デジカメからPCに転送できるEyefi Mobi Proで物撮りが捗る!Wi-Fi SDカードのおすすめ

Eyefi Mobi Pro

今までPro版ではなく通常版のEyeFi Mobiカードを使ってたんですけどデジカメからパソコンに転送となると通常版は用途に合わなかったのでEyefi Mobi ProというPro版のWi-Fi内臓SDカードを買いました。

これが超快適でデジカメ→PC転送、しかも撮影したら自動で転送が始まる、通信の安定性が高い、RAW画像も転送できるという最強っぷりでした。これ以上の快適さは望めません。

デジカメで撮影した写真をすぐにパソコンで利用したい人には非常におすすめできます。

このブログではEyefi Mobi Proの特徴と初期設定について書きました。

広告

Eyefi Mobi Proカード

Eyefi Mobi Proカードはデジカメからパソコンへの写真転送が非常に安定していて高速です。

というのも自宅の無線LAN環境(Wi-Fi)内を経由してパソコンまで転送するので干渉することもなく安定して通信できるようになってます。通常版のEyeFiカードの不安定さが根本から解消されています。

また、デジカメで撮影してから一切の操作をすることなく自動で転送が開始されるのでストレスフリー。シャッターを切ってからしばらく待つだけでパソコンに指定したフォルダに転送が始まります。

デジカメのシャッターを切ってから写真が転送開始されるまでのタイムラグは1枚目が20秒ほどかかりますが2枚目以降は3秒もしないうちに転送が始まるのでどんどん撮影しても快適です。

↓こちらが撮影1枚目の転送タイムラグ(約20秒)

↓そしてこちらが2枚目以降のタイムラグ(約3秒)

RAW画像を転送できる

Eyefi Mobi ProはRAW画像もデジカメからパソコンに転送できます。ファイルサイズが大きいので必然的に転送時間はかかりますけどclass10なので基本的な速度は十分。

写真の転送中でも撮影はできるので転送が終わるのを待つ必要もありません。

容量無制限のEyeFiクラウドが1年間無料

EyeFiが提供しているサービスのひとつにEyeFiクラウドという容量無制限でRAW画像も保存できるクラウドストレージがあります。

Eyefi Mobi Proカードを買うと年間5000円相当のEyeFiクラウドが1年間無料になります。

RAW画像をクラウドに保存したい場合はプライムフォト(年間3900円のAmazonプライム会員特典のうちのひとつ)という選択肢もあります。ただしプライムフォトのほうはRAWファイルのサポート形式が若干少ないので機能的にはEyeFiクラウドのほうが有利。

まとめ

いろいろ機能があるのでEyefi Mobi Proについてまとめてみるとこんな感じ。

  • デジカメからPCに写真が転送できる
  • 通信の安定性が高い
  • シャッターを切ってから自動で転送開始
  • RAW画像も転送できる
  • EyeFiクラウド(年5000円)が1年間無料
  • class10なのでSDカード自体の性能は必要十分

Wi-Fi機能を持ったSDカードはいろいろありますがとくにデジカメからパソコンへ写真を転送する使い方ならEyefi Mobi Proがおすすめです。

↓ここから先はEyefi Mobi Proの初期設定について詳しく解説しています。買ったけどパソコンの設定がよく分からないという人は読んでみてください。

Eyefi Mobi Proの初期設定

これはEyefi Mobi Proのパッケージの中にある内容物。

Eyefi Mobi Pro付属品

USBカードリーダーは有線LANで使っているパソコンでもEyefi Mobi Proカードの設定ができるようにします。

アクティベーションコードはEyefi Mobi Proカードとパソコンをひも付けするためのコードです。

EyeFi Mobi Desktopのインストール

まずはパソコンに写真を転送するためのソフトウェアをインストールします。

公式:Downloads | Eyefi

EyeFi Mobi Desktopインストール

インストールが完了したらEyeFiクラウドというサービスを断れないように見えますが「使ってみましょう」をクリックしてもあとでスキップできるので大丈夫です。

EyeFiクラウド

EyeFiクラウドを使わない場合はスキップボタンをクリック。

EyeFiクラウド

※デジカメからパソコンに転送するだけならEyeFiクラウドは必要ありません。

次はEyefi Mobi Proカードのアクティベートです。

Eyefi Mobi Proアクティベーション

ノートパソコンなど無線LANで使っている場合は「カードをアクティベートしましょう」をクリックしてアクティベートすれば大丈夫。

↓デスクトップパソコンで有線LAN接続している場合は次を見てください。

有線LAN接続のデスクトップパソコンでアクティベートする方法

デスクトップパソコンだといろいろつまずいたポイントがあるので解説していきます。

まずは付属のUSBカードリーダーでパソコンに接続しておきます。今後もEyefi Mobi Pro内部の設定を変更するのにカードリーダーが必要になるので無くさないように気をつけてください。

Eyefi Mobi Proカードリーダー

有線LANで使っているデスクトップパソコンではアクティベートを「今は行わない」をクリックします。

Eyefi Mobi Proアクティベーション

「今は行わない」をクリックするとこのようなメッセージが表示されます。

インフラストラクチャモード

Mobi Proカードをお使いの場合、インフラストラクチャモードを利用することができますので、[OK]をタップして続行してください。

インフラストラクチャモードという意味がピンと来ませんがこれは自宅のWi-Fiを経由して写真を転送する方法のこと。

デジカメからパソコンへの写真転送ではこのインフラストラクチャモードが主役になるのでOKをクリックしても大丈夫です。

次はパソコン画面右下にあるEyeFi Mobi Desktopのアイコンをクリックして「Mobiカード追加」をクリックします。

Eyefi Mobi Pro設定

そしたら以下のようなメッセージが表示されますが

気にせずアクティベーションコードを入力して次へ進みます。アクティベーションコードは付属のカードの裏面に書いてあります。

EyeFiカードのアクティベーション

保存場所を聞かれます。後でも設定できるので今は適当でも大丈夫。

Eyefi Mobi Pro写真の保存場所

「次へ」をクリックするとこの画面になるんですが実はこれ、いくら待っても終わりません。キャンセルをクリックしましょう。

Eyefi Mobi Proアクティベーションが終わらない

もういちどオプションをクリックして中身を見てみると・・・

Eyefi Mobi Pro設定

最初は表示されていなかったのになぜかカードのアクティベーションが完了しています。

あとは右側の「高度な設定」の三角印をクリックして無線LANルーターに接続すれば使えるようになります。

Eyefi Mobi Pro Wi-Fi設定

無線LANルーターのパスワードはルーター本体に書いてあるので側面や裏面をくまなく見ましょう。接続できればすべての設定が完了です。

カードリーダーからEyefi Mobi Proカードを抜いてデジカメに入れて写真を撮影してみましょう。

1枚目の写真は20秒あるいはそれ以上かかるかもしれないので気長に待ってちゃんと転送されるか確かめます。自動で転送される感動をぜひ味わってみてください(笑)

ーーー

今回はデジカメからパソコンへの写真転送について書きましたがスマホへ転送するだけなら通常版でも十分です。

通常版のEyeFi Mobiカードレビュー

広告

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。