老猫キャリーの選び方|動物病院で使っていたランチボックスが最適だった

老猫用のペットキャリー

先日うちの老猫を動物病院に連れていくことがあって年寄り猫・高齢猫に使いやすい猫キャリーって全然無いんだなぁと実感したのでメモがてら書いてみます。

結論を先に言っておくと市販の猫キャリーには老猫に最適なものがありませんでした。

ペットショップ、ホームセンターのペットコーナー、Amazonを探し回りましたがどうしても納得いくものが見つからず。

最終的に動物病院で使っている猫キャリーが使いやすかったです。

広告

市販の猫キャリーは老猫に使いにくい

うちのタマはもう19歳、人間の年齢で言うと90歳を超える超高齢猫です。当然運動量も激減しており自分からはなかなか動こうとしてくれません。

そんな老猫でも使いやすい猫キャリーがあるのか探しまわってみましたが市販の猫キャリーにはどうしても最適なものが見つかりませんでした。

以下、猫キャリーを探していろいろ歩きまわった結果をどうぞ。

上のフタから出し入れしにくい猫キャリー

運動量が減った老猫を猫キャリーに入れる場合飼い主が抱きかかえることになりますが上のフタが全部開かない猫キャリーは使いにくいです。

↓こういう形のフタだったら左側に猫がいた場合に取り出しにくくなってしまいます。

ペットキャリー

↓こういう形のフタはそこそこ広めで惜しいですがちょっと縁が内側に入り込んでいるので猫の脇に手を回しにくくなるし、もし猫が外傷的な怪我で病院に行く場合にこすりやすくなるので病院に連れて行くことを想定したら最大限取り出し口は広くてエッジが外側を向いていたほうが安全になります。

リッチェルピコキャットキャリー

横の扉が付いた猫キャリーは使わない

老猫で運動量が減ると自分から出入りしようとしないので横の扉が付いた猫キャリーを使うことも当然ありません。

若い猫なら出し入れする方法が増えたほうが便利なこともあるかもしれませんけどね。でも横の扉が付いた猫キャリーは相対的に値段も高くなります。

フタの取り外しに両手が必要な猫キャリーは使いにくい

↓こういう感じでフタが全部外せるのは良いですけどフタの取り外しに両手が必要なのでひとりで出し入れする場合はやりにくくなってしまいます。

リッチェルピコキャットキャリー

理想的なのは留め具を1箇所外すだけでフタが開くほうが使いやすいですね。

重量バランスの悪い猫キャリー

これは条件的に惜しかった猫キャリーですがフタを開けると重量バランスが悪くて本体が浮いてしまいました。

アイリスオーヤマペットキャリー

猫キャリーでAmazon検索しても条件を満たすものが見つからない

以上の条件に照らし合わせて猫キャリーをAmazonで検索しても全然無いんですよね。特に上のフタが全面開くタイプがまったく無い。

Googleで検索してもデザイン性の高い猫キャリーの記事ばかりで実用的なものが見当たりません。

動物病院で使っている猫キャリー

自分では見つけられなかったので餅は餅屋ということで動物病院で使っている猫キャリーを直接見せてもらいました。

それがこれ。

動物病院で使っているペットキャリー

  • フタが全面開く
  • 片手でフタの開閉が可能
  • フタが開いた状態で安定

という条件をすべて満たします。

でもペットショップを何軒も見てもネットを探しても見つからなかったので聞いてみたところなんと、

行楽用品のピクニックランチボックスとのこと。

完全に盲点でした。そりゃ見つからないはず。

なんの製品かわかれば後はAmazonでも見つけられるので検索してみたところサンコープラスチック社製のランチボックスということがわかりました。

自分が猫キャリー用に購入したランチボックス

↓これが動物病院で猫キャリーとして使われていたランチボックスと同じ製品です。発売時期が違うので色は違いますけど構造は同じ。

本体サイズ(外寸)は約W402×D303×H261mmですが実際に測ってみると内寸は約約W330×D220×H250mmでした。

外寸 402 × 303 × 高さ261mm
内寸 330 × 220 × 高さ250mm

どうやら縦横の外寸と内寸は7~8cm程度差があるみたいです。

こちらは外観。

ピクニックランチボックス

フタを反対側に倒しても安定していて使いやすいです。

ピクニックランチボックス

体重が3.4kgのうちのタマさんを入れたらこんな感じ。

ピクニックランチボックス

寝そべった体勢で内寸(33 x 22cm)とほぼ同じになるのでもう少し余裕があっても良いかなと思いましたが、実際に動物病院で実物を見てもらうと大きすぎても車でブレーキかかった時にゴロンと中で転がってしまう可能性もあるので今の大きさで調度良いと思いますよとのこと。

また、猫キャリーはこのランチボックスみたいにメッシュで中身が確認できるほうが良いとのこと。病院への行き帰りで急変した時にすぐ気づけるように。

体重3.4kgのうちの猫でちょうど良いサイズなのでもっとがっしりした猫ちゃんなら下記のちょっと大きめサイズも選択肢に。↓

動物病院で使っていたランチボックス

こちらは動物病院で猫キャリーとして使われていたランチボックスです。院内でたくさんの動物を運ぶので少し大きめのサイズです。

外寸は約W445×D333×H265mmと書いてありさっきの外寸と内寸の差を照らし合わせるとたぶん内寸は37 x 26cm程度で4cmずつほど大きいんじゃないかと思います。

猫ちゃんの普段の姿をメジャーで測ってみてサイズが合う内寸のものを買えば良さそうですね。

<関連>
猫が便秘で苦しそうだったので動物病院で浣腸や血液検査した話

広告

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。