LANケーブルのカテゴリがわからない時の見分け方・確認方法

LANケーブル10m

部屋の片付けをしていて出てきたLANケーブルのカテゴリの見分け方がわからずに地味に困りました。

CAT6」みたいに印字されてれば簡単にわかるんですが、

VCOM – VINH KHANH E333750 (UL) TYPE CM 24AWG/4PRS UTP TIA/EIA-568-B.2-1 CATEGORYSE PATCH CORD

みたいな、わけのわからない印字しかないLANケーブルもあります。

このページでは、上記のような見分けのつきにくいLANケーブルのカテゴリを調べる方法について書きました。

ーーー

LANケーブルには速度やノイズ耐性の違いによってカテゴリ5・5e・6・6A・7などの種類があるんですが、カテゴリ5は他と比べて通信速度が遅いから、なるべくカテゴリ5e以上のLANケーブルを使いたい。

LANケーブルに規格が書いてなくて、気づかないままカテゴリ5を使ってた、なんて可能性もあるので、ちゃんと確認しておきたいところです。

スポンサーリンク

LANケーブルカテゴリによる速度の違い

カテゴリの調べ方を説明する前に、カテゴリごとの通信速度を簡単に表にすると以下の通り。

カテゴリ 最大速度
5 100Mbps
(0.1Gbps)
5e 1Gbps
6 1Gbps
6A 10Gbps
7 10Gbps

とりあえずカテゴリ5が遅いカテゴリ5e以上なら一応OK。と覚えておけば大丈夫です。カテゴリ6A以上(10Gbps以上)は一般家庭には必要ありません。(意味がありません)

手元に5e以上があればそのまま使えばいいし、新しく買うならコスパが良いカテゴリ6がおすすめ。

カテゴリ5eと6は最大速度が同じ1Gbpsとされていますが「CAT6ケーブルとは – サンワサプライ株式会社」を見ると、それなりに作りが違い、一応6のほうが高性能(帯域幅とノイズ耐性が優れる)という紹介がされています。

ただ、「LANケーブル種類・カテゴリーによる通信速度比較(ベンチマーク)」を見る限り、カテゴリ5eでも実測はほぼ同じになるという結果もあります。

なので5eでも十分な気もしますが、値段はほとんど変わらないので、ほとんどの人にとってはカテゴリ6が最もおすすめできるかな、と思います。

ちなみに、「10GBASE-Tの基礎知識 | パソコン工房 NEXMAG」という記事を見ると分かるとおり、普通の家が契約する回線速度はたいてい1Gbpsなので、10Gbpsのカテゴリ6Aや7を使っても、効果を実感できる人はほとんどいません。自宅内でのデータの転送なら意味があるかもしれませんが、それはそれで周辺機器やストレージのボトルネックも考えないと性能を発揮できないので、ネットの速度を快適にしたいだけならカテゴリ6で十分です。

LANケーブルカテゴリの見分け方

さて、手元のLANケーブルを見た時に、運良く直接カテゴリ名が書かれていたらすぐにカテゴリがわかります。

LANケーブルに直接カテゴリー名が表示されているもの。

↑この場合は調べなくても「カテゴリ6」ということがわかります。

でも、ケーブルにカテゴリ名が書かれてないからこのブログに辿り着いたと思うので、ケーブルにカテゴリが書いてない場合の調べ方に進みます。

LANケーブルにカテゴリが書いてない場合の調べ方

カテゴリ名が直接書かれてないLANケーブルだと、なんだか難しい文字がたくさん書かれていて、すぐにはカテゴリがわかりません。

LANケーブルにカテゴリー名が書かれていないもの。

↓こんなふうに、ケーブルに長い文字が印字されていることがあります。

VCOM – VINH KHANH E333750 (UL) TYPE CM 24AWG/4PRS UTP TIA/EIA-568-B.2-1 CATEGORYSE PATCH CORD

さすがにこの文字の羅列を見て、一発で分かる人はほとんどいないだろうから、とりあえずGoogleで検索します。

例えばさっきのケーブルに書かれていた型番っぽい部分。

TIA/EIA-568-B.2-1

カテゴリ6の規格TIA/EIA-568-B.2-1

これをGoogleで検索してみるとWikipediaが出てきました。以下引用。

カテゴリー6ケーブル(ANSI/TIA/EIA-568-B.2-1、英: Category 6 cable)は、高速信号転送のためのツイストペアケーブルの規格である。

引用:カテゴリー6ケーブル – Wikipedia

どうやら「TIA/EIA-568-B.2-1」という部分がカテゴリ6LANケーブルの規格名だったようです。

こんなふうに手当たり次第にGoogleで検索してみると、意外と答えがあっさり見つかります。

その後、どのカテゴリーがどの規格名になっているのか調べてみると、大雑把な見分け方は以下の通りになります。(※前半のANSI/TIA部分は省略してます)

