Adblock PlusによってAmazonのリンクが非表示になってしまう問題

ブロガーのみなさんはAmazonのアフィリエイトリンク(Amazonアソシエイト)を作成する時は何を使っているでしょうか。

カエレバのようなWebサービスだったりAmaQuickのような拡張機能だったりいろいろありますが、今回はAmazon純正のリンク作成についてです。

「純正のリンクだから広告ブロックの影響なんて受けないだろー」、と思ってたら、どうやらChrome拡張機能のAdblockにブロックされて、リンクが非表示になってしまうようです。

Amazon純正リンクを利用しているサイト運営者は、一度自分の目で確認してみたほうが良いかもしれませんよ。

この記事では純正のAmazonリンクがAdblockによってどんなふうに見た目が変わってしまうのか、スクリーンショット付きで紹介しています。

スポンサーリンク

Adblock Plusによって広告が非表示になった時の見た目

実際にAmazon純正のアフィリエイトリンクを貼り付けてたのがこれ。

↓↓↓

↑↑↑

これがAdblock Plusを利用しているかどうかで見た目が違います。

↓※ここから先はリンク部分を画像にして貼り付けしています。

正しく表示された場合

Adblock Plusを使わず正しく表示されていればこのような見た目で、

Adblockにブロックされた場合

Adblockを利用しているブラウザでリンクが非表示になると、以下のどちらかの見た目になるはず。

パターン①.リンク部分が無くなり、スペースが詰められる。

パターン②.リンク部分がグレーになる。

ーーー

もしスペースが詰められてしまう ① だと、そもそもリンクが無かったかのように見えてしまいます。

例えば正しくはこのような文章中のリンクが、

こんなふうになってしまいます。

この文章の流れだと、もともとリンクがあったことに気づかないですよね。

まとめ

世界と比べると日本の広告ブロック利用者はかなり少く、そこまで影響は大きくないと思いますが、徐々に広告ブロック利用者が増えていくことは確実なので、一応サイト運営者は「AmaQuick」などのリンク作成ツールを使って、どのユーザーにも表示されるようにしておくのがベターだと思います。

Amazonの商品リンクは記事内容と関連性の高い商品がしっかり紹介されていることも多く、読者にとっても確実に表示されたほうが良い場合が多いはずです。

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

Amazonでの買い物について

当ブログではAmazonの商品をよく紹介しています。

いつもコンビニ払いしている人は、Amazonギフト券をチャージするとポイントが余分にもらえるので、今まで知らなかったという人は読んでみてください。

・キャンペーン中なら初回購入で1000ポイント付与
・チャージする金額によって0.5~2.0%ポイント付与

Amazonギフト券チャージタイプの詳細はこちら

また、プライム会員ならさらに0.5%上乗せされます。

ーーー

プライム会員の特典は「お急ぎ便無料」「プライムビデオで多数の映画やアニメ見放題」が特にお得。それ以外にも音楽・読書の使い放題サービスあり。

料金は年額3,900円(月換算325円)で、世界的に日本だけなぜか破格の安さになっているので、配送・映像・音楽・読書など、一部でもよく利用する人なら非常におすすめです。

プライム会員の詳細はこちら

学生ならPrime Studentがさらにお得

スポンサーリンク

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

制作物:「ノイズレスサーチ

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

記事が良いと思ったら、Twitterでツイートしたり、ブログなどで紹介してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

『Adblock PlusによってAmazonのリンクが非表示になってしまう問題』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/05/02(水) 15:28:22 ID:bb8c91f1c 返信

    アフィカス

  2. 名前:もぐお 投稿日:2018/10/04(木) 13:29:31 ID:4540533ea 返信

    ちなみにこちらの対処法はどういった方法があるのでしょうか?

    • 名前:パソ活 投稿日:2018/10/04(木) 15:53:01 ID:8e6b33076 返信

      運営者側、読者側、どちらにとっての対処法でしょうか。

      運営者側だと、文中最後にリンクしてある「AmaQuick」などのリンク生成ツールを使えば広告ブロックの影響を受けないのでベターな解決方法になると思います。

      そもそもAmazon純正リンクは必要なリンクであるにも関わらず今回のように広告ブロックの影響を受けたり、表示速度が遅かったりするので、あまりおすすめできるものではありません。

      読者側にとっての対策は、リンクが表示されるように広告ブロックをそのサイトでオフにするくらいしか思いつきません。

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。