ノイズレスサーチ既知の不具合・よくある質問

ノイズレスサーチの既知の不具合やよくある質問をまとめました。検索できない・表示されない・表示が崩れるなどの問題が起きた時は確認してみてください。

ブラウザや拡張機能の相性による不具合や、システムとして利用しているGoogleカスタム検索の仕様で実現できないことがあります。

また、何か不具合が起きた場合は「この記事のページ下にあるコメント欄」や、「Twitter」「問い合わせフォーム」などに報告お待ちしております。(詳しくはこの記事の最後に)

報告をいただいた場合、解決できるか取り組んでみますが、「技術的に対応が難しいもの」「拡張機能やブラウザとの相性が原因のもの」などは対応できないことがございます。

スポンサーリンク

SafariアドレスバーからコピーするとURLが切れる

iPhone・Windows・Mac共通の不具合として、SafariのアドレスバーからURLをコピーすると、日本語の部分でURLが切れてしまいます。

以下、利用者が多いiPhoneのSafariのスクショで説明していきます。

こうやってコピーしたURLをTwitterで使おうとすると、このようになってリンクが切れてしまいます。

なのでお手数ですが、SafariでURLをコピーする場合は、検索結果下のほうにある「検索結果をつぶやく」ボタンを使ってそのままツイートするか、コピーしてお使いください。

とくにiPhoneでSafariを利用している人は多いでしょうから、SNSなどにシェアする場合はアドレスバーからコピーせず、上記「検索結果をつぶやく」ボタンをご利用ください。

ーーー

その他、Safari以外のブラウザの動作確認もしたところ、Safariでアドレスバーからコピーした時だけURLが正しく変換されないようです。

MacのSafariで検索キーワードが途切れる

なぜかMacのSafariだけで発生した現象なんですが、検索窓に入力した文字が切れて読めない現象が発生しています。

MacのSafariでノイズレスサーチの検索窓が切れる

文字が切れて読めないだけで、検索はできます。でも実用は厳しいです。

なんとか修正しようとしましたが、Googleカスタム検索の検索窓周辺のタグは非常にややこしく、断念しました。

今のところ修正の目処は立っていないので、もしMacを使っている場合は、Safari以外のブラウザでご利用いただけると助かります。

Chrome拡張「Ghostery」を使うと検索できない

Chrome拡張機能の「Ghostery」を使うと、初期設定のままでは、ノイズレスサーチの検索窓が表示されなくなります。

Ghosteryを使うとノイズレスサーチが使えない

これはGhosteryが、ノイズレスサーチの検索窓に利用されている「Google AJAX Search API」をブロックしているのが原因なので、該当のチェックをオフにするとノイズレスサーチが使えるようになります。

期間指定ができない

ノイズレスサーチのシステムとして利用しているGoogleカスタム検索では、任意の日付で絞り込みはできず、日付順に並べるくらいしかできません。

調べてみると、昔は「daterange:」という検索演算子で期間指定ができたみたいなのですが、これが使えなくなりました。

参考:質問!ITmedia – Googleのdaterange演算子について
Q&Aの日付を見ると2016年9月なので、これよりも前の時点で使えなくなっていたんだと思います。

なので、現状ノイズレスサーチでは、というかGoogleカスタム検索ではどうやっても期間指定ができなさそうです。

今まで「期間指定したい!」という要望も何件かいただきましたし、個人的にも期間指定が使えたら便利なんですけどね。

ーーー

こういう時はどのくらい効果があるのかわかりませんが、Googleの「フィードバックを送信」機能で要望を送っています。

Googleカスタム検索のことに関する機能なので、送る場所としたらGoogleカスタム検索の管理画面の左側にあるフィードバックを送信ボタンからでしょうか。


(カスタム検索を作っていない人はログイン画面が表示されてしまうので、通常のGoogle検索の下の方にあるフィードバックを送信ボタンくらいしか方法が無いかも)

こういう機能に対する不満って、意外と思っているだけで意見を送らないことが多いものです。

要望として数が多くないと検討の対象にさえならないですし、Googleの仕様について意見がある場合は積極的にフィードバックを送信しましょう。

英語のサイトは検索できない

ノイズレスサーチでは日本語のサイトだけ検索対象にする設定にしています。英語のサイトはヒットしません。

プログラミングや翻訳関係の検索で要望を何件かいただいていますが、以下の理由でお受けすることができません。

英語のサイトを除外する理由
  • 除外上限5000件が確実に足りなくなる
  • 英語のサイトは除外するのかどうか判断できない(語学力の問題)
  • 英数字の型番や並行輸入品のレビューを探しにくくなるかもしれない

ユーザー側で言語を変更できれば理想的でしたが、残念ながらGoogleカスタム検索の仕様では管理者しか設定ができないので、ノイズレスサーチでは日本語のサイトのみ検索対象にしています。

