PayPayを実際に使ってみた感想|Edyとの違いとか

電子マネーは楽天Edyのほうがスマホ起動しなくて使いやすいじゃん、と思ってPayPayは作ってなかったんですけど、実際使ってみると「バーコード支払い」ならむしろPayPayのほうが便利かもしれません。

※「お店に設置してあるQRコード読み取り」による支払いは明らかに面倒っぽいです。

実際に使ってみて、今まで使っていたEdyとの違いとか、PayPayフリマの還元、チャージ、セキュリティとかについて書いてみました。

スポンサーリンク

ファミマでPayPay支払いしてみた感想

ファミマで、PayPayアプリのバーコード支払いで支払いしてみました。

↓お店のバーコードリーダーで読み取ってもらう場合はこういう手順になります。

引用:PayPay – QRコード・バーコードで支払うスマホ決済アプリ

  • PayPayアプリを起動
  • 「支払う」ボタンをタップ
  • バーコードリーダーで読み取りしてもらう

というステップで終わり、非常に簡単でした。

ーーー

Edyだと、

  • 財布を取り出す
  • カードをかざす
  • カードを財布に戻す

こっちのほうが速く見えますが、Edyはカード読み取りが始まるまで数秒のタイムラグがあるのと、支払いが終わったあとカードを財布に戻すので、トータルだとPayPayのほうが時間がかからないかもしれません。

ーーー

一方、お店に設置してあるQRコード読み取り方式だった場合は明らかにPayPayのほうが手間が増えて不便になります。

↓公式サイトによる手順は以下のとおり。

引用:PayPay – QRコード・バーコードで支払うスマホ決済アプリ

  • PayPayアプリを起動
  • 「スキャン」ボタンをタップ
  • お店のQRコードをカメラで読み取り
  • 金額を自分で入力
  • 店員に見せて確認してもらう
  • 支払うボタンをタップ

とくに「お店のQRコードを自分でカメラスキャン」「金額を手入力」については自分でスマホを操作しないといけないので、かざせば良いだけの方法と比べたらかなり使い勝手が違います。

これだと明らかにEdyのほうが便利で、お店によってスマホ決済を使い分けるのは面倒なので統一してほしいですけど、なかなか難しいでしょうね。

モバイルTカードは使いにくい

ファミマなど、Tカードを提示できるお店では、PayPayアプリから「モバイルTカード」として表示して読み取ってもらうことができるんですが、これがなかなか面倒で使い勝手がよくありません。

↓以下のように、支払い画面からモバイルTカードを出すのに約2秒かかり、左上の「×」をタップして支払いに戻ることになるので、手軽さが台無しになります。

モバイルTカードのためだけに、

  • 「モバイルTカードを表示する」タップ
  • 約2秒待ち
  • 店員にバーコード読み取ってもらう
  • 左上の「×」で支払い画面に戻る

という動作が増えて、それぞれの間に細かいタイムラグが発生するので、快適とは言えなくなります。

せめて「モバイルTカードを表示する」をタップしたら同じ画面でTカードのバーコードが表示され、(PayPayバーコードを先に読み取らないように目隠しして)、Tカードは画面のどこをタップまたはスワイプしても閉じれるようにして、支払いに戻りやすくしたほうが良いんじゃないかと思いました。

※しかもスマホのギガを使い切って通信制限(200Kbpsとか)の状態だと、モバイルTカードは全然表示される気配がないので、事実上、使えなくなります。

また、そもそもレジでは「Tカード提示」→「支払い」という流れなので、先に支払画面を表示すること自体、無駄な手順に思えます。

PayPayアプリのホーム画面にはモバイルTカードを直接開けるボタンもありますが、ここから支払い画面に直接移動できないので、移動できるようにすれば多少便利になるかもしれません。

