iPhoneとデジカメの違い。それぞれのメリット・デメリット

デジカメ

iPhoneとデジカメ両方を持っているんですがiPhoneは手軽に撮れて画質もまぁまぁなんですけどデジカメには負けるしデジカメは画質は満足だけど持ち運びがしにくいというデメリットがあるしどっちつかずなんですよね。

そんなiPhoneとデジカメのカメラの違い、それぞれのメリットデメリットを書き連ねてみます。どちらも一長一短なので状況に合った使い分けができれば理想ですね。

スポンサーリンク

iPhoneカメラの弱点

iPhoneはどうしてもカメラと比べて薄くて小さいのでレンズの小ささが原因で主に撮影面でデメリットがいろいろあります。

まぁiPhone本体を大きくしたら本末転倒なので仕方がないことではあるんですけどね。

ズームが弱い

遠くのものを撮ろうとした時iPhoneだとズームできることはできるんですがデジタルズームなので画質が劣化するしめちゃくちゃ手ぶれしやすくなるし撮影がすごく難しくなっちゃうんですよね。

被写体に近づかないと撮影できないなんてことになっちゃいます。

これがデジカメだったら光学ズームで綺麗なままズームできるし光学手ぶれ補正が強力なので格段に撮影しやすくなります。

明暗の差に弱い

iPhoneだと明るすぎる場所は白飛びするし暗すぎる場所は黒つぶれしてしまいます。この写真の外の芝生の部分ですね。(スマホの中ではiPhoneは優秀なほうですが)

喫茶店の店内

これがデジカメだとダイナミックレンジ(明るさと暗さの幅)が広かったり2枚撮影して合成するようなものもあるので明るさの差が激しい場面に強いんですよね。

手ぶれしやすい

暗いところだとシャッタースピードが遅くなるので手ぶれしやすくなってしまいます。iPhoneは光学式手ぶれ補正は無い(※追記:iPhone6s Plusは光学式手ぶれ補正搭載)し、本体も持ちにくかったりで手ブレせずに撮影するのはそれなりのテクニックが必要になってくるんですよね。

↓この写真は光学手ブレ補正ではないiPhone5sで室内のネコを撮影した時の手ぶれです。低い姿勢になるのでiPhoneを安定して持つのが難しい場面です。(この時ネコは動いてないので被写体ぶれではなく手ぶれです)

iPhoneの手ぶれした様子

デジカメだと安価なモデルでも光学式手ぶれ補正が搭載されているし本体のグリップ感と重量感があるので安定して撮影しやすくなっています。

暗い場所に弱い

iPhoneだと全体が暗い状況だとそもそも明るく写すのにも限界があってしかも目一杯まで明るさが補正されたらノイズが多くなって汚い写真になってしまいます。

iPhoneが暗い場所の撮影に弱い様子

写したいものが目の前にあるのに綺麗に撮れない時はなんとも残念な気持ちになっちゃいますね。

デジカメだとレンズと撮像素子が大きくて光が入る量が多いのでスマホと比べたら暗さに強くよりノイズの少ない写真を撮ることができます。

ボケ味がほとんど出せない

目の前の被写体にピントを合わせて背景をぼかすと印象的な雰囲気になるんですがiPhoneだとレンズが小さいためにピントの合う範囲が広すぎて背景もピントが合ってしまい撮りたいものを強調できなくなったりします。物撮りで背景をボカしたい時に不満を感じることがありますね。

例えばiPhoneで撮影したこの写真では手前の花にピントを合わせて背景をぼかすと花がより印象的になりそうですけど、背景もある程度ピントが合ってしまうので花を思い通りに強調できていません。

iPhoneカメラでボケ味が出せない様子

これがデジカメだとスマホよりはレンズと撮像素子が大きいのでボケ味を出しやすくなります。レンズの大きいデジカメや一眼レフでレンズにこだわるともっとボケ味を出すことができます。

最近ではコンパクトデジカメでも上位機種であれば撮像素子が1型以上のモデルが充実してきたのでので無理に一眼レフにしなくてもそこそこのボケ味は出せるようになってきましたね。

デジカメの弱点

撮影面では明らかにスマホより優位なデジカメですが携帯性やインターネットとの相性ではスマホに劣ります。

大きい・重たい

当然スマホより大きくて重たいので持ち運びに難があります。撮影がスマホより高性能なぶん携帯性が劣りますね。

使い方が難しい

全部おまかせオートみたいなモードで撮影すればスマホと同じような手軽さで撮影できますがシチュエーションにあった撮影をちゃんとしようと思ったら多少は知識があったほうがいろいろ撮影できるようになります。

メカが苦手な人だとちょっと荷が重いかも。

SNSとの連携が面倒

デジカメは単体だとインターネットに接続することができず本体もしくはSDカードが無線に対応していてスマホと連携しないといけなくなります。

Wi-Fi対応デジタルカメラ

デジカメ本体がWi-Fiに対応していない場合はスマホに写真を転送できるEyeFi Mobiカードを使えばできます。

なのでデジカメでSNSに連携しようと思ったらデジカメの機種を選んだりちょっとお金が必要になるのがハードルになってきます。

画質はなるべく良いものでスマホでも閲覧やSNS投稿がしたいって欲張りな場合はこういう組み合わせが一番良い方法ですね。

<関連記事>
デジカメからスマホ転送なら⇒Eye-Fi Mobiカード使ってみたけどかなり役に立ちそうな予感!

デジカメからパソコン転送なら⇒【Eyefi Mobi Pro】デジカメからパソコンに自動で写真転送できるSDカード!

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。