[ パソコンの音声入力 ] Google音声入力の精度・使いやすさが半端じゃない

パソコンの音声入力を探して辿り着いたGoogle音声入力。

正直、認識精度が高すぎて驚いています。これだけの精度とスピードがあるなら、スマホ世代が音声入力を常用してタイピングしなくなるのも納得かもしれません。

音声認識の精度が高ければ、ほとんどの人は苦労してタイピングを練習するよりも、音声入力が便利だと思うだろうから、これからも音声入力の利用者は増えていきそうです。

このページでは、Google音声入力の使い方、認識精度(動画あり)、メリットとデメリット、音声入力におすすめのマイク、他の音声入力ソフトとの比較について書いています。

広告

Google音声入力の使い方

Google音声入力の使い方は簡単。Chrome ブラウザで google ドキュメントを開いて音声入力するだけです。

↓Googleドキュメントを使うためにはChromeブラウザのインストールが必要です。

ダウンロード:Chrome ブラウザ

そして、Google アカウントを持っていればGoogle音声入力をすぐに始めることができます。持っていない場合はGoogleアカウントを作成します。

次に、Google ドキュメントのページ真ん中にある 「google ドキュメントを使う」ボタンをクリック。

Googleドキュメントを使う

Google ドキュメントのホーム画面までたどり着いたら、画面右下の+ボタンをクリック。

Googleドキュメントホーム画面

そしたら「無題のドキュメント」という新規文書が作成されるので、すぐにでも音声入力を始めることができます。

音声入力を始めるには「ツール」→「音声入力」の順番にクリック。

そしたら左側にマイクのマークが出てくるので、音声入力のオンオフを切り替えることができます。

ちなみに音声入力の切り替えはショートカットキーを使いましょう。

Ctrl+Shift+S音声入力ON・OFF

誤変換の修正や、音声入力が途中で認識しなくなった時など、頻繁にオンオフを切り替えることになるので、絶対にショートカットキーを覚えた方が楽です。

後は音声入力をオンにした状態で喋るだけ。とにかく始めるのが簡単なので、自分専用の辞書を登録したり学習させる必要がないのがGoogle音声入力の良いところ。

Google音声入力の特徴

実際に google ドキュメントの音声入力を使っていて気づいたすごいところを紹介していきます。

認識精度やスピードはかなり優秀

iOSやAndroidのスマホ音声入力も認識精度の高さに驚きますが、それと同じくらい google ドキュメントの認識精度は非常に高いと思います。

この記事の下書きをしている限りでは非常に認識精度が高く、キーボードからの入力はほとんど句読点と改行とカッコしか使わないくらいです。

Iphone や android google などの英語の入力に関しては大文字になる箇所がおかしかったりしますが、日本語の自然な文章の解釈はかなり精度が高いと思います。

最初は変換が間違っていても、文章が進むと前後関係を考えて変換を勝手に修正することまであります。

また、音声入力のリアルタイム性も高く、 iphone で音声入力している時と同じくらい速い変換速度です。

↓こちらは実際にGoogle音声入力を使っている動画。音声が変換される速さなどがわかります。

マルチプラットフォーム

Google ドキュメントは chrome 上で動作するので、 windows でもマックでもクロームブックでも使うことができます。

市販の音声入力ソフトを購入する必要もなく、自分専用の認識精度を学習させる必要もないので、Google音声入力は導入コストが極端に低いのが大きなメリットとなります。

