LANケーブルのカテゴリがわからない時の見分け方・確認方法

LANケーブル10m

部屋の片付けをしていて出てきたLANケーブルのカテゴリの見分け方がわからずに地味に困りました。

LANケーブルには速度やノイズ耐性の違いによってカテゴリ5・5e・6・7などの種類があるんですが、カテゴリ5は他と比べて通信速度が遅いから、なるべくカテゴリ5e以上のLANケーブルを使いたい。

でも束のケーブルが出てきてもわからんわけですよ。

LANケーブルに規格が書いてなくて、気づかないままカテゴリ5を使ってた、なんて可能性もあるので、ちゃんと確認しておきたいところです。

ということでLANケーブルによる速度の違いやLANケーブルのカテゴリがわからない時にどうやって見分けたのか書いておきます。

スポンサーリンク

LANケーブルカテゴリによる速度の違い

カテゴリの調べ方を説明する前にカテゴリごとの通信速度を簡単に表にすると以下の通り。

カテゴリ5 100Mbps
カテゴリ5e 1Gbps(1000Mbps)
カテゴリ6 1Gbps(1000Mbps)
カテゴリ7 1Gbps(1000Mbps)

とりあえずカテゴリ5が遅い。カテゴリ5e以上ならとりあえずOK。

だいぶ省略しまくってますが普通に自宅でLANケーブルを使うなら上記の4種類のカテゴリのどれかを使うことになります。

インターネットの回線契約が100Mbpsならカテゴリ5でも構わないですが、回線契約が1Gbps以上ならカテゴリ5e以上のLANケーブル推奨になります。手元のLANケーブルがカテゴリ5だった場合は買い替えを検討しましょう。

記号の読み方はMbps(メガビーピーエス)、Gbps(ギガビーピーエス)です。1Gbps=1,000Mbps。

カテゴリ5e以上はどれも1Gbpsで、違うのは電磁波(ノイズ)に対する強さらしいので、例えば5eを使っていて通信速度が十分に出ていれば、買い換えまでする必要はありません。

LANケーブル種類・カテゴリーによる通信速度比較(ベンチマーク)」などを見る限り、カテゴリだけで速度の違いは出ません。

そしてカテゴリ5eと6の価格差がほとんど無いのでコスパ的にはカテゴリ6がおすすめ。カテゴリ7は一般家庭には必要ありません。

LANケーブルカテゴリの見分け方

さて、手元のLANケーブルを見た時に、運良く直接カテゴリ名が書かれていたらすぐにカテゴリがわかります。

LANケーブルカテゴリー6

↑この場合は調べなくても「カテゴリ6」ということがわかります。

でもそれが書かれてないからたぶんこのブログに辿り着いたと思うので、ケーブルにカテゴリが書いてない場合の調べ方に進みます。

LANケーブルにカテゴリが書いてない場合の調べ方

カテゴリ名が直接書かれてないLANケーブルだとなんだか難しい文字がたくさん書かれていてすぐにカテゴリがわかりません。

カテゴリが書かれていないランケーブル

↓こんなふうにケーブルに長い文字が印字されています

VCOM – VINH KHANH E333750 (UL) TYPE CM 24AWG/4PRS UTP TIA/EIA-568-B.2-1 CATEGORYSE PATCH CORD

さすがにこの文字の羅列を見て一発で分かる人はほとんどいないだろうから、とりあえずGoogleで検索します。

例えばさっきのケーブルに書かれていた型番っぽい部分。

TIA/EIA-568-B.2-1

カテゴリ6の規格TIA/EIA-568-B.2-1

これをGoogleで検索してみるとWikipediaが出てきました。以下引用。

カテゴリー6ケーブル(ANSI/TIA/EIA-568-B.2-1、英: Category 6 cable)は、高速信号転送のためのツイストペアケーブルの規格である。

引用:カテゴリー6ケーブル – Wikipedia

どうやら「TIA/EIA-568-B.2-1」という部分がカテゴリ6LANケーブルの規格名だったみたいです。

こんなふうに手当たり次第にGoogleで検索してみると意外と答えがあっさり見つかります。

その後、どのカテゴリーがどの規格名になっているのか調べてみると、大雑把な見分け方は以下の通りになります。(※前半のANSI/TIA部分は省略してます)

カテゴリ 規格 速度
5 EIA-568-A 100Mbps以下?
5e EIA-568-B 1Gbps(1000Mbps)
6 EIA-568-B.2-1 1Gbps(1000Mbps)
7 ISO/IEC 11801 1Gbps(1000Mbps)

