LANケーブルのカテゴリがわからない時の見分け方・確認方法

LANケーブル10m

部屋の片付けをしていて出てきたLANケーブルのカテゴリの見分け方がわからずに地味に困りました。

LANケーブルには速度やノイズ耐性の違いによってカテゴリ5・5e・6・7などの種類があるんですが、カテゴリ5は他と比べて通信速度が遅いから、なるべくカテゴリ5e以上のLANケーブルを使いたい。

LANケーブルに規格が書いてなくて、気づかないままカテゴリ5を使ってた、なんて可能性もあるので、ちゃんと確認しておきたいところです。

ということでLANケーブルによる速度の違いやLANケーブルのカテゴリがわからない時にどうやって見分けたのか書いておきます。

スポンサーリンク

LANケーブルカテゴリによる速度の違い

カテゴリの調べ方を説明する前にカテゴリごとの通信速度を簡単に表にすると以下の通り。

カテゴリ5 100Mbps
カテゴリ5e 1Gbps(1000Mbps)
カテゴリ6 1Gbps(1000Mbps)
カテゴリ7 1Gbps(1000Mbps)

とりあえずカテゴリ5だけ遅いと覚えておけばOK。

だいぶ省略しまくってますが普通に自宅でLANケーブルを使うなら上記の4種類のカテゴリのどれかを使うことになります。記号の読み方はMbps(メガビーピーエス)、Gbps(ギガビーピーエス)です。
1Gbps=1,000Mbps。

カテゴリ5とそれ以外のカテゴリは10倍の速度差があるので手元のLANケーブルがカテゴリ5だった場合は買い替えを検討しましょう。

カテゴリ5e以上はどれも1Gbpsで性能は誤差の範囲なので、家電の電波干渉が起きていない限りは新しく買い換える必要はありません。そしてカテゴリ5eと6の価格差がほとんど無いのでコスパ的にはカテゴリ6がおすすめ。カテゴリ7は一般家庭には必要ありません。

LANケーブルカテゴリの見分け方

さて、手元のLANケーブルを見た時に、運良く直接カテゴリ名が書かれていたらすぐにカテゴリがわかります。

LANケーブルカテゴリー6

↑この場合は調べなくても「カテゴリ6」ということがわかります。

でもそれが書かれてないからたぶんこのブログに辿り着いたと思うので、ケーブルにカテゴリが書いてない場合の調べ方に進みます。

LANケーブルにカテゴリが書いてない場合の調べ方

カテゴリ名が直接書かれてないLANケーブルだとなんだか難しい文字がたくさん書かれていてすぐにカテゴリがわかりません。

カテゴリが書かれていないランケーブル

↓こんなふうにケーブルに長い文字が印字されています

VCOM – VINH KHANH E333750 (UL) TYPE CM 24AWG/4PRS UTP TIA/EIA-568-B.2-1 CATEGORYSE PATCH CORD

さすがにこの文字の羅列を見て一発で分かる人はほとんどいないでしょう(笑)

難しそうに見えますけどとりあえずGoogleで検索します。

例えばさっきのケーブルに書かれていた型番っぽい部分。

TIA/EIA-568-B.2-1

カテゴリ6の規格TIA/EIA-568-B.2-1

これをGoogleで検索してみるとWikipediaが出てきました。以下引用。

カテゴリー6ケーブル(ANSI/TIA/EIA-568-B.2-1、英: Category 6 cable)は、高速信号転送のためのツイストペアケーブルの規格である。

引用:カテゴリー6ケーブル – Wikipedia

どうやら「TIA/EIA-568-B.2-1」という部分がカテゴリ6LANケーブルの規格名だったみたいです。

こんなふうに手当たり次第にGoogleで検索してみると意外と答えがあっさり見つかります。

ハードオフでLANケーブルを安く買う

実はこのLANケーブルカテゴリの調べ方、ハードオフなどのリサイクルショップでジャンク品を買う時にも便利です。

ハードオフではLANケーブルがどっさりとジャンクコーナーでむき出しで売られてます。

↓ジャンクコーナーはこういう青いコンテナが所狭しと並べられているところ。

ジャンクコーナーにLANケーブルが豊富に揃っているハードオフもあります。値段は新品で買った場合のだいたい半額程度。

そんなに劣化するものじゃないから中古で買っても普通に使えることも多いです(ただしあくまでジャンクなので壊れていても返品不可)

↓なのでこういうカテゴリ6の長いLANケーブルとか新品で買うと1000円前後するようなものが安く手に入ることがあります。

自宅の1階から2階にLANケーブルを這わせるために10mや20mのLANケーブルが欲しくなったらハードオフで掘り出し物が見つかることがあったりしますよ。

↓LANケーブルの新品の値段はだいたいこんな感じ。

「LANケーブルカテゴリ5e」
「LANケーブルカテゴリ6」
「LANケーブルカテゴリ6e」
「LANケーブルカテゴリ7」
※Amazonでは6eを検索したのに6や7が出ることもあるので要確認です。これよりもハードオフのほうが安ければジャンクで買ってもよいかも。

↓以上、とりあえず覚えておけば良いのはこんなところです。

  • LANケーブルに書かれている文字でGoogle検索
  • カテゴリ5は遅いので買い替えを検討する
  • カテゴリ7は一般家庭には必要ない

関連:デュアルモニターにする簡単な方法とおすすめのケーブルの選び方

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。