ニーモシネのメモ帳N162と鉛筆を使うととっさのメモにいつでも対応できるのでおすすめ

ニーモシネN162

パソコン作業をしていてすぐに電話番号とかメモしたい時に便利なメモ帳の紹介です。ニーモシネN162という商品です。

何と言っても奥行が7.5cmしかないのでノートパソコンやキーボードの手前に置いても邪魔にならずに常に置いておけます。

さらにノックする必要も無い鉛筆を使えば素早くメモすることができてどんな急用が入っても大丈夫な体勢が整います。

ちょっとメモするのに気合入りすぎかもしれませんがすぐにメモできる体勢に入れるのはストレス無くて良いですよ。

広告

ニーモシネN162

ニーモシネN162は横20cm x 縦7.5cm。かなり横長(縦長?)で細長い特殊なメモ帳です。

サンデーカーペンター

↓高さは約0.7cmで鉛筆とほぼ同じ。なので手元に置いても邪魔になりません。

ロディア鉛筆

↓縦(奥行)はたったの7.5cm。ふせんが横に2つ並ぶ程度のサイズ感となっています。

大きなふせん

縦7.5cmあれば箇条書きでいろいろ書けます。5mm方眼で14行ほど。

そして筆記可能な横幅はだいたいB5サイズの18.5cmあるので横に長い文章もそこそこ書けます。

パソコン作業しててもメモ帳が邪魔にならない

ニーモシネN162は薄いのでキーボードの手前に置いたままパソコン作業しても邪魔になりません。

キーボードホームポジション

メモ帳が手首に当たって気になる場合はパームレストを使えばOK。

パームレスト

この配置だとパソコン作業しながらメモの内容も見れるので使い勝手がよくておすすめ。

すぐにメモするなら鉛筆が使いやすい

筆記用具にはキャップ式・ノック式・回転式などいろいろなタイプがありますが、

「すぐに書く」「必ず書く」なら鉛筆が最強だったりします。

↓軸が細いのでメモの上に置いても邪魔になりません。

ニーモシネN162

鉛筆を持つだけで、

鉛筆

すぐに筆記可能な状態になります。

鉛筆で書く

筆記用具としては手軽なノック式ボールペンでさえ「ノック」というワンアクションがあるので鉛筆には負けます。

さらに鉛筆は黒鉛が摩擦によって削ぎ落とされて紙に定着するという性質上、乾燥や故障で書けないことが無いので「必ず書ける」信頼性はバツグンで実はすごい筆記具なんです。

ノートパソコンの手前にメモ帳

スリムなメモ帳と鉛筆だけなので持ち運びしやすくて外出先でノートパソコンとの組み合わせにも向いてます。

MacBook Pro

見た目も落ち着いているので外で使っても違和感がないし外でパソコン作業をするような営業職と相性が良さそうですね。

ロディアにも同じ形のメモ帳がある

実はロディアにもほぼ同じサイズのメモ帳(ロディアNo.8)があります。

↓上がロディア、下がニーモシネです。ロディアのほうがちょっとだけ長いですけどほとんど同じサイズ。

ロディアNo.8

両方とも使ってみて思ったのはロディアはとにかく罫線が紫色で濃いので鉛筆には向いてないってこと。今ではニーモシネばかり使ってます。

罫線の濃さはニーモシネとロディアの罫線を比較した記事も書きましたがニーモシネのほうがたいていの場合おすすめです。

まとめ

メモするスペースに余裕があるならブロックメモでも裏紙でもなんでもいいですけど

ふとした時に超重要な連絡を受けて絶対にメモしないといけない

という人なら横長のメモ帳おすすめです。

広告

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。