カテゴリ 規格 速度
5 EIA-568-A 100Mbps以下?
5e EIA-568-B 1Gbps(1000Mbps)
6 EIA-568-B.2-1 1Gbps(1000Mbps)
7 ISO/IEC 11801 1Gbps(1000Mbps)

※特に紛らわしいのは「EIA-568-B.2」の場合、カテゴリ5e・6どちらの可能性もありました。規格名=カテゴリというわけではないので特定できないのかもしれません。

※カテゴリ7はWikipediaを見る限り上記が規格名だと思いますがよくわかりません。まぁ一般家庭でカテゴリ7が使われることはほとんどないので心配いらないと思いますが。

とりあえずカテゴリ5の規格名「ANSI/TIA/EIA-568-A」を使わないように気をつければ1Gbps以上なので大丈夫。

参考:カテゴリー5ケーブル – Wikipedia
参考:カテゴリー6ケーブル – Wikipedia
参考:カテゴリー7ケーブル – Wikipedia

参考:LANケーブルの規格 CAT(カテゴリー)
→カテゴリ別の特徴が図解入りでわかりやすくまとめられています。

参考:ANSI/TIA/EIA-568-B 商用ビル通信配線規格 JAddendum(追補)のご紹介
→厳密に言うと規格=速度というわけではないので、理解を深めたい人はどうぞ。

LANケーブルに何も書いてない場合の調べ方

念のため、LANケーブルにカテゴリ名も規格名も書いてない場合に、速度を確認する方法を解説しておきます。

カテゴリ名の判定はできませんが、ネット回線の速度はわかるので、カテゴリ5以下(100Mbps)か、カテゴリ5e以上(1Gbps以上)か、判断する材料にはなります。

(※同時に、ルーターやハブがボトルネックになっているかどうかも判断します。)

この方法はパソコンから確認する必要があるため、Nintendo Switchなどのゲーム機ではできません。

(Switchは一応、実際の通信速度の計測はできますが、LANケーブル以外の影響を受けて遅くなる可能性もあるので、ケーブル自体の性能を見分けることができません。)

以下、パソコンにLANケーブルを接続してインターネットが使える状態で確認してください。

Windows 7ならスタートメニューの検索窓から「ネットワークと共有センター」で検索。

そしたらインターネットに接続している一覧が表示されるので、LANケーブルを接続している接続名をクリックします。

※環境によって呼び名が違うかもしれませんが、自分は「ローカルエリア接続」の部分をクリックしました。たぶん「アクセスの種類」が「インターネット」となっている部分だと思います。

「ネットワークと共有センター」の「ローカルエリア接続」をクリック。

そうすると、ネットワーク全体の速度の理論値を見ることができます。

↓「速度」の部分がそうです。

「ローカルエリア接続の状態」の速度を確認。

ここの速度が1.0Gbpsならとりあえず大丈夫。(※ここの値は理論値なので、実際の通信速度ではありません。)

もし100Mbpsだったら、どこかがボトルネックになっています。

  • LANケーブルがカテゴリ5以下
  • ルーターやスイッチングハブが1Gbpsに対応していない

などの可能性があるので、製品の型番から検索して、仕様を調べてみてください。かなり昔のルーターやハブだと、100BASE-T(100Mbps)までしか対応していないことがあるかもしれません。

その場合はルーターやハブを買い換えることになります。(新しく買うならどんなに安いものでも有線接続1Gbpsに対応しています)

ーーー

↓Windows 10についてはこちらを参考にどうぞ。コンパネに入るまでの見た目が多少違いますが、「ネットワークと共有センター」を見るのは同じなので、Windows 7とほぼ同じ手順で確認できます。

参考:ネットワークの通信速度を確認する方法 ( Windows 10 ) | ドスパラ サポートFAQ

ハードオフでLANケーブルを安く買う

実はこのLANケーブルカテゴリの調べ方、ハードオフなどのリサイクルショップでジャンク品を買う時にも便利です。

ハードオフ

ハードオフではLANケーブルがどっさりとジャンクコーナーにむき出しで売られています。

↓ジャンクコーナーはこういう青いコンテナが、ところ狭しと並べられている場所。

ハードオフのジャンクコーナー。

ジャンクコーナーにLANケーブルが豊富に揃っているハードオフもあります。値段は新品の半額程度。

そんなに劣化するものじゃないから、中古で買っても普通に使えることも多いです(ただしあくまでジャンクなので壊れていても返品不可。一応強く折れ曲がってないかくらいは確認しましょう)

