100%完全防水耐水ノートがすごい!雨の中や水中でもガシガシ書ける

防水ノート

激しい雨の中、お風呂、登山、水中などの過酷な環境でメモしたい人に超おすすめできる耐水ノート発見しました!こりゃ凄いです。

水がかかる場所で使うノート・メモ帳としてはこれ以上の選択肢は無いと思います。試しにお風呂の中で沈めたりしてみましたけど耐水性は完璧でした。

このページでは、オキナの耐水ノートについて、耐水性や書きやすい筆記用具、サイズ別のラインナップを紹介します。

広告

[オキナ]プロジェクト耐水メモ(5mm方眼)

オキナという会社の耐水ノートなんですが、すごい耐水性なんです。

というか本当に100%防水で紙の性質上、水中でずっと使っても劣化しません。以下は公式サイトからの引用。

ポリプロピレンをベースに合成紙を使用していますので、100%の耐水性があります。水にぬれても、シワになったり、紙が破れたりしません

via:ノート・レポート・紙製品はオキナ株式会社

いわゆる選挙用紙でも使われる「ユポ紙」というもので、万全の耐水性・耐久性を持っています。

実際にお風呂で書いてみたんですが、水中で書いても書き心地が損なわれないどころか、高級ノートよりも書きやすいんじゃないかと思うレベル。

↓耐水性がわかりやすい動画。

↓こちらは耐水ノートのページ。

ーーー

↓以下、自分でも実際に水に浸けたり書いたりしてみました。

水をかけても全く染み込まない

シャワーをかけようが洗面器に沈めようが湯船の中に放り投げようが、ふやけないし反ることもありません。

さらにお風呂で数ヶ月使用しましたが、まったくふやけ・反り・カビなど起こりません。

水中でも文字が書ける

防水メモ

見ての通り耐水ノートなら水中でも綺麗に文字が書けます(ただしシャープペンに限る)。書き味はひっじょーに滑らかです。

シャープペンが一番書きやすい

いろいろ試したところ、シャープペンが最も書きやすいです。(ノートにこだわる人でも満足するレベルです)書きやすさだけじゃなく、視認性や耐久性もシャープペンが一番です。

耐水ノートの筆記用具として加圧型ボールペンがおすすめされることも多いですが、よく紹介されてるパワータンクで書いてもちょっとダマやかすれが出るし、書きやすさはシャープペンのほうが上です。

さらに、水に濡れた状態で書くならシャープペンのほうが断然書きやすくなってます。この通りかすれもありません。

↓一方、水中で加圧型ボールペンで書くと、こんなふうに明らかにかすれてしまいます。

パワータンクボールペンでオキナ防水メモに水中で書いたところ

そもそも公式サイトには、「乾いている状態ならボールペンでも書ける」というふうに書かれていて、濡れている状態でボールペンが使えるとは書かれていません。濡れた状態なら鉛筆・シャープペンのほうが推奨されています。

↓以下、公式サイトから引用。

筆記具は、水にぬれても書く事ができる鉛筆・シャープペンが最適です。乾いている状態では、油性ペン・油性ボールペン等でもご使用になれます。

引用:ノート・レポート・紙製品はオキナ株式会社

これに関しては実際にいろいろな筆記用具で書き比べしたので、良かったら後で見てください。(※このページの最後にも改めてリンクを掲載します)

関連:耐水ノートに書きやすい筆記用具の比較

5mm方眼

薄いブルーの5mm方眼が引かれていて図が書きやすいで、例えば表形式の記録を書く時に罫線が引きやすいです。

また、罫線は薄いのでシャープペンで書いても見にくくなることはありません。

破れない・シワにらない

オキナの耐水ノートはポリプロピレンをベースにした合成紙なので、とんでもない強度があって、両手で思いっきり破ろうとしても破けません。

耐水ノート

写真じゃ伝わりにくいですけど、これほんとに全力で破こうとしてもびくともしませんでした。

耐水メモ

全力で破こうとしても破れないのに、リングからは簡単に切り離せるから実に使い勝手が良いです。

防水メモ帳

↑この切り離しやすさはマジで画期的です。他にもストーンペーパーの耐水メモを試したりしたんですが、切り離しやすかったのはこの「プロジェクト耐水ノート」だけでした。

石鹸の泡で文字が消えるか実験

完全に耐水とは言ってもお風呂の中で使うので泡だらけの手でアイデアを書きたくなることがあるかもしれません。

なので試しに石鹸でゴシゴシ洗い流そうとしてみました。

シャープペン

まず基本的にシャープペンで書けばアイデアが流れ落ちる心配は一切ありません。指でゴシゴシこすっても多少かすれる程度で全然大丈夫だし、石鹸を塗りたくってゴシゴシ擦ってもちょっと薄くなるだけで消えません。

