検索ユーザーの離脱率についてヒアリングしてわかったこと

ちょくちょく自分のブログについて友だちに意見を求めることがあるんですがブロガー目線だと気付かないことって結構あります。

その中でも多くのブロガーが当たり前に設置しているGoogleカスタム検索について予想もしてなかった意見をもらい、離脱率とも関係しているんじゃないかと思ったので考えてみました。

Googleカスタム検索のことだけじゃなく検索ユーザーの動きを見たりヒアリングして分析してます。

※先に言っておきますが3人程度にヒアリングした少ない事例なので偏ってます。予想も含まれているので参考程度にしてください。

スポンサーリンク

Googleカスタム検索はサイト内検索だと思われていない

サイト内を対象にした検索(とブロガーが勝手に思っている)Googleカスタム検索ですが、

Googleカスタム検索

Googleカスタム検索はサイト内検索だと思われてませんでした。

しかも3人に聞いて3人とも同じ意見。

Googleカスタム検索の検索窓を見た時の第一印象は、

これはGoogle(本体)の検索かな?

と思ったらしいです。サイト内の検索じゃなくてGoogle本体で検索する「ググる」ための検索窓だと思ったとのこと。

まぁ確かにグレーの文字で「Googleカスタム検索」って書いてあるので「Google」という言葉を目にしますもんね。「カスタム」の意味なんて普通の人は分からんでしょう。

さらにGoogleカスタム検索でサイト内検索すると検索結果の画面がGoogleっぽい見た目になるためますますGoogle本体の検索結果かと思ったみたいです。

↓このキャプチャがGoogleカスタム検索の検索結果画面です。確かに言われてみればGoogleで検索したのかと思ってしまうかも。

検索結果はそのサイトの見た目で表示されたほうが断然「サイト内」ということがわかりやすいとのことでした。

↓こちらがWordPressテーマ内蔵のサイト内検索結果。

さらに言うとGoogleカスタム検索の近くに「サイト内検索」と見出しを付けても意味がありませんでした。検索窓の中の「Googleカスタム検索」という言葉でGoogleでの検索だと思ってしまうようです。

そもそも「サイト内」という定義がGoogleという大きな傘の下と認識しているパターンもあったので「サイト内」という単語自体が意味がわかっている前提でしか機能してないんじゃないかと感じます。

ということでブロガーやいろんなブログを日常的に見ている人だったら迷うことも無いんですけどたまにググる程度の人だったら勘違いする可能性が高いのでGoogleカスタム検索は取り外しました。

※ただしブログの読者層によっては心配しなくても良いと思いますけどね。特にブログのノウハウやアクセスアップがテーマのブログや技術的なテーマならGoogleカスタム検索でも大丈夫でしょう。訪問する読者層によって考えたほうが良さそうです。

「サイト内検索」と書いても伝わらない

Googleカスタム検索を使わない場合はWordPressのテーマが用意しているサイト内検索窓を使うことになるんですがそれでも認識してもらえないことがありました。どういうことかというと、

↓検索窓だけでラベルが無いとサイト内検索ということがわからない(Google本体の検索かと思う)のは当然だとして、

サイト内検索ラベル無し

↓「サイト内検索」というラベルが付いていてもそのブログ内を検索するということがわからない場合があります。

サイト内検索ラベルあり1

そもそも「サイト」というのはそのブログのことじゃなくてGoogleだと認識している場合があります。

だからラベルを「サイト内検索」→「このサイトの中から検索」に変えただけでわかりやすさが全然違うとのこと。とくに「この」が付くかどうかでサイト内かどうか認識しやすくなるらしい。

↓ということで最終的にサイト内検索はこのような見た目になりました。

サイト内検索最終

正しい意味を伝えるのはかなり難しい

このヒアリングを通して主に2つのことがわかります。

第一印象で避けられる

Googleカスタム検索は検索窓の中に「Googleカスタム検索」と表記されているので知らない人にとってはサイト内検索ということが伝わりにくく検索さえしてもらえない可能性が高くなります。

Googleカスタム検索

サイトの中から検索したいと思って検索欄を探している人にとって「Google」というキーワードが表示されている検索窓はかなりわかりにくいんじゃないでしょうか。

検索結果で期待と違う結果だと思ってしまう

仮に「サイト内検索」と見出しを付けて、

サイト内検索だと思って検索しても見た目がGoogleの検索結果だったら「あれ?サイトの中から検索してないのかな?」と思ってしまう可能性があります。

実際にヒアリングした時に検索してもらってこの画面を見てもらったら頭に「???」が浮かんでいる様子でした。

え?これはこのサイトの中?それともGoogleの検索?

