ブログを効率よく書くためのパソコン・周辺機器の環境

今どきはパソコンでブログを書くとしたらノートパソコンが主流ですかね?たぶん。

そんな中自分はがっっっつりパソコンでブログを書いています。

一時期はiPhoneやiPadで書けるかな?とか、

MacBook!スタバ!ノマドぉぉぉ!とか、

いろいろやってはみましたが最終的にはデスクトップパソコンに戻ってきてしまいました。

パソコン環境をゴリゴリにカスタマイズしすぎたせいでそれ以外の方法だとどうしても効率が悪くなってしまいます。

長めのブログを書くことが原因のひとつではあるんですが同じようにガッツリブログを書くような人の参考になれば良いなと思います。

スポンサーリンク

マルチモニタ(縦置き)

サブモニタを左側に縦置きに、サブサブモニタを右側に配置。

この左側の縦置きモニタがブログ執筆のキモでだいたい編集の面積が2倍になります。

自分みたいに画像や動画を多用するタイプのブロガーだったらデュアルディスプレイの2画面目を縦置きにしたらすごい効率が上がりますよ。

関連:デュアルディスプレイの接続方法とおすすめケーブルの選び方

キーボード(Realforce)

自分が使っているのはRealforce108USという東プレ製のキーボードでキー荷重が30g・45gと2種類ある中でも軽い方の30gタイプです。(一般的なメンブレンキーボードは55g前後)

↓これが実際に自分がタイピングしている動画ですけどすごく軽くて文章の入力がストレスになりません。

ブログの文章は長くなると平気で3000文字くらいは超えたりするのでキー荷重が軽いかどうかで疲れやすさが全然違います。

Realforceの荷重30gはタイピングする時のストレスが激減するので集中しやすくより思ったことを文章に書き起こしやすい感覚さえあります。

するすると考えていることをブログに書き綴りたいならキー荷重の軽いキーボードがおすすめ。

ちなみに静電容量無接点方式という壊れにくい仕組みを搭載しているので耐久力も折り紙付きで7年半経ったRealforceはどこも故障せず今も現役で使えてます。

長持ちするという点も考えるとタイピング量が多い人にとってはコスパも最強です。これはもっと熱く語りたいほど良いキーボード。

関連:東プレキーボードRealforceを7年使ってきた感想

リストレスト

キーボードの手前に置く「手首置き」です。キーボードとの高さを揃えて手首が反る負担を減らします。

Realforceのような高さのあるキーボードならリストレストがあったほうが疲れにくくなりますね。

なんならリストレストじゃなくてタオルでも高さを合わせさえすれば代用可能です。適当でOK。

リストレストのランキング

それと世の中でいかにも本当っぽく勘違いされてますがキーボードの足(チルトスタンド)はキーの印字を見やすくするためのもので疲れにくくするためのものではありません。

チルトスタンドを使うと手首が反るので負担が大きくなります。タッチタイピングできる人は使わないようにしましょう。

ブルテクター(ブルーライトカット)

ブルテクター

ブログを書く時はタイピングだけじゃなく写真の編集、インターネットで調べ物、書き終わった後の推敲など思った以上に液晶モニタの画面を見る時間が長くなります。

今までブルーライトカットフィルムやPCメガネなどを試してきましたがこのブルテクターが一番良かったので今でもずっと使ってます。

ブルテクターを使ってなかった頃は眼の奥が痛くなることがしばしばありましたが初めて使った時にすぐ違いがわかるくらい今までの刺し込むような光が和らぎました。

これを使うようになってからはマルチモニタで数時間見続けても目が痛くなることがありません。そのくらい効果を実感できてます。

ブルテクターで検索(サイズいろいろ)

ゲーミングマウス

ELECOMゲーミングマウスM-DUX31BK

ゲームをするわけじゃないですがゲーミングマウスはボタンが多くてショートカットキーを割り当てできるのでパソコン作業の効率化にも役に立ちます。

ゲーミングマウスの中でもサイズが小さめで程よく拡張ボタンがある以下のモデルがお気に入り。

関連:手が小さい人におすすめのゲーミングマウスM-DUX31BKレビュー

マウスバンジー

むしろマウスよりもこっちのほうが重要だと個人的に思うアイテム。マウスのコードを固定して余計なものにこすれたり引っかからないようにできます。

マウスバンジー

見た目はシンプルですけどマウスの操作性が意外なほど上がります。

fpsゲームで使用している様子がわかる動画がこちら。

コードが机に当たらないのでワイヤレスマウスを使っている感覚で使えます。

Windows用トラックパッド

ロジクールトラックパッド

意外と知られてないと思いますがWindows用にもMacのマジックトラックパッドみたいな製品があります。

2本指のスクロールが使えるだけでもWebブラウザでの左手用デバイスとしてはかなり便利になります。バッテリー内臓でワイヤレスなのもツボを押さえた仕様ですね。

↓スクロールの様子がわかる動画。

スクロールと戻る・進むがあるだけでネットサーフィンの使い勝手が劇的に上がるのでおすすめです。

デジカメとEyefi Mobi Pro

FUJIFILM X-S1

室内で物撮りをするブロガー限定ですが写真撮影してすぐにパソコンに写真を転送できる環境を整えています。

SDカードはWi-Fiでデジカメからパソコンに転送できるEyefi Mobi Proを使って、デジカメはマイナーな機種ですがFUJIFILMのX-S1というネオ一眼(一眼レフではない)を使ってます。

マクロがけっこう寄れるので物撮りしやすいのとズームはレンズのリングですばやく操作できるのがお気に入り。画質は一眼レフには負けるけど操作感が非常に良いので満足。

まとめ

いかがだったでしょうか。こう見ると結構お金かかってますね(汗)

でもブログでアドセンスやアフィリエイトをして少なからず収益が発生するならこれらにかかったお金は消費じゃなくて投資であって決して無駄遣いじゃないと思ってます。

執筆時間を短縮したり疲れにくくしたりすれば他のことが余分にできて生産的なのでお金の使い方としては理にかなってるんじゃないですかね。

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。