Amazonアソシエイトで「有効なURLではありません」エラー。httpが原因?

Amazonアソシエイトのリンクが有効になっているか確認するための

リンクの動作確認ツール

別件で確認していたら偶然発見したんですが、なんと

https://は有効で、http://はエラーになる現象が発生していました。

これがほんとだったらいくらなんでもやりすぎなので一時的な不具合だと思ってますけど、どんなエラーメッセージになったのか控えたのでリンクの動作がおかしい!とかで困ってる人は参考にどうぞ。

※追記:Amazonから返信があり、動作確認ツールの不具合が原因とのことで、現在は修正されました。httpでも問題は無いそうです。ただしリンクの作成はhttpsを推奨しているとのことです。
広告

Amazonアソシエイトのリンクがhttpでエラーになってしまう現象

ここから書いている不具合はすでに修正されました。こういう不具合も出ることがありますよ、という参考までにどうぞ。

Amazonアソシエイトを利用しているとちょくちょく使う「リンクの動作確認ツール

リンクを生成するWebサービスやブックマークレットなどを使う場合は、有効なリンクになっているか確認するために使うことがあるんですが、いつものように確認してみたら、なんと

https://は有効で、http://はエラーになる現象が発生していました。

一瞬目を疑ったんですが、何種類かのURLで試しても、httpかhttpsかの違いだけでhttpのほうだけエラーになります。

Amazonアソシエイトリンクを生成するWebサービスではhttpで出力されているもののほうが多いので、もしhttpが使えなかったら非常に困った事態になりそうな気が・・・。

httpsはエラーにならない

問題を切り分けるために、「http」「https」の部分以外は同じにして比較してみました。

例えばこのようなhttpsから始まるリンクは有効と判定されます。
https://www.amazon.co.jp/dp/B001MS8GQO?tag=pasolabo-22
https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B001MS8GQO/pasolabo-22

↓実際にリンクも作ってみました。

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

「Fire TV Stick 音声認識リモコン付属」検索結果

このURLはhttpsのリンクで、商品ページも検索結果のページも有効なリンク判定になります。

httpはエラーになる

しかし、httpに変えたこのようなリンクは
http://www.amazon.co.jp/dp/B001MS8GQO?tag=pasolabo-22
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B001MS8GQO/pasolabo-22

リンク確認ツールで有効では無いリンクとして判定されてしまい、赤文字でエラーメッセージが表示されます。

入力されたリンクURLは、有効なURLではありません。リンクURLは “http://” または “https://”で始まるものである必要があります。

今まで貼っているリンクはほとんどhttpから始まるリンクなのでこれが本当だったらWebサイト運営者は相当困りますよね?

↓こちらがhttpsだった部分をhttpに変更しただけのリンク。

Fire TV Stick 音声認識リモコン付属

「Fire TV Stick 音声認識リモコン付属」検索結果

商品ページ・検索結果どちらのリンクも動作確認ツールではエラーが出てしまいました。

※httpでエラーになる原因は動作確認ツールの不具合で、現在はすでに修復されています。

エラーメッセージの矛盾

ただ、いきなり何の告知もなくそんな変更がされるのはさすがにやりすぎなのでよく見てみると、エラーメッセージの内容が矛盾してました。

リンクURLは “http://” または “https://”で始まるものである必要があります。

とエラーメッセージには書いてあるので、本来ならどちらでも有効なリンクになりそうな気がしますよね。

さすがに一時的な現象かなと思ったので、念のためAmazonに問い合わせだけして様子見しようかなと思ってます。

この記事を書いてるのが2016/08/13の2:00頃で時間帯が深夜なので朝早くに予約投稿しようかなと思ってますが、朝になったら直ってるかもしれません。

まぁさすがにhttpは全部ダメ―!ってことは無いでしょう。

追記:8/13に問い合わせしてその日のうちに「詳細を確認いたします。」という返信が来た後、8/20にツールを修復した旨の連絡がありました。

有効じゃないリンクからの売上は発生する?

あと当然気になるのは、httpのリンクから発生した売上はちゃんとカウントされるのかということなので、レポートを見てガクっと下がったら要チェックしといたほうが良いかもしれませんね。

自分はAmazonアソシエイトのレポートをiPhoneアプリのAmReportでチェックしていて、だいたい朝方4時頃にデータが更新されるので朝確認したら最速だと思います。

カテゴリ: ビジネス, ファイナンス
価格: ¥600 (掲載時)

でもhttpを全部httpsに変えるのとか無理があるのでさすがにそれはないと思うんですけどねー・・・ない、ですよね?Amazonさん
(((;゚Д゚)))

もし全部売上に計上されなかったらネット上では大騒ぎになるんでしょうか。

※追記:Amazonからの返信にて、httpのリンクでも有効だし、今後も機能するのでリンクを変更する必要はありませんとのことです。

Amazonアソシエイトのリンク作成はhttps推奨

httpでも問題なく機能するとは言え、Amazonとしてはhttpよりもhttpsでのリンク作成を推奨しているとのことでした。問い合わせから抜粋。

【2016/08/19:リンクURLに関するお知らせ】 現在、Amazon.co.jp へのリンクURLを生成いただく際は、http:// から始まるURLではなく、https:// から始まるURLを推奨しております。変更する際は http:// を https:// に置き換えるだけで機能いたします。なお、http から始まるリンクURLは今後も有効に機能いたしますので、過去に生成したリンクを変更する必要はございません。

httpで作っても問題ないし今後も機能するとのことなので、すでにサイトに貼り付けてあるAmazonリンクを修正までしなくても良いと思いますが、今後貼り付けるリンクがhttpsにできるようなら対応しても良いかも。

でもリンク作成するWebサービスや拡張機能がhttpsに対応してなかったら、さすがに手動で修正するのは面倒なのでhttpで作成するのが現実的だと思いますけど。

カエレバのリンクに影響が出ている?

※追記です。httpとhttpsの違いとは関係無さそうですが、以下の記事では8月に入ってからパタッと売上が止まってしまったとのことでした。

参考:カエレバのAmazonへのリンクだけバグってた件 – こがねもちになりたいぶろぐ

自分とは状況が違うだろうけど、スマホだけでリンクがいきなり機能しなくなったということはAmazonだけの変更じゃなくてスマホのOSやアプリの影響も考えられますね。

記事を見る限りAmazonのスマホアプリ(Webページではないほう)で文字化けしているので、リンクから文字を渡す時にエンコードで文字化けしてるのかも。

なんとかリンクを張り替えなくてもAmazonかスマホ側で復帰されたら良いなぁ。
(´・ω・`)

ちなみにこういう時は

ブログやTwitterで騒ぐのとは別にちゃんと問い合わせしてみましょう。Amazon側も問題に気づいてない可能性もあるかもしれません。

<関連>
Adblock PlusによってAmazonのリンクが非表示になってしまう問題

Amazonリンク作成ツール「AmaQuick」がさらに使いやすく

広告

このページのシェア・保存はこちら

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。