SEOに強い無料ブログを比較・考察してみた|はてなブログはドメインが強いから上位表示されるわけじゃない

ノイズレスサーチをリリース(2016年3月)してから、順位チェックのために少なくとも手動で1年間に1,000回以上は検索したので、よく見かける無料ブログとか、なんとなくわかるようになった。

SEOに強い無料ブログ(レンタルブログ)!みたいな感じの記事がありますけど、被リンクとかインデックス数とか比較して、果たして意味があるのかと疑問に思うことが多い。

Googleのサイト評価もどんどんドメイン単位からキーワード(検索クエリ)単位になってきてるし、記事の書き方のほうが影響が大きいのは明らかですよね。

このページでは、様々なジャンルのキーワードで検索した時に、どの無料ブログをよく見かけたのか、また、どのような記事が上位表示されていたのかをまとめました。

広告

はてなブログ

もう無料ブログの中でははてなブログがダントツの強さ。

というか独自ドメインのブログにも匹敵する順位でヒットする。

記事の書き方は数千文字以上のボリュームで網羅性があるものが多い。たまに1万文字以上のものもある。やりすぎ。1記事ごとの気合の入り方が尋常じゃない。網羅性の高さが頭一つ抜けている。

特にそれを感じたには「PlayStation VR 予約」「ニンテンドースイッチ 予約」などで検索した時で、それはそれは詳細に、予約したい人たちにとって必要な情報がまとめられてました。

はてなドメインが強いというよりは・・・

ここで勘違いしそうなこととして、はてなブログのドメインが強いからSEOが強いんじゃないか?と思われることもありそうだけど、

上位にヒットする記事は、「はてなブログだから」というよりは「網羅性が高くて詳細に解説しているから」という印象。

2017年3月あたりのGoogleフレッドアップデートで、さらにドメインパワーの重要性は低くなり、記事ごとの質が重要になるという意見が主流のようです。

参考:フレッドアップデート以後のSEO対策をわかりやすく解説。ドメインパワーのみを頼りに、Google検索上位を占拠できる時代は終わりました。 – クレジットカードの読みもの

ターゲットを意識している

検索上位に表示されるはてなブログに共通しているのは、誰に、どうなって欲しいのか目的がはっきりしている。

無料ブログ全般、この視点が抜けているイメージが強いが、はてなブログだけはターゲットを意識して書かれた記事が多い。

具体的なキーワードがわからなくても、ターゲットが読むことを意識して書くだけでも全然違ってくる。

拡散されやすい

システム・ユーザー・読者の特性上、はてブやTwitterで拡散されやすいというメリットがあり、それをうまく使って外部評価を獲得しているブロガーが多い。

結局はその人の努力の結果

上位に表示されるはてなブログは、お金を稼ぎたいというモチベーションが非常に高い。だからそのためのリサーチ・勉強にも余念がない。1ページの情報量も充実する。

極端な人になるとツール使ってABテストしたり、CSSいじったり、ヒートマップ使ったり、サーチコンソール分析したり、Googleタグマネージャ使ったり、笑えるレベル。

さらに記事タイトルも考えられていて、含まれるキーワードとか文字数とか、あとで変更したりとか、検索からアクセスしてもらうための努力を欠かさない。

ということで繰り返しになるけど、はてなブログのドメインが強いんじゃなく、SEO対策を意識したブロガーが多いからはてなブログが強いだけだと思う。

残念ながら、はてなドメインの強さだけじゃ上位表示されません。

公式サイト

はてなブログ

ライブドアブログ

ライブドアブログは、はてなブログとは検索で見る回数に雲泥の差があるけど、レビューを検索した時に時々ヒットする。

これもドメインが強いんじゃなく、ちゃんと書かれた記事がヒットするだけ

SEOの意識よりも純粋な情報提供

はてなブログみたいにSEO対策ばかり意識した記事よりも、本当にその分野に詳しい人が、純粋に「誰かの役に立ったら良いな」という雰囲気がする。

そのため、レビューや使い方の検索では、初心者向けの長文解説記事よりも、すでに知っている人向けの掘り下げた情報を見かけることが多かった。

そのぶん網羅性は低くなりがちで、初心者向けの検索でははてなブロガーに負けやすい。例えば「◯◯ おすすめ」。

切り替えは難しそう

この人達が特定のジャンルに詳しすぎるほど詳しいのは明らかなので、初心者向けの網羅性の高い記事を書いたら強いと思う。

記事タイトルを意識して、h見出しを使ってちゃんとキーワード入れるだけで違ってきそう。

でもその書き方は今までとターゲットを変えて、自分のスタイルも変えるということだから、そう簡単には切り替えができない人も多い。

個人的に思うのは、そういうコアな記事はエキスパートにしか書けない情報も多く、キュレーションやまとめサイトでどんどん薄くなるネットの中では貴重だから無くならないでほしい。

