Twitterのアプリ連携を解除する方法(スマホ・パソコン両対応)

このページでは、Twitterの設定画面から、アプリの連携を解除する方法について解説しています。アカウント乗っ取りや見に覚えのないアプリ連携をしていたら参考にしてください。

このページで説明している連携解除方法はパソコン・スマホどちらにも対応しているので、自分の端末に合わせて目次から飛んで読んで下さい。

スマホの画面キャプチャも掲載しながら説明してるので、見たまま操作すればアプリ連携を解除できるはずです。

広告

スマホでTwitterのアプリ連携を解除する手順

スマホからアプリ連携を解除する場合、実はTwitterのアプリからは解除できません。

スマホでアプリ連携を解除するなら、ChromeやSafariなどのWebブラウザからTwitterのウェブページを開いて連携解除する必要があります。

ふだんからWebブラウザでTwitterを使う人はいないだろうから、ブラウザで開くところから説明していきますね。

まずは「ツイッター」をGoogleで検索して開きます。

Twitterのページが開いたら、ログインボタンをタップ。

ユーザー名とパスワードを入力してログイン。

ログインができたら左上にある自分のアイコンをタップ。

続いて「設定」をタップ。

続いて「アプリケーション」をタップ。

すると、アプリ連携しているサービス一覧が表示されるので、「アクセス権を取り消す」をタップすると連携を解除できます。

アクセス権の取り消しが完了すると、黄色い帯で「アクセスが拒否されました」と表示されて、取り消したサービスが一覧から消えます。

パソコンでTwitterのアプリ連携を解除する手順

先ほどは利用者が多いスマホで解説しましたが、パソコンがあるならパソコンで連携解除したほうがやりやすいのでおすすめです。

まずパソコンのChromeやFirefoxなどのWebブラウザでTwitterにログインした状態で、自分のアイコンをクリックして「設定」をクリックします。

Twitterの設定

そしたら左サイドバーにいろいろ出てくるので「アプリ連携」をクリックすれば設定画面に入れます。スマホと違ってパソコンは連携アプリのアイコンが表示されるので見やすくなってます。

Twitter連携アプリ

あとは「許可を取り消す」ボタンをクリックするだけです。

Twitter連携取り消し

これでアプリ連携が解除されて、乗っ取りや勝手にツイートされるリスクが減るはずです。まぁもともと出所がちゃんとわかっているアプリなら大丈夫なんでしょうけどね。

↓ちなみにもし間違えて取り消しても再度クリックしたらすぐ戻せます。この点も、スマホだと取り消したら一覧から消えてしまうので、パソコンのほうがやりやすいですね。

Twitter連携取り消しの取り消し

新しくアプリを連携する時の注意点

そもそもアプリを連携する時にアプリが許可する動作の内容をきちんと確認してから連携しましょう。

ツイッターとアプリを連携するかどうか聞かれる画面で少なくとも連携アプリができることとできないことを確認してから連携すればリスクも減ります。

新しく連携するアプリをよく確認する

例えば開発者に悪気は無くてもアプリの不具合で変なツイートをしたり無差別にリプライを送ってしまうことがあるかもしれません。

その可能性も承知の上でアプリ連携しておけばいざ問題が起こった時も落ち着いてアプリ連携を解除できます。

<関連>
⇒ Twitterが「ln.is」になっている人はLinkisスパムとのアプリ連携を解除したほうが良い

⇒ 便利なiPhoneアプリまとめ

広告

このページのシェア・保存はこちら

広告
広告

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

邪魔なサイトを除外する検索エンジンを運営しています。⇒ノイズレスサーチ

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。