iPad Air3レビュー(初代iPad Airから買い替え)歴代スペック比較と買取について

iPad Air初代をYouTube見たりするのに使っていたんですが、指紋認証が無くて不便だし、動作も遅かったので、iPad Air 3(10.5インチ・2019)に買い替えました。

手元に2台あるうちに、体感速度を比較してレビューしておきます。とくにアプリの起動やYouTubeがだいぶ快適になりました。

↓初代iPad Air。

↓第3世代iPad Air。

※ところでAmazonでは、最新の製品はAppleが販売契約を結んだので、安心して購入できるようになりました。

昔の製品は業者も販売しているので販売者をよく確認しましょう。少なくともiPad Air3はAppleが販売しているので大丈夫です。

スポンサーリンク

歴代iPadのスペック比較

今持ってるiPad Air初代から、購入したiPad Air3まで、Pro以外の、通常のiPadシリーズを発売順に、性能面で比較するとこうなります。

機種 発売 画面
サイズ
CPU シングル
ベンチ
マルチ
ベンチ
メモリ 指紋
認証
iPad Air初代 2013年
11月
9.7 A7 1327 2261 1GB ×
iPad Air2 2014年
10月
9.7 A8X 1799 4221 2GB
iPad第5世代 2017年
3月
9.7 A9 2525 4393 2GB
iPad第6世代 2018年
3月
9.7 A10 3484 5937 2GB
iPad Air3 2019年
3月
10.5 A12 4813 11550 3GB

画面サイズが9.7→10.5インチに大きくなり、
CPUは2世代進み、
メモリは数世代続いた2GBから3GBにアップ、

というふうに、発売期間の割に、性能アップの幅が大きくなっているようです。

※ベンチマークはGeekbenchのスコアから引用。
参考:iOS Benchmarks – Geekbench Browser

※ただしGeekbenchにはまだiPad Air3が無かったので、以下の記事のスコアを参考にしました。同じCPUを搭載しているiPad mini 5、iPhone XRと同等になるようです。

参考:iPad mini第5世代とiPad Air第3世代はメモリ3GB RAMでiPhone XRと同仕様・iPad mini4よりも4倍高速なベンチマーク結果 – こぼねみ

ーーー

※実測もしてみました。

↓初代iPad Air。CPUはA7。シングル1375、マルチ2355。Geekbenchサイトよりも少し高いスコアになりました。iOS12だから微妙にパフォーマンス上がってるんでしょうか。

↓iPad Air 3。CPUはA12。シングル4807、マルチ11605で圧倒的。4~5倍くらい。

ーーー

あと、性能じゃないですが、なんと言っても初代iPad Airは指紋認証が無かったのが不便だったので、(今さらだけど)指紋認証が使えるようになって便利になりました。

特に1Passwordを使う時、初代iPad Airは毎回マスターパスワードを手入力する必要があったので、それが指紋認証になって劇的に時短できます。

iPad Air 3と初代iPad Air性能比較

手元にあるうちに、体感速度の差をストップウォッチで計測してみました。

ある程度重たい動作で、iPadで使う人が多いだろう、動画アプリでいろいろな動作を試しました。

左側の秒数がiPad Air3の秒数の、右側が初代iPad Airの秒数です。

  • YouTubeアプリ起動からホーム画面表示されるまで……5.12秒8.38秒
  • Safariで埋め込み動画からYouTubeアプリに移動して再生開始されるまで(アプリは裏で開いてる状態)……1.76秒8.59秒
  • YouTubeアプリで動画タップしてから再生開始まで……1.15秒2.71秒
  • プライム・ビデオ起動からホーム画面表示されるまで……1.46秒5.86秒
  • プライム・ビデオタップしてから再生開始まで……0.7秒3.7秒

こうしてみると、特に動画が再生開始されるまでの体感速度が劇的に向上していました。

その他、「動画のフルスクリーン化」「ダブルタップでの10秒スキップ」「スクロールした時のサムネイル画像が表示される待ち時間と滑らかさ」、あらゆる動作が非常に快適になります。

特にこの中ではダブルタップでのスキップが、連続でタップした時、初代iPad Airだったらすぐにグルグルするのに、iPad Air3だったら速めにタップしても一瞬で再生されるので、ザッピングの効率が格段に良くなります。2本指でのピアノ連打でもついてくるくらい反応よし。