より自然な文章を作成できる

音声で入力することにより、より自然な話し言葉で文章を入力できるというメリットがあります。

また、タイピングに自信がない人は、漢字変換する労力が減るので、文章の内容に集中できます。

ただでさえ一番普及しているローマ字入力は、頭のなかでローマ字を中継して変換するというプロセスが発生するため、文字を直感的に入力できないと常々言われています。

もちろんえげつないほどのタイピングスキルがあれば喋るように入力できるので問題ないでしょうが、ほとんどの人にとってはキーボード入力の方が大変なはずです。

ショートカットキーを使って一瞬でオンオフを切り替えられる

Ctrl+Shift+Sショートカットキーで音声入力のオンオフをすぐに切り替えられるので、キーボードの句読点入力と併用しやすいと思います。

言葉に詰まって間違えた時はショートカットキーで音声入力をオフにした後、すぐバックスペースキーで文字を消して音声入力を再開するような使い方ができます。

音声入力とキーボード入力を同時に併用できる

音声入力がオンのままキーボード入力を併用できるので、スマホだといちいち「てん」とか言わないと入力できない句読点がキーボードから入力できます。

そもそもGoogle ドキュメントの音声入力では「てん」と発音しても「、」の入力になってくれないので、キーボード入力と併用せざるを得ないですけどね。

パソコン用音声入力ソフトの amivoice だったら、喋るリズムによって自動で句読点まで入力してくれるので、ここらへんが有料と無料の違いなのかなと思います。

Googleの音声入力の不満点

Google音声入力は、無料の音声入力としては非常に満足度が高いと思いますが、使ってみて気づいた点、気になった点を書いておきます。

句読点や改行は手動で入力しないといけない

理想を言えば日本語を普通に読み上げるだけで句読点を自動で入力してくれるといいのですが、Google ドキュメントの音声入力はキーボードで入力しないと句読点や改行を入力することができません。

この点では iphone や android などのスマホでは「てん」「まる」「かいぎょう」 などと発音することにより句読点を入力できたり、amivoice やドラゴンスピーチなどの音声入力ソフトなら句読点を命令しなくても自動で挿入してくれるのでより便利になります。

もっともっと大量に文章を音声入力するなら、本格的な音声入力ソフトを検討してみてもいいかもしれません。

音声入力ですべての操作をすることはできない

現在のところ日本語版では音声による命令で句読点や改行はもちろん、誤変換の修正をすることもできないので、どうしてもキーボードとの併用が必要になってきます。

まー google ドキュメントでは記号も含めてすべての入力を音声でしようとすると逆に難しくなってしまうので、補助としてキーボードを利用するのが一番効率がいいですね。

Google ドキュメントの英語版では2016年2月から改行などの命令もできるようになったらしいので、日本語版もそのうち対応されるかもしれません。

途中で音声入力が途切れることがある

Google音声入力で入力し続けていると、見た目は音声入力を受け付けているのに、入力が途切れ途切れになることがありました。

ただしそんなに心配する必要はなく、この不具合は、ショートカットキーで音声入力をオフ→オンすると元に戻ります。

ショートカットキーのCtrl+Shift+Sは左手だけですぐに操作できる場所なので常にスタンバイしておきましょう。

↓実際に途中から認識が途切れていると思われる動画がこちら。録音開始から1分15秒経過したところから音声認識が途切れ途切れになります。(動画の再生は途切れ始めたところから始まります)

Google ドキュメント上でしか音声入力できない

Google音声入力は google ドキュメント上でしか使えないので、他のテキストエディタなどで使いたい場合はコピペする必要があります。

メモ帳やブログエディターでもGoogle音声入力が使えたら物凄く便利だったんですけどね。

すべてのアプリケーションで直接音声入力したい場合は、 amivoice などの音声入力ソフトが必要なようです。

音声の辞書登録はない

Google音声入力に辞書登録(単語登録)は無いので、独自の言い回しやイントネーションを覚えさせて精度を極限まで高めていくことはできません。

ただしGoogle音声入力は元々の認識精度がかなり高いので、ブログの下書き程度であれば辞書登録が無くても問題ないと思います。

後で修正が必要な部分は出てくるでしょうけど、文章の意味がわからなくなるほど誤認識することはほとんどないので、後からキーボードで修正するような使い方になると思います。

自分専用に辞書を学習させるのがめんどくさいと思っている人にとっては、むしろ google が勝手に賢くなっていくのでありがたいとも言えます。

タイピングが衰える

正直、認識精度が高いのでタイピングで文章を入力する必要がほとんどありません。せいぜいタイピングするのは音声入力した後の修正ぐらいです。

タイピングが速いと何かと便利ですが、これだけ音声入力が発達するとタイピングが速いことによるメリットが少なくなってくるかもしれません。

ただし会議室や図書館など声を出しにくい場所では、未だにタイピングできた方が便利ですけどね。

スマホにはGoogle音声入力がない

スマホ版の google ドキュメントの中には音声入力の機能はありませんでした。

とは言っても、 iphone も android も最初から精度の高い音声入力がキーボードに搭載されているのでまた別の話ですけどね。

Google音声入力が使える場面を考えてみる

ここで一旦 google ドキュメント音声入力の特徴を整理します。

  • 音声認識の精度はかなり高い
  • マルチプラットフォーム(Windows・Mac・Chromebook)
  • Google ドキュメント上で使う(他のアプリケーションでは使えない)
  • キーボード入力と併用できる
  • 句読点・改行・記号は入力できない
  • 途中で音声入力が途切れることがある
  • 辞書登録はできない

