Adblock PlusによってAmazonのリンクが非表示になってしまう問題

ブロガーのみなさんはAmazonのアフィリエイトリンクを作成する時は何を使っているでしょうか。

カエレバのようなWebサービスだったりAmaQuickのような拡張機能だったりいろいろありますがこんかいはAmazon純正のリンク作成についてです。

純正のリンクだから広告ブロックの影響なんて受けないだろーと思ってたらどうやらAdblockにブロックされて非表示になってしまうようです。

Amazon純正リンクを利用しているサイト運営者は一度自分の目で確認してみたほうが良いかもしれませんよ。

この記事では純正のAmazonリンクがAdblockによってどんなふうに見た目が変わってしまうのかスクリーンショット付きで紹介してみます。

スポンサーリンク

Adblock Plusによって広告が非表示になった時の見た目

実際にAmazon純正のアフィリエイトリンクを貼り付けてたのがこれ。

↓↓↓

↑↑↑

これがAdblock Plusを利用しているかどうかで見た目が違います。

↓※ここから先はリンク部分を画像にして貼り付けしています。

正しく表示された場合

Adblock Plusを使わず正しく表示されていればこのような見た目で、

Adblockにブロックされた場合

↓Adblockを利用しているブラウザでリンクが非表示になるとこのような見た目になるはず。

リンクがなくなるだけじゃなくスペースが詰められてしまうので、例えば文章の途中にリンクを置いた場合そもそもリンクが無かったかのように見えてしまいます。

例えば正しくはこのような文章中のリンクが、

こんなふうになっちゃいます。

この文章の流れだともともとリンクがあったことに気づかないですよね。

広告ブロックを利用しているユーザーはどのくらいいるのか

じゃぁどのくらい影響するのか。日本でAdblock Plusなどの広告ブロック機能を利用しているユーザーはどのくらいいるんでしょうか。

参考:「広告ブロック」時代に、メディアは何ができるのか? | 平 和博

上記ページとAdblockレポートによると日本では約 2% が広告ブロックの機能を利用しているようです。


img by https://blog.pagefair.com/2015/ad-blocking-report/

どうでしょうか。世界平均は約6%で日本はかなり広告ブロックの利用率が低いみたいです。

もし自分がAmazonリンクを全部純正で作ってたらこのために修正するかどうかは正直迷うかもしれません。ものすごく手間がかかるから。

それよりもAdblock Plus側が対応して欲しいところですね。アドセンスと違ってAmazonのリンクはサイト運営者の意図も含まれているのでブロックしないほうが良いんじゃないかと個人的には思います。

もし他のリンクに貼り替えるとしたらChrome拡張機能のAmaQuickがおすすめかな。

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。