なので、1つの動画をじっくり見るような人じゃなく、動画を次々と開いたり、見どころまでスキップするような人なら、性能アップの恩恵を受けやすいと思います。

また、Webブラウジングでも、Safariで閲覧する時レンダリングの速さが違うのか、Webページが表示される速度が明らかに速くなりました。Amazonの商品ページを開くのに1.65秒4.57秒くらいの違い。

単純に性能アップでここまで快適になるとは思いませんでした。

9.7インチと10.5インチの違い

iPad Air3で地味に変わったのが画面サイズで、9.7インチから10.5インチになり、解像度も2048 × 1536px → 2224 × 1668pxに増えました。

数値上ではそんなに変わってないですが、9.7インチから10.5インチに変わった瞬間は、ずいぶん画面が大きく感じました。写真・動画・Webサイト、どれも見える範囲が広くなったように感じます。

でも動画フルスクリーンで見てたらすぐに慣れてきて、それが当たり前になってきたので、たぶんそこまで劇的な差はありません。

Webサイトで今までよりも少し文字サイズを大きくして読みやすいというのは良いことかもしれません。ちょっとだけですけど。

初代iPad Airの買取価格

初代iPad Air(MD790J/A)(64GB・Wi-Fiモデル・シルバー)の買取価格を調べてみたら、2013年発売で結構古いのに、思ったよりは高かったです。(2019/04/04時点)

Apple製品は買取価格が落ちにくいって言われますけど、Androidタブレットと比べてどうなんですかね?

ネットで発送するタイプの買取査定は3万円とか、高いのもあるんですけど、どんな基準なのか微妙だったので避けて、店舗持ち込みで。

ソフマップが現金受け取りで上限14,000円。

参考:Sofmap.com 買取 買取金額|iPad Air Wi-Fi 64GB MD790J/A シルバー

パソコン工房が上限16,000円。LINE友達登録で10%アップ)

参考:iPad Air Wi-Fi 64GB シルバー (MD790J/A) | パソコン工房買取

また、iPadを買取に出す時は「iPadを探すをオフにする」「iCloudからサインアウト」などの注意点があります。買取に出すつもりの人は「iPad 買取 注意点」とかでググってください。

ーーー

で、最終的にパソコン工房に持っていきましたが、買取案内には書かれていなかった「アクティベーションまで行っていただく必要がございます」とのことで、店頭で10分ほど時間がかかりました。

ただし、パソコン工房の買取案内には「iPad・iPhone初期化方法をわかりやすく画像で解説」を見る限り「iPhone・iPadを探すをオフにする」と初期化しか書かれてなかったので、説明不備のような気もします。

最終的に小傷でマイナス20%(16,000→12,800円)、クーポン利用でプラス10%(12,800→14,080円)になりました。

自分としては背面までカバーするケースでずっと保護していて傷が全く無かったと思うので、20%引きは引かれすぎに感じましたけど、買取に出したらどこもこんなもんでしょう。

ちなみにヤフオクの初代iPad Air落札相場は15,000~22,000円くらいだったので、自分で売ってもそんなに変わらないようです。

現行iPadの比較、Air 3を選んだ理由

iPadを購入する時に検討した比較表。販売中のPro以外のiPadから。

機種 iPad Air 3 iPad 6 iPad mini 5
画面 10.5インチ 9.7インチ 7.9インチ
CPU A12 A10 A12
32GB 40,824円
64GB 59,184円 49,464円
128GB 52,704円
256GB 77,544円 67,824円

iPad 6は若干安いけどマルチベンチスコアがiPad Air 3の半分くらいで、メモリも少ないので却下。保存容量32GBは少ないし、128GBまで必要ないという理由も。

iPad mini 5は性能がiPad Air 3と同じだし、値段も少し安いので普通におすすめ。mini好きな人にも非常に人気です。自分は画面サイズが大きいほうが良かったのでiPad Air 3にしたけど。