MSDマニュアルの検索結果がおかしい

医療情報のサイトとして信頼性の高い「MSDマニュアル」(旧メルクマニュアル)。

ノイズレスサーチでは専用のドメイン絞り込みボタンを使ってMSDマニュアルのみの検索ができるようにしていますが、2017年1月頃からリニューアル(参考:100年を超える歴史の医学事典「MSDマニュアル プロフェッショナル版)に伴い、かなりサイト構成をいじっているらしく、Googleの検索順位下落や、今までヒットしていたページがヒットしなくなっていることがあります。

多くのサイトを追跡調査している辻さんのツイート。

2017年1月のリニューアルについて不安な点。

2017年7月には大きく順位を落としたことを確認。

自分も実際にGoogleにインデックスされていない(検索してもヒットしない)ページが存在することを確認したりしました。

例:「site:www.msdmanuals.com インフルエンザ」検索結果(Google)
例:「インフルエンザ」検索結果(ノイズレスサーチでMSDボタン使用)

本来なら(サイト内検索では1位に表示される)「インフルエンザ (流感)」が最も適当なページになりますが、Googleの検索結果ではヒットしません。

MSDマニュアルは数少ない有用な医療情報サイトなので頑張って欲しいですが、現状はGoogleにあまり最適化されていないようで残念です。

※ちなみに上記の問題点については連絡先のページに埋もれているメールアドレス宛に要望をメールしています。mailto:リンクなのでメールソフトをインストールしていないパソコンだと何も起こらず、いちいちコピペする必要があるので、不親切な部分があるのも残念なところ。一応返信は来たので、機能はしているようです。

日本語ドメインは一括除外できない

医療・コンプレックス・美容・健康食品のアフィリエイトブログで非常に多いパターンで、◯◯.comの、◯◯の部分が日本語ドメインのものは邪魔になることが多く、可能であれば一括で除外したいものの筆頭です。

しかし、Googleカスタム検索の除外設定では日本語ドメインかどうかで指定することができず、すべて個別にドメインを指定する必要があるため、数が多すぎて除外上限5000件の壁によって、ほとんど放置せざるを得ない状況です。

そのため、医療検索では企業・病院・政府病院・政府ボタンによって、信用のできるドメインに絞り込む使い方を推奨しています。

「!」や「?」を検索から除外できない

トレンドブログで多いタイトルとして「◯◯の出身大学は?経歴は?」のようなものがあります。

例えば?が2回以上タイトルに含まれるページを除外するような設定ができれば検索精度が向上するかもしれませんが、どうやらGoogleは!や?を検索キーワードとして認識していないようです。

ノイズレスサーチはGoogle検索を元にサイトを除外しているので、Google検索で出来ないことはノイズレスサーチにもできない、ということになります。

古い検索ランチャーアプリの内蔵ブラウザでダイヤル発信の画面が出る

iPhoneのブラウザによる不具合に関してです。今はもう提供されていませんが、Seeqという検索ランチャーアプリがありました。

すでにApp Storeからはダウンロードできなくなっているので、いまだにSeeqをiPhoneから消していない人だけ関係ある話です。

Seeqの内蔵ブラウザを使ってノイズレスサーチで検索して、ページめくりしようとした時に「12345678910」という番号にダイヤル発信しようとする不具合が見つかりました。

ノイズレスサーチでページめくりする時にダイヤル発信

ただ、Seeqはすでにだいぶ前に提供が終わっているアプリなので、不具合が発生しても仕方がありません。

同様に、更新されなくなったアプリを使い続けている場合は不具合が起こる可能性があることをご了承の上ご利用ください。

スマホなのにPC表示になってしまう

Webブラウザの設定によって変わってくるかもしれませんが、iPhone・Androidなどのスマートフォンでノイズレスサーチを閲覧しているのに、PC表示になってしまうことがあります。

これをスマホ表示に直したい場合は、アプリを終了させてからもう一度起動してください。

アプリを終了させればいろいろリセットされて、新しく開いた時にスマホ表示に直ります。

オートページャー系Chrome拡張機能が使えない

不具合というかGoogleカスタム検索の仕様だと思いますが、「AutoPagerize」などの、自動でページ送りしてくれるオートページャー系のChrome拡張機能は使えません。

Google検索みたいに100件表示とかにすれば良いじゃん?

という意見もあると思いますが、Googleカスタム検索の仕様で、ユーザー側で表示件数を変更することはできないので、今のところデフォルトの10件表示から変更する予定はありません。

よくある質問

ノイズレスサーチについてよくある質問や要望に対する回答を書いておきます。

Googleの検索結果と違う

厳密に言うと、「Google検索の検索結果」と「Googleカスタム検索の検索結果」は同じになっていません。

Googleの検索結果から順位がせり上がるだけの状態が理想ですが、誤差が生じたり、Googleではヒットするのにノイズレスサーチではヒットしない、ということがあります。

ノイズレスサーチから除外されているかどうかは「site:◯◯◯.com」のように、site検索演算子と調べたいドメインで検索することで調べることができます。

ノイズレスサーチでsite検索するとヒットする(除外されていない)のに、本来ヒットする順位に出てこない時は、この検索結果の違いの影響を受けている可能性があります。

今まで2年間で5件ほどはそういう問い合わせをいただいていますが、いまだに原因が不明です。

なんでブラックリストなの?ホワイトリストは?

