[ パソコンの音声入力 ] Google音声入力の精度・使いやすさが半端じゃない

※この文章は google ドキュメントの音声入力を使って下書きしながら書いてます。 ところどころ音声入力が変換を間違えたところは(※○○)などと注釈してます。

パソコンで音声入力する方法を探して辿り着いた google ドキュメント。正直認識精度が高すぎて驚いています。これだけの認識精度とスピードがあるならスマホ世代が音声入力を使うのが日常になっているのが納得できるレベル。

認識精度が高くて誤変換が少ないなら、ほとんどの人はタイピングで音声入力に勝つことはできません。

ブログの執筆、メールの作成、レポートの作成などで大活躍する可能性を秘めていそうです。

スポンサーリンク

Googleドキュメント音声入力の使い方

使い方は簡単。Chrome ブラウザで google ドキュメントを開き音声入力をするだけです。

ダウンロード:Chrome ブラウザ

Google アカウントを持っていればすぐに始めることができます。持っていない場合は新規アカウントを作成します。

Google ドキュメントのページを開いたら真ん中にある 「google ドキュメントを使う」ボタンをクリックします。

Googleドキュメントを使う

Google ドキュメントのホーム画面までたどり着いたら、画面右下の+ボタンをクリック。

Googleドキュメントホーム画面

そしたら「無題のドキュメント」という新規文書が作成されるので、すぐにでも音声入力を始めることができます。

音声入力を始めるには「ツール」→「音声入力」の順番にクリック。

そしたら左側にマイクのマークが出てくるので音声入力のオンオフを切り替えることができます。

ちなみに音声入力の切り替えは絶対にショートカットキーを使いましょう。

Ctrl+Shift+S音声入力ON・OFF

誤変換の修正や、音声入力が途中で認識しなくなった時など、頻繁にオンオフを切り替えることになるので、絶対にショートカットキーを覚えた方が楽です。

後は音声入力をオンにした状態で喋るだけ。とにかく始めるのが簡単なので、自分専用の辞書を登録したり学習させる必要がないのがGoogle音声入力のすごいところ。

Googleドキュメント音声入力のすごいところ

実際に google ドキュメントの音声入力を使っていて気づいたすごいところを紹介していきます。この下書きもほとんど全て音声入力で入力しています。

認識精度やスピードはものすごく優秀

Ios の音声入力も認識精度の高さに驚きますが、それと同じくらい google ドキュメントの認識精度は非常に高いと思います。

この記事の下書きをしている限りではものすごく認識精度が高く、キーボードの入力はほとんど句読点と改行と括弧しか使わないくらい精度が高いです。

Iphone や android google などの英語の入力に関しては大文字になる箇所が違っていたりしますが日本語の自然な文章の解釈はかなり精度が高いと思います。

最初は変換が間違っていても文章が進むと前後関係を考えて変換を勝手に修正することまであります。

また、音声入力のリアルタイム性も高く iphone で音声入力している時のリアルタイム性と同じくらいに感じます。

↓こちらは実際にGoogle音声入力を使っている動画。音声が変換される速さなどがわかります。

マルチプラットフォーム

Google ドキュメントは chrome 上で動作するので windows でもマックでもクロームブックでも使うことができます。

優勝(※有償)のソフトを購入する必要もなく自分専用の認識精度を学習させる必要もないので導入コストが極端に低いのが大きなメリットとなります。

より自然な文章を作成できる

音声で入力することにより、より自然な文章を入力できる可能性が高くなりそうです。特にタイピングに自信がない人ほど文章をキーボード入力に変換するときの労力が減るので、劇的に文章が変わる可能性があるんじゃないでしょうか。

ただでさえ一番普及しているローマ字入力は日本語をローマ字に変換するというプロセスが発生するため文章を直感的に入力できないと常々言われています。

もちろんえげつないほどのタイピングスキルがあれば喋るように入力できてローマ字変換のコストがほぼゼロになっているので関係ないでしょうが、ほとんどの人にとってはキーボード入力の方が大変なはずです。