まとめサイトについて

ちなみにライブドアブログはいわゆる「まとめサイト」が圧倒的に多く、SEOにも強い。ライブドアブログのランキングを見ても一目瞭然で、ほとんどまとめサイトが独占している。

人によってはちゃんとしたレビュー記事よりもまとめサイトのほうが見かけることが多く、悪い印象を持っている人も多いかもしれない。

公式サイト

⇒ ライブドアブログ

Blogger

ブログサービス名としては一般の人にはあまり浸透しておらず、利用者も少ないはずだけど、検索では結構ヒットする。

ITの技術的な記事が多い。商品レビュー系は少ない。役に立つ記事は結構多い。ブロガーのリテラシーがかなり高い。

また、広告が少なくデザインがシンプルで洗練されている。

公式サイト

Blogger

FC2ブログ

FC2ブログは機能が多いし見た目もシンプルにできるし、システム的にそんなに劣っているようには見えないけど、普通のブログが少ない印象。

著作権違反の動画サイト、アダルトサイト、アフィリベタベタ貼っただけのスパムサイト、まとめサイトなど、グレーなブログが多い。

公式サイト

FC2ブログ

アメブロ

アメブロは検索でほとんどヒットしなかった。でも中には特定の分野の専門家がそこそこ多い。

ただ、それなりに情報が書かれている記事でも3ページ目以降だったりするので、もしかしたらドメイン自体が弱いのかな?と感じることは何度かあった。

アメブロは2008年頃だったか、非常にアクティブユーザーの数が多くてバブルっぽい時期があり、専門家や実店舗がビジネスのために開設する例が多く、また、それをサポートするビジネスも急増した。

でも今となってはそのメリットもほぼ無くなっているし、ブログの見た目が安っぽいので、ブログサービスとしては一歩劣るかなという印象。

あと、営利目的の活動には少し気を使う必要あり。
参考:アメブロの商用利用は禁止なのか? 公式に確認してみた | 編集長ブログ―安田英久 | Web担当者Forum

公式サイト

アメブロ

Yahoo!ブログ・gooブログ・exciteブログ・ココログ

ブログ本来の意味「Webログ」として、普通の日記・体験談が時々ヒットして参考になることがあった。

ブログ初期の雰囲気が残っているものが多く、検索からアクセスというよりは、知っている者同士で交流しているブログがちらほら。

そのためなのか、記事タイトルにはキーワードが含まれていないことが多く、アクセス数的にも、検索ユーザーの利便性から考えてももったいないと思うことがあった。

検索でヒットするとしたら、3ページ目以降で時々見かける程度。

そもそもの目的が検索ユーザーへの情報提供やアクセス数じゃないから当然っちゃ当然だけど。

Seesaaブログ

普通のブログがほとんど検索でヒットしない。たぶん数が非常に少なそう。

それよりも、Amazonや楽天のアフィリをベタベタ貼ったスパムサイトが非常に多い。商品名や型番で検索した時に邪魔になることが何度もあった。

ドメインそのものが共倒れになるんじゃないかと思うくらいの汚染度。

公式サイト

Seesaaブログ

その他

楽天ブログ、So-netブログ、JUGEM、忍者ブログ、ウェブリブログ、などなど、たくさんの無料ブログがあるが、検索でほとんど見かけない。

50位くらいまで掘っていけばヒットすることもあるが、その順位まで掘ると、検索キーワードとの関連性が低くなるし、文字数は少なく網羅性もほとんど無い。

まとめ

やっぱり無料ブログを新しく始めるとしたらはてなブログがもっとも環境が良いのかなと思う。システム的にも交流的にも。

でもそもそもそこまで気合があるなら独自ドメイン取ってWordPressで運営するのもありかもしれない。

はてなブログでターゲット意識して記事書いたりリサーチできる人ならWordPressもできると思う。ググったら全部答えは転がってるし。

ーーー

関連:サイト内検索のつもりで設置したGoogleカスタム検索は伝わらない

関連:ブログを効率よく書くためのパソコン・周辺機器の環境

広告

このページのシェア・保存はこちら

広告

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

邪魔なサイトを除外する検索エンジンを運営しています。⇒ノイズレスサーチ

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。