タイピング大会のYouTube配信画面について(手元カメラ・打鍵音マイク・スマホ対応など)

タイピングの大会をeスポーツとして楽しめるためにはどうしたら良いのか、動画の配信画面を見て思いついたことをいろいろ書いてみます。

先日行われたタイピングの大会、RTC 2018(REALFORCE TYPING CHAMPIONSHIP 2018)の配信画面を見ながら、「こんな画面だったら良いな」と思う点と、その根拠を書ける範囲で。

全体的に言えることとして、「普段からタイピングを能動的に練習している人にとっては楽しめるけど、そうでない人には凄さが伝わりにくい」ということ。

今回のRTCの場合は、WeatherTypingをプレイしたことがある人だったら1000KPMは異常に速いし出題ワードが溶けていく様子を眺めると絶対に自分にはできないことがわかって凄さを実感することができますが、競技タイピングの世界を知らない人はそれがどのくらいすごいことなのか分からない

そのギャップを埋めるためにあったほうが良いなと思った点が以下の通り。そしてこの記事のテーマ。

  • 手元カメラ
  • 打鍵音用マイク
  • スマホで見れるフォントサイズ

これに関してはツイートで、叩き台の画面を提示してみたんだけど、140文字だとどっちみち書ききれないので、

なぜそうしたほうが良いのか、見られるeスポーツとして普及させたい場合の視聴者層や、使用端末の違いなども例に出して説明していこうかと思います。

※ただし自分で配信した経験は無いので、具体的にどうすれば実現できるのか方法までは分からない事が多く、結構な無理難題を書いちゃってる可能性もあります。

スポンサーリンク

タイパーの手元カメラ

タイピングの大会において手元カメラがあったほうが良いのかどうかという議論を少し見かけましたが、個人的には「手元を見たい」に一票。

その理由として「一般の(タイパーではない)視聴者に凄さが伝わるから」です。

これは先程も書いたとおり、タイピングがある程度速い人であればKPMや正確性でどのくらいすごいのか分かりますが、そうではない人、スポーツを観戦するだけの立場から見ると、「凄い人がどのくらい凄い」のか分からんわけです。

もし手元カメラがあった場合は、指の動く速さで一目瞭然なことに加えて、

  • 「え?小指使ってないのになんでそんなに正確に打てるの?」
  • 「ホームポジション通りじゃない人がたくさんいる!」
  • 「決まった指でキーを叩いてない?(最適化)」
  • 「指長い!(もしくは短い!)」
  • 「叩く強さが激しい!(もしくは速いのに静か!楽そうに打ってる!」

とか、とても多くの視覚情報が得られます。

プロスポーツ選手に例えると、フォームがすごく独特なのに結果を出す人もいるわけです。

指先の立ち振舞を見るだけでも選手の特徴が現れるので、よりタイプの違いが楽しめると思うんですよね。

そして何より、実際に打ってるという現実感が伝わってきます。

トップタイパーの打鍵速度は現実感に欠けてしまうほど、あまりにも速いので、流れる文字だけ見るとまるで機械が打ってるように見えてしまいます。

それを、実際に人間が打ってるということが分かるだけでも、初めて見た人の衝撃は全然違ってくるんじゃないでしょうか。

YouTubeを探すと、ひろりんごさんがWeatherTypingを手元あり無し両方投稿していたので分かりやすい比較ができました。

↓こちらが手元・打鍵音無し(ゲーム中の打鍵効果音はあり)。

RTC本戦と同じ条件ではありませんが、1101KPMなので間違いなくトップタイパーの打鍵動画です。

ーーー

↓こちらが手元・打鍵音あり。(ただ、カメラが30fpsを下回っているので、指の速さがよく分からない)

↓こちらは上から視点ではないけど30fpsで、どれだけえげつない速さなのか分かる。

ーーー

……さて、これらの手元を見たあとに自分の動画を見ると、どれだけ速さが違うのか一目瞭然です。

上記ひろりんごさんの動画が1101~1192KPM。それに対して、自分は576KPMなので、ちょうど半分くらいのスピードです。

競技タイパーと比べるとものすごく遅いですが、そんなにタイピングしない人が見たらこれでも「速い!」という評価になってしまいます。(2倍も速さが違うのに)

つまり、最初に貼り付けた、手元・打鍵音無し(打鍵効果音あり)の動画では、競技タイピングのことをよく知らない人から見ると、「凄い!凄いんだけど、どのくらい凄いのか分からないということになってしまうんじゃないかな、と。

eスポーツとして多くの人に見られて、SNSでも拡散されることも視野に入れるなら、手元カメラはあったほうが良いと思うんです。

ーーー

※ここまでは競技タイピングの世界をあまり知らない人に見てもらうための内容。

次は運指を考えたいタイパーの練習材料としての話。

競技タイパーなら運指の参考になる

YouTubeで真上視点の手元カメラを全試合撮影することができれば、再生速度を遅くすることで、運指の分析をすることができます。

現在、タイピングの最適化に関する情報はいくつかのブログで見ることができますが、テキストで書かれると読み解くのがとても大変で、よっぽど意欲がないと読む気が起きないかもしれません。