で、購入したiPad Air 3は64GB。

容量はもちろん大きいほうが良いけど、64GB→256GBのために18,000円も高くなるのはさすがに贅沢だと思ったので64GBに。

初代iPad Airが14,000円で買取されたとしたら、だいたい45,000円くらいでiPad Air 3に買い替えた、ということになります。

「かなりの性能アップ」と「指紋認証」が使えるようになってこの費用だったら良いんじゃないかと。

あ、あと、自分は使わないので書いてなかったけど、iPad Air3・iPad mini5・iPad6いずれも、アップルペンシル(第1世代)が使えます。

アップル

Apple Pencil (第 1 世代) をお持ちの場合は、以下のモデルの iPad で使えます。

  • iPad Air (第 3 世代)
  • iPad mini (第 5 世代)
  • iPad Pro 12.9 インチ (第 1 または第 2 世代)
  • iPad Pro 10.5 インチ
  • iPad Pro 9.7 インチ
  • iPad (第 6 世代)

引用:iPad や iPad Pro で Apple Pencil を使う – Apple サポート

↓各モデルの比較やアップルペンシルの世代の違いについては、この動画レビューが非常にわかりやすかったです。

iPad Air3用のカバーと保護フィルム

iPad Air3用のアクセサリ、カバーと保護フィルムを適当に買ったら、単純な見落としなどで失敗してしまったので記録しておきます。我ながら凡ミスしてしまった。

ちなみにiPad Air3はiPad Pro(10.5インチ)と同じサイズなので、同じアクセサリが使えます。

iPad Air3用カバー

AmazonでiPad Air3用のカバーを検索するとよくわからない業者がずらずらと出てきて、レビューも高すぎてサクラかどうかの判断がつかなかったので、

「考えるのめんどくさ、Apple純正でえっか」

と思ってサクッと純正スマートカバーを買いまいた。

しかし,

純正スマートカバーは背面がカバーされないことをド忘れ。

↓写真左側が初代につけてた、背面もカバーするもの。右側が純正スマートカバーをつけた状態の背面。

失敗した後に、そういえば(上の写真の左側のと)同じメーカーでiPad Air3対応してるのか?探したら、ありました。

ただ、純正スマートカバーをつけてわかったんですが、フルカバーのケースって重たいですね。

上記Fintieのカバーをつけると
704gになってしまいました。

※でも、一番安く済まそうと思ったら、このようなサードパーティ製の全面カバーを買うことになると思います。そのくらい純正は高い。

ーーー

かたや、純正スマートカバーだと、(背面はカバーないけど)
563g

704-563=141gも差があります。

ただ、ものすごく軽いけど、やっぱり背面が心配になります。

あれ?もしかして背面だけカバーできるケースってあるのか探してみたら、ありました。

こんな感じで背面だけカバーして、純正スマートカバーと併用できます。

このESRの背面カバーと純正スマートカバーを装着した重さは639g

一体型ケースよりは少し軽いし、スマートカバーが純正のぶん、こちらのほうが若干質感が良いです。(値段高いけど)

純正Smart Coverは軽くて快適

iPadのケースを吟味して、持ち歩いたりすると実感しますが、「iPad Air 3本体」+「純正Smart Cover」の563gを体験したら、軽けりゃ軽いほど良いなと思うんですよね。

なんだかんだで最終的にこの組み合わせで使うことになってしまいました。

「一度体験するとやめられない」系の快適さです。

ただ、さすがに背面ノーガードだと気になるので、気休めですが、背面保護フィルムを探しました。

どうやら側面までカバーできるフィルムは無く、背面の平面のみカバーになるみたい。

たぶん側面のキズを防げないので、次の買い替えで買取価格が下がるのを覚悟して、って感じでしょうか。

※ご覧の通り、側面や四隅はガードできません。机に置く時に、裏面にキズがつかない、とりあえずの安心感くらいです。

ーーー

まとめると、

なるべく安く、キズをつけずに、買取査定を下げたくなければサードパーティのカバー。だいたい2000円以下で買えます。

傷をつけずに予算にいくらでも余裕があるなら背面ケースと純正スマートカバーの組み合わせ。8000円弱。

極力軽く使いたいなら、背面フィルムと、スマートカバーの組み合わせで。6200円くらい。

iPad Air3用アンチグレア保護フィルム

アンチグレアフィルムも失敗。

アンチグレアでサラサラだったら良いかとレビューを読みながら適当に買ったら、思っていたより輪郭がハッキリしていて、動画を見ている時に映り込みが気になってしまうほど反射しました。あと、全体的にオレンジっぽく曇るのはかなりの違和感があります。

