EverNote料金プランの違い|無料・プラス・プレミアムアカウントの比較

EverNote(エバーノート)のアカウントには「無料」「プラス」「プレミアム」の3種類があるんですが、更新時期がやってきたのでそれぞれ比較してみました。

課金するなら、個人で使うぶんにはプラスでも十分だと思うし、長く使うつもりならプラスとほとんど値段の変わらないプレミアム3年版という選択肢もあります。

2016/6/29に無料版の制限がきつくなったことによって、今までよりもプランの選択を考えないといけなくなりました。

スポンサーリンク

EverNote無料・プラス・プレミアムの違い

それぞれのアカウントの違いはEverNote公式にまとめられてます。(※2016/6/29改定)

公式:Evernote ベーシックを無料で入手するか、プラス版またはプレミアム版にアップグレードできます。 | Evernote

それぞれの機能でプランによってどんな違いがあるのか1つずつ解説していきます。

同期できる端末の台数

  • 無料・・・2台まで同期可能
  • プラス・・・何台でも同期可能
  • プレミアム・・・何台でも同期可能

2016/6/29の改定により、無料アカウントでは同期できる端末の数が2台までに制限されてしまいました。

例えばパソコン・スマホ・タブレットを持っていた場合、そのうちの2台までしかデータを同期できないので、3台以上の端末を持っている人にとっては非常に不便になってしまいました。

複数の端末で使いたい人は有料アカウントにするしかありませんが、そうは言ってもお金がかかるのでちょっと抵抗がありますよね。

ちょっとびっくりするくらい思い切った改定だったので既存の無料ユーザーの反発も大きかったようです。

利用料金

2016/6/29の大幅な料金改定によって、プラスプラン・プレミアムプランともに結構な値上げとなりました。

プラン 期間 従来 新料金 値上げ幅
プラス 月額 240円 360円 50%
年額 2,000円 3,100円 55%
プレミアム 月額 450円 600円 33%
年額 4,000円 5,200円 30%

上の表の黄色の部分が現在の料金ですが、結構値上げされてしまったので有料版を検討するユーザーにとっても少しハードルが上がってしまったようです。

昔はプレミアムアカウントのクーポンコードがAmazonで販売されていた時もあって3年分で7176円(1年あたり2392円)で買えちゃうこともありました。現在は在庫切れです。

いつまで続くかわかりませんけど、今はソースネクストのプレミアムパック3年版が10,000円(3,333円/年)と公式より安くなってます。(3年版は販売停止になることがあります)

ソースネクストのEverNoteプレミアムパック

月間アップロード容量

  • 無料・・・1ヶ月あたり60MB(0.06GB)
  • プラス・・・1ヶ月あたり1GB
  • プレミアム・・・1ヶ月あたり10GB

Webサイトの保存くらいだったらプラスプランの月間1GBでも十分余裕があります。

写真・電子書籍・PDFファイルなどの100MBに迫るようなファイルを保存する場合は月間10GB使えるプレミアムのほうが安心ですね。

無料アカウント60MBはWebクリップするだけでも超過してしまう可能性がありますが試しに無料アカウントから始めて余裕が無くなればプラスプランを検討するくらいで十分でしょう。

プレミアムプランの月間10GBは、100MBの電子書籍を毎月100冊保存できるくらいの大容量なので困ることは無いと思います。

1個あたりのノートサイズ上限

  • 無料・・・25MB
  • プラス・・・50MB
  • プレミアム・・・200MB

電子書籍を保存する場合はむしろこっちのほうが影響するかもしれません。単行本を自炊してPDFにしたら50MBを超えることもあるので、書庫にしたい人はプレミアムにしておいたほうが無難ですね。

それ以外の用途なら無料アカウントでも問題ないでしょう。そう考えるとプラスプランの50MBはちょっと中途半端かも。

ノートサイズ上限については情報があまり表に出ていないので公式ヘルプのリンクを貼っておきます。

公式ヘルプ:Evernote のシステムにはどのような制限がありますか?

ノートのオフライン機能

  • 無料・・・不可
  • プラス・・・オフライン可能
  • プレミアム・・・オフライン可能

端末にノートを保存して、ネットに繋がっていなくてもノートを閲覧することができる機能です。

オフラインノート機能が使えないと電波が悪い時に閲覧できないことがあるので、あると結構便利な機能です。とくにWi-Fiモデルのタブレットでもいつでもノートを表示できるのは重宝することがあります。

メールでノート転送

  • 無料・・・不可
  • プラス・・・メール可能
  • プレミアム・・・メール可能

EverNoteには転送用の専用メールアドレスが用意されていて、そのアドレスに向けてメールを送信するとテキスト・URLだけでなく写真も添付ファイルとして送ることができます。

個人的にメール機能は地味に便利な機能で、EverNoteとの連携に対応していないアプリでもEverNoteに転送できたりメールという汎用的な転送手段が使えるだけでかなり幅が広がります。

例えばiPhoneのSafariからWebクリップを転送しようとした時に純正のWebクリップを使うとレイアウトが崩れるしデータが重くなるので、メールでURLだけ転送することがあります。

また、MediaMarkerというWebサービスでは蔵書に登録する時に商品の情報をメールで送信するので必要不可欠だったりします。

プレミアムだけの機能

あとはプレミアムアカウントだけにある機能の一覧です。

  • Office 文書や各種ファイルの中まで検索
  • ノートをプレゼン資料に即変換
  • 添付の PDF ファイルに注釈を追加
  • 名刺をスキャンしてデジタル化
  • ノート履歴にアクセス
  • 自分のノートに関連深いコンテンツを表示

検索範囲(深さ)が広がるので、いろいろなファイル形式を保存している人はメリットが大きくなりそう。

プラスプランとプレミアムプランの価格差がほとんど無いなら検討の余地ありかなと思います。

EverNote各プランおすすめの始め方

これからEverNoteを始めるという人はこちらの公式招待リンクからどうぞ。お互いにプレミアムアカウント1ヶ月分がプレゼントされます。

プラスプランを使う場合は公式サイトのプランのページからどうぞ。

プレミアムプランを使う場合は公式よりもソースネクストのプレミアムパックがお得なのでこちらからどうぞ。

ソースネクストのEverNoteプレミアムパック

↓ちなみにソースネクストから購入したクーポンコードはこのページに入力すれば適用されます。

公式:ソースネクストユーザーの皆さん、Evernoteへようこそ!

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。