irfanviewの日本語化モジュールをインストール・有効化する方法

画像を快適に閲覧・加工できるフリーソフトIrfanview(イルファンビュー)。とても動作が軽くて必要十分な機能があるので気に入ってます。

ただしそのままインストールしただけだと日本語化されていないので日本語モジュールをインストールしないといけません。

ただ単に日本語モジュールをダウンロード・インストールするとつまずくポイントがあったりするので画面キャプチャ付きで解説しました。

スポンサーリンク

Irfanviewのインストール

窓の杜にIrfanview本体・プラグイン・日本語モジュールがすべてまとめられているのでこちらからのダウンロードがおすすめです。

窓の杜:IrfanView – 窓の杜ライブラリ

Irfanview本体には32bit版と64bit版がありますが普通の人であれば64bit版は必要ないと思います。32bit版でも十分過ぎるほど快適に動きます。

↓下記の引用のとおりよっぽど大きな画像じゃないと32bitと64bitで速度差は出ません。

追加された64bit版では、2,500万画素を超えるような大きな画像イメージをより高速に扱うことができる。なお、プラグイン集も64bit版「IrfanView」向けのものが公開されているが、一部の機能に制限があるという。

via:巨大なファイルをより高速に扱える64bit版が追加された「IrfanView」v4.40 – 窓の杜

zipファイルをダウンロードして解凍したら好きな場所にフォルダごと置けば使えるようになります。レジストリは変更されないので削除する時はフォルダごと消すだけ。

IrfanviewのフォルダをDropboxに置けばどのパソコンからでも同じ設定で使えるのでかなり便利です。

日本語モジュールのインストール

先ほどの窓の杜のダウンロードページから「IrfanView Ver●.●●用 日本語モジュール」をダウンロード。

Irfanview日本語モジュール

exeファイルを実行してフォルダを指定したらインストールが完了します。

日本語化は手動で設定する必要あり

てっきり日本語モジュールをインストールしたらすぐに日本語化されると思っていたんですが自分でIrfanviewのメニューから言語を設定しないと日本語化されません。

日本語モジュールのインストールが完了したらIrfanviewの上にあるメニューの中から「Options」→「Change language」をクリックして設定に進みます。

Irfanview言語設定

↓そしたら言語設定の画面になるのでJapaneseを選べば無事日本語化されます。

Irfanview日本語に変更

↓こちらは日本語化する前の初期状態。

Irfanview英語の設定画面の見た目

↓こちらが日本語モジュールを適用した後。見やすいですね。

Irfanview日本語の見た目

Irfanviewを使う時はぜひ日本語化して使いましょう。使いやすさが全然違います。

<関連>
IrfanviewでOCRプラグインを使う

Windowsパソコンに最初に入れるおすすめのフリーソフト

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。