずは固定ページの新規追加をクリック。

WordPress固定ページを追加

HTMLモードに切り替え

次にサイトマップ生成コードを貼り付けるにはテキストモード(HTMLモード)にする必要があるのでビジュアルエディタモードになっている場合は切り替えます。

ビジュアルエディタからテキストエディタに切り替え

サイトマップコードを本文に貼り付ける

ここで最初にコピーしておいたサイトマップ用のコードを本文に貼り付けます。

サイトマップコードを貼り付け

非公開設定にして更新する

この時点ではまだサイトマップが生成されていないので公開しないように注意してください。

サイトマップの設定に必要な記事固有のIDを取得するために、非公開で良いのでいったん更新します。

WordPress固定ページ非公開にして更新

記事の ID をURLからコピー

更新したことによって記事のIDが作られるので「どこにサイトマップを作成するのか」設定するためにURLから記事のIDをコピーします。

先ほどの「更新」ボタンを押した後URLを確認してみてください。

WordPress記事IDを確認するためにURL欄を確認

URLの中にある「?post=」の後ろにある数字が記事のIDになっているのでこれをコピーするかメモしておきます。

WordPress固定ページ記事IDの確認

上の画像の場合「5795」の部分が記事のIDですね。

サイトマップを表示する記事を指定する

PS Auto Sitemapの設定画面で先ほどコピーした記事IDを「サイトマップを表示する記事」入力欄に貼りつけます。

サイトマップを表示する記事を指定

「変更を保存」ボタンをクリックします。

PS Auto Sitemap設定

固定ページを公開する

これでサイトマップを生成する準備が整ったので非公開にしていた固定ページを公開します。

WordPress固定ページを公開

完成したサイトマップを確認する

ここまでの設定が間違っていなければ先ほど公開した固定ページにサイトマップが生成されています。

サイトマップが生成されているか確認

カテゴリと記事が表示されているだけのシンプルなものですが記事数が少ない内は便利に使えそうです。

サイトマップの完成イメージの参考にどうぞ。CSSをいじってたりするので初期設定じゃないですけど。

※追記:WordPressプラグインについてまとめ記事を書きました。

<関連>
PS Auto SitemapのCSSカスタマイズ

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。