PayPayフリマほとんどの人は20%還元にならない

PayPayフリマでもPayPayを使って買い物してみました。

20%還元が強調されてますけど、ほとんどの人は20%還元になりません。

引用:PayPayフリマの購入で最大20%相当戻ってくるキャンペーン – PayPayフリマ

(2019/11/14の時点で)PayPayフリマで買い物する場合

  • PayPay残高払い(通常)1%
  • PayPay残高払い(キャンペーン)9%
  • Yahoo!プレミアム会員 5%
  • ソフトバンクスマホスマートログイン設定 5%

このように条件ごとにポイントがつくので、PayPayで支払って必ずつくのは10%だけです。

しかもキャンペーン分(1%以外のすべて)は「PayPayボーナスライト」という扱いで、有効期限60日間の縛りがあります。

※まぁPayPayはいろいろなお店で使えるので、使い切れない心配はしなくてもいいと思いますけど。

PayPayボーナスライトが利用できるお店やサービスは、こちら(外部サイト)をご確認ください。

引用:還元されたPayPayボーナスライトはど… – よくある質問 – Yahoo!カード

PayPay残高のチャージ

クレジットカードでのPayPay残高チャージはヤフーカードしか対応していません。

PayPay残高にチャージできるクレジットカードは、本人認証サービス(3Dセキュア)を登録済みのヤフーカードのみです。

引用:クレジットカードでチャージしたい – PayPay よくあるご質問

※ポイント還元がお得だからといって次から次へとクレカ増やすとキリがないので、自分は作りませんでした。

なので、登録が多少面倒ですけど銀行口座を登録しました。

ゆうちょ銀行など、それなりにメジャーなところや地方銀行が多くあるので、大抵の人は銀行口座からチャージできると思います。(楽天銀行は無かった)

参考:銀行口座からPayPay残高へのチャージ方法 – PayPay よくあるご質問

なお、銀行口座からのチャージで指紋認証などは求められずにすぐにチャージできてしまうので、最低でもスマホ本体の指紋認証や、次に紹介するPayPayアプリの指紋認証を設定しておいたほうが良いでしょう。

PayPayアプリの指紋認証

PayPayアプリは初期設定のままだと指紋認証を使わずに支払いできてしまうので、「アカウント」→「セキュリティ」→「端末の認証を有効にする」で、アプリ起動時に指紋認証するようにしました。

※とはいえ、スマホ本体のロック解除で指紋認証しているなら、他人にPayPayを使われる心配はしなくても良いですけど。

まとめ

PayPayをお店で使う場合、お店のバーコードリーダーで読み取ってもらう方式は非常に簡単で便利です。

一方、お店に設置してあるQRコードを自分で読み取る方式は明らかに不便です。

バーコードリーダー読み取りのお店が増えれば便利だと思うので、これからの普及に期待したいところ。

関連:PayPayフリマとメルカリの比較

関連:iPhoneアプリまとめ

関連:メルカリで運営に返金してもらった話

スポンサーリンク

このページのシェア・保存はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Amazonでの買い物について

当ブログではAmazonの商品をよく紹介しています。

いつもコンビニ払いしている人は、Amazonギフト券をチャージするとポイントが余分にもらえるので、今まで知らなかったという人は読んでみてください。

Amazonギフト券チャージタイプの詳細はこちら

チャージする金額によって0.5~2.0%ポイント付与され、プライム会員ならさらに0.5%上乗せされます。

ーーー

プライム会員の特典は「お急ぎ便無料」「プライムビデオで多数の映画やアニメ見放題」が特にお得。それ以外にも音楽・読書の使い放題サービスあり。

料金は年払い4,900円(月払い500円/月)で、世界的に日本だけなぜか破格の安さになっているので、配送・映像・音楽・読書など、一部でもよく利用する人なら非常におすすめです。

プライム会員の詳細はこちら

学生ならPrime Studentがさらにお得

著者のフォローはこちら

名前:
Twitter
YouTube

ーーー

制作物:「ノイズレスサーチ

プロフィール
問い合わせフォーム
当サイトご利用時の注意事項

記事が良いと思ったら、Twitterでツイートしたり、ブログなどで紹介してくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

コメント(本文のみでOK。URL含むコメントは承認待ちになります)

メールアドレスが公開されることはありません。