Twitterのアプリ連携を解除する方法|アプリメーカーは乗っ取りの危険がある?

※最近やたらと「アプリメーカー 危険」や「アプリメーカー 乗っ取り」で検索してアクセスしてくる人が多いです。何かあるんですかね?

スパムっぽく感じる人は多いかもしれませんけど検索した限りでは断定できませんでした。診断メーカーとかの診断系アプリは不安になることがあるのかな?

ーーー

勝手にツイートされたりTwitterの乗っ取りはいつでもお盛んなようで知り合いのアカウントも何人かスパムツイートを吐き出しておりました。

なのでリスクは減らしておこうと思いTwitterと連携しているアプリを見なおして使わないものは解除してみました。

アプリの連携を解除する方法とか手順をまとめたので参考にしてください。

スポンサーリンク

ツイッターのアプリ連携を解除する方法

アプリ連携の解除をするには、スマホのアプリからだと連携解除の設定はできないので、スマホのブラウザ、またはパソコンから設定する必要があります。

スマホとパソコン両方の手順を説明しますが、パソコンを持ってるならパソコンのほうがやりやすいのでおすすめです。

スマホでTwitterのアプリ連携を解除する手順

スマホで設定する時の注意点として、もう1回言いますけど、アプリからは連携解除できません。

ChromeやSafariなどのWebブラウザからTwitterのウェブページを開かないと連携の設定に進めないので注意してください。

ふだんからWebブラウザでTwitterを使う人はいないだろうから、最初から説明していきますね。

まずは「ツイッター」をGoogleで検索して開きます。

Twitterのページが開いたら、ログインボタンをタップ。

ユーザー名とパスワードを入力してログイン。

ログインができたら左上にある自分のアイコンをタップ。

続いて「設定」をタップ。

続いて「アプリケーション」をタップ。

すると、アプリ連携しているサービス一覧が表示されるので、「アクセス権を取り消す」をタップすると連携を解除できます。

アクセス権の取り消しが完了すると、黄色い帯で「アクセスが拒否されました」と表示されて、取り消したサービスが一覧から消えます。

パソコンでアプリ連携を解除する手順

先ほどは利用者が多いスマホで解説しましたが、パソコンがあるならパソコンで連携解除したほうがやりやすいのでおすすめです。

まずパソコンのChromeやFirefoxなどのWebブラウザでTwitterにログインした状態で、自分のアイコンをクリックして「設定」をクリックします。

Twitterの設定

そしたら左サイドバーにいろいろ出てくるので「アプリ連携」をクリックすれば設定画面に入れます。スマホと違ってパソコンはサービスのアイコンが表示されるので見分けやすくなってます。

Twitter連携アプリ

あとは「許可を取り消す」ボタンをクリックするだけです。

Twitter連携取り消し

これでアプリ連携が解除されて乗っ取りリスクがちょっとだけ軽減するはずです。まぁもともと出所がちゃんとわかっているアプリなら大丈夫なんでしょうけどね。

↓ちなみにもし間違えて取り消しても再度クリックしたらすぐ戻せます。この点も、スマホだと取り消したら一覧から消えてしまうので、パソコンのほうがやりやすいですね。

Twitter連携取り消しの取り消し

URLが「ln.is」になるLinkis.comに注意

自分のツイートの中にあるURLが「ln.is」から始まっていた場合は要注意。

勝手にURLを書き換えて、他のユーザーにも迷惑がかかってしまうので連携解除しておくべきです。

Linkis.comについては別途記事も書いたので、自分のツイートのURLが「ln.is」から始まっていた場合は読んでおいてください。

関連:TwitterのURLが「ln.is」になっている人はLinkis.comとのアプリ連携を見直したほうが良い

よく拡散されるアプリメーカー・診断テスト・語彙力テストなどが悪さをしている原因じゃないかと言われることがありますが、これらの診断テストが悪いわけじゃありません。

Linkis.comを連携していて「ln.is」付きのツイートになってしまった人が診断メーカーなどのシェアをするとスパムアプリだと勘違いしてしまうことがあります。

その場合、診断メーカーなどのアプリ連携を解除しても解決できないので、こういう「ln.is」みたいな連携が原因のことがあるってことを知っておきましょう。

自分のアプリ連携をチェックしてみた

自分のツイッター連携アプリも3年くらい整理していなかったと思うので改めて見なおしてみると、なんと、

79個もアプリ連携してましたw

そりゃーどれかが悪さしても不思議じゃないしアプリの開発者がちゃんとしていてもミスやサーバーが乗っ取られる可能性だってあるわけで使ってないアプリは解除しておいたほうがリスクは減らせます。

使わないアプリ連携を解除した結果

ほとんどの連携アプリは使用頻度の低くて使わなくなったものばかりなのでどんどん解除していきました。

結果、36個のアプリが連携解除となりました。

↓これは連携を解除したアプリの一覧です。以下のアプリ=危険というわけじゃなくただ単に使っていないから解除しただけです。

  • 【Q&Aなう】
  • 2014’s fortune by 2013’s tweets
  • 2tch
  • Ameba smartphone
  • Byline
  • CloudMagic
  • DISQUS
  • Dragon Dictation
  • Echofon
  • FastMemo
  • Fenrir Pass Connect
  • Flipboard
  • Friend Check app
  • Friend Ranking
  • FriendFeed
  • Hootsuite
  • LocaFollow
  • meyou
  • Note and Share
  • StatusPeople Fake Followers
  • Sylfeed
  • Teewee
  • tporj tweet search
  • Tweet ATOK
  • TweetCaster for iOS
  • TweetList Pro
  • Twit Delay
  • Twitterrific
  • twtkr for iPad
  • UnTweeps
  • userchart.jp
  • Yahoo! 防災速報
  • アプリメーカー
  • ツイートプロファイリング
  • ついっぷる
  • ついっぷる for iPad

パッと見iPhoneを使っている人なら知っているアプリが多いですね。おそらく怪しいアプリではなく放置していても大丈夫なんでしょう。でも使う予定も無いので解除しました。

新しくアプリを連携する時の注意点

そもそもアプリを連携する時にアプリが許可する動作の内容をきちんと確認してから連携しましょう。

ツイッターとアプリを連携するかどうか聞かれる画面で少なくとも連携アプリができることとできないことを確認してから連携すればリスクも減ります。

新しく連携するアプリをよく確認する

例えば開発者に悪気は無くてもアプリの不具合で変なツイートをしたり無差別にリプライを送ってしまうことがあるかもしれません。

その可能性も承知の上でアプリ連携しておけばいざ問題が起こった時も落ち着いてアプリ連携を解除できます。

<関連>
ゲーム無し!効率化や仕事に役立つiPhoneアプリまとめ

パスワード「123456」とか正気の沙汰じゃない

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。