お風呂でアイデアを思いついた時、すぐにメモするための工夫

耐水メモとシャーペンを壁に貼り付けたところ

お風呂に入っていて急にアイデアが降ってきた時すぐに書き始めるためにはどんな工夫が必要でしょうか。

浴槽に入ったまますぐにノートとペンを手にとって書き始められるのが理想なのでいろいろ試して工夫してみました。

スポンサーリンク

すぐにメモする工夫

湯船に浸かってボォーっとしている状態でいきなり革命的なアイデアが降ってきたとしましょう。

思いついてからノートを手にとって書き始めるまでの時間が長いと余計なことを考えてしまうかもしれません。

なのでいかに簡単に余計なことを考えずに短い時間で書き始めるかは結構重要だと思います(考えすぎ?)

そのための条件を挙げてみると、

  • 浴槽に入ったままでも手の届く範囲にノートとペンがある
  • 片手で簡単に手に取ることができる
  • 取り外しと元に戻すのが簡単にできる

ということろでしょうか。

S字フック

最初は手元にある道具で何ができるか考えてS字フックを使ってみたんですけど、

S字フックで耐水メモを設置

  • お風呂に入ってる状態から手が届かないので立ち上がる
  • S字フックをバーから外す
  • フックが邪魔な場合は取り外す

という動作が必要だったんですよね。

あっ!と思ったその姿勢のまま書き始めることができないのでなんとか簡単に手に取ることができるかどうか考えました。

ネオジウム磁石

そこでメモ帳のリング部分とシャーペンのクリップが金属なので磁石が良いんじゃないかと思いネオジウム磁石が小さい割に強いので使いやすそうだと思いました。

だいたい100均に大小のサイズで売っているので手に入れるのは簡単です。

ダイソーのネオジウム磁石

100均に置いてない場合はAmazonにも同じようなサイズが送料無料で安く売ってます。壁に貼り付ける場合は3mm以上だと分厚すぎるので2mm厚以下がおすすめです。

ネオジウム磁石を使ってメモ帳とシャーペンを壁に付けてみるとこんなふうになりました。

ネオジウム磁石をお風呂のタイルに貼り付けたところ

ネオジウム磁石に耐水メモを取り付けたところ

お風呂メモのノートとペンの置き方

※上の写真では微妙にサイズの違うネオジウム磁石を使ってますが気にしないでください。

  • B6サイズの耐水ノートは13mm経のネオジウム磁石4個
  • B7サイズの耐水メモは小さいネオジウム磁石4個
  • シャーペンは小さいので1個

このくらい磁石を用意すれば保持力は大丈夫です。B6サイズの耐水ノートは磁石4個だと若干頼りない感じがしたのでもっと増やしたほうが良いかもしれません。

防水テープ

上の写真では適当に荷造りテープを使いましたけどたった2日目くらいで剥がれてしまいました。耐水性が無いとだめみたいです。

そこで以下の防水テープを使ったところ3ヶ月程度経っても剥がれず大丈夫でした。お風呂で何かを貼り付けるならおすすめ。

他の防水テープを検索

ネオジウム磁石がおすすめ

  1. 磁石を防水テープでタイルに貼り付け
  2. ノートのリングやシャーペンのクリップをピタッ!

これでOKです。

<関連>
100%完全防水メモ帳がすごい!雨の中や水中でもガシガシ書ける

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。