※特に紛らわしいのは「EIA-568-B.2」の場合、カテゴリ5e・6どちらの可能性もありました。規格名=カテゴリというわけではないので特定できないのかもしれません。

※カテゴリ7はWikipediaを見る限り上記が規格名だと思いますがよくわかりません。まぁ一般家庭でカテゴリ7が使われることはほとんどないので心配いらないと思いますが。

とりあえずカテゴリ5の規格名「ANSI/TIA/EIA-568-A」を使わないように気をつければ1Gbps以上なので大丈夫。

参考:カテゴリー5ケーブル – Wikipedia
参考:カテゴリー6ケーブル – Wikipedia
参考:カテゴリー7ケーブル – Wikipedia

参考:LANケーブルの規格 CAT(カテゴリー)
→カテゴリ別の特徴が図解入りでわかりやすくまとめられています。

参考:ANSI/TIA/EIA-568-B 商用ビル通信配線規格 JAddendum(追補)のご紹介
→厳密に言うと規格=速度というわけではないので、理解を深めたい人はどうぞ。

ハードオフでLANケーブルを安く買う

実はこのLANケーブルカテゴリの調べ方、ハードオフなどのリサイクルショップでジャンク品を買う時にも便利です。

ハードオフではLANケーブルがどっさりとジャンクコーナーでむき出しで売られてます。

↓ジャンクコーナーはこういう青いコンテナが所狭しと並べられているところ。

ジャンクコーナーにLANケーブルが豊富に揃っているハードオフもあります。値段は新品の半額程度。

そんなに劣化するものじゃないから中古で買っても普通に使えることも多いです(ただしあくまでジャンクなので壊れていても返品不可)

↓なのでこういうカテゴリ6の長いLANケーブルとか新品で買うと1000円前後するようなものが安く手に入ることがあります。

自宅の1階から2階にLANケーブルを這わせるために10mや20mのLANケーブルが欲しくなったら、ハードオフで掘り出し物が見つかることがあったりしますよ。

↓LANケーブルの新品の値段はだいたいこんな感じ。

「LANケーブルカテゴリ5e」
「LANケーブルカテゴリ6」
「LANケーブルカテゴリ7」

↓以上、とりあえず覚えておけば良いのはこんなところです。

  • LANケーブルに書かれている文字でGoogle検索
  • カテゴリ5は遅いので買い替えを検討する
  • カテゴリ7は一般家庭には必要ない

関連:デュアルモニターにする簡単な方法とおすすめのケーブルの選び方

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

スポンサーリンク

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

制作物:「ノイズレスサーチ

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

記事が良いと思ったら、Twitterでツイートしたり、ブログなどで紹介してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

『LANケーブルのカテゴリがわからない時の見分け方・確認方法』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/04/18(水) 19:18:18 ID:fdb1d4792 返信

    何も書かれてない時はどうすりゃいいんだよ

  2. 名前:匿名 投稿日:2018/05/29(火) 12:52:24 ID:ee9237e9e 返信

    ケーブルに何も書かれていない場合は、リンク速度でLEDの色が変わるスイッチングハブにつなぐと一目瞭然です。
    例えばバッファローのLSW5-GT-8NS/BKなら、1000Mでリンク時は緑色、100Mでリンク時は橙というふうに。

    それから、この記事も結構、適当な事が書いてあるので過信は禁物です。
    EIA-568-Aを100Mbpsと断定しているところなどは間違いです
    自分で深く調べる事が大事です。

    • 名前:パソ活 投稿日:2018/05/29(火) 16:22:12 ID:701c2dddd 返信

      EIA-568-Aを100Mbpsと断定しているところなどは間違いです

      →そうでしたね。と言っても規格=速度ではなくて、検索してもややこしくで理解が追いつかないので、「100Mbps以下?」と表記を変えましたが、厳密に言うと間違っているのでしょうか?

      また、それが分かるように解説しているWebサイトはあるでしょうか。もしご存知でしたら教えていただけると幸いです。

      ※調べていて感じたことですが、使用者にとっては568云々の規格名が書いていてもさっぱりわからないので、速度とノイズ耐性がわかりやすく数値化されたものがケーブルに書いてあるのが良いなぁと思いました。

      そう考えるといちいち検索してこんな記事にたどり着かないとわからない現在の表記方法そのものにも問題があるかもしれませんね。

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。