ショートカットキーを使って一瞬でオンオフを切り替えられる

Ctrl+Shift+Sショートカットキーで音声入力のオンオフをすぐに切り替えられるのでキーボードと併用しながら入力することによりかなり効率が高くなります。

言葉に詰まって間違えた時はショートカットキーで音声入力をオフにした後にすぐバックスペースキーで文字を消して音声入力を再開すると使いやすいです。

音声入力とキーボード入力を同時に併用できる

音声入力がオンのままキーボード入力を併用できるので、スマホだといちいち「てん」とか言わないと入力できない句読点が入力できます。

そもそもGoogle ドキュメントの音声入力では「てん」と発音しても「、」の入力になってくれないのでキーボード入力と併用せざるを得ないですけどね。

パソコン用有料ソフトの amivoice だったらキーボード入力の併用もできるし句読点の入力も自動で処理してくれますが、 google ドキュメントの場合は無料でここまでできるのかすごいです。

Googleの音声入力で気になったところ

音声入力として文章の入力では非常に満足度が高かったですが気づいた点、気になった点を挙げて行きます。

句読点や改行は手動で入力しないといけない

理想を言えば日本語を普通に読み上げるだけで句読点を自動で入力してくれるといいのですが、Google ドキュメントの音声入力はキーボードで入力しないと句読点や改行を入力することができません。

この点では iphone や android などのスマホでは「てん」「まる」「かいぎょう」 などと発音することにより句読点を入力できたり、amivoice やドラゴンスピーチなどの有料ソフトなら句読点を命令しなくても自動で挿入してくれるのでより便利になります。

もっともっと大量に文章を音声入力するようになったら本格的な有料ソフトを検討してみてもいいかもしれません。

音声入力ですべての操作をすることはできない

現在のところ日本語版では音声による命令で句読点や改行はもちろん、誤変換の修正をすることもできないので、どうしてもキーボードとの併用が必要になってきます。

まー google ドキュメントでは記号も含めてすべての入力を音声でしようとすると逆に難しくなってしまうので補助としてキーボードを利用するのが一番効率がいいですね。

Google ドキュメントの英語版では2016年2月から改行などの命令もできるようになったらしいので、日本語版もそのうち対応されるかもしれません。

途中で音声入力が途切れることがある

音声入力し続けていると途中でストップすることがあり、途中から文章が反映されていないもしくは文章が所々抜け落ちることがありました。

ある程度文章を入力したらショートカットキーで音声入力をオフ→オンして再開すると直ります。

ショートカットキーのCtrl+Shift+Sは左手だけですぐに操作できる場所なので常にスタンバイしてオフ→オンできるようにしておくと何かと便利。

↓実際に途中から認識が途切れていると思われる動画がこちら。1分34秒あたりから明らかに文章が抜け落ちてます。(録音開始から1分15秒経過時)

Google ドキュメント上でしか音声入力できない

音声入力は google ドキュメント上でしか使えないので、ブログにアップしたりする場合は最後にコピペする必要があります。

この音声入力機能がメモ帳8(※や)ブログエディタでも使えるスタンドアロンのアプリケーションとして提供されたら物凄く便利。

すべてのアプリケーションに対して入力できるという点では amivoice などの有料ソフトの方が優秀なようです。

パーソナルな学習機能はない

音声入力用の学習機能は無いので独自の言い回しやイントネーションを覚えさせて精度を極限まで高めていくことはできません。

ただし元々の認識精度がかなり高いのでブログの下書き程度であれば全く問題がないと思います。

後で修正が必要な部分は出てくるでしょうけど文章の意味がわからないほどの認識精度になることはほとんどありません。

学習させるのがめんどくさいと思っている人にとってはむしろ google が勝手に賢くなっていくので最高です。

タイピングが衰える

正直、認識精度が高いのでタイピングで文章を入力する必要がほとんどありません。せいぜい単語の修正ぐらいです。

今までタイピングが早(※速)いことによって便利なことがたくさんありましたがこれだけ音声入力が発達するとタイピングが早いことによるアドバンテージが少なくなってくるかもしれません。そのくらいすごい認識精度です。

ただし会議室や図書館など声を出しにくいシチュエーションでは未だにタイピングスキルがあった方が便利なことに変わりはありませんけどね。

スマホ版には音声入力がない

スマホ版の google ドキュメントの中には音声入力の機能はありませんでした。ただし iphone も android も最初から精度の高い音声入力が出来るので問題はないはず。

Google音声入力が使える場面を考えてみる

ここで一旦 google ドキュメント音声入力の特徴を整理してみる。

  • 音声認識の精度はかなり高い
  • パソコンでしか使えない
  • Chrome 上で動作するのでマルチプラットフォーム
  • Google ドキュメント上でだけ使える
  • キーボード入力と同時に併用できる
  • 音声で句読点や改行などの命令は使えない

