パイロットの筆圧測定をやってみた|筆圧の強さや筆記癖のアドバイスをもらえます

初めての万年筆クリニックに行ってきましたというのが前回の話。

関連:万年筆を超音波洗浄機で洗浄、インクフロー調整など、万年筆クリニックに診てもらいました

実はそのすぐ隣でパイロットの筆圧測定コーナーというのもやっていました。

何やら筆圧だけじゃなく速度なども測って性格診断までしてしまうという禁断の(?)機能が付いているようです。

スポンサーリンク

パイロットの筆圧測定機

筆圧を測定するだけなのにいかにも重そうな機械です。たぶんこの写真の左に写ってるのが心臓部。完全にデスクトップパソコン並のサイズ。

PILOT筆圧測定機

↓そして文字を書くセンサー部分がこの写真の上に置いてある紙の部分。(ちっさwww)

PILOT筆圧測定機

全体はたぶん横幅40cmくらいあったと思うけど文字を書くスペースは10cmそこそこという小ささ。

外観からしてかなり年季が入ってそうです。もし最新の測定器があったとしたらもっとコンパクトなものがあったりするんでしょうか。

筆圧測定に使った万年筆

試筆用の筆記具としては何やら良さそうな万年筆が鎮座していました。

PILOT万年筆カスタム74

どうやらカスタム74という万年筆。定価1万円+税!ひぃ!カクノの10倍じゃないですか。

PILOT万年筆カスタム74

パイロットコーポレーション

筆圧測定の結果

さて実際にこのカスタム74万年筆で筆圧測定をしてみました。

どうやら名前を2回書いて測定するとのこと。

筆圧の記録はロール紙にスペクトルグラフとして記録されるようで地震計みたいな見た目でした。

筆圧測定

↓自分の筆圧測定の結果は以下のとおり。左半分が1回目、右半分が2回目。(2回目は意図的にペン先を斜めにして書いて筆圧が弱め)

PILOT筆圧測定

↑このグラフの赤い線が男性の平均筆圧150gとのことで、グラフを見てわかるとおり平均の筆圧よりも弱めという結果が出ました。

測った後で思いましたが普段自分が使っているペンで測定したほうが良いこと。慣れないペンで緊張してしまいました。

筆圧測定の機会がある人はぜひ自分の筆記用具を持っていくことをおすすめします。

自分の筆記癖についてもアドバイス

万年筆はちょっと寝かせて書いたほうが本来の書き味などを発揮できるらしいですが自分は少し立て気味で書いているということがわかりました。

より良い書き方のために参考になるのでこういうアドバイスは万年筆初心者にとって参考になりますね。

まぁその癖に合わせてペンポイントを研磨してくれたりもするので絶対という書き方はないですけど。

※ちなみにちょっと寝かせる書き方を教えてもらいましたがやっぱり馴染めずに普通のペンと同じように書いてしまいます。

性格診断までやってくれる

そしてなんと筆圧だけじゃなく性格診断までやってくれるというおまけ付き。

↓以下の4つの特徴を元に12種類の性格から診断されるとのこと。

  • 速度
  • 字の大きさ
  • 字の形
  • 特徴

筆圧測定診断シート

ずいぶん気合の入った診断シートでした。

自分は何やらZとHの傾向が強くZH型というのに当てはまるとのこと。

PILOT筆圧測定ZH型

喜劇ヒーロー型

世話好きで、感情が豊かです。やや猪突猛進的な慎重さに欠ける点がありますが、物事にすぐとけこみ社交的で行動は俊敏です。

どの性格も最後には褒めてくれるので性格診断するだけで良い気分になることでしょう(笑)

そして、それぞれの性格には相性の良いペン先の太さが書かれています。

文房具好きなら楽しめるかな

正直なところ筆圧測定よりもスタッフさんに目視で癖を見てもらったりして万年筆の書き方について話をするほうが為になりました。

でも数値化できるセンサーが間に入ることによって話も弾みやすくなるのでこれはこれで面白いですね。記録として残せるので文房具好き同士の会話のネタにもなると思います。

万年筆やその他の筆記用具についてカテゴリもあるのでこちらからどうぞ。

カテゴリ:筆記用具

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。