Simplicityの人気記事ウィジェットから今見ている記事を除外するカスタマイズ

Simplicityでは「人気記事」ウィジェットを使えばカテゴリ別の人気記事を出力することができますが(デフォルトの設定では)今見ている記事が人気記事だったらその記事も含まれるようになっています。

Simplicityの人気記事ウィジェット

今見ている記事が人気記事だと分かるメリットもあるので一概にどちらが良いかは分かりませんが個人的には「他の記事への回遊を促す」目的なので閲覧中の記事は除外する設定にしてみました。

なお現時点(ver1.6.7)ではSimplicity本体に実装する予定は無いそうですが今後使えるようになる可能性もあるのでバージョンがこれより新しい場合はすでに実装されているか確認してみてください。

スポンサーリンク

人気記事ウィジェットから閲覧中の記事を除外する手順

それでは具体的にどうやって「閲覧中の記事を除外する」のか書いていきます。

親テーマのPHPファイルを子テーマにコピー

親テーマフォルダの中にある「popular-posts-entries.php」というファイルを子テーマにコピーします。

FileZillaで親テーマフォルダから小テーマフォルダにコピー

これで子テーマフォルダで編集した内容がブログに反映されるようになります。

Simplicityはテーマの更新ペースが速いのでPHPファイルを編集する時は子テーマにコピーする癖を付けたおいたほうが後々の手間が減ると思います。

popular-posts-entries.phpの中身

子テーマにコピーしたpopular-posts-entries.phpファイルを開いて中身を見てみると34行目から「どのように記事を抽出するのか」書かれていることがわかります。

例えば cat="'.$now_id.'"& は「現在のカテゴリから抽出する」など1行ずつ読み解いていけば意外と分かる部分が多くあります。

この中に「現在閲覧中の記事は除外する」という設定を追記すればOKということですね。

今見ている記事を除外する設定

追記するコードは以下のようになります。

pid というパラメータが「どの記事を除外するか」というパラメータで、

'.get_the_ID().' というのが「現在の記事ID」を表しています。

このコードをどの行でも構わないので挿入すると機能するようになります。

正しく除外されているか確認

最後に閲覧中の記事が除外されているか実際にブログを開いて確認してみます。

閲覧中の記事が人気記事ウィジェットに表示されていないことを確認

閲覧中の記事を表示するかどうかはブログによって変わってくると思いますが閲覧中の記事を除外したい人の参考になれば良いなと思います。

<関連>
Simplicityでカテゴリ別人気記事を簡単に設定

今見てる記事と同じカテゴリの人気記事を表示するプラグイン

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

Amazonでの買い物について

当ブログではAmazonの商品をよく紹介しています。

いつもコンビニ払いしている人は、Amazonギフト券をチャージするとポイントが余分にもらえるので、今まで知らなかったという人は読んでみてください。

・キャンペーン中なら初回購入で1000ポイント付与
・チャージする金額によって0.5~2.0%ポイント付与

Amazonギフト券チャージタイプの詳細はこちら

また、プライム会員ならさらに0.5%上乗せされます。

ーーー

プライム会員の特典は「お急ぎ便無料」「プライムビデオで多数の映画やアニメ見放題」が特にお得。それ以外にも音楽・読書の使い放題サービスあり。

料金は年額3,900円(月換算325円)で、世界的に日本だけなぜか破格の安さになっているので、配送・映像・音楽・読書など、一部でもよく利用する人なら非常におすすめです。

プライム会員の詳細はこちら

学生ならPrime Studentがさらにお得

スポンサーリンク

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

制作物:「ノイズレスサーチ

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

記事が良いと思ったら、Twitterでツイートしたり、ブログなどで紹介してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。