これらの特徴から、文字の入力でGoogle音声入力を使った場合の向き不向きについて書いてみました。

テープ起こし

漢字変換の精度はメモ用途なら支障がないですが、誤字脱字が許されないテープ起こしには不十分だと思います。

誤字脱字の問題以外にも、表記揺れや英数字の大文字小文字、句読点の入力などの問題があるので、使い物にならないと思います。

音声入力でテープ起こしするなら、学習機能や句読点の自動入力のある amivoice を使った方がいいでしょう。

ブログの下書き

これは実際に自分でも使いましたが、ブログの下書きならGoogle音声入力でも十分に役に立ちました。

下書きなので多少の誤字脱字があってもいいし、何より筆が進まない時にとりあえず書き始めることができるのが大きなメリットです。

頭の中で長文が出来上がってから音声入力するよりも、短い文や箇条書きでどんどん喋っていくといいように思います。

メール作成

メールでのメッセージは「お世話になります」などの話し言葉が多いので、音声入力と相性が良いと思います。

ブログや論文のように不特定多数に見せるような書類ではなく、誰かに送る手紙のような文章だと、音声入力しやすいはずです。

音声入力に使うマイク

音声入力に使うマイクは特別高性能なマイクじゃなくても構いませんが、「口元との距離」「指向性」あたりの条件を満たすマイクを選ぶと、安価で満足なマイクを見つけることができます。

音声入力におすすめのマイク

安価に音声入力に最適なマイクが欲しいなら、このマイクがおすすめです。

音声入力では、マイクの性能差よりも、口元との距離が近いことがとても重要なので、アームが長くてフレキシブルなスタンドマイクなら、下に何か置いて嵩上げしてから、横方向にアームを伸ばして口元との距離を調整すればOK。

それと、このマイクは単一指向性でもあるので周囲の雑音が入りにくく、なおさら音声入力向きとも言えます。

↓実際、上記のマイクテスト動画を聴くと、十分な音質だしノイズは少ないし、音声入力するなら非常に相性が良さそうです。

ピンマイク

もしちょっと動き回る場合はピンマイクという選択肢もあります。

ピンマイクは探しても usb 接続のものがなく、ステレオミニプラグ接続ばかりなので、ノイズが認識精度に影響しないかちょっと心配になります。

そして、ピンマイクはほとんどのものが全指向性なので、周りがうるさい場合は認識精度に影響が出る可能性があり、どうしてもピンマイクじゃないといけない理由がなければ他のマイクのほうが良さそうです。

「ピンマイク」で検索

ノートPCで外出先で音声入力するなら

自宅だったら最初に紹介したマイクがおすすめですが、外出先でなるべく身軽にマイクを使いたい場合、こういう形のマイクを使うのも一つの方法です。

ノートパソコンの内蔵マイクよりは、マイク性能も口元の距離も多少はマシになるので、精度向上が期待できます。

ただしマイク全長がそんなに長くなく、全指向性で周りの雑音を拾いやすいかもしれないので、もうちょっと口元との距離を近くしたければ、フレキシブルタイプのUSB延長ケーブルを使ったり、

L字型USBアダプタを使うのもありかもしれません。

ただ、ここらへんのアダプタ類は品質に若干の不安があるので、自己責任でお願いします。

ーーー

ちなみに、実際自分が持っているMacBook Proの内蔵マイクでGoogle音声入力すると、マイク部分にわざわざ口元を近づけて喋るとそこそこ認識精度が高いですが、普通に座っている位置(口元とマイクの距離50cm)で喋ると著しく認識精度が落ちます。

なので、外出先でノートPCで音声入力したいなら上記のような対策が必要かな、と思います。ノートパソコンにもよって内蔵マイクの位置や性能が違うかもしれないので、まずはノートパソコンの内蔵マイクで試してみてください。

ヘッドセットマイク

Skype 通話する機会もありそうならヘッドセットマイクも選択肢としてあります。口元とマイクの距離が近くなるのが良いところ。長時間つけると耳の締め付けが痛くなるかもしれないので気をつけてください。