これらの特徴から google ドキュメントの音声入力が役に立ちそうな場面を想像してみると、 以下のことが考えられる。

テープ起こし

漢字変換の精度はメモ用途ならなかなか高いが、誤字脱字があってはいけないテープ起こしには不十分だと思う。

Ime の辞書を完璧に把握したり単語登録を駆使しているプロのタイピングには及ばないだろうし、音声入力でテープ起こしするなら amivoice などのソフトを使った方がいいでしょう。

ブログの下書き

これは実際にやってみてかなり役に立つ。下書きなので多少の誤字脱字があってもいいし、何より筆が進まない時にとりあえず書き始めることができる。

頭の中で長文が出来上がってから音声入力するよりも、短い分野(※文や)箇条書きでどんどん喋っていくといいように思う。

メール作成

メールでのメッセージは「お世話になります」などの話し言葉が多いので、音声入力と相性が良さそう。

音声入力に使うマイク

音声入力に使うマイクは特別高性能なマイクじゃなくても構いませんが、できれば usb 接続のマイクを選びます。ステレオミニプラグ接続のマイクはパソコンに接続した場合はノイズの影響を受けやすいので特に理由がなければ usb 接続にしたほうが無難です。

あと、口元からマイクまでの距離が遠くならないように気をつけることも大事です。鼻息が入らない程度で口元の近くに置ければベスト。

デスクトップPCでおすすめのマイク

デスクトップパソコンは内蔵マイクが付いてない場合がほとんどなのでマイクを別途購入して使うことになります。

マイクはこんな簡単なスタンドタイプでも十分です。口元と距離が離れてしまう場合は下に何かを置いて高さ調節すれば良いでしょう。

「USB スタンドマイク」で検索

音質にこだわるならレビューをよく読んで選べばいいと思いますが usb に接続している時点で既にノイズはある程度少ないので3000円以下のマイクだったら音質に大差はないはずです。

ピンマイク

もしちょっと動き回る場合はピンマイクという選択肢もあります。 パソコン用のピンマイクとしてはスタンドタイプとしても使えるこれが定番で人気があるみたいですが、ピンマイクは探しても usb 接続のものがなくステレオミニプラグ接続ばかりなので、ノイズが認識精度に影響しないかちょっと心配になります。

「ピンマイク」で検索

ノートPCでおすすめのマイク

ノートパソコンはだいたい内蔵マイクが搭載されていますが、おまけ程度の性能だし口元から遠いので認識精度が低くなりがちです。

実際自分が持っているMacBook Proの内蔵マイクで試したら、マイクの近くで喋った場合と普通の位置で喋った場合で明らかに認識精度が変わります。

ノートパソコンだったら usb 直差しでケーブルが邪魔にならないタイプがお勧めです。口元からの距離はそんなに近くなりませんが内蔵マイクよりは感度が上がります。

口元との距離が遠いのが気になるようならフレキシブルタイプのUSB延長ケーブルもあったりします。

ヘッドセットマイク

Skype 通話などする機会もありそうならヘッドセットマイクも選択肢としてあります。長時間つけてると耳の締め付けが痛くなったりするので個人的にはお勧めじゃありませんけど構わない人はどうぞ。

「ヘッドセットマイク」で検索

総評

これだけのことが無料でできる google さんほんとすごいわって思う。導入コストが低くて必要十分な認識精度があるというのが素晴らしい。

Windows の標準機能にも音声認識はあるんですか認識精度がすごく低くて最初の設定も時間がかかるし勝負になってないんですよね。

ただ google の音声入力について調べている途中で amivoice について調べてみるとさすがに専用のソフトだけあってGoogle よりもすごいなと思いました。

「AmiVoice」で検索

本格的に音声入力を活用するなら amivoice の方がいいけど無料で手軽に音声入力を使ってみたい場合は google の音声入力は非常に優秀だと思います。

ーーー

タイピングについても書いてるのでこちらもどうぞ。

タイピングソフトおすすめ10選|アニメのコナン特打やタイピングオブザデッドが人気

タイピングの練習におすすめの無料ゲームとフリーソフトまとめ

学生に言いたい|パソコン無くてもフリック入力で全部できる?就職して困るからやめておけ

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。