  • ①指番号 → nji789
  • ②指の名前  n(右人) → j(右中) → i(右薬)

運指について書かれる時は、すでに法則を知っているタイパー向けであれば①指番号が使われますが、知らない人は少し説明が無いと意味がわかりません。かと言って②指の名前をいちいち記載すると長くなって読みにくくなります。

それが、手元カメラがあれば、問題文と打鍵のタイミングが一致しているので、どのキーをどの指で打鍵したのかすべて観察することができて、さらにはその時の手の開き具合や手首の角度がわかります。

REALFORCE TYPING CHAMPIONSHIP 2018のスコアを取ってみた」によると、RTC2018では合計で1,300回以上もワードが出題されています。

これだけ膨大な量の練習材料があれば、上位を目指しているタイパーにとってはありがたいんじゃないでしょうか。

手元カメラの視点

手元カメラを映すとしたら、十中八九、真上からの視点が無難かなと思います。

  • ホームポジションの位置
  • どのキーをどの指で叩くか
  • ワードによる運指の違い
  • 親指の使い方

など、得られる情報が一番多そう。

選手によって机の端からの距離が違うので、最低でも前後位置の調節は可能なように。

ただしパン操作(首振り)で調節すると見え方が変わってしまうので、できればレールやブームスタンドのようにスライド移動して真上から撮影できるように)

カメラのfps(秒間コマ数)

先程の動画で見たとおり、一応30fpsでもトップクラスの激しさは分かるけど、YouTubeの仕様では60fpsまで使えて、一般的な液晶モニタもリフレッシュレートが60以上だろうから、60fpsでの撮影が無難だと思う。

0.25倍速で15fpsなので、そのままスローモーションリプレイに使えるかも。

コマ数が60pのビデオカメラなら民生機でもいくらでもあるのでこれはそんなに問題にならなさそう。(というか撮影班なら当然知ってることだと思うけど)

カメラを増やすコスト

新たにカメラを2台増やしてそれを配信で流すということは、やりくりするコストも結構増えそう。

それだけの映像を処理して生放送の配信に載せるということはパソコンの性能もすごくないといけない?

でも具体的にどんなことが大変になるのか全然わからないので、自分には何とも言えません。

打鍵音用マイク

さっきの動画の比較でもわかるけど、実際の打鍵音が聞こえると、どれだけ激しい競技なのか伝わりやすくなるかも。

ゲームの効果音だとすべて音が同じ音量で鳴るので、なんとなく「鳴り続けてる」ように聞こえなくもない。

それと比べると実際の打鍵音は、「ガガガガッ」だけじゃなく、運指によって弱いアタックと強いアタックがあったり、打ち切る時に打鍵音が強くなったり。

あとは人によってアタックの強さが違うと、タイプの違いを見て楽しめるとか……。

ということを書いてみましたが、手元カメラと比べたらそこまで重要じゃないかも?

マイクの指向性

ファミ通さんのツイート動画を見ると、実況の音量はかなり大きいので、

打鍵音を拾うならガンマイク並に指向性が強くないと無理かも。

スマホ視聴を意識したサイズ

YouTubeの視聴に使われる端末は何が多いのか調べてみました。

↓2017年12月調査。スマホでの視聴が多い(ただし対象者がスマホ所有者なので大きめに出そう)

スマートフォン所有者を対象に、動画を視聴する際によく利用するデバイスを複数回答で聞いたところ、「スマートフォン」が76.5%となり、「PC」38.8%および「タブレット」21.9%に大きく差をつけた。どの世代でも同傾向がみられたが、特に10代ではスマートフォンの利用率が高く85.5%となった。

引用:動画視聴、10代の85.8%はスマホ使用…内92.2%はYouTubeアプリ保有 | リセマム

↓2017年6月の調査。全体ではスマホ68%で最も多いが、年代によって全く傾向が違うことも分かる。

1週間に1度以上、動画コンテンツを視聴している人が、普段、動画コンテンツを視聴する際に使用するデバイスとして最も回答が多かったのは「スマートフォン」でした(68.0%)。年代別で見ると、10代では「スマートフォン」が93.9%、「パソコン」が39.4%であったのに対し、60代では「パソコン」が82.4%、「スマートフォン」が43.2%※複数回答あり。

引用:10代の動画視聴はスマホ9割にパソコン3割、60代はパソコン7割にスマホ4割 視聴者の約3割が1日60分以上視聴 | Pick UPs!

