書きやすいボールペン考察|サラサSEにエナージェルの替芯でニコイチ

ボールペンのグリップ

けっこう文房具が好きで、書きやすい筆記用具を試行錯誤することがよくあります。しかも低価格帯のボールペンで。

一時期は買いまくって試しまくって迷走してたんですけど、最近は書く道具に関してはやや落ち着いてきたので愛用しているゲルインキボールペンのお話でもしようかと。

キーボードとかもそうだけど、手で使う道具に敏感で気になっちゃうんですよね。

最初は油性ボールペンのジェットストリームから始まり、十分書きやすいと思ってたらゲルインキボールペンの存在を知り、全然書き味が違うことに気づいてそこから筆記用具沼の始まりさぁ大変。

線の太さの違い。グリップ。軸の太さ。筆記時のガタつき。斜め筆記の引っ掛かり。インクの速乾性。インクフロー。ノック式かどうか。というふうにかなりいろいろ試していったんですけどこれだ!という筆記具にはなかなか出会えません。

でもそんなことを考えながら過ごしてると神は味方してくれるみたいで、偶然、サラサSEというボールペンに出会いました。

広告

ボールペンはグリップが物足りない

ゲルインキボールペンの使い始めはエナージェルをよく使ってました。

↓この写真はノック式のエナージェル

エナージェルゲルインキボールペン

でもグリップ部分がもう一歩というところで、エナージェルだけじゃなくシグノRT・シグノRT1・ジュース・サラサ・Gノックなどいろいろなゲルインキボールペンのボディを試したんですけど、なんというか滑りやすくてイマイチ合わないんですよね。

↓今まで試したゲルインキボールペンのグリップ部分。左からサラサ、シグノRT1、Gノック、エナージェル、ジュース。

ボールペンのグリップ

どれもグリップ力が今ひとつで、満足行くものに出会えてませんでした。

「サラサSE」ゲルインキボールペン

そんなふうに何となくボールペンに対して不完全燃焼な日々を送っていたんですが、ふと立ち寄った文房具店でゲルインキボールペンコーナーを見ていると、何やら今まで見たことも聞いたこともないボールペンが陳列されてました。

それがサラサSE(サラサエスイー)というボールペン。

サラサSE

今まで文房具屋以外でも見てたはずなんですけど、初めてサラサSEの存在を知ったのでもともと取り扱い店舗が少ないのかもしれません。

特徴的なのはなんといっても凹凸のしっかりとしたグリップで、グリップ力は今まで試してきたボールペンよりしっかりしています。

サラサSEのグリップ

サラサSEのグリップはアクロボールのタイヤパターングリップと似ている

これ、タイヤパターングリップでお馴染みのアクロボールが好きな人だったらすごく相性が良いと思います。アクロボールみたいなグリップでゲルインキが使いたいなら間違いなくおすすめ。

↓左がサラサSE、右がアクロボール。

サラサSEとアクロボールの比較

個人的にアクロボールのタイヤパターンもかなり好きなんですけど、サラサSEのほうが凹凸の粒が高くてゴム特有の粘り気が少ないのでさらに使いやすかったです。

おすすめの替芯はエナージェル

ただしサラサSEの中身(替芯)はサラサシリーズと同じものなので、好みによって自分の好きな替芯に入れ替えるのもありだと思います。

幸い同じJIS規格の替芯が豊富なので自分の好きなエナージェルの替芯も加工無しで使うことができます。

エナージェルの0.5mmが滑りやすさ・止めやすさ・速乾性・斜め筆記しやすさ・ダマのできにくさ共に最高の使い心地です。

ただし0.7mmエナージェルはインクフローが多すぎるので使いません。0.7mm使うならサラサ替芯のほうが良いかも。どちらにしてもゲルインキはインクフローが多めなので0.5mmが一番書きやすいと思います。

0.4mmエナージェルはかなり細い割にはインクフローがしっかりしていてかすれないし速乾性もあるので、手帳など小さなノートに書き込むのに向いてそう。

エナージェルの替芯

それとゲルインキボールペンは滑りが良いのでノートの紙質が多少ザラザラでも書きやすいのが良いところ。

まとめ

以上、ゲルインキボールペンのサラサSEのボディに、エナージェルの替芯を入れると使いやすいよ、というお話でした。

他にもボディと替え芯の組み合わせネタとして、サクサク書けるボールペンが好みの人にはトンボ鉛筆の水性ボールペンZOOM505もどきの自作もおすすめ。

5mm方眼ノートのおすすめでも詳しく書いてますけど、ノートやレポート用紙もいろいろ比較すると非常に奥が深いです。

関連:5mm方眼ノートの比較|A4・B5・A5のリングノート

関連:5mm方眼レポート用紙・レポートパッドの比較

広告

このページのシェア・保存はこちら

『書きやすいボールペン考察|サラサSEにエナージェルの替芯でニコイチ』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2015/10/03(土) 13:12:08 ID:7a3978f79 返信

    長さを切るなりして調整すれば他のボールペンに入るものが多いですね。
    自分もクラッチポイントにエナージェルの替芯を入れて使っています。

    • 名前:パソ活 投稿日:2015/10/04(日) 06:29:02 ID:fe41294c9 返信

      クラッチポイントっていうボールペンは初めて知りました。なかなか格好いいですね。

      1000円前後のお値段がするボールペンで他に試したものと言ったらオートのリバティにエナージェルを使ってみたりしました。結局書きやすさ優先で安い軸を使うようになりましたが(笑)

      いまだに切って調整する必要に迫られたことはありませんけど、そういう時間も楽しいものかもしれませんね。欲を言えばもうちょい規格を統一して互換性を高めてもらえたらな―とは思いますけど。

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。