ノイズレスサーチは、インターネット全体から除外サイト以外の部分を検索する「ブラックリスト方式」を採用しています。

その反対に「ホワイトリスト方式」という、指定したサイトだけを対象に検索する方法もあります。

ノイズレスサーチはホワイトリスト方式にしないの?という意見をいただいたり、「ホワイトリストの検索サービスが求められる」という意見を見かけることがありますが、ホワイトリストは、膨大な量のサイトを登録し、さらに新しく登場したサイトも常に登録していく必要があるので、個人では検索品質を保つのが不可能です。

おまけに、ホワイトリスト方式としては最大手だった「Yahoo!ディレクトリ」というサービスは終了しています。

終了案内のページにも書かれている通り、インターネットを取り巻く環境が大きく変化し、一定の役割を終えたとして終了を決定しています。

「Yahoo!カテゴリ」に掲載しているサイトは、「サーファー(※)」と呼ばれるスタッフが1件1件収集し、カテゴリに分類して登録したもので、約15,000サイトから提供を開始し、現在は約80万サイトを登録しています。
※“ネットサーフィン”から付いた名称

「Yahoo!カテゴリ」がサービスを開始してからこれまでの間に、インターネットを取り巻く環境は大きく変化しました。サイト数の爆発的な増加や技術の進歩により、プログラムがサイト情報を自動的に収集する「ロボット型検索」が生まれ、Yahoo! JAPANでは「Yahoo!検索」がウェブ検索の主流となりました。また、SNSの普及に合わせてSNSの投稿を検索できる「Yahoo!リアルタイム検索」も誕生しました。これらの動向やご利用状況などを踏まえ、「ディレクトリ型検索」は一定の役割を終えたものと考え、「Yahoo!カテゴリ」の終了を決定しました。

引用:「Yahoo!カテゴリ」サービス終了について – プレスルーム – ヤフー株式会社

このような理由から、ホワイトリスト方式の検索エンジンは検索品質を維持するのにコストがかかり過ぎ、例えコストをかけたとしても「サイト数の爆発的な増加や進歩」に追いつくことが容易ではないため、ノイズレスサーチでは採用する予定はありません。

また、Googleカスタム検索は登録できるサイト数が5000件という上限があるため、ホワイトリスト方式はそもそも実現不可能でもあります。

スマホから使える?

ノイズレスサーチはスマホで使えます。アプリではなく、SafariやChromeなどのブラウザからインターネットのページを開いてご使用ください。

検索の手間を減らすには「ノイズレスサーチのカスタマイズまとめ」をご覧ください。

スマホアプリにしてほしい

アプリはありませんし、今後作る予定もありません。

iPhone・Androidいずれにしても、アプリを作るための初期コストと、新OSや新機種への対応がずっと必要になる維持コストがあるので、継続できる可能性が非常に低いと見積もっています。

また、仮にアプリ化できたとしても、結局検索エンジンとしてはGoogleカスタム検索を使うことになるので、アプリ内に内蔵ブラウザを表示するような、何のためにアプリ化したのかわからないような実装になると思ってます。

APIを利用してそのような状況を回避できるとしても、無料枠の制限が厳しいので実現不可能です。

このため、スマホアプリがリリースされる可能性はほぼ無いです。

なるべく検索の手間を減らす手段としては「ノイズレスサーチのカスタマイズまとめ」をご覧ください。

もちろん、プログラミングなどができない自分の予想で書いているだけなので、画期的な方法があればアドバイスいただければ助かります。

ただ、どのみち、コストをかけるだけの価値が生まれるのか?という部分では厳しいんじゃないかと思っています。

動作が遅い

検索窓がJavaScriptで動いているので、どうしても最初の表示に時間がかかるんだと思います。

ちなみに検索窓下のテキストは結構多いですが、画像やJavaScriptと比べて無視できるくらい軽いので、表示の重さにはほぼ影響しません。

一応レンタルサーバーはエックスサーバーなので、サーバーのせいで表示速度が遅い環境ではないと思います。

日付順にすると精度が悪くなる

日付順もノイズを減らそうとすると除外サイトの件数が膨大になり、5000件では足りなくなるので、手を付けられません。

ノイズレスサーチでは日付順は役に立たないと思っておいてください。

不具合の報告について

不具合を報告してくださる場合はこの記事のページ下にあるコメント欄にお書きいただくか、「Twitter」「問い合わせフォーム」などにご連絡ください。

把握できる範囲で構いませんので、以下の情報を一緒に教えてくださると対応もしやすくなると思います。

  • パソコンの場合
    • OS(Windows、Macなど)
    • ブラウザ(Chrome、Firefox、インターネットエクスプローラーなど)
    • 検索キーワード
  • スマホ・タブレットの場合
    • OS(Android、iPhoneなど)
    • ブラウザ(Chrome、Firefox、Safariなど)
    • 検索キーワード

今後不具合情報があって、記載したほうが良さそうなものがあれば追記していきます。

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

制作物:「ノイズレスサーチ

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。