加圧式ボールペン

次に、加圧式ボールペンはそもそも濡れた状態での筆記が推奨されていないのでおすすめしませんが、一応実験。使ったのはパワータンク。

水でこすると多少かすれる程度で大丈夫でしたが、石鹸を付けて根気よく(20秒くらい)こするとインクが消えました。

とは言え、ちょっと石鹸が付いたくらいだと消えないので心配はいらないと思います。

ただしシャンプーなどの成分によって溶けやすさに違いがあるかどうかまではわかりません。その意味でもお風呂ならシャープペンのほうが無難です。

ーーー

さて、次からは同様の完全防水の耐水性を持つ、他社製の耐水ノートも含めてサイズや罫線が何種類かあるので紹介します。

[ライフ] アウトドアメモ(無地)

こちらはライフ社というメーカーの耐水ノートです。紙の材質は同じポリプロピレン製で100%の防水性を持っていて、ライフ社製は罫線が無地です。

無地が好きならこっちがおすすめ。

ライフアウトドアメモ

サイズや紙質はオキナと同じなので「5mm方眼が好きならオキナ」「無地が好きならライフ」というふうに使い分ければOK。

耐水ノートのラインナップまとめ

最後に耐水ノートをまとめておきます。

5mm方眼ならオキナ製。無地ならライフ製をどうぞ。

サイズはそれぞれB6とB7があります。

[オキナ] プロジェクト耐水ノートB6サイズ(5mm方眼)

B6サイズ(12.8×18.2cm)はお風呂でメモをするなら最もおすすめです。さらに5mm方眼なので図解も書きやすいので理想的。

アイデアをメモする用途にB7サイズは小さく感じてしまうので、B6サイズが一番はかどります。

↓Amazonの商品ページ

[オキナ] プロジェクト耐水メモB7サイズ(5mm方眼)

B7サイズ(7.6×12cm)は小さいので、屋外で手に持ったままメモする時に使いやすいと思います。

上の写真のように、片手に耐水ノート、片手にペンで書きやすいサイズ感になってます。

[ライフ] アウトドアノートB6サイズ(無地)

こちらはB6サイズ(12.8×18.2cm)の無地。

B6サイズの使い方で無地のほうが良いならこれを選びます。オキナと防水性・紙質は同等の性能。

[ライフ] アウトドアメモB7サイズ(無地)

B7サイズ(7.6×12cm)の無地ならこれ。

ストーンペーパーの耐水ノートはお風呂に不向き

ここまで紹介してきたオキナやライフの耐水ノートは、ユポ紙という特殊な紙を使用していて完全に100%の耐水性を持っているんですが、他にも耐水ノートとして、ストーンペーパー(ストーン紙)という紙を使用している製品があります。

このオキナのストーンペーパーも試してみました。耐水性は確かに大丈夫なんですけど、長期間使うと端が「ごわついて」くる、紙の表面が粗くてシャープペンが引っかかる、紙がものすごく切り取りにくいというデメリットがあったので使わなくなりました。

耐水性と書きやすさを兼ね備えているプロジェクト耐水ノートのほうが断然おすすめです。

ーーー

↓耐水ノート選びで迷ってるならこれで間違いありません。

ーーー

↓お風呂で使う筆記用具について書いた記事もどうぞ
関連:耐水ノートに書きやすい筆記用具と耐水性の比較

関連:お風呂で書きやすいシャープペン|エナージェルがおすすめ

↓5mm方眼ノートの徹底比較なんかもやってます。
関連:5mm方眼ノートのおすすめ|A4・B5・A5のリングノート比較

関連:5mm方眼レポート用紙・レポートパッドのおすすめ|全サイズ18種類46冊を比較

広告

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。