で、これも前回買ったメーカーと同じのにすれば良いじゃん、ってことで履歴を調べたら、パワーサポート製だった。

なんで最初見つからなかったんだろうと思って調べたら、「iPad Air 3 アンチグレア フィルム」だとAmazonでパワーサポートがヒットしなかった。

「3」の部分を「第3世代」とか「2019」とかにすればたぶん見つかってた。(Appleは製品名の付け方がわかりにくすぎる。単純なナンバリングにしてほしい

その後パワーサポートのフィルムを使い続けていますが、非常に快適です。

iPad用キーボード

iPadで文章入力をする人は、外付けキーボードを使うとかなり快適になるのでおすすめです。

自分は読書メモを打ち込むのにとても役に立っています。

ロジクール K380

コスパ的にダントツでおすすめなロジクールのK380というBluetoothキーボード。

Logicool(ロジクール)
  • メリット
    • 打鍵感が非常に良い
    • 非常に静かで落ち着いた打鍵音
    • 値段が安い
    • 英数かなキーでIME切り替え
    • カーソルキーが操作しやすい
    • ペアリングが簡単
    • マルチペアリング(ワンタッチで切り替え可能)
    • マルチプラットフォーム(iOS・Android・Windows用のキー印字あり)
    • 最上段のファンクションキーの列は、OSごとに自動的に機能が切り替わる(参照:K380セットアップガイド
    • 日本語配列・英語配列の印字あり
  • デメリット
    • iOS機器には英語配列として認識される(サードパーティ製共通の仕様)
    • 少し重い(423g)
    • 少し分厚い(最厚1.5cm)

このロジクールK380、とにかく値段の割に打鍵感と使い勝手が非常に良いので、ほとんどのBluetoothキーボードの中で最もおすすめです。

マルチペアリング・マルチプラットフォームなので、スマホやタブレットを買い替えても、パソコンで使う時も、OSごとの印字や機能に自動的に切り替わってくれるので、iOSに縛られることもなく、とても潰しが効きます。

ロジクールに限らずサードパーティ製のキーボードは、iOSで英語配列として認識されてしまう問題がありますが、K380には英語配列の記号印字もあるので見れば打つことができます。

重量423g・最厚部1.5cmは、モバイル用途としてはそんなに軽くないですが、打鍵感や機能が値段のわりにありえないほどのクオリティなので、携帯性に少しでも目を潰れる人なら非常におすすめ。

Apple Magic Keyboard

Apple純正のBluetoothキーボード「Magic keyboard」。

打鍵感がペチペチと安っぽい感じが少ししますが、打ち損じすることはなく、入力の確実性はかなり高めでした。

  • メリット
    • 軽い(231g)
    • 薄さは普通(1.1cm)
    • 日本語配列として認識される
    • JISかな入力もできる
    • 英数かなキーでIME切り替え
  • デメリット
    • 打鍵感はペチペチしてちょっと安っぽい
    • 強く叩くと意外とうるさい
    • マルチペアリングではないのでBluetoothの切り替えが面倒
    • カーソルキーが操作しにくい(がわかりにくい)

K380よりも軽く薄く、入力の確実性も十分に高いので、実用性は十分あると感じました。

ただ、強く叩くと「ペチ!ペチ!」と、あまり高級感のない音が周りに響くので、喫茶店とかで使うと悪目立ちしそう。

K380と比べると軽さ薄さは勝ってるけど値段が高いので、そのためにMagic keyboardを選ぶのは、かなり予算に余裕がある人向けだと思います。

ロジクール ウルトラポータブルキーボード

K380やMagic keyboardより打鍵感を犠牲にしても良いから、とにかく軽くて薄いキーボードがほしい!という人向け「ロジクール ウルトラポータブルキーボード」。

LOGICOOL ロジクール iK1042BKA ウルトラポータブルキーボード iPhoneスタンド付属 内蔵バッテリー充電式 Bluetooth接続 iPad、iPhone、AppleTV対応

