シリカゲル乾燥剤とチャック付きポリ袋で湿度40%に調節する方法を発見

前回「ドライボックスにシリカゲル乾燥剤入れたら湿度下がりすぎてビックリ」ということを紹介しました。

その時わかったことはシリカゲル乾燥剤は除湿力が強すぎてカメラの保存に最適とされる湿度40%を大幅に下回ってしまうので扱いが難しそうだったんですよね。

使用したシリカゲルは一番サイズの小さい10gでした。

坂本石灰工業所
10gでも強力

今回はそのシリカゲル乾燥剤をうまく調節して湿度40%あたりにする方法についていろいろ書いています。(そんなに大した方法じゃありませんが)

※追記:防湿庫が比較できるまとめも書きました。メンテナンスが面倒だと感じる人はこちらもどうぞ。

スポンサーリンク

シリカゲル乾燥剤はどこまで湿度が下がるのか

前回はドライボックスにシリカゲルを入れてから2時間後に湿度が31%になってしまいました。

ただしシリカゲルの効き目はそんなもんじゃなく一夜明けて確認してみると・・・、

外気の湿度62%、

ドライボックスの湿度25%!

シリカゲル乾燥剤湿度

乾燥しすぎ(汗)これはお肌カッサカサ(゚Д゚;)

一般的にはカメラの保管湿度は40%前後が良いと言われていてさすがに25%は乾き過ぎなので何か対策をしないと・・・。

チャック付きポリ袋に入れて湿度調節

そこでこんな感じでチャック付きポリ袋に入れてパンチで穴を開けてみました。

シリカゲル湿度調節

こうすることで外気とのやり取りを少し減らすという単純なことですね。さてどうなるか!

湿度40%になった!

結果、なんといきなり湿度40%付近(38~42%)に落ち着きました。

シリカゲル湿度調整

もう3時間近く経ちますが現在は41%くらいになってちょうど良さそうです。

シリカゲルは1袋10gで十分乾燥する

シリカゲル乾燥剤

シリカゲル乾燥剤は1袋10gの小さい方だったんですけどそのまま入れると効きすぎて慌てましたね(笑)

1袋が20gのものもありますがドライボックスが8リットル程度だったら10gでも十分過ぎるので気をつけてください。

逆に考えると20gのシリカゲル乾燥剤を入れてチャック付きポリ袋で調節したら多少長持ちはするかも。

まとめ

シリカゲル乾燥剤は強力すぎます。チャック付きポリ袋に穴を空けて湿度を調節するくらいでちょうどいい。

シリカゲル乾燥剤を検索

↓ちなみに10gのシリカゲルにはC-8(70x100mm)サイズのチャック付きポリ袋がピッタリです。

メーカーはいろいろあるでしょうけどサイズ区分は一緒なのでどれでもOK。ホームセンターにも打ってます。

追記:現在は機材が増えてきたので防湿庫を購入しました。カメラの台数が多い人や値段の高いカメラを大事に保存したい人は参考にどうぞ。

トーリハンの防湿庫レビュー|薄型タイプ47LのT-83D-MII

<関連>
防湿庫の選び方

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。