北斗の拳タイピング「激打MAX」自信があるならおすすめのゲーム

北斗の拳タイピング

軽い気持ちで始めた北斗の拳タイピング「激打MAX」(げきうちマックス)がそれなりにタイピングの練習になったので軽く紹介してみます。進め方によってはタイピングに自信のあるタイパーでも楽しめそう。

激打MAXはYahoo!モバゲーの中にあるゲームコンテンツで、

「どうせガチャとかで強いカード引かないと勝てないようになってるんだろ?」

と思ってたら結構タイピングのスピード・正確性ともに要求されるゲームでした。どのくらいかって言ったらタイプウェル国語Rが35秒程度の自分でもボスに勝ったら達成感を感じるくらい。

ステージが進むとかなりの長文も出題されるしミス制限厳しいし英語や数字も出題されてテンポも良いのでなかなか優秀です。

スポンサーリンク

北斗の拳タイピング「激打MAX」

やってみようかなと思って初めて気づいたんですがYahoo!モバゲーの中にあるゲームです。

モバゲーというとガラケーやスマホでポチポチやってる姿しか想像してなかったんですけどパソコン版もあったのは知らなかった。

利用するにはヤフーアカウントが必要でモバゲー用のニックネームを決めないといけません。

↓モバゲーのページ。


北斗の拳激打MAX

かなりの長文も出題される

ステージが進んでいくとかなり長い長文も出題されるのでタイピングに自信がある人にとっても歯ごたえがあります。ステージ途中の分岐で難易度が高いルート(L)を選べば時間制限も厳しい。

さらにはミス制限も厳しくて短文だろうが長文だろうが同じ回数までしか許されないので長文を打ち切るのは割とマジでタイピングの練習になります。

敵によっては2回ミスしただけで攻撃できなくなることもあるくらい。

問題文が豊富で質が良い

タイピングを楽しみたい人にとってかなり重要なポイントなんですが激打MAXは問題文の収録数が多く質が良いです。

基本は北斗の拳に出てくるセリフなどが出題されるんですがステージごとにテーマが決まっていて、

挨拶文、英単語、数字、濁音、国名、俳句、世界遺産、などなど10種類以上のテーマがあります。

短文は時間制限が厳しくて初速が要求されるし長文はミス制限が厳しいなど問題のバランスが良いです。

↓こちらの動画は短文と長文がバランス良く出題されてます。こうして見ると短文の時間制限がシビア・・・。

テンポが良い

問題文を打ち切ったらEnterキーで演出をカットできるのでかなりサクサクすすめることができます。余計な時間を取られないので純粋にタイピングを楽しみたい人にとっては好印象だと思います。

タイピング好きのための激打MAX攻略

激打MAXの攻略については激打MAXのWiki電脳端末救世主伝説などの超詳しいサイトを見ればすべて載っています。

ただし激打MAXの攻略というのはイベントに合わせてアイテムを温存したり運営の時間帯に左右されたりするのでタイピングだけ楽しみたい人には方向性が合いません。

仕方ないですけどソシャゲはレベルが高くなると作業ゲーもしくは課金ゲーになっちゃうんですよね。

なのであくまで「ある程度のレベルまでタイピングを楽しめれば良い。ゲーム内のスケジュールに振り回されたくない」という人のためのちょっとした攻略情報程度に留めて書いていきます。

まず特典のガチャを回す

いつまで特典が続くかわかりませんけど最初にノーマル石版20個と期間限定石版が5個もらえます。いろいろな奥義や強化之書を取れるのでチュートリアルが終わったら最初にガチャするべし。

※ここで後述する貴重な奥義やある程度攻撃力が高い奥義が出ないとすぐ壁にぶつかるかもしれません。

貴重な奥義は捨てない

最初は意味がわからずに捨ててしまう可能性があるいろんなカード(奥義)ですけど、もし最初の特典ガチャで以下の奥義が出たら捨てずに取っておきます。

  • 水影心 (強敵戦の主戦力、できれば★3、なければ★4でも)
  • 二指真空把 or 無想陰殺 or 柔の拳
    (死闘伝・強敵戦で活躍、2枚程度★3のものを)
  • アミバ流北斗神拳 or 転龍呼吸法 or 各キャラ名言
    (全攻撃を倍加、このゲームの要となる奥義、数枚揃うまで開眼不要)
  • 人質 (強敵で死なないための必須奥義、★1を2枚程度)
  • 拳法殺し (ダメージを与え一定時間敵の攻撃が無効に。できれば★3、タイピング得意なら死闘伝で活躍)
  • 攻40以上の★1の奥義 (デッキの穴埋めでステ強化に使える、最初のうちは開眼不要)
  • 無垢の光 (死闘伝で体力回復用)