↓古い(2015年)ですが、YouTubeのスマホ利用がPCの1.6倍というデータ。

「YouTube」はスマートフォンからの利用者が3,000万人を超え、PCの1.6倍となっていました。

引用:YouTubeのスマートフォンからの利用者は3,000万人超 ~ニールセン、「ビデオ/映画」カテゴリの最新利用動向を発表~ | ニュースリリース | ニールセン デジタル株式会社

ーーー

また、自分のYouTubeチャンネルのアナリティクスを分析してみました。

全体としてはスマホ73%、PC16%、タブレット10%と、スマホが圧倒的に多かったですが、流入元によって大きく違うので、実際はもうちょっと少なくなりそう。(ゲーム機・テレビは少ないので非表示にして、合計が微妙に違います)

上記集計表の中で「トップおすすめなど」という部分は、評価が高くなった動画が含まれないと表示されない流入元なので、おそらく普通はスマホ60~70%あたりが現実的な割合になってくるんじゃないかと思います。

だとしてもパソコンよりはスマホのほうが多いので、YouTubeに投稿することを考えるなら、スマホで視聴されることを前提に画面構成を考えたほうが良い、ということになります。

なので、最初に貼り付けた叩き台も、勝負に関わってくる正誤率を最も大きくしたり、手元の部分を大きくしています。

ちなみにどの画面サイズで動作確認するかは、「スマホの画面解像度シェアを調べてみた(2018年1月版) | WEBSEEYA(ウェブシーヤ)」という記事を見るとiPhone 7(4.7インチ)の解像度である375×667がトップで、それ以下の解像度の上位3つだけで63%を占めるので、iPhone 7サイズを基準に確認すれば良いと思います。

そしてSNSなどでシェアされて最もカジュアルに視聴される場合が縦画面、ちゃんと見たいと思われた時に横画面。さらにしっかり見たいならパソコン、というふうに、本気度に比例して視聴者の使用デバイスが変わるイメージ。

配信ソフトで工夫して大きくする

これは全然自分に知識がないので、見たことがあるものだけで言ってます。

YouTubeなどで配信するソフトでは画面の任意の場所をトリミング・複製・拡大などすることができるので、選手がプレイしている画面と配信画面を別のものにできるはず。

例としてゲーム実況ですが、この麻雀動画では、点数の部分をトリミング・拡大して、かなり小さな文字がスマホの縦画面でも見れるようになっています。

メリット

配信用に拡大して任意の位置に移動するだけなので、WeatherTyping側で何も変更しなくても良いかも。(開発コストが低くなる?)

プレイ画面と配信画面を別々にできるので、プレイしやすい画面と視聴しやすい画面を両立できる。

デメリット

小さい文字を拡大したらぼやける。

↓叩き台の画像を見ると、正誤率の部分がボヤケてるのが分かりますね。

まぁWeatherTyping側を反抗するとしても文字サイズを変えれば良いだけならコストが安くつくかもしれないけど。

根本から変える

RTC2017 → 2018だけでもWeatherTypingがガラっと変わってるので、根本から変える予定とかあるのかもしれない。知らんけど。

↓こちらは薙刀式の大岡さんが提示した例から引用。特に獲得ワード数のバーが区切られてわかりやすくなってた。

参考:【RTC2018】画面のレイアウト、改造案: 大岡俊彦の作品置き場

ーーー

たぶん、WeatherTypingの改良は言われなくても鋭意取り組んでおられるんだと思う。

開発なんぞできない自分があれこれ言うのも無粋かな、と。

まとめ

重要な部分をもう一度。

  • タイピングに関わりがない人にも見てもらうなら手元があったほうが良い
  • 打鍵音は個人的にあったほうが良いけどそこまで重要じゃないかも(手元とゲーム内効果音でも良いかも)
  • スマホの小さい画面で見られることを意識したレイアウト

ってところでしょうか。

あまりズバッと「こうすれば良い!」と言い切れるほどノウハウが無いので、書きたいこと書くだけ、って感じになりました。

ーーー

関連:タイピングの最適化と練習方法

関連:ローマ字入力とかな入力どっちが良いのか

関連:タイピング手元動画まとめ

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

Amazonでの買い物について

当ブログではAmazonの商品をよく紹介しています。

いつもコンビニ払いしている人は、Amazonギフト券をチャージするとポイントが余分にもらえるので、今まで知らなかったという人は読んでみてください。

・キャンペーン中なら初回購入で1000ポイント付与
・チャージする金額によって0.5~2.0%ポイント付与

Amazonギフト券チャージタイプの詳細はこちら

また、プライム会員ならさらに0.5%上乗せされます。

ーーー

プライム会員の特典は「お急ぎ便無料」「プライムビデオで多数の映画やアニメ見放題」が特にお得。それ以外にも音楽・読書の使い放題サービスあり。

料金は年額3,900円(月換算325円)で、世界的に日本だけなぜか破格の安さになっているので、配送・映像・音楽・読書など、一部でもよく利用する人なら非常におすすめです。

プライム会員の詳細はこちら

学生ならPrime Studentがさらにお得

スポンサーリンク

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

制作物:「ノイズレスサーチ

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

記事が良いと思ったら、Twitterでツイートしたり、ブログなどで紹介してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。