楽天モバイルからUQ mobileに乗り換え|通信速度・料金の比較など

格安SIMのひとつ、楽天モバイルの通信速度(昼12時~13時)に不満があったので、速い速いと評判だったUQ mobile(UQモバイル)に乗り換えしてみました。

↓以下、UQ mobileにして感じたメリット。

  • 混雑するお昼(12時~13時)でも60Mbps以上の爆速
  • ギガ消費なしの節約モードでYouTube(低画質)がずっと視聴できる
  • 節約モードでもバースト転送(最初の一瞬だけ読み込みが速い)によってWebサイトのテキストがすぐ読み始められる

という感じで、通信環境が劇的に改善されました。

楽天モバイルに感じていたデメリットは他の格安SIMにも共通する点が多いので、格安SIM全般からUQ mobileに乗り換えするメリットを知りたい人に参考になるんじゃないかと思います。

この記事が向いているは、格安SIMの経験者、もしくは3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から格安SIMへ乗り換えを検討するモチベーションが高い人向けです。格安SIMの導入を手取り足取り説明はしていないので、初めて格安SIMについて知りたい人は、あとで紹介するサイトを読んでください。
スポンサーリンク

格安SIMの通信速度比較

楽天モバイルの、というよりは、格安SIM全般に共通する不満として、お昼の時間帯がとにかく遅い、という問題があります。

参考:格安SIMの管理人の速度比較(リアルタイムで格安SIM35枚/ドコモ/WiMAX2+を自動計測)

↑こちらのリアルタイム計測を見るとわかりますが、ほとんどの格安SIMは12時~13時の時間帯に1Mbpsを下回ります。

今見た時点で格安SIMの中で速いのはUQ mobileワイモバイルだけ。この2つが圧倒的。お昼の時間帯も遅くならない。

それ以下はどれも12~13時の間、かなり遅くなります。

ーーー

で、自分は楽天モバイルを使っていたんですが、お昼の時間帯はWebサイトを開くのでさえ10秒かかってまともに見れなかった瞬間があるので、見る気にならないこともありました。

楽天モバイルも数値上は0.6Mbpsくらいは出るみたいなので、そんなに影響は大きくないはずなんですけどね。

知っておいたほうが良いポイントは、ほとんどの格安SIMはお昼に遅くなることが多い、ということです。それ以外の混んでない時間帯にいくら速くても体感速度は変わらないので比べる意味がありません。

キャリア・サブブランド格安SIM・格安SIMの違い

さて、通信速度を重視してSIMを選ぶ場合、おおまかに3種類の分類ができます。

キャリア契約

いわゆる3大キャリア、ドコモ・au・ソフトバンクのこと。だいたいの人がする、普通の契約。

通信速度は安定、値段は高い。

この価格が高いから、月々の通信量を節約するために格安SIMを検討する、という立場ですね。

自分も最初は8000円以上かかっていたソフトバンクから格安SIMに乗り換えしました。

サブブランド格安SIM

格安SIMの中でも2個だけ別格の通信速度のUQ mobileとワイモバイル。

  • UQ mobile → auのサブブランド。
  • ワイモバイル → ソフトバンクのサブブランド。

この2つは大手キャリアのサブブランドという位置づけなので、通信速度が別格です。

値段はキャリアと比べたら安く、他の格安SIMより少しだけ高い場合もある。

大手キャリアと同じくらいの通信速度を確保したいならこれを選択します。

というか、さっきの速度比較を見たら一目瞭然なので言うまでもないですね。

自分はUQ mobileにしました。

格安SIM

それ以外の格安SIM。数十社存在します。

お昼が特に遅く、夜の時間帯も遅めになることがあります。

ポイントが貯まるとか、その他のメリットがあるなら選んでも良いかもしれません。

自分が使っていた楽天モバイルは楽天市場の買い物でポイントが余分につくとか。

それぞれ独自のメリットがあるので、UQ mobileにするほど通信速度にこだわってない人はチェックしてみると良いでしょう。

さっきの格安SIMの通信速度比較から個別の詳細ページが見れるので、だいたいメリットとデメリットがまとめられています。

楽天モバイルを1年使った感想

もともとソフトバンクのキャリア契約をしていて、月8000円くらいかかっていたので、さすがに高いだろうと思って初めての格安SIMとして楽天モバイルを契約したのが2018年9月。