via:初心者指南 – 北斗の拳 激打MAX ~1億人のタイピング伝説~ Wiki*

タイピングに自信があるなら「二指真空把」とかの攻撃反射系の奥義を使って戦い、ボスでタイプミスしたら即死するようなヒリヒリした勝負が楽しめます。

↓ボス戦を動画に撮ったのがこんな感じ。

動画を見ると体力余裕で勝ってるように見えますけどボスの1番上にある奥義を喰らったら即死するので、1:07あたりでミスして反射の効果が切れた時は内心焦ってます(笑)

攻撃反射系の奥義が2~3枚あってタイピングで全くミスをしなければレベルが低くてもほとんどのボスに勝てます。

逆に言うとレベルや奥義が弱いと攻撃反射系の奥義なしではタイピングがどんなに速くてもボスに勝てません。

あと、上の動画ではだいたい1000打鍵くらいしているのでほとんどミス無く打ち切るのはなかなか難しいですね。

↓攻撃反射系の奥義の見た目はこんなやつ。

北斗の拳タイピング

特典の経験値アップアイテム「闘神之書・七日」を使う

ずーっと攻略していくわけじゃないので集中して楽しめるように最初に経験値アップの特典アイテムを使っちゃいましょう。

闘神之書

いつまで配布されるのかわかりませんが「闘神之書・七日」は7日間経験値が3倍になるので行動力が無くなる前にレベルアップ→行動力回復して連続して遊べます。

常に難しいルート「左(L)」を選ぶ

ストーリーモードでは難しい左(L)か右(R)を選ぶんですがタイピングに自信があって楽しみたいなら左(L)を選びましょう。

激打MAX難易度選択

左(L)は経験値が右(R)と比べて1.5倍になるのでより速くレベルアップ→行動力回復して連続して遊べます。

ただし左(L)はステージが進むとほんとに難しくなります。レベルや奥義の強さにもよりますけど一度ルート選択したらそのステージでは戻れないのでほんとに無理だと思ったら右(R)を選択しましょう。

とくに数字と英語はタッチタイピングが難しく攻撃反射の奥義が使いにくくなるのでよく考えて。

ガソリン(行動力回復)もどんどん使う

だいたい攻略サイトには「行動力節約or経験値アップイベントまで大事に取っておきましょう」って書いてますけど一通り楽しんでレベルが上がってしまったらあとはカードゲームみたいになってしまうので楽しめる最初のうちにすべて使ってしまいます。

レベル38あたりでやめる

最初に闘神の書を使って経験値を3倍にしてすべて(L)ルートで経験値1.5倍にしてガソリンをすべて使うと、だいたいレベル20前後で行動力が無くなって止まります。

その後も1週間は経験値3倍の効果が続いているのでそれなりにレベルアップしますがさらにその先になるとレベルアップしにくくなります。

レベルアップに必要な経験値の表を見るとレベル38から39になるところで必要な経験値が急激に上がってます。

  • 36から37に必要な経験値・・・799
  • 37から38に必要な経験値・・・847
  • 38から39に必要な経験値・・・2724

ここから一気にレベルが上がりにくくなる→つまり行動力が回復しにくくなるので「行動力回復→レベル溜めor強化」などの作業ゲーになってしまいます。

タイピング楽しみたいだけならここらへんがゲームのやめ時かなと思います。ただしこういうゲームはやめるのが難しいだろうから気をつけてください(笑)

ーーーーー

※ちなみにニコニコアプリに激打MAXとほとんど同じの百裂MAXもありますが今回のような楽しみ方はやりにくいです。

特典のガチャがほぼ無いので初期装備の奥義が弱くてすぐに壁にぶつかって行動力の回復を待たないといけなくなります。

↓なのでタイピングをガシガシと楽しみたいなら激打MAXのほうがおすすめ。


北斗の拳激打MAX

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。