おすすめのカメラ乾燥剤シリカゲル|強力すぎてドライボックスの湿度が大変なことに

シリカゲル乾燥剤

台風が来るちょっと前から急に湿度が高い日が続いて不快指数がひどいのなんのって。

急に寝苦しくなっちゃいましたね。

それと同時に部屋の湿度も急上昇で湿度70%くらいをキープしてる状態です。カメラにとっては湿度が高すぎるのでしっかりとドライボックスに乾燥剤を入れて保管してました。

※追記:現在はカメラ資産もちょっと増えて、ついに防湿庫を買ったので、防湿庫の購入を検討している人はこちらの記事もどうぞ。
カメラ防湿庫のスペック一覧表とメーカーの選び方
広告

キングドライ乾燥剤が役立たず!

こちらはカメラを入れるのに使っているキャパティのドライボックス

ドライボックス

そしてドライボックスと合わせて購入していたキングドライの乾燥剤だと湿度が60%までしか下がらない!外気とほとんど一緒!

キングドライ乾燥剤

そりゃないぜ~と思いながらレビューを見てみると何やらキングドライの乾燥剤は急に湿度が下がるのではなく、湿度が安定するのに2週間以上かかるとの書き込みも・・・。

湿度が下がって安定するまで2週間以上かかりましたが、その後は1年経っても45%程度をキープしています。ただし、ドライボックスの蓋は2回くらいしか開けていません。
頻繁に蓋を開けるような使い方には向かないようです。よく使うレンズは11リットルのドライボックスに入れていますが、こちらは普通のシリカゲルの乾燥剤を併用しています。

via:Amazon.co.jp: HAKUBA 強力乾燥剤 キングドライ 3パック KMC-33Sの Amazon Customerさんのレビュー

自分みたいに動画を撮影するために頻繁にドライボックスを開け閉めするような使い方だとそもそも向いてない乾燥剤だったのかもしれません。タンスに入れるような使い方なら良いのかも。

シリカゲル乾燥剤の見た目

そこでもう一度Amazonを乾燥剤で検索してレビューなどを見てみるとシリカゲル乾燥剤のほうが強力で即効性があり、(そのぶん寿命が短いが)頻繁にフタを開け閉めする自分に向いてそうでした。

↓こんなふうにチャック付き袋にシリカゲル乾燥剤が入っています。チャックに隙間があるとシリカゲルが全滅するので気をつけましょう。

シリカゲル乾燥剤

↓こちらが取り出したシリカゲル乾燥剤1袋の外観です。不織布で空気が行き来し吸湿します。

シリカゲル乾燥剤の外観

未使用だと粒が青色吸湿性がなくなると粒が紫色っぽくなります。

シリカゲル乾燥剤の除湿力

このシリカゲル乾燥剤を8リットルのドライボックスに1個だけ入れてみたところ、あっという間に湿度が下がり2時間経ったあたりで外気の湿度60%に対して、

ドライボックスの中は湿度31%・・・効きすぎ(泣)

ドライボックスの容量がもう少し大きければ湿度の調節も緩やかになりそうですけどそれにしても除湿力が強力です。

※その後、チャック付き袋に穴を空けて湿度を調節できました。リンクはこのページの最後に貼ります。

シリカゲルの寿命は短い

除湿力が強力なだけあって寿命が短いです。

Amazonのレビューを見るとだいたい1週間から3週間くらいが寿命みたいです。自分もだいたい2週間くらいで寿命になっています。

外気の湿度によってバラつきが出るだろうから、だいたいいつもどのくらいで寿命が来るのか把握しておく必要があります。

湿度計が内蔵されていないドライボックスの場合は、必ず湿度計を入れましょう。

カメラの乾燥剤関連アイテム

シリカゲル乾燥剤とドライボックスを組み合わせる方法だと安上がりだけど、消耗品代と手間がかかる。

防湿庫だと初期投資が高いけど手間が少なく安定した湿度管理ができる。

それぞれ良し悪しがありますね。

シリカゲル乾燥剤

シリカゲルは10gと20gの2種類がありますが8リットルのドライボックスにカメラ1台を収納するくらいなら10gタイプでも十分です。20gはもっと大きいドライボックスを使うなら検討してください。

シリカゲル乾燥剤を検索

ドライボックス

ドライボックスは湿度計が付いているキャパティのものがおすすめ。収納するカメラによって形状やサイズがいろいろあります。サイズを見る時は内寸をよく確認してカメラが収まるかよく検討してください。

ドライボックスを検索

湿度計

湿度計としての性能に定評があり裏面に小さな強力磁石がついていたり何かと使い勝手が良いハクバの湿度計です。ドライボックスの中に置くには向いてなさそうだけど。

湿度計を検索

シリカゲルとチャック付き袋で湿度調節

その後、チャック付き袋にシリカゲルを入れて、小さい穴を空けて湿度が下がりすぎないように調節できるようになりました。

ーーー

追記:ちなみに今は防湿庫を買って悠々自適な湿度管理(笑)をしています。ランニングコストはシリカゲルよりも安くつくので、速く買っておけば良かったと思いましたね・・・。

防湿庫を選ぶ時にメーカーの選び方なんかも書いたのでこちらもどうぞ。

関連:カメラ防湿庫のスペック一覧表とおすすめメーカーの選び方

広告

このページのシェア・保存はこちら

広告
広告

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

邪魔なサイトを除外する検索エンジンを運営しています。⇒ノイズレスサーチ

『おすすめのカメラ乾燥剤シリカゲル|強力すぎてドライボックスの湿度が大変なことに』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2015/07/07(火) 13:08:43 ID:7e3ab58ef 返信

    楽器用ですが、ピアノメイトというシリカゲルがコスパ抜群です。
    乾燥剤というより調湿剤なので、過乾燥の心配はないですし、カビを防ぐ程度には除湿してくれているようです。
    ここ10年ほどピアノ用シリカゲルを使っていますが、フィルム一眼も、ヤフオクで落としたレンズもずっとカビ知らずです。

    • 名前:パソ活 投稿日:2015/07/08(水) 14:24:08 ID:4fd360e4d 返信

      ピアノメイトというものは知らなかったです。教えてくれてありがとうございます。

      調べてみたら、そもそもシリカゲルってA型とB型があるんですね。

      ピアノメイトの調湿範囲を見てみると50%〜60%とのことで、カメラの最適湿度として見かけた40%と比べたら若干高めなんですかね?(それも本当に正しいのかどうか自信はないですが・・・)

      でも長期間調節してくれるなら良いですね。

      ただ、自分の場合はそれなりのビデオカメラは1台しか持ってなくてそれなりに頻繁に開け閉めして使用するので今のシリカゲルのほうが合ってるかなぁと思ってます。

      一眼レフのレンズなど機材をたくさん持っていて、それぞれの使用頻度がそこまで高くない場合は良さそうかなぁと思ったり。

      そうは言ってもカメラについては一眼レフは持ってないし、レンズを使い分けるほど詳しくないので、まだまだ勘違いが多いと思います。間違っているところがあったらご指摘いただけると助かります。m(_ _)m

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。