↓楽天モバイルにするとき思っていたこと。

  1. 楽天銀行・楽天カード持ってるから楽天経済圏をまとめてポイントのメリットが増える
  2. お昼が遅いのは妥協しよう
  3. 価格はどこも同じようなもの(音声付き3GB・税抜1600円前後)
  4. UQ mobileは(2018/9当時)iPhone 7でテザリングができるかよくわからなかった(動作確認済み端末になっていなかった?ような気がする)

このうちやっぱり②の「昼に遅くなる」のが、思っていたよりも遅く感じてガッカリでした。

とくにニュース・ブログなどのWebサイトを閲覧するときは次々とページを開くので、毎回ページを開くのに数秒かかってしまうとストレスを感じるようになってきます。

楽天モバイルを導入した2018年9月当時、12時台の通信速度計測では0.9Mbpsくらいでしたが、後で紹介する動画でもを見ると、実際はもっと遅くなっていた可能性が高そうです。

④のテザリングについては記憶が曖昧ですが、格安SIMの動作確認済み端末にまだiPhone 7が無かったような気がします。この時テザリングが確実にできるようなら最初からUQ mobileにしてたかも。

UQ mobileの通信速度

UQ mobileの通信速度についてはさっき何回か貼ったリンク先で見たほうが良いとは思いますが、一応自分でも計測した結果を貼ります。

SIMカードを抜く直前の楽天モバイルと、翌日の同じ時間帯のUQ mobileの比較。圧倒的に違います。

最も気になる12時台のUQ mobile通信速度。2種類のアプリで計測。

  • 12:22 → 63.74Mbps, 81.88Mbps
  • 12:32 → 66.07Mbps, 89.11Mbps
  • 12:46 → 59.51Mbps, 66.96Mbps

これもUQ mobileは計測する必要がないほど速い。

楽天モバイルがこの時間帯に1Mbpsを下回るのと比べると圧倒的な差です。

実際に必要な速度

ただ、60Mbpsあっても体感速度は比例しません。

本当に必要な通信速度の話」を見るとわかりますが、1Mbpsあればとりあえずそこそこ快適に使えます。

そのため、最大速度で比べるのではなく、遅い時の速度を比較することが大事です。

あとでも書きますが、UQ mobileとワイモバイル以外の格安SIMは、昼に1Mbpsを下回って快適ではなくなります。これが妥協できるかどうかで選ぶSIMが変わってきます。

ーーー

現在大手キャリア契約でスマホを使っている人は通信速度が速いのが当たり前の環境なので、お昼に1Mbps以下(あるいは瞬間的にもっと遅い速度)になると明らかに遅く感じます。

なので、12時台にネットを使う人は特に気をつけて格安SIMを選ぶようにしましょう。

自分はそのくらいでも妥協できるだろうと思って楽天モバイルを契約しましたが、明らかに遅くて、Webサイトを見るのを途中でやめることがたびたびありました。

UQ mobileと楽天モバイルの比較

お昼の時間帯のUQ mobileと楽天モバイルの比較として参考動画を貼り付けておきます。

お昼(12:20~)遅くなる時間帯。楽天モバイルはアプリのダウンロードがまともにできないのと、動画の後半でまともに使えないほど遅く(0.14Mbps)なってます(高速モードにも関わらず)。

