お風呂でアイデアメモの下敷きにはA3サイズの発泡塩ビ板がおすすめ

低発泡塩ビ板

お風呂でメモ帳に筆記する時に意外と見落としがちなのが下敷きの存在。

椅子と机があるわけじゃないので左手でメモ帳を持って書くと安定して筆記できません。

そこでお風呂で耐水ノートにメモする時に使いやすい下敷きについていろいろ試してみました。

スポンサーリンク

お風呂で使いやすい下敷きを考える

お風呂の中でガシガシ書くぞ―!と意気込んでみたものの実際に書こうとするとなんか書きにくいぞ?ということに気づきます。

そう、手首の置き場所が無いんです。

メモ帳とシャーペン

実際に片手にメモ、片手にペンを持ったらよくわかるんですけど手首を浮かしたままの筆記は非常にやりにくいです。

なのでお風呂では「下敷き」というよりは「土台」の役割をしてくれる下敷きのほうが便利ですね。

お風呂メモで実際に試した下敷き

いろいろなサイズのプラスチック板などを下敷きとして使って、どんなサイズが使いやすいのか試してみました。

下敷きとして試した素材
  • A4サイズ デコパネ
  • 300x450mm(ほぼA3) 低発泡塩ビ板
  • 450x600mm(ほぼA2) アクリル板

A4サイズデコパネ&ソフト下敷き

これはお風呂用に作ったものじゃなく普段自分が使っているものなんですがデコパネをA4サイズに整えてソフト下敷きをスプレーのりで貼り付けたものになります。

A4サイズ下敷きとオキナ耐水メモ

これは使い始めてすぐに思ったのがそもそもA4サイズがお風呂で使うには物足りない大きさでした。

湯船に入った状態だと結局手に持って浮かせながら書くことになっちゃうのでA4サイズじゃ全然意味ありません。

お湯に浸かっている時は胸のあたりまでお湯があるので左手でメモ帳を持ち上げる必要が出てしまいます。だから不安定で書きにくくなりました。

ということでA4サイズの下敷きはおすすめしません。

ほぼA3サイズ低発泡塩ビ板

300x450mmという大きさは、ほぼA4サイズの2倍、A3サイズになります。

結論から言うとお風呂メモの下敷きにはA3サイズが一番おすすめです。そして材質は低発泡塩ビ板の使い勝手が良いです。

↓左下のノートがオキナの耐水ノートB6サイズ。左上がB7サイズです。

発泡塩ビ板とオキナ耐水メモ

手首を乗せる土台としては十分な大きさで縦向きにして使えば水面より上に塩ビ板が浮かびます。

またメモを付箋のように貼り付けて使うのにも使いやすいサイズです。

↓この写真はA3サイズの低発泡塩ビ板にB6サイズとB7サイズのメモをペタッと貼り付けたところ。

発泡塩ビ板に耐水メモを貼り付けたところ

書き心地は金属ほど固くはなくちょうど黒板のような感触と音

そして比重がそこそこ軽くて浮力があるので湯船の中で持ち上げる必要がありません。筆圧で沈みにくく片付けが楽で落としても怪我をしにくいというメリットもあります。

ただし最初は角と四辺が尖っているので怪我防止のために必ず面取り(紙やすりなどで角を削る)しておきましょう。

発泡塩ビ板の角を面取り

A2サイズのアクリル板

さらに倍のA2サイズも使ってみましたがさすがに大きく扱いづらくなりました。

大きいアクリル板とメモ帳

またアクリル板は比重が思いため沈むのを手で持ち上げる必要があって疲れます。湯船の中で使うなら比重が水より軽いもののほうが良いでしょうね。

アクリル板の表面はツルツルして滑りやすいので落として怪我しやすいというのもイマイチなポイントです。

材質が硬いので面取りが大変。硬すぎて書き心地がイマイチ。という感じでお風呂メモには向いてません。

素材の面でもやっぱり低発泡塩ビ板が良いです。

ホームセンターのプラスチック板コーナー

ホームセンターにはプラスチック板コーナーがあって各種アクリル板・塩ビ板・PET樹脂板・金属板・デコパネなどが売られています。

ホームセンターコーナンのプラスチック板コーナー

塩ビ板やアクリル板以外にもいろいろな材質があるので実際に手で持ってみて物色するのも良いと思います。

参考までにホームセンターコーナンに置いてあるアクリサンデーという会社のの物性データを参考リンクで貼っておきます。

公式:物性データ|アクリサンデー株式会社

お風呂で使うくらいならどの材質でも耐水性・耐熱性に問題は無さそうです。

発泡塩ビ板の値段

300 x 450 x 5mmの発泡塩ビ板(ほぼA3サイズ)は、ホームセンターコーナンだと税込みで1490円でした。

発泡塩ビ板の値段

よく考えたら高いw(よく考えなくても高い)

デコパネは安いけど使えなさそう

デコパネのA3サイズだったら250円くらいで買えるんですけどねー。

デコパネA3サイズ

発泡塩ビ板と比べてかなり強度が弱くて5mm厚でもぐにゃぐにゃ曲がるし筆圧が強かったらめり込むし比重が軽すぎて浮きすぎるのでさすがに使い物にならなさそうでした。

他にもっと良い素材があったらいいですねぇ。

ネットの発泡塩ビ板はちょっとだけ割高

ネットで検索すると、同等品の300 x 450 x 5mmの発泡塩ビ板が1730円でした。

ホームセンターより少しだけ値段が高いので近くにホームセンターがある人は一度店頭の価格を確認したほうが良さそうですね。それでもネットのほうが安ければネットで買えば良いんじゃないかと。

発泡塩ビ板の材質としてのメリットまとめ

材質としてのメリットをまとめるとこんな感じになります。

発泡塩ビ板のメリット
  • 比重が水より少し軽いので適度に浮いて筆圧で沈みにくい
  • 軽いのでお風呂の中で扱いやすい(重いと滑って落としてしまう)
  • 軽いのでケガしにくい
  • アクリル板ほど硬くなくデコパネほど柔らかくなく黒板くらいの書きやすさ
  • 耐水性に優れる

お風呂での下敷きとして打って付けの使いやすさです(笑)

まとめ

お風呂でアイデアをメモするために図解とかある程度の文章を書こうとするなら下敷きは意外と重要です。

逆に言うとタスクリスト程度しか書かないなら下敷きが無くて良いかもしれません。どんなふうに使うかによって最適な方法も変わります。

<関連>
100%完全防水メモ帳がすごい!雨の中や水中でもガシガシ書ける

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。