と思ったそうです。一瞬手が止まっていました。

ちょっとしたことで離脱する

ここからが重要なんですがGoogleで情報を探している場合、ほんとにちょっとしたことで離脱して他のサイトに移動してるみたいです。

本文なんかこれっぽっちも読まれてません。マウスのスクロールでズバーッと移動して自分が探している情報がありそうかだけをまず判断してます。

情報があるか判断するために見る優先順位はこんな感じでした。

  1. 写真
  2. 見出し
  3. 強調文字(太字・色文字)

本文はまったく読まれてません。本文が読まれるのは探している情報がありそうだと判断された後です。

見出しがない・本文の文字サイズが小さい場合は1秒もしないうちに閉じてました。内容の良し悪しは関係ないです。フォントサイズ13pxとかもうダメですね。

つまり情報を読み解くための負担が一定のラインを超えると離脱します。

この「読者の負担」というのにGoogleカスタム検索も影響を与えていました。

検索結果の画面がGoogleっぽいとその検索結果がサイト内なのかGoogleなのかわからない→理解しようとするのが負担になるので離脱へ一歩近づきます。

自分のサイトが1位だったとしても2位以下のサイトも見ればいいので「なんとなく無さそう、わからない、探すのがめんどくさい」というくらいで簡単に離脱します。

ブロガーは自分のブログばっかりを見てるから気づきにくいかもしれませんけどほんとに些細なことで離脱してます。

※ただし深い悩みなど検索ユーザーの本気度が高い場合はそのハードルも超えて読むことはあるでしょうけどね。

ブロガーと読者の視点は違う

これを聞いてブロガーの人は「いやそのくらいわかるだろw」って思うかもしれないけど調べ物以外でもブログの更新を追いかけたりしてブログの作法やツールの使い方を心得てるブロガーのような人たちは世の中全体から見たら特殊かもしれませんよ。

そもそも実際にヒアリングする機会でもないと本当のところはブロガー自身も深く理解してないですよね。

しかもツイッターやコメントで意見をもらったとしてもツイッターを使ってる時点でアカウント作成ののハードルを超えた人なのである意味参考になりません。

ーーー

このヒアリングした友人は決してITリテラシーが低いというわけじゃなく調べたい情報があったら複合キーワードでスペース空けて検索して目的の情報を探せる程度にはネットで調べ物をしています。

調べ物をしている時ってブログなどに「入った」という認識はなくて常に「Googleの中で調べ物をしてる」って感覚なんですよね。だからサイトの名前も運営者も気にしない。「探しものが無さそうだ」と思ったらすぐ離脱。

ブラウザのお気に入りに入れるとしてもその「ページ単位」であってサイトがお気に入りになったりそのブログの更新を追いかけたりするわけではない。

だからそういう人にサイトそのもののファンになってもらうのって情報だけじゃダメなんだろうなぁと実感もしました。(情報も出し続けて蓄積すればそれはそれで信用が生まれてくるでしょうけど。)

ブログ運営のネタなど

WordPressを使ったブログ運営に限りますけど写真・見出し・効率的な環境などについて紹介しておきます。

コピペで画像を挿入できるWordPressプラグイン
OnePress Image Elevatorの使い方と設定

このブログで使っている見出しのデザインとCSS
見出しデザインCSSの例

ブログを書くための環境
ブログを効率よく書くためのパソコン・周辺機器の環境

サイト内検索のキーワードを分析できるプラグイン
Search Meter

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

『検索ユーザーの離脱率についてヒアリングしてわかったこと』へのコメント

  1. 名前:Ataron 投稿日:2016/09/17(土) 11:06:39 ID:70155a20c 返信

    「この」の部分は全くその通りですね。

    貴兄の記事、細かな部分に忠実であろうという所に好感を持ちました。
    今後も頑張って有益なコンテンツを発信されますよう。

    • 名前:パソ活 投稿日:2016/09/17(土) 15:25:03 ID:715f1495a 返信

      ありがとうございます。細かい部分に気を使うと精神がすり減るので、いつまで継続できるかわかりませんが、モチベーションがあるうちはやっていこうかと思います。

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。