  • メリット
    • 軽い(180g)
    • むちゃくちゃ薄い(6mm
    • 内蔵バッテリー
    • この薄さの製品としては打鍵感はかなり良いほう
    • iOS用のファンクションキーが便利
  • デメリット
    • 値段がそこそこ高い
    • キーピッチが小さい(17mm)ので普通のキーボードに慣れていると打ちにくい
    • スペースキーが、下の出っ張りに引っかかるので打ちにくい
    • マルチペアリングできない(Bluetooth切り替えが面倒)
    • 全体的に布っぽいので汚れが付きやすく掃除しにくい
    • IME切り替えがトグル式(Caps Lockでの切り替えオンが必要)
    • 剛性が頼りない(縁はとくに傷みやすい)
    • 英語配列のみ

薄い。とにかく薄い。6mm。

サードパーティ製としては驚異的な薄さで、この薄さであることを考えると、打鍵感はかなり良いほうだと思う。

K380や純正には負けるので、打ちやすさ優先の人には向かないけど、とにもかくにも、薄さが何よりも優先の人ならおすすめ。

10.5インチ用Smart Keyboard

Apple純正のSmart Keyboard。10.5インチのiPad ProとiPad Air 3で使えます。

  • メリット
    • 打鍵感が非常に良い
    • 軽い(243g)
    • 薄い(6.4mm)
    • 接続が簡単
    • バッテリーが必要ない
    • 防水
    • 日本語配列として認識される
    • JISかな入力もできる
  • デメリット
    • 値段がとんでもなく高い
    • 対応しているサイズのiPad専用なので、iPad本体を買い換えると使えない
    • Android・Windowsでは使えない
    • iPadの画面と離れた位置で使えない
    • iPad本体の背面はカバーされない
    • 不具合が多い

薄さと打鍵感が最優先で、コスパや汎用性の悪さが気にならない人におすすめ。

とにかくガッツリiPadで文章入力に特化する人ほど向いていると思います。

逆にiPadで動画も閲覧するとか、いろいろな使い方をする場合はキーボード部分が邪魔になります。

なので、実際に運用するとしたら、純正Smart Coverとすぐに付け替えできるようにしておくのがベターかなと思いました。

キーボード自体の打ち心地はK380に負けず劣らず非常に良好で、Magic keyboardより打ちやすく、入力の確実性も高いです。どっぷり集中して文章入力する人なら気に入るでしょう。

ただ、値段を考えると、同じくらい打鍵感も確実性も高いK380で良いんじゃないの?と思ったりするので、Smart Keyboardはコスパがかなり悪く感じます。

↓あと、このような問題もあるので中古の購入には注意が必要だったりします。

不具合が多い

Smart Keyboardの中古を買うなら、不具合がないかどうか、必ず気をつけないといけません。

使っているうちに認識しなくなった不具合が多く、公式ショップのレビューは非常に悪いです。

1年以内は通常の保証期間で無償交換できますが、レビューにも書かれているように、2回目は有償になるようです。もちろん中古で購入すると保証がありません。

※ちなみに10.5インチ用Smart Keyboardは、「10.5インチiPad Pro」「iPad Air 3」どちらにも使えます。商品名がiPad Pro用とiPad Air用どちらの表記も見かけますが、現行モデルに合わせて名前を変えてあるだけで、中身は型番A1829の完全に同じものです。

重さと薄さの比較

それぞれ純正Smart Coverを装着したiPadとセットで運用した時の重さや薄さは以下の通り。(一番右は比較用のキーボード無しの状態)

※「重量」と「薄さ」はiPad本体とキーボードの合計。

iPad Air 3本体
純正Smart Cover
ロジクールK380
iPad Air 3本体
純正Smart Cover
Magic keyboard
iPad Air 3本体
Smart Keyboard
iPad Air 3本体
純正Smart Cover
ウルトラポータブル
重量 984g 802g 715g 750g
薄さ 2.7cm 1.9cm 1.4cm 1.5cm
値段 2,700円 10,000円 18,000円 8,600円
打鍵感 非常に良い 良い 非常に良い まぁまぁ
  • 予算が最優先ならK380。重さ以外はダントツのコスパ。
  • 打鍵感にこだわりがあって、軽さ薄さも欲しくて、iPadだけしか使えなくてもいいなら純正Smart Keyboard
  • K380が重たく感じるけど、Smart Keyboardじゃ値段が高いし融通が効かない……という人はMagic keyboard。
  • 打鍵感を少し犠牲にしてでも、とにかく薄くて軽いのが欲しいならロジクールウルトラポータブルキーボード