「ヘッドセットマイク」で検索

アーム式マイクスタンド

音声入力の認識精度はマイクと口元との距離を近くすることが重要なので、もっと本格的な設備にするなら、いっそのことアーム式のマイクスタンドを使うという方法もあります。

アーム式のマイクスタンド、

もしくはフレキシブルタイプのマイクスタンドを机に固定して、

マイクを付けて、

というふうにすれば、口元との距離を自由に調節できるし、良いマイクを選び放題だし、机の上もスッキリします。

仕事で本格的に音声入力するなら、こういう設備を整えておくと快適になると思いますよ。

あと、口元に近づけた時にツバの飛散や鼻息の音を拾うのが気になるならポップガードを。

他の音声入力ソフトと比較

Google音声入力以外の音声入力ソフトについても使ってみたり動画を見たりして比較したので少し書いておきます。

Windows音声認識

Windows 標準機能の音声認識というものがありますが、認識精度がすごく低くて最初の設定も時間がかかるし使い物になりません。

Windows 7ではスタートメニューの中に「アクセサリ」→「コンピューターの簡単操作」→「Windows音声認識」という場所にあるので、興味がある人は使ってみてください。

AmiVoice

市販ソフトの AmiVoice (アミボイス)は、さすがに専用の音声入力ソフトだけあってGoogle音声入力よりも認識精度・スピードともにすごいレベルです。

まずは音声入力がどんなものかGoogle音声入力を使ってみて、仕事で使えそうならAmiVoiceも検討する、という流れが良いんじゃないでしょうか。

AmiVoiceは、「句読点の自動入力」や「Wordやテキストエディタなどに直接入力できる」など、Google音声入力ではできない様々な機能が揃っているので、本格的に音声入力するなら導入する価値ありです。

エムシーツー 音声認識ソフト AmiVoice SP2 USBマイク付
エムシーツー
エムシーツー

ちなみにレビューでは会議やテレビの音声をそのまま認識させようとする人がいますが、それは他の市販ソフトでも無理なことなので注意してください。公式サイトにはマイクとの距離5cm以内推奨。会議や講演会の音声は認識できないとあらかじめ書かれています。

まとめ

以上です。Google音声入力は不満な点もありますが、無料でここまでできるというのがすごいですね。

もちろん有料ソフトにはまだ及びませんが、自分のやりたいことによって無料と有料を使い分けるのが良いと思います。

ーーー

その他、入力作業で重要なタイピングについても書いてるのでこちらもどうぞ。

関連:タイピングソフトおすすめ10選

関連:タイピングの練習におすすめの無料ゲームとフリーソフトまとめ

関連:英語タイピング練習サイトまとめ

広告

このページのシェア・保存はこちら

『[ パソコンの音声入力 ] Google音声入力の精度・使いやすさが半端じゃない』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/01/29(日) 15:10:05 ID:5f5501fa0 返信

    初めまして。興味深く記事を読ませていただきました。また早速音声入力を使ってみたところ非常に変換効率が高く驚いております。
    ひとつ疑問に思ったのが、誤変換されたときに辞書登録して次からの変換を間違えなように出来ないかな、と思ったのですが、うまくできません。
    google日本語入力の辞書に登録しても認識していないようです。
    すべてオンラインで処理しているのですね。
    これも無料版ですので仕方ない??
    もったいないですね。

    • 名前:パソ活 投稿日:2017/01/29(日) 16:36:12 ID:7579217b6 返信

      自分も音声を辞書登録できたら便利だなと思いますが、調べた限りでは音声の登録はできないようです。

      google日本語入力の辞書に登録しても認識していないようです。

      そういえば試したことが無かったですね。

      できない理由として考えられるのが、Google日本語入力の辞書登録は音声の登録ではなくて、どの文字をどの文字に変換するかという登録なので、別物なんじゃないでしょうか。

      今のところ、音声の辞書登録をしたい場合はAmiVoiceなどの市販ソフトを使うのがスタンダードかなと思います。

      「試しにやってみる」という程度であればGoogle音声入力で十分だと思いますが、仕事で使うようなら市販ソフトを検討しても良いんじゃないでしょうか。

      たぶん仕組み的には音声の情報をGoogleアカウントに保存して、音声の辞書登録も可能なんでしょうが、世の中全体に占める音声入力ユーザーの数は少なく、市販ソフトの値段もそんなに安くないのでコストがそれなりにかかるのかなと。

      Googleだとフリーミアムでやってしまう可能性もあるかもしれませんが。

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。