なので、カテゴリ6の長いLANケーブルとか、新品で買うと1000円前後するようなものが安く手に入ることがあります。

自宅の1階から2階にLANケーブルを這わせるために、10mや15mのLANケーブルが欲しくなったら、ハードオフで掘り出し物が見つかることがあったりしますよ。

↓LANケーブルの新品の値段はだいたいこんな感じ。(6の検索結果には6Aも出てくるので注意)

「LANケーブルカテゴリ5e」
「LANケーブルカテゴリ6」
「LANケーブルカテゴリ6A」
「LANケーブルカテゴリ7」

↓以上、とりあえず覚えておけば良いのはこんなところです。

  • LANケーブルに書かれている文字でGoogle検索
  • カテゴリ5は遅いので買い替えを検討する
  • 買うならカテゴリ6がおすすめ
  • カテゴリ6A以上(10Gbps)はほとんどの人に必要ない

ーーー

関連:デュアルモニターにする簡単な方法とおすすめのケーブルの選び方

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Amazonでの買い物について

当ブログではAmazonの商品をよく紹介しています。

いつもコンビニ払いしている人は、Amazonギフト券をチャージするとポイントが余分にもらえるので、今まで知らなかったという人は読んでみてください。

Amazonギフト券チャージタイプの詳細はこちら

チャージする金額によって0.5~2.0%ポイント付与され、プライム会員ならさらに0.5%上乗せされます。

ーーー

プライム会員の特典は「お急ぎ便無料」「プライムビデオで多数の映画やアニメ見放題」が特にお得。それ以外にも音楽・読書の使い放題サービスあり。

料金は年払い4,900円(月払い500円/月)で、世界的に日本だけなぜか破格の安さになっているので、配送・映像・音楽・読書など、一部でもよく利用する人なら非常におすすめです。

プライム会員の詳細はこちら

学生ならPrime Studentがさらにお得

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

制作物:「ノイズレスサーチ

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

記事が良いと思ったら、Twitterでツイートしたり、ブログなどで紹介してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

『LANケーブルのカテゴリがわからない時の見分け方・確認方法』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/04/18(水) 19:18:18 ID:fdb1d4792 返信

    何も書かれてない時はどうすりゃいいんだよ

  2. 名前:匿名 投稿日:2018/05/29(火) 12:52:24 ID:ee9237e9e 返信

    ケーブルに何も書かれていない場合は、リンク速度でLEDの色が変わるスイッチングハブにつなぐと一目瞭然です。
    例えばバッファローのLSW5-GT-8NS/BKなら、1000Mでリンク時は緑色、100Mでリンク時は橙というふうに。

    それから、この記事も結構、適当な事が書いてあるので過信は禁物です。
    EIA-568-Aを100Mbpsと断定しているところなどは間違いです
    自分で深く調べる事が大事です。

    • 名前:パソ活 投稿日:2018/05/29(火) 16:22:12 ID:701c2dddd 返信

      EIA-568-Aを100Mbpsと断定しているところなどは間違いです

      →そうでしたね。と言っても規格=速度ではなくて、検索してもややこしくで理解が追いつかないので、「100Mbps以下?」と表記を変えましたが、厳密に言うと間違っているのでしょうか?

      また、それが分かるように解説しているWebサイトはあるでしょうか。もしご存知でしたら教えていただけると幸いです。

      ※調べていて感じたことですが、使用者にとっては568云々の規格名が書いていてもさっぱりわからないので、速度とノイズ耐性がわかりやすく数値化されたものがケーブルに書いてあるのが良いなぁと思いました。

      そう考えるといちいち検索してこんな記事にたどり着かないとわからない現在の表記方法そのものにも問題があるかもしれませんね。

  3. 名前:緑茶 投稿日:2019/06/30(日) 11:41:37 ID:9d2bcf543 返信

    LANケーブル 3m&1.8m 超薄型 CAT-7 イーサネット 10Gbps  RJ45   – 1.8m
    この場合の、3m&1.8mとは何処を指しているのでしょうか?
    お教え頂けますと助かります。

    • 名前:パソ活 投稿日:2019/06/30(日) 13:43:06 ID:12296b23b 返信

      これで表示される商品のことでしょうか。

      「LANケーブル 3m&1.8m 超薄型 CAT-7 イーサネット 10Gbps RJ45」検索結果

      たぶんですが、商品名が元から紛らわしいか、出品の仕方を間違えているだけだと思います。バリエーションの選択に「1.8m」「3m」があるので、結局はこれによって長さが決まるんじゃないでしょうか。

      いずれにしても、こちらでは確かめようがないので、購入を検討しているなら、出品者のリンクから問合せをしてみてください。

  4. 名前:緑茶 投稿日:2019/06/30(日) 14:12:08 ID:9d2bcf543 返信

    お早い回答ありがとうございます
    問い合わせしてみます!

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。