ーーー

夜(18:30~)少し遅くなる時間帯。楽天モバイルは1Mbpsくらい。ただしアプリのダウンロードはまともにできない。

これを見れば分かる通り、自宅Wi-Fiが無い人は、アプリのダウンロード速度を制限している格安SIMを使ったらいけません。

UQ mobileの価格

もう2019年9月末で受付終了するのでなくなりますが、自分は以下のプランに申し込みしました。(10月からの新プランより若干安い。ただし縛りあり)

「データ高速+音声通話プラン」(2019年9月受付終了)
1,680円(税抜)/月
月間データ容量 3GBまで
速度制限・節約モードで200kbps
1年縛り(期限内の解除で9,500円)

ミス、というか公式に節約モードについて記述が無かったので気づけなかったことですが、「データ高速+音声通話プラン」は節約モードの上限が200kbpsになっています。

これからの新しいプランは300kbpsなので、YouTube視聴で結構差を感じそうです。

縛りと節約モードの速度のためか、料金は古いプランのほうが300円安くなっています。

通話は「20円/30秒」で高いですが、だいたいLINE使うから無料だし、固定電話にかけるときは楽天でんわアプリを使って半額にするので関係ありません。

何はともあれ、もう新しく契約できなくなるプランなので、これから新規契約しようとしている人は古いプランのことを考えなくていいと思います。

ーーー

↓こっちが2019年10月から始まる新しい「スマホプラン」

「スマホプランS」(2019年10月開始)
1,980円(税抜)/月
月間データ容量 3GBまで
速度制限・節約モードで300kbps
縛りなし

縛りが無くなって節約モードが300kbpsなので自由度と速度が改善されて、少し高くなった、という感じ。

でもUQ mobileのプラン内容は前より非常にわかりやすくなったので好印象です。

UQ mobileの節約モード

UQ mobileにはギガを消費しない「節約モード」というものがあり、最大300kbps(0.3Mbps)の低速通信で使い放題ができます。

ただし2019年9月末で受付終了する「データ高速プラン」「データ高速+音声通話プラン」だと200kbpsになります。

UQ mobileのアプリでオンオフするだけで高速と低速を切り替えします。

カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料 (掲載時)

またはアプリを起動しなくても、アイコンを0.5秒くらい長押しすると簡単に切り替えボタンを操作できたりします。

自分は残念ながら200kbpsになる「データ高速+音声通話プラン」ですが、実測すると、お昼12時台でも計測アプリで0.27~0.35Mbpsほど出たので、もしかしたら後述するバースト転送もあって少し高めの数値が出ているかもしれません。このときはYouTubeも最低画質なら止まらずに視聴できました。

ただし別の日には0.22Mbps(220kbps前後)になったこともあり、このときはYouTubeが最低画質でもブツブツになりました。

これら節約モード200kbpsの性能を考慮すると、YouTube垂れ流しにしたい人は新しいスマホプランの節約モード300kbpsなら余裕があるんじゃないかと思います。

節約モードでYouTube視聴

自分は節約モードでも200kbpsのほうなので、新しい300kbpsの「スマホプラン」より遅いですが、YouTubeの視聴がどれだけできるのか試してみました。

少なくとも新しい「スマホプラン」ならこれよりも快適になるという目安になるはず。

↓以下、「データ高速+音声通話プラン」節約モード200kbpsで試した結果。

  • 動画タップしてから再生開始するまで約20秒(10秒~40秒ほどのばらつきあり)
  • 動画が止まらず見れるときは実測300kbpsくらいだった。(画質は自動的に144pから360pに調節される)
  • 動画がブツブツ途切れたときは実測220kbpsくらいだった。
  • 関連動画やコメント欄は通信速度が遅いためか、表示されない

このようになるため、節約モード300kbpsの「スマホプラン」なら(画質を落とせば)YouTubeが止まらずに見れるんじゃないかと思いました。

ただし高画質の再生はできないので、音だけ長時間聴くのに向いていると思います。

また、短い動画を次々と再生したくても、再生開始までバッファ処理に時間がかかるのであまり使い勝手が良くありません。動画一覧でサムネイル画像もなかなか表示されないので、見る動画を選ぶのにも時間がかかります。

