トンボ鉛筆水性ボールペンZOOM505の替芯と鉛筆ホルダーを合体

ZOOM505もどき

水性ボールペンとして人気の高いトンボ鉛筆のZOOM505

文房具屋で見かける度についつい手にとって試筆するけど結局そんなに使わないかなぁと自分に言い聞かせ店を後にするということを何回繰り返したことか。

1300円くらいなんですけどね。されど1300円。その値段分使い倒すのかというとキャップ式だしどうしても使用頻度が多くならなさそうでいつも見送っていました。

そんな時たまたま他のことでクツワの鉛筆ホルダーを試す機会があり、トンボZOOM505の替芯をはめたらジャストフィットするじゃありませんか。

トンボZOOM505が好きな人は楽しめる組み合わせだと思いますよ。

広告

鉛筆ホルダーと水性ボールペンをコラボさせる

用意するのは「クツワの鉛筆ホルダー」と「ZOOM505の替芯」です。

そのままだと細くて抜け落ちてしまうのでマスキングテープを何周か巻いて鉛筆と同じ太さにします。

マスキングテープ

装着した状態のホールド感は非常に良くてかなり筆圧をかけてもまったくガタつきがありません。

↓替芯の装着は鉛筆ホルダーのノックを押しながら入れ込むだけ。(動画)

たったこれだけで本物のZOOM505をちょっと軽くしただけのようなZOOM505もどきが誕生します。

なんちゃってZOOM505の良いところ

使えば使うほど驚きの使い心地で「もどき」というかむしろ全く別の筆記用具が誕生します。

本物のZOOM505より軽い

  • ZOOM505もどき → 15g
  • 本物ZOOM505ボディ → 24g
  • 本物ZOOM505ボディ+キャップ → 30g

ちなみにオートのリバティもほとんど同じ重量です。ZOOM505やリバティが重たく感じる人にとってはZOOM505もどきのほうが書きやすいかもしれません。

他の筆記具と比べてみるとこのような感じになります。

ジェットストリーム単色   9.5g
ジェットストリーム3色多機能 12.0g
エナージェル単色 13.0g
ZOOM505もどき 15.0g
カランダッシュ 15.5g
ハイテックCコレト1000 16.1g
ジェットストリーム4&1 23.5g
ZOOM505(ボディのみ) 24.0g

こうしてみると本家ZOOM505とZOOM505もどきはかなり重量差がありますね。

ZOOM505の替芯は最初からキャップ付き

ボールペンの替芯としては珍しくZOOM505は替芯単体で購入してもキャップがついているので乾燥を防ぐことができます。

ZOOM505替芯のキャップ

鉛筆ホルダーに替芯を装着したままキャップを付けられるのでキャップ式ボールペンと使用感が同じなのも良いところ。

※その後ズボラな人のためにキャップをせずに放置した場合どうなるのか実験してみましたが2週間キャップ無しで放置しても全然インクがかすれず快適に書けました。よっぽど長期間放置しない限り乾燥の心配は無さそうです。

ZOOM505替芯の書き心地

ZOOM505の替芯はインクフローが多く0.5mmにしては筆記線がかなり太めになります。その分どんなに速く書いてもかすれることがなくて斜めに傾けて筆記してもよく耐えてくれます。

その反面インクフローが多いので紙質によっては裏写りする可能性があります。コピー用紙でぎりぎり裏抜けしない程度。普通のゲルインキボールペンよりはドバっと出ます。

筆圧がかなり弱くても筆記できる替芯なので15gという軽さと相性も良いですね。体感では万年筆に迫るくらい筆圧が弱くても快適に書けます。

ZOOM505と形状や質感が似ている

クツワの鉛筆ホルダーは偶然にもZOOM505やリバティと同じようなサイズ・グリップの太さ・質感なので筆記感が結構似ていて「もどき」度が高めです。

↓※手元にZOOM505が無いためリバティとの比較写真。

リバティと比較

表面の塗装は色によって違うかもしれませんが自分の持ってるブルーの鉛筆ホルダーはアルマイト加工されていてサラサラ気持ち良い手触り。

他の鉛筆ホルダーも使える

よく考えたらクツワの鉛筆ホルダーじゃなくても「ペンシルホルダー」「鉛筆補助軸」であればどれでも使えそうですね。

ペンシルホルダーとして有名なのはステッドラーのとか。

ローレット(ギザギザの部分)がステッドラーのシャープペンシルと同じようにすごいグリップが効くので好きな人はこっちのほうが良いかもしれません。

鉛筆補助軸を検索

広告

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。