という感じになります。どれも「これさえあれば完璧!」というものじゃなく、目的が合うものを選んだほうが良さそうです。

ーーー

他にもいろいろなキーボードを試しています。書ききれないので、もっと見たい人はタイピング練習について書いた記事のほうをどうぞ。

iPadのテクニック本がおすすめ

iPadの使い方について、何となく立ち読みしたら良さそうだったので買ってみたら、思った以上に役に立った本を紹介します。

自分が買ったstandards社の「便利すぎる!~のテクニック」シリーズでは、iOSのいろいろな機能と、目的別にたくさんのアプリ(100個以上)が紹介されていて、「我流で何となくiPad使ってきた人」や「iPadの使い方について調べたのは数年前」という人には特におすすめです。

それなりに知ってるつもりの自分でも、知らないことがたくさんありました。

  • 二本指で文章入力のカーソルを動かす
  • マルチタスク機能(Split ViewとSlide Over)を使いこなす
  • キーボードを分割してフリック入力をiPadでも使う
  • Bluetoothキーボードを使う時のショートカットキー
  • コントロールセンターのカスタマイズ
  • Safariでページ内の英語を一括翻訳できるMicrosoft翻訳
  • ユニバーサルクリップボード
  • 視差効果を減らす
  • assistivetouchをホームボタンに特化してタップ数を減らす

iOSのバージョンがどんどん新しくなって、上記iOS12対応もすぐに古くなるので、「standards iPad テクニック」というふうに検索して、最新のものを買ってください。だいたい表紙に「iOS◯◯対応版」みたいに書かれています。

まとめ

  • 初代iPad AirからiPad Air3で体感速度が劇的に向上して大満足
  • 9.7インチから10.5インチになって、少し画面が大きくなった
  • カバーと保護フィルム選びがややこしい(Amazonで検索しにくい・レビューを判断するのが難しい)
  • 純正Smart Coverは最初失敗したかと思ったけど、使っていくうちに軽いほど良いと実感した

という感じ。

これだけ性能アップを実感できるなら、「Apple製品は買取価格が高いので、定期的に買い換えればそんなに高くつかない」というのは、確かにうなずける部分もありますね。

まぁ、そもそもパソコンほど必須じゃないタブレットに数万円使うことが贅沢だけども。

でも動画や写真見るならパソコンよりもサクッと見れるから、やっぱりこれからも買い換えることになりそう。

ーーー

↓今回買った第3世代iPad Air 64GB Wi-Fi シルバー。

↓現行モデルのリンク

iPad
Air 3
シルバー グレー ゴールド
64GB MUUK2J/A MUUJ2J/A MUUL2J/A
256GB MUUR2J/A MUUQ2J/A MUUT2J/A
iPad
mini 5
シルバー グレー ゴールド
64GB MUQX2J/A MUQW2J/A MUQY2J/A
256GB MUU52J/A MUU32J/A MUU62J/A
iPad 6 シルバー グレー ゴールド
32GB MR7G2J/A MR7F2J/A MRJN2J/A
128GB MR7K2J/A MR7J2J/A MRJP2J/A

ーーー

関連:おすすめiPhoneアプリまとめ

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Amazonでの買い物について

当ブログではAmazonの商品をよく紹介しています。

いつもコンビニ払いしている人は、Amazonギフト券をチャージするとポイントが余分にもらえるので、今まで知らなかったという人は読んでみてください。

Amazonギフト券チャージタイプの詳細はこちら

チャージする金額によって0.5~2.0%ポイント付与され、プライム会員ならさらに0.5%上乗せされます。

ーーー

プライム会員の特典は「お急ぎ便無料」「プライムビデオで多数の映画やアニメ見放題」が特にお得。それ以外にも音楽・読書の使い放題サービスあり。

料金は年払い4,900円(月払い500円/月)で、世界的に日本だけなぜか破格の安さになっているので、配送・映像・音楽・読書など、一部でもよく利用する人なら非常におすすめです。

プライム会員の詳細はこちら

学生ならPrime Studentがさらにお得

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

制作物:「ノイズレスサーチ

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

記事が良いと思ったら、Twitterでツイートしたり、ブログなどで紹介してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。