なので、動画を探すときだけ高速モードにしておいて、再生開始したら節約モードに切り替えれば多少は早く見れるようになります。(でも毎回切り替えるのは面倒なので、やっぱり長時間の動画向き)

同じような使い方としてラジオにも向いているということになりますね。

ーーー

あと、YouTubeを無制限で見たいなら「BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプション」「楽天のスーパーホーダイ」など、他の格安SIMにしたほうが良い場合もあるかもしれません。

節約モードでWebサイト閲覧

試しに自分のブログを見てみましたが、節約モード200kbpsでも想像以上に快適でした。

どうやらUQ mobileは公表はしていないけど、バースト転送という、最初の一瞬だけ高速読み込みする機能があるらしく、Webサイトのテキストだけは素早く表示されてすぐに読めるようになります。

ファーストビューが見えるようになるまでの時間は、高速モードと違いを感じず、約1秒で読み始められます。(へたすると楽天モバイルの高速モードよりも快適です)

バースト転送の後は画像がなかなか表示されませんが、とりあえずテキストが読めるのはとてもありがたい。

※ただし、Webサイトによってはテキスト表示までにバースト転送が終わって時間がかかることもあると思います。

ーーー

バースト転送は最初の75KBだけ、150KBだけ、など、格安SIMによって転送量に違いがあるようですが、UQ mobileが何KB分をバースト転送するのかは公表されていないのでわかりません。

Webサイトで節約モードは微妙

節約モードでWebサイトを見る時の注意点。

そもそも、テキストがすぐ読めても画像はなかなか読み込まれないし、Webサイトの通信量はそんなに大きくない(重めでも数MB)ので、よっぽどデータ容量がギリギリでもない限りは節約モードはおすすめな使い方ではありません。

UQ mobileのテザリング

1年前に格安SIMについて調べたときは、新しめのiPhoneはテザリングの動作確認対象外、だったか、なんか使えるかわからなかったので楽天モバイルにしたんですが、

UQ mobile公式のテザリング機能にリンクがある動作確認端末を見てみると、iPhone 11が発売されている現時点で、すべてのiPhoneがテザリングに対応しているようです。

自分のiPhone 7はもちろんテザリングできて、速度も同じくらい出ます。

UQ mobileとワイモバイルの比較

UQ mobileと同じくダントツの通信速度のワイモバイルですが、以下の違いがあるので少し柔軟性が低くなり、手放しではおすすめできません。

↓以下、2社の料金プランページ。

参考:UQ mobile(モバイル)

参考:ワイモバイル

上記2つを比べてみると、

  • 速度制限時の速度がだいぶ違う(ワイモバ 128kbps・UQ 300kbps)しかもワイモバの実測はもっと遅い)
  • ワイモバイルは高速・低速の切り替えが任意にできない(UQは節約モードあり)
  • ワイモバイルはデータ繰り越しが無い
  • データ容量は2年目まで同じだが、3年目以降ワイモバイルのほうが少なくなる
  • ワイモバイルは無料通話(1回10分)が強制的に付属するのでプランの柔軟性が低い
  • ワイモバイルは「おうち割」「新規割」の適用条件や期間を計算するのが面倒

とくに大きいのは繰り越しできないのと、速度制限された時の体感速度がものすごい違うことで、ワイモバでギガを使い切るとまともに使えない様子がよくわかります。

まともに使えないほど遅くなると、割高なデータチャージ(500MB・500円)をするかどうか迷うことになるので、安心感が違います。

ーーー

プランについてもワイモバイルのほうがわかりにくくなっていて、「おうち割」のページを見ても、「毎月のスマホ代が4000円引き」というデカデカとした見出しの下に小さな文字で家族4人がプランLを申し込みの場合とか、割引額を大きく見せようとする書き方ばかりなので、計算しにくいだけで邪魔。そもそもおうち割と併用できない家族割でも2回線目以降500円引きになるので、おうち割の割引メリットはそんなに大きくありません。

割引の適用条件にうまくマッチする人ならワイモバイルにしても良いかもしれませんが、基本的な料金・柔軟性・データ容量などはUQ mobileのほうが優秀です。

それにしてもスマホの契約って「結局、月いくらかかるの?」というのがわかりにくいのが当たり前ですが、UQ mobileは非常にわかりやすいのがありがたい。

なぜ他の格安SIMを選ばないのか

サブブランド格安SIMのUQ mobileを選んだ理由ですが、サブブランド以外の格安SIMは途中でサービス品質が落ちることがあるからです。

格安SIMは利用者が少ないうちは速くても、だんだん遅くなることがたまにあります。

そんな時、もし1年縛り・2年縛りで契約してたら解約手数料を払ってでも乗り換えるのか迷うことになるので、そのリスクが限りなく低い、サブブランドのUQ mobileにしました。

UQ mobileは母体がKDDIなので、品質が落ちる可能性は限りなく低いだろうと見られています。

ーーー

また、先ほど貼り付けた動画のように、楽天モバイルは高速モードでもアプリのダウンロード速度を制限するなど、格安SIMは見えない部分で速度を落としていることがあるのも理由のひとつです。(それを全部調べて速い格安SIMを探すのは大変だし、途中で遅くなる可能性もあります)

そういうリスクを考えると、数百円の価格差であればUQ mobileで良いじゃん、という感じですね。

格安SIMに乗り換えする手順

具体的な乗り換え手順を説明したらすごく長くなってしまうので、丸投げします。

参考:格安SIMの管理人の徹底比較「格安SIMとスマホ比較」

たびたび参照している上記サイトの

「大手キャリアから格安SIMへのMNP」
「他の格安SIMへ乗り換えて、お得にMNP/機種変/SIMサイズ変更」

あたりを見れば大丈夫でしょう。

とくに大手キャリアから乗り換える人は初めてのことだらけなので、全部理解するのはなかなか大変かもしれません。

余談ですけど、格安SIMはアフィリエイトだらけで信頼性の高いサイトがわからないって人には上記サイトおすすめです。

管理人さんのTwitterも最新情報のチェックに良い。

まとめ

現在大手キャリアを使っている人は、格安SIMへの乗り換えはなかなか心理的なハードル含めて大変かもしれませんが、節約のモチベーションが高い人はぜひ頑張ってみてください。

「自分の使い方にピッタリの電話プラン」と「データ容量」にすれば、ほとんどの人が安くできると思います。

ーーー

関連:おすすめiPhone神アプリ50選

関連:iPad Air3レビュー(初代iPad Airから買い替え)

関連:iPhoneフリック入力練習アプリの比較

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Amazonでの買い物について

当ブログではAmazonの商品をよく紹介しています。

いつもコンビニ払いしている人は、Amazonギフト券をチャージするとポイントが余分にもらえるので、今まで知らなかったという人は読んでみてください。

Amazonギフト券チャージタイプの詳細はこちら

チャージする金額によって0.5~2.0%ポイント付与され、プライム会員ならさらに0.5%上乗せされます。

ーーー

プライム会員の特典は「お急ぎ便無料」「プライムビデオで多数の映画やアニメ見放題」が特にお得。それ以外にも音楽・読書の使い放題サービスあり。

料金は年払い4,900円(月払い500円/月)で、世界的に日本だけなぜか破格の安さになっているので、配送・映像・音楽・読書など、一部でもよく利用する人なら非常におすすめです。

プライム会員の詳細はこちら

学生ならPrime Studentがさらにお得

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

制作物:「ノイズレスサーチ

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

記事が良いと思ったら、Twitterでツイートしたり、ブログなどで紹介してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。